久万美術館のブログ

愛媛県の久万高原町にある美術館です。
展覧会やイベントの情報をはじめ、日々の出来事をつづっています。

自主企画展ワークショップ「薫りたつ風景」参加者募集について

2016-09-21 13:13:41 | イベント情報
自主企画展「風景の向こう-喜多村知・松田正平」関連イベントとして
ワークショップ「薫りたつ風景」を開催します。

久万美術館周辺の風景を構成する自然物を集めて、香りで風景を再構成
します。また、作成した香りから思いに浮かぶ風景を描いてみるワークショップ
です。

皆様のご参加をお待ちしております。

ワークショップについては事前申し込みが必要です。
久万美術館(TEL:0892-21-2881)までご連絡ください。


講師:工藤波夫(デザイナー/NAMIO KUDO DESIGN)
日時:10月15日(土) 午前10時から午後0時30分まで
場所:町立久万美術館
定員:10名程度(事前申し込みが必要)
参加料:企画展観覧料のみで参加できます。

この記事をはてなブックマークに追加

自主企画展ギャラリートーク開催のお知らせ

2016-09-14 16:21:02 | イベント情報
自主企画展「風景の向こう-喜多村知・松田正平」関連イベントと
して、ギャラリートークを開催します。
皆様のご参加をお待ちしております。

演題:「しゃがんで、そして転がって」
講師:坪内稔典(俳人・京都教育大学名誉教授)
日時:10月2日(日)午後2時から午後3時30分まで
場所:町立久万美術館ロビー
参加料:企画展観覧料のみでお聴きいただけます。

この記事をはてなブックマークに追加

2016年度自主企画展が始まりました。

2016-09-14 13:36:01 | お知らせ
9月10日(土)に2016年度自主企画展「風景の向こう-喜多村知・松田正平」が開展し、
同日、多くの方にご出席いただき開展式が催されました。




展示風景です。



今回の展示は多くの団体・個人の方々から作品をお借りして実現しました。
素晴らしい作品をお借りすることができましたので、自画自賛になりますが素敵な展示となったと思います。

大事な作品をお貸しいただいた皆様に改めてお礼申し上げます。

会期は11月23日(水・祝)までとなっております。
皆様のお越しをお待ち申し上げております。


展覧会図録についても無事完成しました。
少し変わった製本になっています。ぜひ現物を手に取ってご覧いただきたい仕上がりです。

当館までお越しいただくのが困難な方には、図録の通信販売も行っております。
詳しくは当館ホームページでご確認ください。

この記事をはてなブックマークに追加

コレクション展Ⅱ「最期の風景」終了しました。

2016-08-31 17:15:00 | お知らせ
久万美コレクション展Ⅱ「最期の風景-古茂田守介《芦ノ湖》をめぐって」は終了しました。

ご来館いただきました皆様及びご協力いだいた方々に厚くお礼申し上げます。

9月1日(木)から9日(金)までは、休館いたします。

9月10日(土)より2016年度自主企画展「風景の向こう-喜多村知・松田正平」を開催します。
詳細については美術館ホームページでご確認ください。

この記事をはてなブックマークに追加

久万美術館休館のお知らせ

2016-08-25 14:20:17 | お知らせ
現在開催中のコレクション展Ⅱ「最期の風景-古茂田守介《芦ノ湖》をめぐって」

は8月31日(水)で終了します。
お見逃しなく。

9月1日(木)から9月9日(金)までは施設管理および展示替えのため休館します。

9月10日(土)より自主企画展「風景の向こう-喜多村知・松田正平」が開展します。
ご期待ください。

なお、8月末で「めざせ!ミュージアムマスター」


「みんなおいでよ!美術館」
についても終了します。

夏の終わりに久万高原へぜひお越しください。

この記事をはてなブックマークに追加

町立久万美術館2016年度自主企画展「風景の向こう-喜多村知・松田正平」開催のお知らせ

2016-08-19 15:05:26 | お知らせ



喜多村知(1907-1997)は抽象画を思わせるフォルムと透明感のある色彩で、海辺の風景を描いた作品
を数多く残しています。
一方、松田正平(1913-2004)の風景画は山口県の祝島に題材を求めた「周防灘シリーズ」など。簡素な形態と
軽やかなマチエールで、独自の画境を切り開きました。喜多村、松田とも複雑な性質をもつ油絵具と向き合って、
自らの表現を探った画家でした。
二人の試行錯誤の軌跡がうかがえる展観となっています。

【会期】9月10日(土)~11月23日(水・祝)
【開館時間】午前9時30分~午後5時
【休館日】月曜日
【問い合わせ】 久万美術館 電話 0892-21-2881

お得な前売り券発売中です。詳細は当館までお問い合わせください。

この記事をはてなブックマークに追加

自主企画展チラシができました。

2016-08-11 16:04:40 | お知らせ
今秋開催の自主企画展「風景の向こう―喜多村知・松田正平」の
チラシ・ポスターなどが完成しました。



チラシ表面です。



こちらがチラシの裏面になります。

9月10日(土)の開展までもう1か月を切りました。

準備も着々と進んでいます。

ご期待ください。


この記事をはてなブックマークに追加

アート夜話のお知らせ

2016-08-02 14:46:33 | イベント情報
アート夜話(やわ)の第51回目を開催します。

当館館長の話を中心に進行する、堅苦しい講座ではない、気軽なお話し会です。

皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:8月20日(土) 午後7時から
場 所:町立久万美術館ロビー
参加料:200円(お菓子代)
定 員:15名程度

※要予約(久万美術館 電話0892-21-2881)

この記事をはてなブックマークに追加

本日(7/31)町民感謝デーです。

2016-07-31 09:53:12 | お知らせ

町民感謝デーを開催しています。


町民の方及び町民と一緒に来館された町外の方の入館料が無料になります。
ぜひお越しください。

なお、当館以外にも、天体観測館と山岳博物館でも町民感謝デー開催中です。
夏休み三館合同企画「めざせ!ミュージアムマスター」も実施中ですので、三館をリレーするのも楽しいですよ。

山岳博物館企画展「危険生物 悪者たちの真実」の看板です。
危険な感じが出てますね。


この記事をはてなブックマークに追加

8月臨時開館のお知らせ

2016-07-30 15:16:50 | お知らせ
8月12日(金)及び15日(月)は祝日の翌日及び月曜日ですが、
臨時開館いたします。ぜひお越しください。

なお、上記開館に伴う休館日の振り替えはありません。
詳細は久万美術館ホームページの「カレンダー」でご確認ください。

この記事をはてなブックマークに追加

貯金箱ワークショップ講師の変更について

2016-07-22 16:26:56 | お知らせ
7月23日(土)・8月7日(日)の2日間で開催する子ども
アートワークショップ「先生もビックリ!?個性的な貯金箱を作ろう!」
の講師が、都合により田村大悟氏(彫刻家)から零駒無藏氏(彫刻家)に
変更になりました。

なお、開催時間その他に変更はありません。

参加者の皆様におかれましては何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

この記事をはてなブックマークに追加

夏休み企画「みんなおいでよ!美術館!」始まりました。

2016-07-21 13:24:58 | イベント情報
今年も夏休み企画「みんなおいでよ!美術館!」が始まりました。

顔出しパネル、ワークシート、絵本を用意してお待ちしております。







この企画、文化施設三館夏期特別企画「めざせ!ミュージアムマスター」とも連動しています。

暑いこの時期、美術館に涼みがてらお越しください。

この記事をはてなブックマークに追加

久万高原町合併記念「文化施設三館 町民感謝デー」のお知らせ

2016-07-21 13:02:23 | お知らせ
8月で合併12周年を迎える久万高原町。
それを記念して文化施設三館では「町民感謝デー」を開催します。

《特典》

7月31日(日)について、終日

町民の方 無料!
町民の方と一緒に来館すれば、町外の方も一緒に無料!!

ぜひお越しください。

この記事をはてなブックマークに追加

久万山真景絵巻ウォーキングを開催しました。

2016-07-18 13:49:31 | お知らせ
7月17日(日)に久万山真景絵巻ウォーキングを開催しました。

今回は柳谷地区にある「咲山ノ下」、「黒川ワタセ」、「八釜の甌穴」と
森の巨人百選にも選ばれた「大トチの木」を巡りました。


こちらは国道から八釜の甌穴に入るところです。


到着しました。


こちらは大トチの木です。
駐車場から片道約2キロを歩きます。


到着です。
神秘的な光景が広がっています。


何人もでぐるりと取り囲みます。
さすがの大きさです。



幹の周りは6メートル26センチ。



参加いただいたみなさまありがとうございました。

次回のウォーキングは秋に開催予定ですので、興味のある方はぜひご参加ください。

この記事をはてなブックマークに追加

名画キャラ弁ワークショップ(調理編)

2016-07-13 14:28:34 | お知らせ
名画キャラ弁ワークショップの2回目が開催されました。
先日に練った構想をもとに調理を行います。




今回のテーマは村山槐多《裸婦》です。
当館の中心的な作品のひとつですが、知らない方のために・・・
↓作品の写真です。



完成したお弁当です。



同じ絵を題材にしていますが、みなさん個性的な仕上がりになっています。

この後みんなでお弁当をおいしくいただきました。

当館でも初めての試みでしたが、また開催したいですね。

この記事をはてなブックマークに追加