ロック探偵のMY GENERATION

ミステリー作家(?)が、作品の内容や活動を紹介。
『ホテル・カリフォルニアの殺人』(宝島社文庫)発売中です!

吉川晃司 「SAMURAI ROCK」

2020-02-16 16:26:35 | 音楽批評



今回は、音楽記事です。

このカテゴリーでは前回岡村靖幸さんについて書きました。
そこで、尾崎豊とのつながりに言及しましたが、この二人とともによく語られるもう一人の“同期”である、吉川晃司さんを今回は取り上げます。


吉川晃司、尾崎豊、岡村靖幸の3人は、1965年生まれの“同期”。
ということは、吉川晃司さんのミュージシャンとしての活動歴はずいぶん長いということになるわけですが、最近もかっぱえびせんのCMに起用されるなど、まだまだ前線で活動しているロッカーです。

いかにもロックという感じの見てくれだけでなく、アクション俳優としての顔も持ち、ライブではシンバルを回し蹴りするというパフォーマンスも有名です。

また、社会派的な側面も。
特に、広島出身で被爆2世という生い立ちもあり、原発問題に非常に関心を持っているといいます。

原発問題にかぎらず吉川さんは現政権を批判する姿勢を鮮明に打ち出していますが、これこそロッカーというものでしょう。先日過去記事で名前が出てきたブライアン・メイもそうですが、ロッカーは横暴な権力を批判してなんぼです。そうでなければ、ステージでの熱唱も派手なパフォーマンスも、しらけて見えてしまいます。歯に衣着せず政権批判の発言をしているからこそ、ロッカーとしてのパフォーマンスにも説得力が出てくるわけです。

そんな吉川晃司大兄が2013年に発表したのが、SAMURAI ROCK。

 
良くも悪くも80年代臭が漂うハードロックナンバーとなっています。
レコード会社のプロモ画像を貼り付けておきましょう。

吉川晃司 - 「SAMURAI ROCK」特報映像第4弾

今の人からすると「ダサい」となりかねませんが、あえてこういう曲を2010年代に発表したのも、大兄の矜持かと思えました。
そこが原点であり、その原点をずっと軸として持ち続けているということなんでしょう。そこがかっこいいんです。私としては、この時代によくこそこれをやってくれたと思ってます。

今はたぶん、こういうのは「暑苦しい」「カッコ悪い」みたいに感じる人が多いんじゃないかとも想像しますが……いまの日本には、この「暑苦しさ」が必要なんじゃないかと思いました。

コメント

松本清張『点と線』

2020-02-14 17:07:17 | 小説

 

 

松本清張の『点と線』を読みました。

 

小説カテゴリーの記事で前回高木彬光について書いた際に名前が出てきたので、ひさびさに読んでみようかと思った次第です。

 

もちろん清張作品はそれなりに読んだことがあるんですが……意外に有名な作品をスルーしていて、松本清張にとって推理小説第一作といえるこの作品は未読でした。それが本屋にいってみると置いてあったので、チョイス。

 

読んでいると、松本清張のミステリーを読むときにしばしば感じる「歪み」のようなものが、この作品にしてすでに感じられました。

 

清張は社会派推理小説の先駆と目されているわけですが、そもそも森鴎外とかそういうところを向いている人なので、ミステリーにおける仕掛けは結構トリッキーであり……ありていにいって、ちょっと無理があるんじゃないかと思えることが少なくないのです。

まあ、これは私自身が本格よりの立ち位置にいるのでそう思えるのかもしれませんが……それにしても、そのトリッキーさが“社会派”としてのテイストと齟齬をきたしているんじゃないかと感じることが多々あります。それは、この『点と線』でも同様でした。その点でいくと、以前取り上げた高木彬光『白昼の死角』と比べて、ひっかかりを覚える部分があったことは否めません。

 

ただ、この作品の主眼はアリバイ崩しにあります。

 

最初に出てくる“プラットホームの見通し”に関する気づきが発想の出発点だったのではないかと想像しますが、そこから練り上げていった結果が、こうなったんでしょう。

その出発点は秀逸ですが、この文庫についている平野謙の解説では、そこに潜む瑕疵も指摘されています。

その部分も、「無理がある」の一環かも知れません。まあこれは、書き手の側からすると、「これはおいしい」という着想を得たら、そこに関するちょっとした問題点はあまり気にならなくなってしまうというというところもあったんじゃないかと思いますが……たしかに、いわれてみれば説明不足ではあります。

 

その後に出てくる種々のアリバイとそれを崩していく手つきについては、いいものもあり、筋が悪いものもあるという印象です。ネタバレになるのでその一つ一つについては書きませんが……ただ、総体としてはやや強引な感も個人的にはありました。

 

 

ここで、社会派的な側面についても触れておきましょう。

 

松本清張は意外にも太宰治と生年が同じなんですが、太宰の同時代人という印象はあまりないと思われます。

それは、彼が作家としてデビューしたのが40過ぎてからと遅咲きだったためですが、それまでの間に清張は世の中の辛酸をなめてきているわけです。そのことが、彼独自の視点につながっているというのは、よく指摘されるところでしょう。

 

その独自の視点は、『点と線』にも発揮されています。

 

印象的なのは、その結末です。

 

この作品で扱われる事件の背景には、ある省庁の汚職事件があり、その追及をなんとかして逃れようとする高級官僚の策謀があります。

事件を追う刑事たちは執念で真相を突き止めますが、結果としてその黒幕的な位置づけにある高級官僚の罪を問うことはできないまま物語は終幕。彼らの策謀は成功し、とかげの尻尾を切って逃げ切ってしまうのです。どころか、問題の高級官僚とその彼を手助けした役人は出世栄転を果たしさえします。

 

なんだか、どこかで聞いたような話……この寒々とした結末が、つまりは清張のなめた辛酸というところなんでしょう。

出世の希望から上役に忖度する役人、そして、「目をかけられている上司に、自分の供述で迷惑が及ぶことを恐れ」、不正のもみ消しに協力する役人。そして結局、殺人さえ犯して事件をもみ消した側が、逃げ切ってこの世の春を謳歌する。現実は、必ずしも正義が勝つというわけにいかない――これが、松本清張のリアルなのです。

 

ただ、それで、世の中そんなものさで終わってしまったのでは、ますます荒涼とした世の中です。

やはり、検察や警察といった人たちは、権力の側にいる人間の犯罪を執念で追及してもらいたい。そうでなければ、存在価値がない。ときに徒労であるとしても、刑事や検事はこの作品の登場人物を見習ってもらいたいと思います。

 

コメント

ブライアン・メイの呼びかけを振り返る

2020-02-12 17:18:16 | 過去記事
 
ブライアン・メイ、辺野古埋め立て中止の署名を呼びかける

沖縄・辺野古の基地問題に関して、クイーンのギタリストであるブライアン・メイが埋め立て中止を求める署名を呼びかけた件が話題になっています。ツイッターやインスタグラムで「米軍基地拡......
 

 

およそ一年前の記事です。

最近クイーンの来日公演やなんかでまた話題になっているブライアン・メイですが、こんな呼びかけもしていました。

やはり彼は、ああ見えて熱いロッカーなのです。

その真摯な呼びかけに対して、はたしてこの国のリアクションはどうなのか……辺野古の現状を思えば、なんとも残念なものがあります。

コメント

岡村靖幸「少年サタデー」

2020-02-09 16:03:42 | 音楽批評


音楽記事です。

前回は、川本真琴さんについて書きました。今回は、そこからのつながりで岡村靖幸さんについて書こうと思います。

どういうつながりかというと……川本真琴さんは、岡村靖幸さんのプロデュースでデビューしているのです。

その当時のJ-POP界隈では「〇〇プロデュース」みたいなのが流行っていて、そこに乗っかろうとした部分もちょっとあるのかもしれません。川本さんのデビューシングル『愛の才能』は、岡村靖幸さんの作曲によるものでした。

その頃聴いていたラジオのパーソナリティが、歌詞も「岡村さんが書いたような歌詞」といっていましたが……たしかにそんな感じはします。

自分の体感した世界をあふれる饒舌のままに活写する言葉の氾濫、ぶっ飛んでいながらリアルで深い歌詞……

川本真琴さんは天才だと私は認識していますが、岡村靖幸という人もまた、天才肌のアーティスト。
天才は天才を知るというところでしょうか、同じ波長がたしかに感じられるのです。


アーティストのつながりということでいうと、岡村さんは、あの尾崎豊とも親交があり、一緒にステージに立ったこともあるそうです。

尾崎豊の波長ということで考えると、“少年の心”みたいなものが見えてきます。

無垢な少年の心が汚い大人の世界に遭遇し、そこに染まり切らずに軋轢を起こしているような……そんな感覚です。
それが、“あの頃の気持ちをなくさずにいよう”といった感じのモチーフとして、ときおり顔をのぞかせます。そのあたりに、私も共鳴するんです。

たとえば、最近の作である「少年サタデー」。

 

  朝のにおいで思い出す子供の頃のすべて
  夕べに見た友達は何かを我慢してたね

  昔、自転車でトライ&エラーしたように
  力いっぱいに漕ぎ出そう

  言わば少年さ 今も少年さ Yeah
  いつもほのかに燃えてる 心が弾ける
  スピンするモーターさ

  ゆれて放熱したい 自分を応援したい Yeah
  君が子供の頃から見つめる神様
  念じたい 信じたい



尾崎豊の方向に話がいくと、ドラッグの匂いなんかも漂ってきますが、そういったこともつながってくるかもしれません。


周知のとおり、岡村靖幸さんも、過去に幾度か薬物で裁判沙汰になっています。

現実世界との軋轢から、逃避というかたちでドラッグに手を出してしまうということなんでしょうか……

しかし岡村さんは、それでもそのたびごとに復帰し、いまでもアーティストとして活躍。というのは、それだけ愛されている存在ということでしょう。
尾崎豊は若くして世を去りましたが、岡村さんはまだまだ現役。
これからも、少年のイノセンスを抱きつつ、アーティストとしてさらなる境地に達してほしいところです。


コメント

高木彬光『白昼の死角』

2020-02-07 16:18:15 | 小説


高木彬光の『白昼の死角』という小説を読みました。

 

例によって、ミステリーキャンペーンの一環。

高木彬光は、本格系ミステリー作家で、江戸川乱歩が“戦後五人男”と呼んだ中の一人です。

その五人の中には、私がリスペクとしてやまない山田風太郎がいて、また、『ゴジラ』第一作の原作者である香山滋もいたりするわけですが……なかでも、高木彬光は乱歩とダイレクトに関係があります。
そもそも、デビューにいたるきっかけが乱歩なのです。

処女作の原稿を江戸川乱歩に送り、乱歩に認められてデビュー。そして、横溝正史から短編の手ほどきを受け……という、これ以上ないぐらいに正統派な本格派。
しかし、それだけにとどまらず、社会派推理小説が台頭してくると、社会派風の作品も書く……漫画界における手塚治虫のようなバイタリティです。決して“時流にあわせる”ということではなく、新たな舞台に果敢に進出していったのだという風格があるところも、手塚御大と共通します。
作中で、松本清張の作品に出てくる仕掛けを「児戯に類するもの」と一蹴するせりふが出てきますが、これもそうした姿勢の表れでしょう。松本清張といえば、社会派推理を代表する作家。高木彬光より年上ながら、作家としては後輩にあたるという微妙な関係ですが、この社会派の泰斗にケンカを売るようなことをいっているのも、自分が第一線にいるという強い自負からくるものでしょう。
松本清張は歴史モノでも名を馳せていますが、高木彬光もまた歴史ジャンルに進出していて、歴史のリングでも清張とやりあったといいます。いやはや、なんとも頼もしいかぎりです。

で、『白昼の死角』なんですが……

社会派傾向のミステリーということで、経済犯罪を描いています。

高木作品は神津恭介という探偵役が有名ですが、そのシリーズではありません。犯人を主人公として物語が展開するある種のピカレスクとなっています。

松本清張御大の仕掛けを児戯に類するものとこき下ろすだけあって、金融業界の裏の裏までを研究し尽くして練り上げられた、相当高度な犯罪です。話の発端となる“太陽クラブ”はアプレゲール山崎晃嗣の“光クラブ”をモデルとしていますが、日本の戦後史を絡めてストーリーが展開していくところも面白みが感じられます。

社会派台頭の後に、本格の風味を取り入れた“新社会派”というものを想定する見方もあるようですが……だとすれば、高木彬光は新社会派の先駆といえるかもしれません。


コメント