Ring☆Rang☆Rung!

ばかわいらしいもの・お人形・手作りetc.…そこはかとなく綴っています…

丙午…

2007-09-30 09:00:30 | 日記・エッセイ・コラム

Photo 夫は 午年…。

 丙午生まれです。

 だからでしょうか…?

 馬が とても好きです。

 

 

 

 先日、近所のスーパーにお買い物に行った帰りのこと…。

 夫は突然、いつもは横を通り過ぎるだけの とある施設の中へと車を進めました。

 

  ちょっと覗いてみようか。

 前々から、 一度 覗いてみたいね。 と話してはいたのですけれども…。

 駐車場に車を停めて、奥へと足を踏み入れた私たちを迎えてくれたのは…?

 

Photo_3いらっしゃいませ♪

 

  美しい白馬!

  …のオブジェ。

 

 

 

 白馬に誘われ、さらに奥へと進んで行くと…?

 

Photo_5 ポッコポッコポッコ…

 馬が静かに軽やかに

 歩んでいます。

Photo_6  そう、ここは乗馬学校

 なのでした。

 

 

 

 

 

 住宅街なのですけれども、とっても静かな場所です。

 広い角馬場と室内馬場、クラブハウス、厩舎があります。

 会員制の乗馬クラブですので、急に思い立って乗せてもらう…というわけにはいきません。

 とってもハイソな雰囲気…。

 競馬に興味がない夫と私は、馬を近くで見る機会がありません。

 同じ地域のよしみ(?)で、遠くから練習風景を眺めさせて頂きました。

 この日、馬場に出ていたのは2頭でした。

 馬って、とっても綺麗…。

 見ている間にも、常歩~速足~駈足と、一周するごとに速度を上げて 馬場をグルリ…。

 

Photo_4 パカラッ パカラッ …

 軽快な足音が

 響きます。

Photo_7 とっても 気持ち良さ

 そうですね…。

Photo 8歳位の頃に 引き馬に乗せて

 もらったのが、私の唯一の

 乗馬体験です。

 ポニーでした…。

 でも とても愉しい想い出です。

 

 

  

 

 

 もし 機会がありましたら、乗馬をしてみたいです。

 乗馬学校に入門する様なセレブではありませんから、引き馬で充分です。

 オートバイでよく行く 宮ヶ瀬湖の湖畔の牧場には、引き馬体験場がありますので、いつか体験してみたいと思います。

 ポニーじゃない馬に…ね…。

 

コメント

花田少年史。。。

2007-09-29 11:11:29 | 映画

Photo_5 昨日、『 花田少年史~幽霊

 と秘密のトンネル 』 が放映

 されていましたので、観る

 ことにしました。

 公開当時、観てみたいな

 ぁ…と思っていたのです。

 

 

 

 

 

 『 花田少年史』 は漫画が原作なのですけれども、読んだことがありません。

 以前 テレビアニメが放映されていた時に、数回 観ただけです。

 花田少年が可愛らしくて、お話も面白く そしてホロリとさせられ、ちょっと気に入っていたのです…。

 『 花田少年史 』 の大まかなお話は、こんな感じ…。

~~1970年代。田舎の腕白少年・花田一路がある日、交通事故に遭い、頭を9針も縫う大怪我を負いながらも奇跡的に助かります。この事故以降、オバケが見え 会話も出来る様になってしまった花田少年の許に、生前の未練や願いを果たす力になって欲しいと 様々なオバケがやって来ます。かくして、花田少年は騒動へ巻き込まれてゆくのです…。~~

 映画版では 登場人物等の設定に多少の変更がありますけれども、基本的なことは変わっていない様ですね。

 今ほどデジタルな物が溢れていない頃に 子供時代を過ごした私は、『 花田少年史 』 の様に昭和中期~後期を舞台にした作品を観ると、ほっこりとして幸せになります。

 ちょっぴり怖くて、笑えて泣けて、心があたたまる映画です。

 キャストの皆さんも それぞれピッタリのはまり役でした。

 それにしても、北村一輝さん…。

 何故、貴方は人間じゃない役が そんなにも似合ってしまうのでしょうか…?

 いつもいつも、感心してしまいます…。

 『 花田少年史 』 …原作漫画も読んでみたくなりました…。

 

Photo_3

 花田二路…。

 ぷぷぷ、可愛い…。

 

 

 

 

 

コメント

テレビの診察。

2007-09-28 12:15:42 | 日記・エッセイ・コラム

Photo_2 液晶テレビが

 故障しました…。

 

 

 

 

 

 夫が 観ていましたら、突然 「 パン!」 と 画面が消えてしまったそうです。

 その後は、主電源が点いたままで 切ることが出来ず、何をどうやっても反応しなくなってしまいました。

 2001年に買った物ですので 新品とはいえませんけれども、

寿命が来るには まだ早い気がします。

 リビングにあるテレビは、夫が独身時代から使用している物ですので20年近く経ちますし、寝室のテレビも15年ほど経ちます。

 今でも 問題なく綺麗に写っています。

 寿命…というのなら、先に故障して当然なのは これらのブラウン管型テレビの方ですのに…。

  液晶だから?

 機械オンチの2人です。

 原因に全く心当たりがなく、もちろん修理法も解りませんから、

製造元のサービスセンターに問い合わせてみました。

 お話した結果、とりあえず診に来て頂くことにしました。

 そして…。

 

Photo 10分ほどで、

 修理が完了。

 

 

 

 

 

 原因は 何だったのでしょうか?

  こちらの製品の不具合の様でしたので、基盤ごとお取り替え致しました。

 …購入後 何年も経ってから、不具合が生じることもあるのですね…。

 2011年には アナログ放送から地上デジタル放送へ完全移行になりますから、もうそろそろ対応を考えなくてはなりません。

 今のテレビにチューナーを付けるよりも、地デジ対応型テレビの購入に踏み切る方が、良いのかしら…。

 でも、今のテレビは まだまだ充分観られますから、買い換えるのも勿体無いですし…。

 しばらくは悩みそうです。

 

コメント (4)

東京だよ、おっかさん。

2007-09-27 15:48:21 | 日記・エッセイ・コラム

Photo 東京タワーです。

 

 

 

 

 

 

 夫が お仕事で恵比寿まで行くことになり、車番として一緒に行きました。

 生まれ育った東京を離れ、ハマっ子になって、もう10年…。

 東京タワーよりも 横浜マリンタワーを目にすることの方が、

ずっと多くなりました。

 久々に東京タワーを間近で見ましたので、高速道路から撮影してみました。

 こうして改めて見てみると、東京タワーは とっても美しい建造物だと思います。

 2011年の地上デジタル放送完全移行を機に、電波塔の役割は 新東京タワーが担うことになる様です。

 そうなると、今の東京タワーは どうなってしまうのでしょうか?

 

Photo_6 東京のシンボル、

 観光名所の

 東京タワー…。

 

 

 

 

 

 

 

 私が中に入ったのは、もう何年前になるのでしょう…。

 いつか機会があったら、くまなく見て廻りたいと思います。

 『 THE・東京タワー 』 という様な ばかわいらしいお土産も買いたいです。

 

Photo_3

  東京だよ、

  おっかさん。

 と言いたくなります。

Photo_4 *** 番外編 ***

 隠れた首都高名物。

 ビルの上の

 レイ・チャールズ

 (?)氏…。

 ちょっとお気に入り…。

 

コメント (2)

♪う~さぎ、うさぎ♪

2007-09-26 09:07:11 | 日記・エッセイ・コラム

 昨日は 中秋の名月でした…。

 祭壇を設け、薄を飾り、お酒やお月見団子をお供えする…

 という、行事らしいことをしませんでしたから、せめてベランダに出て お月様を眺めてみようと思いました。

 まん丸お月様が、夜空の真ん中で輝いています。

 とっても綺麗でしたので、カメラを持ち出して 撮影しました。

 

Photo_1335

 綺麗…。

 

 

 

 

 

 

 月明かりをしばらく浴びていましたら、こんな唄が 頭に浮んで

きました。

 ♪ う~さぎ、うさぎ、なに見て跳ねる?

   十五夜お月様、見て跳~ねる ♪

 というわけで…。

 ( 暗くて見え難いかも知れませんけれども…。)

 

Photo_1337

 ♪ う~さぎ、うさぎ、

Photo_1338

 ♪ なに見て跳ねる?

 

Photo_1336 ♪ 十五夜お月様、

   見て跳~ねる♪

 

Photo_1339 ……うさぎ…? 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (3)