MINの目

MINの目が見つけた事柄をつれづれなるままに綴ります

キッチンスペシャリスト

2007年04月04日 | デザイン・建築好き
4月1日より正式にキッチンスペシャリストとなりました。
ご利用下さいませ。
私はどちらかというと公共建物や民間企業の建物に携わる事が多く、これまで来たのですが、最近では住宅の設計の計画にも携わる事が出てきました。
住宅を設計する上で一番大切な場所はキッチンではないかと思ったのです。
気持ちのよいリビング、寝室、浴室などもそうなのですが、使い勝手の良いキッチンはその家の寿命をも延ばすのではないか、重要課題だと思ったのです。
もちろん建築を勉強する中でもキッチンの事は学びますが、より深く知りたい勉強したいと思いました。その成果を計る物として去年の末にキッチンスペシャリストの試験を受けました。
そのキッチンの使いやすさによってその心地良さは随分変わるだろうと思うのです。もちろんその使いやすさは人それぞれです。オープンに置いて見せたい、しまってすっきり見せたい。収納が多い方が良い、収納より設備を充実させたい。アイランドキッチンのようなオープンなキッチンでいつでも家族と一緒にいたい。完全別にして家事に集中したい、におい等もリビングに流れないようにしたいなどその価値は様々です。
その様な様々な声に答えてキッチンの計画、提案、設計監理するのがキッチンスペシャリストです。多くはキッチンメーカー、ショールーム。リフォーム会社などにいらっしゃるようです。
この試験の問題集のまえがきに「住宅の設計者ですらキッチンの大切さを理解していない場合もありますこんな時にスペシャリストのアドバイスがユーザーにとって重要になってきます」とありました。いきなりドキッとさせられました。そんなつもりは無いけどそうだったかも知れない・・。もうそんな事を言われないようにしっかり勉強しようと思いました。
この資格をとって、より住宅設計がスムーズに出来るようになりました。また、スペシャリストさんをユーザーさんが利用した場合にもその価値を理解しスムーズに対応出来ると感じます。
資格とは何でもそうだと思いますが、取得した事は最低限の事を勉強したという事で、これからいかに勉強を続けていくかが重要だと思います。
建築士にしてもキッチンスペシャリストにしても引続き学び、より良い物をオーナーさんユーザーの方に届けていきたいと思っています。
コメント (5)