久万美術館のブログ

愛媛県の久万高原町にある美術館です。
展覧会やイベントの情報をはじめ、日々の出来事をつづっています。

アジサイ

2017-06-24 17:47:55 | 季節のお知らせ


四国地方が梅雨入りして随分たちますが、やっと梅雨らしいお天気になりました。

美術館周辺も雨になっています。




庭にあるアジサイもきれいに咲いています。
雨が似合う花ですね。

美術館を訪ねられる方から「ささゆりはどうなっていますか。」との
お問い合せをこのところよくいただきますが、今年は美術館の庭ではあまり見かけません。
残念です・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

子どもアートワークショップのお知らせ

2017-06-18 16:25:55 | イベント情報
「きとーみぃ!くまびじゅつかん」の子どもアートワークショップで
「かっこいいポスターを作ろう!」を下記の日時で実施します。



日時:2017年7月29日(土) 10:00から12:30まで
場所:町立久万美術館
内容:ポスター制作
対象:小学生
定員:15名程度(要事前予約)
講師:まちなか交流館 洲之内 薫先生(デザイン)
参加費:200円(展覧会鑑賞もできます)
持参物:絵の具セット

参加希望の方は、町立久万美術館(電話:0892-21-2881・FAX:0892-21-1954)まで
ご連絡ください。

ご応募お待ちしております。

この記事をはてなブックマークに追加

企画展タイトル

2017-06-09 13:58:46 | お知らせ
「Crossover-秩序と混沌(仮称)」となっていました
2017年度自主企画展のタイトルですが、このほど正式名称が決定しました。

発表します。



読みは

「しゅらん にいぜろいちなな」

です。

仮称と随分趣の異なるタイトルとなりましたが、よろしくお願いします。

内容などについてはこれからこのブログでも紹介していきたいと思っています。

どうぞご期待ください。

この記事をはてなブックマークに追加

教育普及事業「きとーみぃ!くまびじゅつかん」のお知らせ

2017-06-06 14:12:28 | イベント情報
昨年度「それいけ!久万美キッズ教室」としてご好評をいただいた子ども向けイベントについて
今年度も実施予定でしたが、このほど内容が固まりましたのでお知らせします。

名称も「きとーみぃ!くまびじゅつかん」とあらため、新たな気持ちで実施します。

本年度は、「絵本の読み聞かせ」と「子どもアートワークショップ」の2事業を行います。

リーフレット(夏版)を作成しましたので、詳細はそちらをご覧ください。




お問い合わせ、お申込みは久万美術館(電話0892-21-2881)までご連絡ください。

多くのご参加、お待ちしています。

この記事をはてなブックマークに追加

6/17久万美アート夜話の開催について

2017-05-30 11:10:01 | イベント情報
アート夜話(やわ)の第60回目を開催します。

当館館長の話を中心に進行する、堅苦しい講座ではない、気軽なお話し会です。

皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:6月17日(土) 午後7時から
場 所:町立久万美術館ロビー
参加料:200円(お菓子代)
定 員:15名程度

※要予約(久万美術館 電話0892-21-2881)

この記事をはてなブックマークに追加

久万美術館ホームページの復旧について

2017-05-30 09:41:35 | お知らせ
更新ができなくなっておりました当館のホームページが復旧いたしました。

早速朱欒プロジェクト、6月久万美アート夜話について更新しましたので
ご確認ください。

ご迷惑をおかけしました。

この記事をはてなブックマークに追加

町立久万美術館ホームページの更新停止について

2017-05-18 09:33:14 | お知らせ
当館のホームページhttp://www.kumakogen.jp/culture/muse/につきまして

4月29日以降更新ができない状態となっております。

復旧の時期は未定ですが、復旧まではこのブログで当館からのお知らせ等を行わせていただきます。

ご迷惑をおかけし大変恐縮ですが、なにとぞご理解・ご協力をお願いいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

緑が濃くなってきました。

2017-05-13 17:01:38 | 季節のお知らせ
5月ももう中旬。美術館の周りも緑が濃くなってきました。





美術館下の県道の様子です。シバザクラの周りはきれいに手入れされています。
毎年久万ライオンズクラブの皆さんに手入れをしていただいています。
本当にありがとうございます。



中庭の芝生も冬から夏モードに変わってきています。
昨日今年初めての芝刈りを行いました。

初夏の久万高原へぜひお越しください。


(お知らせ)

『座朱欒プロジェクト』進行中です!!

詳しい内容とクラウドファンディングについては ↓↓ ひとつ前の記事 ↓↓ でご確認ください。

この記事をはてなブックマークに追加

『座朱欒』(ザシュラン)プロジェクトのお知らせ

2017-05-11 13:24:55 | お知らせ
町立久万美術館、久万高原町、松山市、愛媛新聞社は連携、協力して、「座朱欒(ザシュラン)プロジェクト【注1】」に取り組みます。
今後、実行委員会を立ち上げ、プロジェクトの推進を図っていきます。
当事業の第一弾として、映画監督・伊丹万作、俳人の中村草田男、夭折の画家・重松鶴之助らが発行した同人誌『朱欒(しゅらん)』を
翻刻出版します。『朱欒【注2】』は大正末期に東京で作られました。深い絆で結ばれた松山出身の若者たちが絵画、戯曲、俳句などを
持ち寄り、批評も加えて9冊に収録しています。お互いに切磋琢磨した足跡を示す貴重な記録であり、そこには「集団としての青春」を
見て取ることができます。

今秋の出版に向け、読み解きも進んでおり、ブックデザインと編集に入る段階に来ています。これまでに複数の企業、個人から寄付が
寄せられており、さらにクラウドファンディングサービスを通じて、全国の皆様から支援を募りながら、この事業をPRしてまいります。
また、当事業の第二弾として、町立久万美術館で今秋、自主企画展「Crossover(仮称)」を開催します。この企画展では『朱欒』の
実物ほかに愛媛県出身、あるいは在住の若手アーティストの作品を公開します。大正期と現代の「青春の在りよう」を対比させた展示
構成になる予定です。

このほか、翻刻した『朱欒』を広くPRしていくことや、現代の若者たちによる「表現の場」を提供することを課題とし、WEBサイト
「座朱欒(仮称)」の立ち上げを検討しています。このサイトの実現によって、松山に連綿と伝わる知的土壌が未来に引き継がれて
いくことを期待しています。

事業コンセプトは、「集団としての青春」と「松山の知的土壌のさらなる醸成」です。
松山の文化的資産の掘り起こしにとどまらず、現代社会の人間関係に意義深いメッセージを発する文化事業になると確信しています。

クラウドファンディングの詳細は、下記リンク先をご覧ください。
(Readyforのページが開きます。)
https://readyfor.jp/projects/matsuyama-zine-chelin





------------------------------------------
【注1】・・・同人誌『朱欒』の翻刻出版を軸に、この貴重な文化資産を顕彰するとともに、地域社会の文化振興に貢献することを
目的としたプロジェクト。プロジェクト名は、表現者たちが車座になり互いの作品を批評したり、鑑賞したりする姿と、作品名
『朱欒』から命名。

【注2】・・・旧制松山中学には、『朱欒』の前身ともいえる同人誌『楽天』を発行するグループがあった。文芸、絵画作品を持ち寄って、
一冊の雑誌に仕上げる手法を用い、回覧することによって、互いに刺激しあい、深い友好を交わしていた。在学中、楽天仲間だった
伊丹万作らが東京で再会し、大正14、15年に9冊発行したのが『朱欒』。『楽天』と同様に絵画、戯曲、俳句などを収録し、お互いの
批評や推敲の跡も残している。現在、『楽天』は確認されておらず、『朱欒』が、松山の知的土壌で生まれ育った若者たちの足跡を示す
貴重な記録となっている。

この記事をはてなブックマークに追加

5/20(土)久万美アート夜話のお知らせ

2017-05-06 11:58:38 | イベント情報
アート夜話(やわ)の第59回目を開催します。

当館館長の話を中心に進行する、堅苦しい講座ではない、気軽なお話し会です。

皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:5月20日(土) 午後7時から
場 所:町立久万美術館ロビー
参加料:200円(お菓子代)
定 員:15名程度

※要予約(久万美術館 電話0892-21-2881)

この記事をはてなブックマークに追加

H29コレクション展Ⅰ始まりました。

2017-04-29 10:23:38 | イベント情報
本日よりH29コレクション展Ⅰ「熱い抽象-1950~60年代」が始まりました。

ポスターも熱い感じで仕上がってます。


展示室入口から例によって中を少しだけ。




会期は8月31日(木)まで。
ぜひご来館していただき、ご覧いただきたいです。

この記事をはてなブックマークに追加

コレクション展「mono-chrome(モノクローム)」終了のお知らせ

2017-04-23 18:05:53 | お知らせ
H28久万美コレクション展Ⅲ「mono-chrome(モノクローム)」は
4月23日(日)をもちまして終了しました。

会期中は多くの方のご来館ありがとうございました。

展示替え後、4月29日(土・祝)よりH29久万美コレクション展Ⅰ
「熱い抽象-1950~60年代」を開催します。

ご期待ください。

この記事をはてなブックマークに追加

H29久万美コレクション展Ⅰ「熱い抽象―1950~60年代」

2017-04-22 19:59:50 | イベント情報
今年度の久万美コレクション展Ⅰは、「熱い抽象―1950~60年代」と題して、
所蔵する絵画・彫刻作品のなかから、選りすぐりの「熱い抽象」作品約40点を展覧します。

「熱い抽象」のなかに位置づけられるアンフォルメル(非定型芸術)絵画とは、フランス人
美術評論家のミシェル・タピエが提唱した芸術論で、写実的、造形的な表現に頼らず、
絵具の物質感を高めるよう、滴りや盛り上がりを積み上げるような表現方法を試みた抽象表現です。
1950年代から60年代にかけて、アメリカのアクション・ペインティングと呼応し、
世界各国の作家が熱い抽象絵画を描き留めました。日本も例外ではなく、欧米のアンフォルメル作品
を中心にした展覧会の開催や、タピエの来日もあって、多くの日本人作家がアンフォルメル様式を
受容しました。アンフォルメル様式は、洋画のみならず日本画や彫刻、書、陶芸、生け花などの分野でも
実践されていたことが近年、注目を集めています。

展示作品は岡本鐵四郎(1915-1998)や森堯茂(1922-)、坪内晃幸(1927-2005)らの作品を
中心にした久万美所蔵の1950年代から60年代にかけての抽象絵画です。

このほか、井部コレクションを語るうえで欠かすことのできない主要な村山槐多(1896-1919)、
岸田劉生(1891-1929)らの日本近代洋画を出品いたします。

会期 2017年4月29日(土・祝)~8月31日(木)


この記事をはてなブックマークに追加

展示替え休館のお知らせ

2017-04-20 10:59:07 | お知らせ
現在開催中のコレクション展Ⅲ「モノクローム」は4月23日(日)で終了します。

展示替えのため、4月24日(月)から28日(金)まで休館します。

4月29日(土・祝)より、H29久万美コレクション展Ⅰ「熱い抽象-1950~60年代」を
開催します。

ご期待ください。

この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク期間の開館について

2017-04-19 11:19:52 | お知らせ
・ゴールデンウィーク期間(4/29(土)~5/7(日))について、
5/1(月)のみ休館し、その他の日は開館します。

4月29日(土・祝) 開館
4月30日(日)   開館
5月1日(月)    休館
5月2日(火)    開館
5月3日(水・祝)  開館
5月4日(木・祝)  開館
5月5日(金・祝)  開館
5月6日(土)    開館
5月7日(日)    開館

4月29日よりH29久万美コレクション展Ⅰが始まります。
ぜひお越しください。

この記事をはてなブックマークに追加