Ring☆Rang☆Rung!

ばかわいらしいもの・お人形・手作りetc.…そこはかとなく綴っています…

ペプシ≪しそ≫

2009-06-30 11:39:48 | 

Photo_4 ペプシ ≪ しそ

 

 

 

 

 

 

  先日、夫がコンビニエンスストアで発見して、お土産(?)に買って来ました。

 “ Japanese Refreshing Flavor ” と 記されていました。

  え?…≪ しそ ≫ 味のコーラって…しかも 緑色だし…微妙…。

 と、私が恐る恐る蓋を開けてみると…?

  おぉ…確かに ≪ しそ ≫ だ…。

 ≪ しそ ≫ の香りがします。

 ≪ しそ ≫ 味なので、当たり前です…。

 コップに注いでみました。

 

Photo_5 黄緑色…。

Photo_6 緑茶とメロンソーダの

 中間位の色です。

 

 

 

 

 

 さて、飲んでみましょう!

  おぉ…やっぱり ≪ しそ ≫ だ…。

 ≪ しそ ≫ 味なので、当たり前です…。

  う~ん、何かの味に似てる…。

 昔 口にした、何かの味に似ています…何だったかしら?

 しそ飴…( って何?)?

 子供の頃、祖母に貰った梅飴…透明の飴の中に 梅の果肉がちょこっと入っている飴にも似ている様な気がします…。

 カラメルの甘さがありますので、≪ しそサイダーではなくて、確かに ≪ しそ コーラでした。

 ≪ しそ ≫ が苦手な夫は、一口 味見して、泣きそうになってました。

 確かに、≪ しそ ≫ が苦手な方には、ちょっと辛いかも…。

 すっごく ≪ しそ ≫ ですから…。

 ≪ しそ ≫ 味ですから、当たり前ですけれども…。

 

コメント (2)

邪魅の雫

2009-06-29 11:26:43 | 

Photo_3 【 邪魅の雫 】

 著:京極夏彦さん

 

 

 

 

 

 文庫化を首を長ぁ~くして待ち望んでいた、≪ 百鬼夜行シリーズ ≫ の最新刊です。

 わぁい、嬉しい♪

 とっても嬉しくて、あっという間に読んでしまいました。

 今回のお話は、私の大好きなキャラクター:榎木津礼二郎さん…容姿端麗・頭脳明晰の私立探偵…に纏わっています。

 でも、実際 活躍しているのは、関口巽さん・益田龍一さん・青木文蔵さんの地味キャラ三人衆(失礼…)なのです。

 京極堂:中禅寺秋彦さんは、上巻の真ん中辺りで語ったきり、下巻の真ん中辺りまで ほとんど登場しません…。

 作者の京極夏彦さんに曰く 「 京極堂が全く登場しない ≪ 京極堂シリーズ ≫ にしようかと思った。」 らしいのですけれども…。

 妖怪が主役(?)ですから、それも “ あり ” でしょうか…?

 でも やっぱり、中禅寺さんの語りと “ 憑物落し ” がないと、物足りない様な気がします。

 だって、“ 憑物落し ” に やって来る その登場の仕方は、今回も 相変わらず格好良いのですもの…。

 私は 思わず やったぁ!真打登場~! と、手を叩いて喜んでしまいました。

 ただ…今回、榎木津さんの活躍が ほとんどなかったのは、ちょっと残念です…。

 しかも、いつもの様な傍若無人・天衣無縫な振舞も若干(?)抑えられていましたし…。

 もっとも、今回の一番重要な “ 憑物落し ” は、榎木津さんによって行なわれたとも言えます。

 それは、とっても辛く 哀しく 寂しい 「 ひと言 」 ですので、いつもの榎木津さんと様子が違っていたのも 無理ないかも知れません…。

 次回は、今回の分を取り戻して いつもの榎木津さんでいてもらいたいと思います。

 過去のお話が所々でリンクする、≪ 百鬼夜行シリーズ ≫ …。

 私は、新刊を読み終わる度に、毎回 『 姑獲鳥の夏 』 から全て読み直しています。

 そうすることで、以前のお話の違った面が読み取れて、何度も楽しめるのです。

 さて…今日も これから 『 姑獲鳥の夏 』 の扉を開こうっと♪

 

******************************

 

<iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=riraru-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4062763729&amp;fc1=A51A1A&amp;IS2=1&amp;lt1=_top&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=EDF3F3&amp;f=ifr&amp;nou=1" frameborder="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=riraru-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4062763737&amp;fc1=A51A1A&amp;IS2=1&amp;lt1=_top&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=EDF3F3&amp;f=ifr&amp;nou=1" frameborder="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe> <iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=riraru-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4062763745&amp;fc1=A51A1A&amp;IS2=1&amp;lt1=_top&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=EDF3F3&amp;f=ifr&amp;nou=1" frameborder="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>
コメント

復活の日

2009-06-28 09:46:23 | 映画

 昨日の深夜(今朝?)、古の日本映画 【 復活の日 】 のDVDを観ました。

 【 復活の日 】 は、1980年に公開された角川映画です。

 主演:草刈正雄さん、監督:深作欣二さん、撮影:木村大作さん、原作:小松左京さん

 子供の頃にテレビCMで観て以来、今でも とっても印象に残っているのですけれども…実際に本編を観た記憶がある様な、ない様な…。

 確か、ウイルスか何かで人類の大半が滅びてしまって、生き残ったのがほんの一握りで…。

  で、どうなったんだっけ…?

 憶えていません…やっぱり 観ていないのかしら…?

 ただ、ボロボロな姿になった草刈さんが オリビア・ハッセーさんと再会する場面だけは、鮮明に憶えています。

 南極or北極の大雪原で、遠くから走り寄り抱き合っていた様に記憶していました…。

 同世代の夫は、 ボロボロの草刈さんが堤防みたいな所を歩いてて、大きな夕陽に照らされるシルエットの画が、一番記憶に残っているんだ。 そうです…。

 そして、主題歌が大好きだったのだとか…。

  あぁ…聴きたいなぁ、あの主題歌…。

 そこで YouTubeで調べてみました。

  やった!あったよ!

 

 

 確かに ボロボロの草刈さんとオリビアさんが走り寄り、抱き合っていますけれども…浜辺だったのですねぇ…。

 そして別の予告編では、確かに ボロボロの草刈さんが夕陽を背にしたシルエットの画がタイトルになっていましたけれども…堤防ではなかったのですねぇ…。

 予告編を観たら、やっぱり映画を観たくなりましたので、TUTAYAで探しました。

 80年代名作コーナーにありました。

  やった!あった!

 …と思いきや…?

 

3 レンタル中…。

 しかも、このコーナーで

 【 復活の日 】 だけ…。

 

 

 

 

2

 嗚呼、何方か…

 

 

 

 

 

 

 

1 早く返して下さい…。

 

 

 

 

 

 

 

 待つこと一週間…。

 先日、やっと借りることが出来ました。

 

Photo_2

 そして、とうとう…

 昨夜(今朝?)

 鑑賞しました。

 

 

 

 

 さすがは角川映画全盛期の作品…。

 世界初の南極ロケ、各国でのロケ、各国の出演者…とにかくスケールの大きさに圧倒されました。

 日本のキャストは、草刈正雄さん・夏木勲(現 夏八木勲)さん・多岐川裕美さん・渡瀬恒彦さん・千葉真一さん・森田健作さん・永島敏行さん・丘みつ子さん・小林稔侍さん・緒形拳さん…豪華な顔触れです。

 そして ストーリーが実によく出来ています。

 キーポイントのウィルス(細菌兵器)感染の話は、現代にも通じますので、何だか少し怖くなりました。

 ただ…ラスト近くで素朴な疑問が湧いてしまい、その後 解明されないまま終わってしまいました。

  ありゃりゃ?これで終わり?

  う~ん、ラストがなぁ…。

 それまで本当によく出来ていたのに…ちょっと残念です。

 でも、やっぱり とっても良い映画だと思います。

 木村大作さんの画が、とにかく美しいです。

 このDVDには特典映像として、当時の予告編が納められています。

 本編を見終わった後で観ました。

 予告編のラストで…

 

090628_28 80年6月28日

 全国一斉ロードショー

 

 

 

 

 

  29年前かあ…。

  そんなに前の映画だったんだねぇ…。

 そう言いながら、私がふとカレンダーを見ると…?

  あッ!今日は6月28日だ…。

 奇しくも、29年前の公開日と同じ日に観るなんて…。

 すごい偶然に、吃驚しました。

 【 復活の日 】 …「 知らない。」「 観たことない。」「 昔観たけど忘れちゃった。」「 観てみたかった。」 と仰る方、機会がありましたら、ぜひ御覧になって下さいませ。

 

Photo “ Life is

  wonderful …。”

 

 

 

 

 

コメント (2)

ぷちトマトの酢漬け

2009-06-27 10:26:39 | 

 近頃のマイブーム…ぷちトマトの酢漬け♪

 

Photo_7 ぷちトマト…150g

 リンゴ酢…大匙 5

 お砂糖…大匙 5

 お塩…大匙 1/2

 

 

 

 私は、いつも2パック分、漬けています。

 ぷちトマトは、そのままでも いいのかも知れませんけれども、私は 湯剥きしてから漬けています。

 湯剥きしたぷちトマトを容器に入れ、リンゴ酢・お砂糖・お塩を入れて、、クルクルクルと揺すって…

 

Photo_8 こんな感じ…。

Photo_9

 美味しくなぁれ♪

 

 

 

 

 

 

 そして、冷蔵庫で4~5時間 置けば…

 

Photo_10 ハイ、出来上がり♪

Photo_11 とっても簡単です。

 

 

 

 

 

 

 トマトの酸味・甘味が リンゴ酢とお砂糖によって、とっても協調されて 美味しくなります。

  トマトもお酢も大好き♪ な私の お気に入りです。

 

Photo_12

 あっという間に

 ペロリ…。

 

 

 

 

 

 漬け汁は、炭酸水で割って飲んでいます。

 トマトジュースに大匙1~2杯入れても、美味しいです。

 

************* 追記 *************

 湯剥きをせずに、漬けてみました。

 

Photo_2 こんな感じ…。

Photo_3

 美味しくなぁれ♪

 

 

 

 

 

 

 湯剥きしたのと同じ時間漬けてみましたけれども、味が滲み込んでいませんでした。

 やっぱり湯剥きした方がイイみたいです。

 

コメント (3)

スーパースターが…

2009-06-26 11:28:04 | 日記・エッセイ・コラム

 今朝、ブログをアップしようとパソコンを立ち上げた途端、お友達のちゃんからメールが届きました。

  朝からは 大変なことになってるよ ●○●○死亡って…

 ●○●○という名前を読んで、私は吃驚仰天!

 慌ててテレビを点けました。

 速報として報じられていたのは…

 マイケル・ジャクソンさんが 亡くなられたということでした…。

 ………………………。

 【 ベストヒットUSA★〃】 ど真ん中世代の私にとって、マイケル・ジャクソンさんは “ スーパースター ” です。

 とってもとっても 大好きでした…。

 7月にロンドンでの復活コンサートを行うというニュースに、 たとえ観に行けなくても、マイケルがもう一度歌うんだ! と喜んだのは、今年の春のことなのに…。

 テレビやCDのみですけれども、マイケルさんが最も活躍されていた時期にリアルタイムで観られて聴けたことは、とっても幸せだったと思います。

 今日は、マイケル・ジャクソンさんのCDを聴いて、静かに偲びたいと思います。

 マイケル・ジャクソンさん…素敵な歌と踊り、そして感動を 本当に本当にありがとうございました…。

 

Photo_3 ご冥福を

 お祈り致します…。

 

コメント (2)