makoの喜怒哀楽

2018/8/18 万助溜にて



春待ち

2018年01月31日 | 日記

今日の1枚。

       福寿草笑む ♪

                             2015・3・17  寿長生の里にて

 

仕事以外は相も変わらず冬籠り。

お蔵入りの写真の中から春らしいものを探してみる。

 

滋賀県は「寿長寿」の里・すないの里に2度程連れて貰っていた。

つづらおり弁当ランチとお茶席に着き満足した後は散策にくりだした。

かなり敷地が広いので山の径のようなところをそぞろ歩き。

 

山野草が売られている小さな園芸店のようなところへ立ち寄った。

M 姉さんだったかな、鉢植えを何やら買い求めていらした。

店の外の一角の足元には山野草の鉢が置かていた。

買い手がつかなかったのか、ポットに植えられたままの福寿草が無造作に置かれていた。

蕨が葉になりかけたころを「笑う」というのだと父が教えてくれた。

この福寿草も葉が伸びきって笑っている。

上から目線で撮るよりも・・と、店先の下の径に降りてみて、

木々の間から光を拾って撮ってみたら益々笑っているように見えた。

いささかボケが多すぎてうるさいけどその時は嬉しかった。

今まで地べたに放置されていた福寿草には見えないと思ったからでした。

 

    寄り合って笑ひ合うごと福寿草   駄句  mako

 

さて、夜中にスマホが何かのお知らせで鳴りだした。

なんぞやこんな時間にと触ればフリーズしてしまった。

電源を落とせば回復すると前回学んだので試せばもとに戻った。

同時に目が覚めてしまったではないか・・。 

まさかスマホに機械油を差す訳にもいかず・・。

錆びたアタクシの頭に油を差せないのと同じだと納得したのだった。

只今5:00過ぎ、早起きの方はそろそろ起き出して朝食の準備でしょうか。

私は少し横になることにしよう。

 

コメント (6)

角川平成俳壇2月号入選句

2018年01月28日 | 日記

角川出版の「俳句」2月号入選しました。

1月号は入選ならずでしたから挽回できました。

その理由は二人の選者先生に採っていただいたからです。

1句に二名の選が入ると2点、そこへ+1点のランクUPになって、計3点になる。

1句で3点いただけるので挽回です^^v

ええ感じになってきました♪

この調子で、以前のように年末の締めでトップに再び踊り出ることができますように。

って、そう甘くはないのですが^^;

さて、句意です。

もう随分前のことになるのですが、まだコンデジ時代で遊んでいた折のこと。

梅や牡丹で有名な藤原町には、芸能人が取材に来るほどの喫茶店があります。

「アタント」と言うお店で、その辺りの藤原の長閑な景が好きで結構行ってました。

団子の①と一緒に行ったこともありました♪

焼きたてのパンを食べるのが目的です。

里山の暮れるのは結構早く、振り返ると夕焼け雲。

 

刈り田には昨日の水溜りが残っていてそこに山の影が映りだされていたのです。

車を停めて思わず撮ったのでしたがそれは古いパソコンにお倉入りです。

人事俳句が多い私ですが、この句には人物は登場していません。

さらりと景色を詠んだのです。

が、今、これを書きながら、もう少し推敲しておけば良かったかなとも。

下五に「水溜り」で落ち着かせてしまったので、水たまりにインパクトが大きい。

下五に刈田をもってきて、「刈田かな」と刈田を強調すれば良かったかなと。

うう~ん、プレバトのなっちゃん先生なら何とおっしゃるかしらん^^;

 

画像は、昨年の7月に撮ったもの。

藤原町ではなく東員町。しかも「刈田」ではなく「植田」。

でも、あの時、見た、刈田の景はこんな感じだった。

というように、何気に撮った写真を使ったけど、

句集にするには「刈田」の景を撮らないとね。

 

 

コメント (10)

寒波は暖かい

2018年01月26日 | 日記

 今日の1枚。

            律呂   ♪

                                                     2017・3・4  なばなの里にて

 

いや~昨日は参りました   

幹線道路に出るにも取り敢えず車の周囲の雪掻きを。

気を付けていたのですが、少々腰を痛めてしまい

店長に「休みたい」と伝えると、「こっちは全然ないから」と言う。

違う違う、雪の量の問題ではなく、腰を痛めてしまって・・というのに店長もマネージャーも無理とのこと。

子供さんの役員会議なんちゃらかんちゃら・・。仕方がない。

うん、それは私も経験あるから解ります。

そんな時、娘からのバスの時間を表示したラインが入った。

相談した訳でもないのに、察したのかな

やることが早いね、若い子は^^v

でも、帰りが困るよね、といことでもって、

また降り出すようなことになったら早く帰してもらいなということでもって出かけることに。

店に着くとカイロを買って、腰に張り付けた。コルセットは日常的に使用している。

「カフェオレでも飲んで温まりな」と、お恵姉さんが労ってくれた。

いつも飲んでいるけど、格別美味しいね 、ご馳走様♪

相方のスタッフ男性も、「今日はレジ周りだけでいいよ」と言ってくれて助かった^^v

幸い雪は降り出すこともなく結局はいつもの帰宅時間になった。

入れ替わりに出勤してきた店長に聞こえるように、

私と入れ替わりのスタッフさんにこう言った。

「店長ったら、私は腰を痛めた、と言ってるのに、こっちは雪がないよって言うのよね!!」

「・・・優しいよね~!!」  

 

今朝7:00頃、電話が鳴った。

「もう起きた~?」

「起きてますとも、何かありました?」

「今日は19:00頃に行くから、それまで頑張って~宜しく~」ですって。

あはは~昨日の皮肉が通じたみたい^^;

ということで、今日は早めに帰してもらえそう^^v

なんだかんだ言っても、基本、優しい店長だから、・・・^^:

店長もリニューアルオープン以来、休みなしで頑張ってきたのだから大変だったことと。

 

という、今朝は穏やかな気持ちになっている。

それに、昨夜、帰る時になって気が付いたけど、娘のラインの中にこんな写真が添付してあった。

励ましのコツを踏まえている娘。あはは~完全に読まれておりまする^^♪

 

積雪30cmは有る感じ。

休校、休園、になったらしく、どうせゲーム漬けになっているのかと思っていたのだけど、

いいね、いいね、元気で雪だるま作りに勤しんでいたのね♪

二人とも、ほんとにいい笑顔 ^^♪  ほんとにイケメン。公表できないのがね、残念^^v

特に団子③は段々お父ちゃんに似てきたね♪

雪だるま、バランス良く出来ているね、その辺にあった木の枝を手にしているのが笑える♪

 

さてさて、ぼちぼち動き出すとしましょ^^v

 

コメント (10)

ヒートショックに気をつけて

2018年01月25日 | 日記

今日の1枚。

  

              チューリップ或る日或る刻老い易く    三橋鷹女

                   

若い時は何でも出来そうな気でいたけど、

この頃はこんなことも出来なくなった、と情けない。

 

さて、昨日は歩いて出勤した。

春になれば桜も見られるちょっとした公園があるので階段をゆっくり上がってみた。

もしやして氷も見られるかもと思ったからだ。

案の定  ♪

 

      薄氷をつついて見れば軽き音   駄句  mako

  

 

そして霜柱も。久しぶりに見た気がする。

       弟に踏み残し措く霜柱   まこ

      

スマホで撮ったものだけど、マクロの世界はどんな?・・と思うと、

明日はカメラ散策してみようかと微かによぎったものの今朝はこのとおり^^;

天気予報は大当たり!

あれ?

私の車の側面には吹き付けられた雪がない。隣の大きな車に守られたのだ。

その車は出勤された模様。

 

「ヒートショック」に気をつけてと、昨夜、娘からラインが入った。

さて、今夜の出勤はどうする・・・。

 

今しがた、外で女性の悲鳴が聞こえた。

いつもの中国の方々。どうやら大事には至らない様子なので安堵。

 

さてさて、思案にくれる。

職場は学生のドタキャンはもはや日常化していると言っても過言ではないし。

今日の私のシフトは誰に頼めるのだろう。

 

コメント (2)

雪の苦い思い出

2018年01月23日 | 日記

今日の1枚。

  まめだのとっくり  ♪

 

 

2015年・2・14散歩にて。

誰も足の踏み入れそうもないのを見計らって散歩にでた。

期待に反して先客さんが。

坂を上がる途中で振り返ると。

時折、木の枝が身震いをするのでこのとおり ^^;

市内を見下ろせる場所。

 

みかんが雪の帽子を被り  ^^;

椿も雪化粧。

途中で雪だるまを作ってベンチに座って貰って ♪

徳利を撮って、帰る途中にはもたれかかっていた^^♪

 

すみません、関東地方が大雪で麻痺しているというのにこんな呑気なことを書いて。

 

こちらは明日と明後日、雪マークが。

車検の予定があって、早めに車だけ預けておくことに手配しておいた。

 

問題は木曜日。

ただでさえ、インフルや風邪などで欠勤、代わりのシフトをこなす人の手配などギリギリでこなしている模様。

どうするか・・。

 

さて、子供の頃のこと。

下校時間を早めて集団で帰ることになった。

私は男子5、6人の中に混じって一人だったと記憶。

学校を出て間もなく一人の男子が近道をしようと言い出した。

一人になるのも心細いし、言われるままに男子らの後をついて行った。

今から思うと恐ろしいことに農業用水と平行に歩く農道だった。

当然、田んぼ側に沿って歩くのだったが段々視界はさえぎられ半泣きになっていた私。

男子らは途中雪合戦などを始めて。こんなことならついてくるんじゃなかったと後悔した。

近道は始めてのことだったので、先に進むことも出来ないのだった。

いつもの3倍も4倍も時間がかかっていたかも知れない。

近道が近道でなくなってしまっていた。

雨戸を閉められていた家に着いた頃にはもう辺りは薄暗くなっていた。

 

家に入るなり、父が顔を真っ赤にしてこう言った。

「どこへ行っとった!」

「 H っちゃんが、近道して帰ろうって言うたから・・」

途端に、父の平手打ちが飛び、粗壁に鼻血が飛び散った!

「言い訳するな!」「どんだけ心配したか!」

 

迎えに出たというのに、私とは出会えず、とうとう学校まで着いてしまったこと。

先生は早くに子供たちを帰したこと。

急いで戻りながら溝や田んぼに落ちていやしないかと必死に探したこと。

同じ村の子供たちの家にも行ってみたが誰もまだ帰っていなかったこと。

そらそうだ、みんな一緒だったから。

あ、そうだ、他の女子や、賢い男子はいつもの道で早々に帰ったとのことだった。

途中で親御さんと出会って無事帰宅できた子もいた。

勿論、迎えにこられない親御さん宅にも無事に送り届けたとのこと。

 

子供を持って初めて父の気持ちが判ったのだった。

「言い訳をしたこと」「誰かのせいにしたこと」

そもそも、「いつもの道で帰るようにという先生の言葉を守らなかったこと」

全てが父の激怒になって鼻血が飛んだ^^;

 

父は一言、こう言った。

「俺の手も痛いわ!」

母亡きあとの父の子育ての一幕でもあった。

 

さて、今は快晴だこと。

車の中の長靴、三脚、椅子など、出して置かなければ。それから仕事モードに^^。

 

 

コメント (6)

汚いパジャマは宝物

2018年01月20日 | 日記

今日の1枚。

     翡翠   ♪

2015年の1月21日・井坂ダム湖でのまさかの景。

湖岸は吹きさらしの場所もあり、この景を撮った折は耳も痛いような日だったと記憶。

それと判っていても出かけていたのですが、その気力はとうに失せてしまっている昨今。

今日も昨日に引き続き比較的穏やかな風のない日になっている模様。

でも、起きたのは9:00だった。

    

ところで、いつも何かしらの「ぬいぐるみ」を抱えているお子さん、見かけたことありませんか^^?

あれは、自分の気持ちを落ち着かせる為、なだめる行為だと聞いたことがあります。

もう、薄汚れてボロボロになっても離さない子。

それはぬいぐるみに限らず、タオルであったり、ハンカチであったりします。

洗濯するにも出来ない、その子にとっては大事な物。

毛布の先をチューチュー吸いながら眠る子もいますね。

気持ちを落ち着かせて心地よい眠りに落ちてゆくのでしょうか。

 

 

さて、先日のこと。

お店のレジのカウンターの隅に真っ黒な猫のぬいぐるみと、

なぜか、薄汚れたパジャマが置かれていました。

タバコの什器で見えない場所だったのでカウンターの中から出て初めて発見したもの。

私はその日、小さなお子さん連れのお客様のレジはしていないので益々思い当たるふしもありません。

「忘れ物やねぇ・・」

日付と物とをノートに明記しておかなければと思いつつレジに追われていました。

一緒にいたスタッフさんは、「汚い・・」と言う目でちらっと見ただけでした。

 

で、2時間ぐらい経った時に電話が鳴りました。

一人は聞こえない場所にいて、レジをしていたのは私。

でも、たて続けにレジをしなければならなかったので放置していました。

暫くして再び電話がなったので、もしや、ぬいぐるみ・・と見当はついていました。

「あのぉ・・黒いぬいぐるみの落とし物なかったでしょうか?」

ほどなくして、若いお母さんに抱かれた男の子がとりにこられました。

泣きはらしたような目だった子がぬいぐるみを見るや途端に、笑みが。

「よかったねぇ~」と渡すと、「ありがとうは?」とママさんが。

ここまでは普通のことですね。

 

私はほっこりした気持ちになったのでした。

ぬいぐるみもそうですが、持ち歩いているのは薄汚れたパジャマ。

そのパジャマには幼子のこころを離さない何かがあるのでしょうね。

安心して眠りにつくその男の子の様子が浮かんできたのでした。

 

家に帰って眠りに就く私は遠い日の子育てのことを思い出していたのでした。

息子は眠くなると、私のセーターをまくり上げて潜り込むようにして乳を欲しがる子でした。

 

 

コメント (12)

救急車要請、そして安永餅

2018年01月19日 | 日記

今日の1枚。

  もふもふ  ♪

この猫柳、なばなの里で、何年も前に、紛れもなくアタクシが撮ったものなのです。

ある日、何かを検索していたら、この画像が出てきました。

他にもいろいろな風景画像や花なども並んでいましたが、あれ?どこかで見たことあるような・・。

Bingという検索エンジンなんですけどね。

ネットの世界はよう判りません^^;

で、それ以来だったかな、このgooさんの記事に写真をUPする折には右クリック出来ない方法で写真をUPしています。

と言うのはね、逆に私が人さまの写真をUPしているのだという誤解をさせてはいけませんものね。

かと言って、「無断での使用は禁じる」なんてことも書けません^^;

なので、右クリックできないようにすればいいんだわ、と。

気が付くのが遅いことでした^^;

 

さてさて、昨日、「安永餅」をいただきました。

安永餅、以前に静岡まで送ろうとしたのですが、日持ちがしないのです。

伊勢の朔日餅と同じ扱いの商品ですね。朔日餅は冷凍保存でいただいて平気になっています。

もう、5、6年そうしてきたのですが。

さて、その安永餅を、届けてくださった方がいました。

 

「5日の夜に、ここで救急車を呼んでいただいた者です。あの時はお世話になりました」

お母さんと娘さんがそう言ってレジの前に立たれたそうです。

・・・・???

 

5日の夜にシフトの入っていたのは私で、世間ではまだ松の内でしょうか。

年末からの風邪がようやく癒えつつあるときでもありました。

バイトの男子が「〇子さん!」と私を呼びにきました。

何事かと、その男子学生さんのいるレジ前に駆け寄って行くと、

携帯を耳にあてた男性が「救急車を呼んで欲しい!」と。

??・・どゆこと?  その携帯で呼べばいいものを・・。

「・・その電話の相手は誰なんですか?」

「家内ですわ、今、アピタで仕事でいるんやけど、仕事中で帰れない、なんちゃらかんちゃら・・」

いきなりのことでしたが、どうやら、救急車を要請したいのはその男性でもなく、

まして電話の向こうの奥さんでもなく、と、ふんだ私。

「で、患者さんはどこに?」

「車の中ですわ」「娘ですわ」

店の前に停められていた車の後部シートには若い女性が。

助手席シートを抱え込んでガタガタ震えておいででした。

「大丈夫ですか?今すぐ救急車をよびますからね」と声をかけて店に戻り119番しました。

実は私、救急車要請はヒマワリを撮りに行って二度ほど、しかも同じ場所で経験しています。

日記にも書き、俳句にもしてあります。ご存知の方もいることかと。

そして今回のことも、お店の目と鼻の先には消防署があるのです。

直ぐ出動してこられ、患者さんと暫く話をしてから病院へと向かって行ったようです。

私はレジに立ち仕事モードに戻っていました。

いつの間にか、お父さんの車も消えていました。何の音さたもなし、・・ですね。

それから2週間後のことでした。

患者さんだった娘さんとお母さんがお店にこられたようです。

私は、その時シフトには入ってなくて。夜が私のシフトです。

で、その昼間のスタッフさんは何のことだか判らなくて。当然ですよね。

事務所にいたマネージャーさんが、話を聞いて判じたことが、

その5日の救急車要請のことだった、ということに話は落ち着きました。

で、私の携帯に着歴が残っていて、それはマネージャーさんからの電話でした。

実は、救急車要請のことは敢えて報告しない方がいいと判断していたので黙っていました。

連絡ノートに書くのも、下手すれば、「それがどうしたの?」になることだし・・。

ま、お店によって色々ですからね、マネージャーさんとは直接関係ないことですが。

そのマネージャーさんからは「ありがとうございました」と言われました。

「〇子さんがお店の対応としてちゃんとやってくださいましたから」と。

若いのに、流石ですね、成長されました。M  姉さんの娘さんですからね^^v

で、安永餅、日持ちがしないこともあるし、昨日の出勤の時に封を開けて

その場にいたお恵姐さんと J 姉さんに食べていただきました。

後からきた M姉さんも。それに店長が好きだと言うことで残りは店長に。

勿論、私も、そして、何も知らなかった他のスタッフさんの Y さんは今日食べていただいているハズです。

 

余談ですが、娘さんは、2週間ほど入院されていたそうで、

退院の日に、お店にこられたそうです。

良かった~^^v

救急車要請はこれで3回目になりました。

 

バイトの男子学生にこう言っておきました。

「私、こう見えても心臓が悪いのよね」

「お願いなんだけど、倒れたら、即、呼んでね」

「くれぐれも踏みつけないでね!」

そう言うと、あはは~って笑っておいででした^^;

 

コメント (6)

手焼き処・たかやま,そして我名のこと

2018年01月18日 | 日記

今日の1枚。

   What  happened  !!

今年はまだ行ってないけど、2015年1月13日は賑やかな大安町りょうが池だった♪

 

さて、ひさしぶりに手焼き処・たかやまに行ってちょっとしたものを買ってきた。

全て、ご主人の手作りお菓子。

なので、ちょっと高いのかもしれないね。それだけの価値はあることは随分前にも書いたので今日は省略。

今回は、贈り物用に、5ケを買って巾着袋の一番右のピンクの物に入れていただいた。

 

まだ早朝だった為か、ご主人が出てこられました。

商品だけを買ったらさっさとおいとまする積りでいたのですが、

「今日は〇〇子奥様はご不在ですか?」と尋ねたことから、話は延々と^^♪

奥様のお名前は私と同じ呼び方で字も一緒。

とても元気な奥様で商売上手で、私と話も合わせてくださる方。

ところがご主人とも話が弾んでしまいました^^;

話は名前の由来から始まり、私と奥様の名前が「めでたさ」ばかりではなく

50万円もする中国の文献の中にはその文字に関しての由来やら書いてあるとか。

どうやら「女中のような」と「形容した名前ではない」ことをおっしゃりたいのでした。

 

私は女中のような名前が嫌いでした。

養家ではたまに「お〇〇~」なんて呼ばれて私は「女中かいな」、と思ったものです。

しかし、たかやまのご主人によると、「〇子」という名前は高貴な名前であるとおっしゃるのです。

へぇ、あ、そうかぁ、奥様のお名前でもあるからして・・^^v

 

で、話は元に戻って、私と奥様の文字は、何やら文系の分野で才能があるのだとか。

へぇ、初めて聞きました。

そう言えば、私の名前は祖父の名前を一字とってつけた名前だとか。

因みに祖父の名前は・・・やめておこう、ここに書く訳にはいかなかった^^;

バレてしまう^^;

あ、既にバレてしまっている方がブロガーさんの中では2名いらっしゃる^^;

嫌だ、もうちょっと他の名前付けて欲しかった・・^^;

で、祖父はその昔「寺子屋」というところで読み書きを教えていたとか。

貧しい家の生まれのものがどうしてか知らないけど、それだけに知識欲旺盛で、

紙の切れ端にでも書いてある文字を見つけるものなら拾い読みは欠かさなかったとか。

そうして得た知識で村の子供だちに教えていたということらしい。

時には自分より年上の人たちににも教えていたとか。

まぁ、明治時代の小さな田舎のことだからして^^;

 

祖父の血を引いているのがこの私とすれば、

こうして、書くことや、俳句が好きなのもまんざらでもないのかも知れない。

で、そんなことを話しているうち、何と、ご主人、俳句をたしなんでいたこともおありだとか。

何でも、長島に芭蕉ゆかりのお寺があるそうです。

そこの先代の住職に芭蕉の話を聞いたこともあって、その関係で俳句を始めるきっかけになったとか。

因みに、長島の「大智院」というお寺のことです。

今は俳句をやっていないそうですが。

 

とういうことで話が弾んでいると、〇子奥様が帰っていらっしゃいました。

両手には大きな紙袋が。

そこで、奥様とは、また別の話で盛り上がってきました。

もしかしたら、私と同じ病気かも知れない、ということを以前に話しておられていましたから。

検査結果は、問題ないとのことだったとか^^v

良かったこと、名前が同じで病気まで一緒になったらシャレにならないですものね^^v

 

 

コメント (5)

ムーミンの出身地

2018年01月16日 | 日記

今日の1枚。

    浅き春 ♪

    2017・3・17  藤原梅林公園

薄がくるっと輪を描いた♪  なんでかな^^;

 

 

さて、昨日こんなことが話題になった。

「ムーミンはどこの出身?」

???

「ムーミン谷」・・・かな^^;

 

何と、センター試験の地理の問題に出題されたそうです^^。

私は「ねぇムーミン、こっち向いて♪」なんていう主題歌しか思い浮かばないのですけど^^;

結論として、「センター試験にも雑学が必要」だということで落ち着いたのですが。

そもそも、ムーミンを知っている若者がどれくらいいるのかなとも^^;

 

雑学。

知らないより知っていた方が有利ですね。

興味を持つ、そして、知識欲。

幾つになっても必要なんだけど、この年になって知らないことだらけ、とほほ^^;

そして、憶えられない。

あ、因みに、ムーミンの出身地はフィンランドだそうです♪

 

 

コメント (12)

インフルええさー

2018年01月15日 | 日記

今日の1枚。

  

 

どうやら、私たちは今のところインフルにかかっていないようです。

昨日、夕方にシフト交代の折の M 姉さんはマスクなしで出勤でした。

私もセーフ、インフルええさーです^^v

そう言えば、乃木坂なんちゃらかんちゃらって言うグループの歌に「インフルエーサー」って言う歌ありません?

確か、紅白にも出演していたお嬢さん方の歌がそうだったと。

私は「インフルエンザー」って聞こえてきて、

ウイルスのことも歌にしちゃう秋元氏なんだ・・、と勝手に思っていましたが^^♪

恋する乙女がインフルエンザの熱にうなされるようにして、あなたに恋をしています。

精一杯の発想でもって、そんな風に思っていました。

深く追求するほどの興味もないので、この辺で終わりにします^^;

 

さて、冬籠りを決め込んで、なるべく外へ出ないようにしているこの頃。

となると、カメラ、俳句とセットになっている私の生活様式にも支障が^^;

こんな時、食べ物俳句、という裏技があるのです^^♪

昨日は「牡蠣フライ」を俳句にして先生からの評価を得ることができたのだった。

気語は「牡蠣」・冬の季語。

成員さんの中にあっても食べ物俳句を書いていたのは私だけだった。

身のほとり俳句で、これからも暫くは俳句を作ろうと気を良くしたのだった^^v

多分、これから成員さんの中でも食べ物俳句が出てくるかも知れない。

景色ばかりを詠むのが俳句ではないのですね~^^♪

でも、外へ飛び出したい^^!

 

ということで、週初。

ガンバ、しましょ^^v

 

 

コメント (8)

褒められず惚れられずして大嚔

2018年01月14日 | 日記

今日の1枚。

    お陰さま    ♪

私たちはどなたかのお陰でいつも生かされていると思うのですが普段は忘れています。

「お陰様で」を思い起こしたいところ。

さて、タイトルの「褒められず惚れられずして大嚔」

(おおくさめ)→くしゃみのこと。

「俳句」の「積り」だった句はやはり先生の評価はいただけず、でした。

先日の「天国は通話圏外寒夕焼」については  ★ 面白過ぎると俳句ではなくなります。

との評価でしたが、今度の「大嚔」の句は評価に値する以下の句だった、ということになります^^;

ところが、いつも私の句を選んでくださることのない成員さんの票が入っていました。

角川の常連でいつも入選している成員さんです

でも、昨夜の週末句会では3句の評価をいただけたので良しとしよう^^v

 

さて昨日のこと。

お恵姐さんがインフルエンザにかかってしまったとのこと。

それは大変、大丈夫やろか、私たち。

そう、私たちが大丈夫やろか?・・^^;

感染していていたら、お店自体の一大事になりまする。

って、言うと、マネージャーさんに受けていた^^。

お恵姐さんの体調を気遣っているより自分たちのこと^^v

あはは~お大事に^^v

 

 

 

コメント (4)

創作料理ディナーとおしゃべり会

2018年01月12日 | 日記

今日の1枚。

     いぬふぐりは比較的詠みやすいので2句の入選句があります。

              いぬふぐり靴の鳴る子が通りけり   中日俳壇入選句

 

                         いぬふぐり地球に肘をつきて撮る  角川平成俳壇・秀逸

2枚ともマクロ撮影。なので、文字通り肘をついて寝そべって撮って

決して恰好の良いスタイルではありません。

それに赤いのは落ちていた椿をバックにセット。撮影場所は木曽三川公園。

道端のなんでもない花でも句にして入選すればこのように日の目をみる、というのが私のスタイル。

早くカメラ徘徊したいわぁ~♪

 

という今日この頃。

昨夜は職場の食事会だった。

熟女4人旅のメンバーとの久々「おしゃべり会」とも言う。

お恵姐さんは自分のシフトをこなし、M姉さんは趣味の陶芸教室からの帰り。

J 姉さんはセカンドお仕事の帰り。彼女も私と同じくセカンドを持っている。

因みに私は・・お恵姐さんが私の代わりのシフトをバイトさんに頼んでくれていた。

そう、休みが取れたのだった。

今度はランチかな・・と言っていたけど、私が休むことになるのは避けたいところ。

だってね~・・・皆もブーブー言っていたけどお料理がねぇ・・これで¥3、700もしたの。

お刺身は美味しかったけど、最後のご飯に至ってはmakoに言わせると「猫まんま」みたい。

J 姉さんに至っては味噌汁が薄い・・なんて言ってたけどね。

私は薄いというよりお出汁が効いていないと思ったことだった。

出された順に。

これがmako曰く、猫まんま。言うほど鰹節削りは美味しくなかった。

養家の母が正月になると、寺町のアーケイド内の魚屋さんで買って、鰹節を削るのが私の役目。

それを雑煮の上に載せたり、出汁を採っていたりしたことが思い出される。

このお店の玄関に、鰹節を削るマシーンが設置してあったけど、何のこっちゃ・・。

デザートの器は冷えていた。けどね。

で、その後、コメダに行って、何とわたくしはシロノワールの大とコーヒーを。

お恵姐さんにワンカットあげてもあと一切れ残してしまった。写真はなし。

話は盛り上がって・・。

「あんな素敵な句と写真を撮るとは思えないmakoさんのギャップは理解できない」と言われてしまった。

「三重よね?」ってさ。

ん^^?

あはは~失礼ね!三重人格とは!

・・・違ってよ、四重、五重でございますのよ、何か^^?

 

10月に妹たちが来日する。

昨日のお店は候補から外れてしまったことだった。

そうそ、予定では、セカンドビジネスのマネージャーさんを食事会に誘おうと思っている。

彼女は、私が渡米した折に、妹宛の手紙と、

それに、向こうでコーヒーでも飲んでとお心遣いをしてくださっていた。

なので、きっと話は弾むよ。

彼女のお姉さんがアメリカにいるしね。

「緊張する~」って言うけど、大丈^^v

マイクさんは気さくな人だし、妹は私よりもっと陽気ですもの。

私はガッサリンだけど、妹は優雅。・・何か^^?

 

さて、さっきのニュースでカリフォルニア州のサンタバーバラで土砂崩れがあったと報じられて。

サンタバーバラといえば妹の通っていた大学があるところ。

私もキャンパスを案内して貰った。膨大な規模なので、マイクさんの車中からだった。

海岸も近くなので、そこへも。

その辺りのレストハウスでいただいたブイヤベースは絶品だった♪

以前に写真に載せたこともあるかな。

 

さて、今日は夕方からのお仕事。

お天気も良いし、外へとびだしたいけどね、昨日から、右目の上が赤く腫れあがっているのです。

つぶらな目元が・・・^^;

「免疫」が落ちているのかもね、と J 姉さんが。

熱の出なかった風邪の後遺症かも・・。

どうしようかな、眼帯をしてお店に立った方がいいかな。

まだマスクもしたいし、そこへ眼帯かぁ・・・^^;

怖いよね、お客さんが・・・^^;

 

コメント (10)

でぶル

2018年01月11日 | 日記

今日の1枚。

ここのところ、散策も自重していたこともあって。

さぼり、とも言うけど。

昨年は、大安町は「りょうが池」に行っていたのにね。

頬を刺すほどの寒さも何のそのっだったのに。

 

「makoさん、この頃、ふくよかになった?」

大分、言葉を選ばれたようですが、はい、確かに^^v

そらそうだ、風邪をひいたのを理由に冬籠りを決め込んでいるのだから^^;

動くにも自分の身幅を認識していないので、よくぶつかる、ぶつける^^;

まして、狭いレジ周りを通る折には、「ダンプ通ります~」って言ってしまう^^v

「ダンプがぶつかって来た!」などと言われてしまう^^;

ま、いいわよね、そのうちまた元に戻るでしょ。

暮れからの風邪の折も、食欲だけはあったのだからいたしかたないこと^^v

こんなものも作って。

だって、柚子ジャムをやっつけないといけないからして。

脂肪の少ない鳥肉をオリーブオイルで軽くソテーしておいてからジャムで煮込みました。

mako得意の「ほっとけ」料理^^v

柚子の香りがしみ込んで身はホロホロとほどけてきます。

スマホのレンズが湯気で曇りました。

 

話は変わって、猫ブログを楽しみにしています。

マーソンさんとおはなさん。イラストも面白い。

で、先日、ホームセンターに合鍵を作りに行って、待ち時間の間に

ペットショップを覗いていました。

しめしめ、いました、願ってもいない猫ちゃんお二人が。

マーソンさんと同じ毛並みの猫が。そして白黒の縞模様、アメリカンショートヘア?

まぁ、釘付けになってしまって^^♪

だって、マーソンさんと同じ猫様はやんちゃで、アメリカンショートヘアの子を追いかけまわして遊ぶのです。

アメリカンの子は迷惑そうにそこそこ相手になっていたのですが・・。

とうとう逃げ込んだのが、キャットタワーの頂上^^v

あれれ、マーソンさん似の子は追いかけないのです。

なんでなんで?とよく見ると、マーソンさん似の子は足が短いのです。

犬なら知っていたけど、猫の足の短いのは初めてみました♪

一段目までは足をかけるのに、短い脚ではひょいと飛べないのでした。

あはは~高みの見物のアメリカンの子^^♪

諦めて一人遊びするマーソンさん似の子は降りておいでよとばかり時々見上げています。

でも、降りてくる気配はありません。

私は、マーソンさん似の子がたまらなく可愛くて虜になっていました^^♪

勿論お顔もべっぴんさん?イケメン?どっちかな?

多分、べっぴんさんだね。

だって、玉ちゃんがついていなかったもの^^♪

 

コメント (4)

そんなぁ・・!

2018年01月10日 | 日記

 

     今日の1句     サングラス・夏の季語

半泣きだった団子の①も、この春、中学2年生になる。

 

さて、昨日、何気にバイト先の子に尋ねてみたら判明したことがあった。

私の購入したソフトはネットからダウンロードしたもので。

どうやら、もう期限が切れているのではないかと言う。

使用期限があるものだと知っていたら何を差し置いてでも編集完了しておいたのに。

何だか、詐欺にあったような気分。

そんなこと、どこかに書いてあったのかな・・?

 

「持ってくるなよ!」と言う。

うふふ、以前にバイト中の彼のもとにパソ様を持ち込んで一発で解決して貰ったことがあったからだ。

うふふ、・・・と言うことは、また「持ってきてもいいぞ!」という裏返しなのだ。

と踏んだのだったが、やはり、仕事中だし・・ということで昨夜は止めておいたことだった。

寒いし・・^^;

 

ネットの中でもその道に長けている方はいらっしゃる。

以前に尋ねたら、ちゃんと応えてくださった。

ま、ご自分でパソ様を作って仕舞う達人さんです。

その方の昨日の記事を目にしたら(毎日)、私の困ったこととはまた別の話のことだけど、

参考になったのだった、偶然にも^^。

なるほど、ネットの世界の裏を見たような記事だった。

「ふざけんな!」と締めくくられていたけどね。

 

「ざけんじゃねぇっー!!」

姐さんになったアタクシ^^!   何か?

 

大体が、一度買ったものがどうして使えなくなるの!?

 

そんなこと、ネットの常識なの? 無知なアタシがアホなの!

市販のものが売られていたのでそれにしようか迷った挙句、

結局amazonでネット買ったものだった。別にamazonそのものに文句を言ってる訳でもなく。

でも、市販のものだって同じことなのかも。

Windows10にでもしたら、それには「対応できません」ってなっちゃったのかもね。

あ~あ、面倒が臭いこと!  プンプン

 

ところで、昨日の句会でのこと。

「天国は通話圏外寒夕け」   mako

ちょっと前に寒夕焼けがあまりにもきれいだったので、

何だか黄泉の国にいる諸々の人たちに携帯で話が出来たらな、出来そうな気がしてしまって^^;

で、先生にこんな風に書かれてしまいました^^;

「面白過ぎると俳句ではなくなります」

あはは~やっちまった^^;

川柳を書いてしまっていました^^;

悪い癖が出てしまいました、とほほ。

 

 

コメント (8)

進まない

2018年01月09日 | 日記

 

   今日の1句     着膨れ

         (今日の1枚は暫くお休みです)

句集の続編を作成しようにも、どうも途中でつまずいてしまう。

年月を経て放置していたので編集機能も思い出せなく苦戦^^;

現に、上記の編集記事を少し直したくて、手を入れようとしたらエラーになってしまう。

写真だって、差し換えたいのにね。今ならもっとましなものが在庫にあるのに。

そんなことではこの先進めないのでは・・・^^;

まだ50句近くの編集が残っているし、その後の入選句だって編集しておかなければと、焦る。

そしたら眠れなくなってこんな記事を書いている始末、とほほ^^;

 

先日作った「きんぱ」の残りの大豆のミンチ擬きを白湯ラーメンにのっけて担々麺擬き♪

 

あらら美味しい♪

これでミンチ擬きは使いきった^^v

よし、次は「手羽先擬き」を使ってみよう。

 

 

コメント (6)