面河山岳博物館へようこそ!

石鎚山系と久万高原の自然、博物館の活動などを紹介するブログ

博物館オリジナルのクリアボトルの発売開始!

2018-08-06 23:02:32 | ニュース
8月11日の「山の日」に向けて、当館ではオリジナルのクリアボトルを製作しました。

今年の暑い夏、登山や自然散策時はこれまで以上に水分補給に気を使わなければなりません。

ペットボトルもいいですが、やっぱりお気に入りのボトルにお茶や水を入れていくとテンション上がりますよね。


そこで、ドン!









明治42年に海南新聞(後の愛媛新聞)の連載記事で、探勝地として世に初めて紹介された面河渓。

その後、昭和8年に名勝として指定される頃には、たくさんの絵葉書やパンフレットで紹介されるようになりました。

観光ではなく「探勝」と呼ばれた当時の面河・石鎚行をイメージしたのがこのロゴデザインです。

当時の絵葉書や記念スタンプなどを参考に作成しました。

1点980円、限定100個の販売ですので、ご購入はお早めに!






これは昭和初期発行の絵葉書です。

亀腹橋と書いていますが、現在の鶴ヶ背橋(渓泉亭から第1キャンプ場に向かう所にある橋)と思われます。

ちょうど亀腹前の河原に下りて、上流を撮影した画角。奥は蓬莱渓です。

この時代の探勝の雰囲気がちょっとでも表現できているといいんですが。
コメント

環境省レッドリストの見直し

2017-04-05 15:20:05 | ニュース
昨日4日、某テレビ番組のニュースを見ていましたところ環境省レッドリスト見直しの報道がなされました。

レッドリストとは、我が国における絶滅のおそれのある野生生物のリスト(一覧)のことです。

レッドリストは絶滅、野生絶滅、絶滅危惧、準絶滅危惧、情報不足のカテゴリー(ランク)に分けられています。

動物の見直し作業は今回で6回目です。

このたび新規に評価された種を見ますと両生類は合計8種が掲載されましたが、うちサンショウウオ科が7種も掲載されています。

現在、我が国のサンショウウオ科の全28種に対して掲載された種数は合計26種(92.8%)となりました。

ちなみに2014年に新種記載された5種(アマクサ、オオスミ、ソボ、タダミハコネ、バンダイハコネ)が加わったほか、2013年に石鎚山系が基準産地とされたシコクハコネサンショウウオも含まれています。

面河・石鎚山に分布する3種はこれですべて掲載されることになりました。

・シコクハコネサンショウウオ(絶滅危惧Ⅱ類)
・イシヅチサンショウウオ(準絶滅危惧)
・コガタブチサンショウウオ(準絶滅危惧)

新たに種の指定がなされたということは、それだけサンショウウオ類にとって生存が脅かされているということであり、複雑な気持ちにさせられました。


(参考)環境省レッドリスト2017の公表
http://www.env.go.jp/press/103881.html
報道発表平成29年3月31日付
コメント

久万高原町移住定住モニターツアー

2015-08-04 11:31:10 | ニュース
久万高原町は町の移住定住施策の一環として、8月22日(土)に移住定住促進モニターツアーを実施します。

詳しくは 役場ホームページ まで

ツアーのメニューには久万美術館、天体観測館そして当館の学芸員による特別授業があります。

ご興味ある方は、ぜひお申し込みください。
コメント

瓶ヶ森林道全面通行止めのお知らせ

2013-07-18 09:21:50 | ニュース

瓶ヶ森林道全面通行止めのお知らせ!!

久万高原町観光協会HPによると、「瓶ヶ森林道にて、現在全面通行止めが発生しています。瓶ヶ森線より寒風茶屋寄り300m付近で山側崩落がありましたので、全面通行止めとなっています。復旧の目処がたっておりませんのでご注意ください。」とのことで、今回はかなり崩壊しているようです。土小屋から寒風山方面または寒風山から土小屋方面行きの方はご注意ください。

【問】いの町本川総合支所産業建設課 TEL 088-869-2115

参考HP

久万高原町観光協会

http://www.kuma-kanko.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=55

石鎚頂上山荘の気まぐれ日記

http://ishizuchi1982.i-yoblog.com/e593898.html

コメント

面河渓道路通行止め(工期延長)のお知らせ

2011-03-11 16:04:09 | ニュース

先月25日付でお知らせしました当館先の橋梁補修工事が工期延長され3月25日までとなりました。期間中、毎週曜日は工事がありませんが、車両は通行できません。 ただし、当館及び周辺駐車場を利用され、期間中はすべて歩行による通行はできます。 ご迷惑をおかけしますがご協力のほどお願いします。

久万高原町公式HP ↓↓

http://www.kumakogen.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=346

Photo

コメント