ロック探偵のMY GENERATION

ミステリー作家(?)が、作品の内容や活動を紹介。
『ホテル・カリフォルニアの殺人』(宝島社文庫)発売中です!

『どろろ』

2019-07-24 19:53:30 | アニメ
 

アニメ『どろろ』を観ました。

もちろん、今年の新作のほうです。amazonプライムで見られるようになっていたので、そちらで視聴。テレビ放映終了からやや遅れて、最終回まで到達しました。


原作はいうまでもなく手塚治虫の漫画で、過去にもアニメ化され、また実写映画化されたこともありました。
で、また新たにアニメ化されたわけですが……

まず、絵のクオリティが素晴らしいですね。
中世の日本を描いた美しい背景画に、百鬼丸や鬼神たちの姿が映えます。和風を基調にしたBGMも秀逸でした。


ストーリーも、原作とはだいぶ変わっていますが、原作の設定をうまく取り入れながら、新たな『どろろ』の世界を作り上げてます。最近のアニメを見ないのでよくわからないんですが、この十年ぐらいのなかでも傑出した作品なのではないかと思いました。


原作との最大の違いは、百鬼丸のキャラクターでしょう。

鬼神に身体機能を奪われていながらも、原作の百鬼丸は普通の人間と同じように行動することができますが、今回のアニメにおける百鬼丸は、まったく他者と意思疎通できない状態で登場します。そこから鬼神を倒すごとに、感覚を一つずつ取り戻していくのです。

一方で、百鬼丸のライバルである多宝丸や、醍醐景光に関しても、かなりキャラが変っています。
原作では、ふつうに悪役として登場しますが、今回のアニメ版では、それなりに領民のことを思いやる領主であったりして、そこに、全体のために個を犠牲にしてもよいかといった重いテーマがたちあらわれることにもなります。


そういう大きな設定変更がなされてなされはいますが……原作の持っていたテーマは踏襲しています。

それは、戦争の悲惨さというところですね。

戦争を体験した手塚治虫だからこそ描いた、残酷なまでにむごたらしい戦の姿――子供も容赦なく殺戮する武士たちや、戦災で親を失い四肢を欠損した孤児たち。
武将の勇ましい活躍を描くのではなく、辺境においやられたものたちのリアルな姿がそこにあります。
アニメでも、そこはしっかりと描かれていました。特に、第五、六話「守子唄の巻」は、原作のエピソードを巧みにふくらませ、胸に迫る物語でした。

もっとも、戦争の惨禍を描くという点に関しては、原作のほうがより凄惨ではあると思います。手塚御大独特のユーモアセンスで、あまり重苦しくはならないんですが……アニメでは変更されていた部分や、カットされていた部分も少なくありません。

戦争の悲惨さという以外にも、『どろろ』には現代に通ずる重要なテーマがいくつも描かれています。
そういうこともあってか、海外では、数ある手塚作品の中で『どろろ』が最高傑作という人も少なくないらしいです。
……というわけで、今回のアニメで関心を持った人は、ぜひ原作のほうも読みましょう。
コメント

『魔神英雄伝ワタル』

2019-02-05 17:54:44 | アニメ
今回は、ひさびさにアニメ記事です。

このカテゴリーでは、サンライズの手掛けているアニメについて書いてましたが、今回もその流れで、『魔神英雄伝ワタル』というアニメについて書きます。

『ワタル』は、サンライズがやっていたアニメシリーズのなかでも、かなり人気があったものの一つじゃないでしょうか。2もあって、私がリアルタイムで見ていたのは2のほうですね。ラジオドラマで3もあって、福岡ではじつに微妙な感度で電波が届く文化放送のドラマを必死に聴いていた記憶があります。



『ワタル2』のサントラです。

私が生まれてはじめて自分で買ったCDがこれでした。高橋由美子さんの歌うOP、EDが、印象的でしたね。

ジャケットの左に写っているのが、主人公の戦部ワタル。
彼が異世界にワープし、“魔神”(マシン)と呼ばれるロボットを操って、敵と戦うファンタジー的ロボットアニメです。

ワタルの声をやっていたのは、田中真弓さん。
今の人にとっては、ルフィの中の人という認識かもしれません。でなければ、パズーでしょう。しかし……私にとってはワタルなのです。
で、ヒロイン(?)のヒミコの声は林原めぐみさん。押しも押されぬ、声優界のディーヴァですね。『ライジンオー』でも、4人ぐらいの役をやってました。

いや、懐かしい……

そういえば、小説版も読んだ記憶があります。いまになって考えると、あのとき読んだ小説版は、結構自分が書く小説にも影響を及ぼしているような気がします。
ライジンオーもそうですが、ワタルも、30年以上経ってなお関連イベントが行われたりしています。ワタルは、去年がシリーズ一作目発表から30周年だったんですが、それに合わせて記念ヘッドフォンが発売されてました。やっぱり名作というのは、そういうものなんでしょう……そんなふうにありたいものです。
コメント

『カウボーイ・ビバップ』

2018-12-13 16:57:04 | アニメ

今回は、アニメ記事です。



以前『絶対無敵ライジンオー』の記事を書きましたが、そこからサンライズつながりで、『カウボーイ・ビバップ』というアニメについて書こうと思います。



ライジンオーの記事を書く時に、ウィキでサンライズのページをみたんですが……あらためて、サンライズってあれもやってたんだという驚きがありました。で、そのなかにカウボーイ・ビバップがあって、ああ、あれもサンライズだったのかと驚嘆させられたのです。



カウボーイ・ビバップ。



懐かしいですね。

1990年代後半に発表された作品です。クールでスタイリッシュな感覚が斬新でした。菅野よう子さんによるあのテーマ曲が、とにかくかっこいい。

テレビでは、エピソードの中のいくつかを抜粋して放映されたりもしていました。制作の都合でそうなったらしいですが、当時高校生だった自分は、そんな変わった放映スタイルにも「なにか違う」感を覚えていました。

当時エヴァンゲリオンなんかがはやっていたわけですが、日本アニメが大きく変革していた時代なのかな……と思います。



内容は、未来の火星で、“カウボーイ”として賞金首を追い回す賞金稼ぎたちの物語。

カウボーイやら賞金稼ぎというのはなにやら西部劇じみていますが、モチーフとしてあるのはそういうところでしょう。この作品で描かれる宇宙は、開拓時代の西部のような自由の空気が感じられる世界です。魅力的なキャラクターと、しゃれた演出やせりふ回しがそこに映えます。





劇場版『COWBOY BEBOP 天国の扉』です。



この記事を書くにあたって入手し、観てみました。2001年の作品ですが、絵がものすごいクオリティです。劇場版だからということもあるんでしょうが、これはもう鳥肌モノ。やっぱり、絵の部分だけをとっても、90年代後半になにかアニメ界で革命が起きてますね。現在のアニメにまでつながる革命が……カウボーイ・ビバップは、その革命期の重要な作品なんではないかと思いました。








コメント

『絶対無敵ライジンオー』

2018-08-01 17:38:36 | アニメ
今回は、アニメ記事です。

といっても、私は最近のアニメのことはとんとわからないので、自分が子供の頃に見ていたなつかしいアニメの話なんですが……

今回は、『絶対無敵ライジンオー』というアニメについて書こうと思います。

このブログはだいたいしりとりみたいな感じでやってるんですが、前回まで書いていたからの、田中公平さんつながりです。

『笑ゥせぇるすまん』や『エスパー魔美』で田中公平さんが音楽を手がけていたことは書きましたが、この『ライジンオー』もまた、音楽を田中公平さんが担当しています。

ご自身でも語る通り、田中さんはロボットものがホームグラウンドで、ライジンオーの出撃シーン、合体シーンなどで素晴らしい音楽をつけています。


ちなみに、このアニメを制作したのはサンライズという会社です。

『ガンダム』シリーズを作ったところですね。

ほかにも、『ワタル』シリーズや“勇者シリーズ”などを制作していて、日本の有名なロボットアニメはだいたいサンライズと思って差し支えないでしょう(いや、それはさすがに差支えがあるか……?)
最近はラブライブなんかもやってますが、私の中ではサンライズといえばロボットアニメなのです。

ライジンオーは、“エルドラン・シリーズ”と呼ばれるシリーズの第一作。小学校の一クラスが“地球防衛組”として五次元帝国の侵略と闘う物語です。
小学校が変形して基地となり、そこからロボットが出撃するという斬新な演出で、だいぶ人気があったようです。
私もファンで、アニメ放映終了時に出たムックも買いました。この記事の画像は、それです。

この地球防衛組には18人の生徒がいて、毎回そのうちの誰かにフォーカスをあてて、一人一人の物語が描かれます。OVA版も含めればクラスの全員にメインのエピソードが用意されていて、全員に主人公となるときがあるんですが……

しかし、私の中では、ライジンオーといえば白鳥マリアに尽きます。

下の画像の中心にいる子です。



学級委員(女子)であり、地球防衛組の司令官。

強いリーダーシップで地球防衛組を統率し、つねにみんなのことを考える、しっかりもののお姉さんキャラ……

私のなかでは、永遠のヒロイン、永遠の学級員、永遠の司令官です。



最近、地球防衛組の面々がテレビに登場したそうです。

それは、アニメ『妖怪ウォッチ』でのことです。

『ライジンオー』のキャラデザを手がけていた武内さんは、いま妖怪ウォッチに関わっておられるようで、そのちょっとした遊び心で、ライジンオーのキャラが友情出演したようです。

といっても、“通行人”の一人として。
アニメの背景に別のアニメのキャラがこっそり紛れ込んでいる……というのは昔からある趣向ですが、そういう感じですね。

実は私、地球防衛組の面々とは同学年にあたるんですが、こういうかたちで彼らと再会できたのはうれしいですね。

ずいぶん時代が変わりましたが、あの頃の気持ちを今でも忘れていないかい……と、問いかけられているような気がします。その問いにきちんと答えられるように生きていたいものです。
コメント (2)

『エスパー魔美』

2018-07-09 16:09:59 | アニメ
今回は、アニメ記事です。

前に『笑ゥせぇるすまん』について何度か書きましたが……そこからのつながりで、今回は『エスパー魔美』という作品について書きたいと思います。

『エスパー魔美』……
原作は、藤子・F・不二雄先生。つまり、藤子不二雄つながりです。

そしてもう一つ、アニメの『エスパー魔美』と『笑ゥせぇるすまん』には共通点があります。

それはなにかというと……音楽を田中公平さんが手掛けているということですね。
以前も書きましたが、田中公平さんはアニメ音楽の世界における巨匠で、じつにさまざまなアニメに音楽を提供しています。『エスパー魔美』も、その一つなのです。


『エスパー魔美』は、主人公の佐倉魔美が、あるときふと超能力に目覚め、その力でさまざまな事件を解決する……という筋立ての物語です。
おそらく、F先生の代表作の一つといっていいでしょう。
もちろん、作品としては『ドラえもん』ほどのポピュラリティをもってはいません。しかしこの作品には、F先生の集大成のようなところがあると私は個人的に思ってます。

それは一つには、F先生がたびたび扱ってきた“力と正義”というテーマがあることですね。

力を持つものは、その力をどう使うべきなのか、という……。

「ウルトラスーパーデラックスマン」などのいわゆるSF短編では、このテーマはシニカルに描かれることが多く、人間が強大な力をもつと不幸な結果になる、というような話が多いんですが、『エスパー魔美』では、そういうふうにはなっていません。魔美はエスパーとして強大な力を持っていますが、高畑君という、とても中学生とは思えない良識的な人物に支えられ、それを人助けのために使うのです。そこには、F先生がSF短編でみせる醒めた視線とはまるで正反対の、ある種の楽観のようなものがあります。F先生の晩年の作品では、この『エスパー魔美』や『チンプイ』のように女子を主人公とするものがありますが、ひょっとすると、そういう変化も関係があるのかもしれません。

そして、この作品は一話ごとにドラマがあります。

いろいろ悪事をはたらく人も出てきますが、単純に悪人をやっつけて終わりという話にはなりません。
悪人にもなにかそれなりの事情があって、魔美や高畑君の献身的な働きかけによって、それまでの行いを悔い改めます。
『エスパー魔美』は80年代後半に放映されていたアニメですが、このあたりは時代を感じますね。
今のアニメはあまりそういう描き方はしないんじゃないかと思います。私見では、90年代ぐらいから、「悪は悪であり、更生することはなく、排除するしかない」という考え方が優勢になってきたと思うんですが、80年代ぐらいにはそうじゃなかったような気がします。そういう意味では、このブログでよくいう「今の時代にこそみてほしい」的なアニメなんですが……
しかし、このアニメ、いまの時代に放映するにはなかなか厳しいものがあります。
ここも時代の変化を感じるところですが……ローティーンの女の子がフルヌードで出てきたりする場面が結構頻繁にあって、「絵のモデル」という理由が一応あるにせよ、現在の基準に照らすとちょっと問題があるということになるでしょう。

こういう変化はどうなんだろうな、ということも考えさせられます。

80年代ぐらいのアニメにはそういう描写はふつうにあったと思うんですが、今ではちょっと難しいですね。
倫理基準がだんだん厳しくなってさまざまな“配慮”が求められるようになった結果であり、そのこと自体は結構なことかもしれません。
しかしそれが、社会の不寛容や、いわゆる“つるし上げ”と表裏一体になっているようにも思えます。そしてその厳しさは、先述した、悪を悪として切り捨てる考え方と深いところでつながっているんじゃないか。糾弾することばかりに性急で、“あそび”の部分がないというか……『エスパー魔美』というアニメを今見ると、この三十年ほどの間に社会が失ってきたものを感じさせられるような気がするのです。
コメント (2)