薫風薔薇園・再び・そして警察犬に吠えられた^^;

2016年10月31日 | 日記

 

今日の1枚。

薫風薔薇園にて。

ちょこっと撮影で仕事の前に立ち寄った薔薇園。

秋薔薇は花数は少ないけど春にはこのアーチ一杯に咲くそうです。

尋ねた訳ではなく聞こえてきた。

この薔薇園のオーナーさんは「薫田工務店」の社長さん。

趣味が講じて無料で開放されるまでになったとか。

昨日は薔薇園に訪れる人の質問に色々説明をされていました。

私は直接お話は聞かないけど薔薇作りを楽しんでいる人には

惜しみなく教示されているみたい。

とても感じの良い謙遜な方。

その中にあって、昨日はとても感じの悪い客がいた。

そのことについてはまた後日。

社長さんは大物だなと感じた次第^^v

 

スマホのアラームが鳴りタイムアウト。

マクロの練習は時間がかかる^^;

で、帰りにこの方と遭遇。

最初事務所の前を通るときにドッグなちゃらかんちゃらが

開催されていてワンちゃんの餌が無料で配布されていた。

で、帰りにこの子がおとなしくお座りをしていた。

許可を得て写真を撮らせて貰おうとしてしゃがんでから

やっぱり立とうとしたら

・・・・・吠えられた・・・・

^^;

私、やっぱり

「怪しいヤツ」なのだ。

だって、この子、

警察犬なんですって!!

^^;

 

コメント (10)

て、てぇへんだー^^;

2016年10月30日 | 日記

今日の1枚

 

昨日の朝焼け、建物の壁に映り込んでいたのも綺麗だった。

 

今朝の空。

秋だなぁ~♪

 

さてさて、今朝、水遣りの時にびっくりしたことが。

こころんさんからいただいた鷺草にお礼肥。

鷺草でデジブックを作ったときに今週の20選に選んでいただいた。

8月7日のデジブック。

 

そしたら青いものがチラッと見えたので何だろう

ビニールのゴミでも飛んできて、それが入り込んだ?

やだ、こんな所になんで?

階上の住民が上からゴミ袋を一旦投げておいて、

それからゴミ捨てに行っているのは何度も見かけていたから・・・

一瞬、そんなことも頭をかすめた。

摘まんで出そうとしたら、

わ!動いた!

 

まだ起きたばかりでホボ寝ぼけ状態の私。

錯覚でもしているのかな・・・。

初め、意味が判らなかった^^;

 

わ!

出た^^;

ひゃー!

生き物係の私も流石にびっくりしましたがや~^^;

何カエル?

いぼカエルではなさそうね、良かった。

あの子に触るとかぶれたりするのよね^^;

ここで冬眠をするつもりだったのかしらん。

うん、確かに苔のベッドは柔らかくて快適な寝床よね。

そやけど、ここはあかんのやわ~^^;

 

素手ではよう触らんので割りばしで優しくつまんで

ビニールの袋に入れて外へ出て近くの草原に割りばしで穴を掘って

こんなとこで悪いけどゴメンねと土をかぶしてあげた。

はぁ~一件落着^^;

大丈夫やろか、あの子^^;

という1日の始まりでございました。

 

コメント (15)

薔薇園とフクロウと父と

2016年10月29日 | 日記

今日の1枚

 

薫風薔薇園にて

 

秋薔薇は春に比べて花数も少なく華やかさはないけど

一花の形そのものは綺麗だと聞いている。

また香りも秋薔薇の方が良いとも。

ある会社の社長さんの趣味がこうじてミニ薔薇園を作られたとのこと。

先週のこと仕事の前に立ち寄ってみた。

こころんさんにコスモス畑で教えていただいたことだった。

 

ナビを合わせたのはメイン通りの車屋さんだった。

そこを左折したら山の方へと入って行った。

この先、山へ奥深く入ってしまうのではないかと心配^^;

それを逃れるようにして右折して少し走ると民家も見えてきた。

左側に白い建物が見えてきたのでそこで聞いてみようとしたら

まさしくそこに看板があった。

門には男性が立っていらしてPへの誘導をしてくださった。

他にも車が1台。

入口には女性二人、とても親切に案内してくださった。

社員さんらしい。

それも会社の仕事の一環なのでしょう。

建設会社の資材置き場のような建物になっていた。

その奥にこじんまりとした薔薇園があった。

丁度、女性が黙々と手入れをされていた。

 

楽な姿勢でかなり接写もできるのでした。

PCに取り込んで判ったことが^^♪

この虫さんはレース編みの薔薇を作るつもりみたい^^♪

あとはまぁこんな感じ。

 

「どのバラがお好きですか?」とスタッフさんが。

15時で園内はクローズとのことで促されました^^;

「どの薔薇も素敵ですが、あの色です」

と薄紫バラを指したけど形がいまいちで写真はnothing。

 

で、帰りに目を引いたものがあった。

これ、全てチェンソーで作られたそうです。

そういう大会がここで行われたそうです。

でも、次はないそうです、音が・・・^^;

チェンソーが何台も並ぶのを想像したら笑えました。

この作品は優勝作品だそうです。

 

帰りの車中で懐かしい景を思い出していた。

父がまだ存命の折に訪ねてゆくと、

玄関にこれと同じようなフクロウが置かれてあった。

父の手作りだとすぐに判った。

神社の木を伐採することになって貰い受けてきた銀杏の木。

それをやはりチェンソーで粗方形を整えてから

あとは一刀彫。

陽当たりの良い縁側で何日もかけて彫ったそうな。

父のフクロウは親フクロウの胸元に子フクロウがいた。

その子フクロウがちょっと首をかしげていた。

父は失敗したと言うのだが、

私はそれがとてもユーモラスで可愛かった。

「それがいいいのよ~♪」というと、

「そうか、やっぱりお前もそう思うかぁ」とまんざらでもない父。

フクロウの足元には「長寿」と筆文字で書かれていた。

「お前が来ると判っていたら書いて貰うんやったのぉ」とも言った。

ペン文字は下手でも筆を持たせばガラリと違う字を書くらしいのが私。

大筆を持たせばダイナミックな男文字。

小筆に至っては「高野切」を練習したかいあって

手紙を書くなら巻物に、と思うくらい^^♪

でも、父の字は上手くはないが味があって力強いものだった。

再び父を訪ねてゆくとフクロウが姿を消していたので

「欲しかったのに~」と言うと、

「〇〇が来て、どうしても欲しいというので、やったわ」と言った。

「〇〇」とは、地元の名士で知られる氏だった。

へぇ。

 

ということを思い出しながら仕事先へ向かったのだった。

因みに父は母の2倍半も長く生きて84歳の寿命を全うしたのだった。

 

コメント (8)

写真で繋がるご縁に感謝♪

2016年10月28日 | 日記

今日の1枚

季節の変わり目になると部屋の模様替えをしたくなります。

ガラクタが並んでいる中で特等席を作り

林 幸恵さんの「のはら」と

ke-nさんのお写真を飾って楽しんでいます♪

 

登山写真を撮って活躍していらっしゃる

ke-nさんにお目にかかれたのは今月の6日のことでした。

それまでブログを通じて数々の素晴らしいお写真や

山のレポを拝見してきたのです。

 

山や自然が大好きな私です。

最初に「竜ヶ岳」を経験をしたのは5年生の時でした。

大好きな恩師の引率でした。

時を経て、同級生のおカヨ姉さんに「竜」に連れて行って貰いました。

物静かな楚々おカヨ姉さんがまさかの山ガールに^^♪

山には不思議な魅力があるのです。

それがきっかけで最低限の道具を揃え

いざ出動という時にドクターストップのかかってしまった私。

そういった折に、

ke-nさんのブログに遭遇したのでした。

ということを書いているのは、

単なるアイドル的にke-nさんを追っかけしているのでは

ないということをここに記しておきたいからです。

 

先日、「ようこそ三重へ」と題して日記に書いたように、

まさかke-nさんにお目にかかれるとは思ってもいないことでした。

この時、写真をかじっていて良かったな~と

改めて思ったのは言うまでもありません。

気さくでお優しいke-nさんは私の想像していたとおりの方でした。

「文は人也」、まさにそのことを実感したのです。

 

ke-nさんは所属のクラブの主だった方のようです。

先生の写真展のお手伝いや

クラブにおける撮影実習や座学など大変お忙しいご様子。

菰野のコスモス畑にいらした実習写真もなかなか

UPされるところまでに至らないご様子です。

あの日、コスモス畑は折からの風で大揺れでした。

幸いにも、雲の流れや「竜」をはじめとする鈴鹿連山の背景を

何とか撮って帰ってきたのでした。

邪魔をしてはいけないし仕事も入っていましたから

ほどなくしておいとまをしてきました。

その折にke-nさんと初めて撮影地を共にしていた訳です^^v

ke-nさんはどのようなお写真を撮られているのか

気になって仕方がありませんでした。

で、先日、ke-nさんのブログにお邪魔した折に

「・・・コスモス畑、まぁ~だぁ~?」

なんて書いてしまったのです^^;

 

そ、そしたらどうでしょう!

翌日、早速その折のお写真をUPしてくださっていたのでした。

嬉しい^^v

老い先短いmakoのことをちゃんと判っていてくださいます。

それは記事の内容を予定変更されてくださったものと察しがつきました。

やはり、お優しいかたですね。

そして、雲や空を背景にされたお写真を拝見して

「やったね!」って感じです^^v

私もお粗末ながらそんな写真を撮っていました^^;

以前の私だったら、コスモスそのもばかり撮っていただけでしょうね。

過去の写真をみれば判ります^^;

それだけke-nさんのお写真で学ばせていただいてきたことは

より明白になりました。

それも同じ撮影地ですからより確信を持てました。

ke-nさんのUPされていたお写真は

座学用に残しておいたお写真「以外」のものだそうです。

ですからもっとグレードアップしたお写真を

提出されるものと想像が付きますね。

 

また、私の入選句もしかと心に留めてくださっていることも判りました。

「十四の夏に養女となりにけり」

思い起こせば、小学校にあがり初めての運動会の折に母をなくし、

14歳で養女になり、その後も色々なことがあり、

波乱万丈の人生でした。

その中で私なりに俳句や写真という楽しみを見つけ

「自分史」を綴ってきました。

世の中には私の人生なんて語るに値しない

人生を歩んでこられた方が一杯いらっしゃいます。

とるに足りない塵みたいな私の人生ですが、

俳句に親しんできたことはある意味「糧」となっていました。

それを心に留めてくださる方がいらっしゃるのは

大きな喜びとなったことでした。

 

因みに、いただいたke-nさんのお写真ですが、

「オレンジ色の写真は運がアップするとか。

それも朝陽でアップ度上昇!

同封した僕の写真はそんな感じです」と、

ブログで書いていただいていました。

 

お優しいお心遣いにあらためまして

ありがとうございました。

もう、運気はUPし始めていますね。

それも、「竜」の見えるあのコスモス畑から

始まっていたのだと確信しています^^♪

 

コメント (8)

アレチヌスビトハギの花の知恵

2016年10月27日 | 日記

今日の1枚。

by スマホ

身近な秋の景

 

富士山では初冠雪

北海道では紅葉の綺麗なこと

全て、ブロガーさんの写真で季節を感じた朝でした。

自ら出かけなくても日本の四季を感じられるのですから

NETの世界はやはり私には必須アイテムだと今更ながら^^♪

 

さて、先日、ここによくお越ししてくださる

fukurouさんの記事から。

道端のそこらへんにある草花の知恵について解説してくださる方。

アレチヌスビトハギ

写真は2014年9月に撮ったもの。

 

この花はマメ科の植物だということは花の形や

種の形から素人の私でも察しがついていました。

白い彼岸花を撮りに行ったあぜ道に咲いていました。

まだこの時は一眼を持ったばかりでオートばかりに頼って

撮っていたことが記録として残っていました^^;

 

で、fukuruさんの記事にはこのように書かれていました。

「嘴のような花弁(竜骨弁・翼弁)に乗ると」
蕊が中からはねあがってきます。」

 

 実は、あの時、やはりNETでそのことを知り、

試しに自分の指で触ってみたのですね。

その時、本当に花弁がはじけるように開いてびっくりしたものです。

その時の写真がこれです。

お蔵入りしていた写真を引っ張り出してみました。

指で触っている瞬間を撮れば良かったかなと今になって思いますね。

あぜ道の傾斜になっているところでしたから

カメラ構えるのが精一杯だったのです。

 

と言うことでしたがfukurouさんのブログで

更に知識が増えた次第でした。

実は、二年前にNETで拝見した記事はfukurouさんだったのかしら

と思ったのですが、違う方だそうです。

NETで得た知識は可能な限り試してみるの楽しい

makoのカメラ散策でもありまする^^♪

 

全然関係ありませんが、これを書きながらつまんでいるオヤツ。

マイブームです。

無印食品の「てんさい糖のくまビスケット」

な~んてことないビスケットですが

どこか懐かしい優しいお味のビスケット。

てんさい糖の自然の甘みが何とも私好み^^v

体に良いものだそうです。

糖尿病とかにも良いとか。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4

わが子にもこういうの食べさせてあげれば良かったなと

思った次第です。

 

コメント (4)

2016年11月号・角川入選句・甲虫

2016年10月26日 | 俳句

今日の一枚。

(薫風園にて)

角川平成俳壇2016年11月号・入選句

11月号は二人の選者先生に採っていただきました。

先月は没だったのでこれで好しとしましょう。

星野高士先生は「秀逸」で採ってくださいました^^v

伊藤敬子先生は佳作です。

して、その句意はと言うと。

子供や孫が捕ったったものだとお思いでしょうか^^?

皆さんだったらどこでこの景を観たのだと

想像していただけるでしょうか?

 

チョコレートが入っている箱の中から何やらガシゴシ

ゴソゴソ聞こえてくるのです。

それは職場の事務所のテーブルの上に置かれていました。

そっと蓋を開けてみると予想したとおりのものでした^^v

 

おそらく電灯の下にひっくり返っていたものでしょうか。

多分、店長さんが見つけて、

取り敢えずお菓子の箱にいれたものと思われますね。

お店の周りは竹藪や木々に囲まれているからですね。

2、3日はそこに置かれてありましたが、

そのあと菓子箱は観あたりませんでした

店長さんのお孫さんの所にでも移住していったのでしょうか^^?

 

どこかで聞いたようなガシゴシゴソゴソ。

懐かしい子供の頃を思い出してほんわかした気持ちになったのでした。

秀逸入選したのは

菓子箱という意外な場所に甲虫が入っていたことだと思いますね。

こういうの「どんでん返し」というのでしょうか。

句材は「どこにでもある」のですから、

俳句って楽しい^^!

 

 

コメント (8)

眼鏡橋③

2016年10月25日 | 日記

今日の一枚。

 

(かくれんぼ)

10月22日、曇り。穏やかなカメラ日和。

生き物係としてはじっとしてられません。

車から降りるといつもより多くのカメラマンさんたち。

三脚がずらっと並んでいるのを横目に、

誰もいなさそうな場所へGO!

ウルトラ下からのアングル狙い♪

皆さんは、眼鏡橋狙いだな。

 

単線なので1時間に1本の運行になる。

その1時間の間を私はじっと三脚で待ってられないの。

 

この子、素敵なオーガンジのお召し物。

デザインは自分でしたのかな、

などと私の中のカバがささやく^^;

あらあら、花粉まるけ!

可愛いオイド

盗撮で訴えられるかもネ^^; 

お目目美人

 

大阪のおばちゃん 

 (ごめんやわ~)

そやけど、ウエイトはさほどオマヘンな~。

うまやらし!

えらい羽傷めてはりますね~

夏のお疲れが出ましたね、お大事にね 

 この子はまだ若いわね

若いっていいなぁ~

 

なんて、ほんとは余裕なんか全然なかったんです。

取り敢えずスポーツモードで連写してみたり、

羽を休めている時は親指フォーカスしてみたりと。

と、そこへどなたかがこちらの方へ畦道を歩いていらっしゃる。

あぜ道譲らなあきまへんね~。

(早く通り過ぎて行ってよね~、おじさま)

と内心思いながらシャッターを切っていると、

立ち止まられてしまうではありませんか。

そして、カッコ良いシャッター音が聞こえてくるのです。

ん?

聞いたような音!

あれ?おじさまじゃない、

・・・「こころんさん」・・・

 

「ああぁーーーっ!」

すっとんきょうな声をだしたワタクシ^^;

まさか、こんな所でお目にかかれるとは。

(と言っても、撮影スポットですからして)

(鷺草をくださった方ネ)

 

うふふ、えへへ~

こころんさん、お可哀想に

makoに睨まれたカエルさん状態に^^v

お優しい方ですから質問以上のノウハウを色々教えてくだいました。

動くものはスポーツモードの連写ではなく、

シャッターモード優先で、他のモードを決めてゆくこと。

中でも、RAWモード撮影にしておいてPCに取り込んだ時に

JPEGに変換できることなどを教えていただいた。

実は、7月に蓮池に団子②と行ったときに

RAWモードだったので団子の撮った写真をUPできないでいた。

要するに、機能を使いこなせていないのだった。

試みてみたもののどこをどう触ってよいのやら。

それにネットで調べたら、なんちゃらかんちゃらを

ダウンロードしないといけないみたいな・・。

やだ、そんなの面倒。

と、いうことで今までくすぶっていた謎も解けました^^v

以前は私と同じ機種をお持ちでしたからね。

早いですねお話は。

こころんさん、ありがとうございました~^^♪

 

そして、そのあと、薔薇園の話になって、

播磨にある建設会社さんが薔薇園を

無料開放してくださっているらしいとのこと。

2年前に行かれたそう。

「今から行きます」っていうことで、スマホを出した私。

すぐさまヒットしました。

「今から行くのですか?」

「はい、勿論です、仕事前に立ち寄る時間もありますから^^v」

こころんさん、あっけにとられていらっしゃいました^^。

 

ということでもって、

次回は薔薇園のことになります^^♪

 

コメント (8)

再びの眼鏡橋とコスモス&野鳥撮りの方との遭遇と定期検診

2016年10月22日 | 日記

今日の一枚

 

そろそろ、眼鏡橋のコスモスが見ごろかな。

そこまで行くのにまた寄り道した。

電車も撮ったけど眼鏡橋に比べると

ゴチャゴチャ感も否めないのでUPはパスです。

蝶狙い。

ボケではなくソフトタッチ仕上げにしてみた。

 もうちょっと撮ろうかと様子をみていると。

こんなごっついカメラをお持ちの方が後からいらした。

(by スマホ)

野鳥狙いの方。車の中にはもっとごっつい三脚が積まれていた。

このレンズは1000mmで、覗かせて貰ったけど

ずいぶん遠くの鉄塔の細かい骨組みまで見えるのだ。

そして、野鳥の写真も見せていただいた。

ご自分でプリントされたのだとか。

次から次へと車の中から出していらっしゃる^^。

その中で私の知っている翡翠も。

羽の一本一本の筋まで、頭のブツブツのような模様も、

くっきりすっきりと映っている

他にも幼鳥の可愛い仕草も。

「へぇ~~~~っ!」

「はぁーーーーっ!」

しか言葉が出てこない^^;

いや~鳥の世界も綺麗ですね。

それが以外にも山ではなく、

神社であったり、あ、万助溜めのことも。

聞けば、杭を打ってそこにとまるようにされたこともあったとか。

今はその杭も朽ちて倒れてしまったとか。

そう言えばそんな名残の景をみかけたような。

他にも7Dのカメラや大砲レンズなどの

野鳥狙いのグッズが車の中にパンパンに^^。

で、今さっきまで眼鏡橋にも居たばかりだとか。

名刺をいただいて眼鏡橋へGO!!

 

ほんとだ今が見ごろでカメラマンさんが良い位置に並んでる。

私は線路に近い方へ向かった。

 

 

 

そして、昆虫狙いも

あとはマクロの練習だけど風もあるので上手く撮れない^^;

 

 

17:00~の、いつもの定期検診へ。

現状維持で変わりなし。

そしてインフルエンザの予防接種もついでに。

効果が出るまで2週間は要するということで早目に。

ということで、その後、なばなの里のイルミに繰り出す予定を中止。

コートは持っていたけど注射の後で風でもひいたらと心配。

「大丈夫、大丈夫行ってらっしゃいよ」と

先生は笑って言ってくださったけどね。

意外とビビりなmakoでした~^^;

 

コメント (16)

写真展 in 諸戸苑の蔵の中

2016年10月21日 | 日記

今日の一枚。

 

昨日は写真展行ってきました。

スマホで撮ったものです、ここで開催されていました。

この諸戸苑の蔵の中で開催されていました。

オブジェのようにこんな物が。

庭を手入れされている方のものかな。

案外こんなものに惹かれたりします。

トイレの前だったので急いで撮った^^;

後から、熟女4人旅の M 姉さんと J 子姉さんもいらっしゃいました。

姉さん方はサラッとご覧になってお茶しに先に行ってるからねと。

私も後からいただきました。

桑名では有名な「花乃舎」さんのお菓子です。

 

 

いや~楽しかった~^^♪

皆さんの作品が素敵なのは言うまでもありません。

お恵姐さんの写真は「伊勢」での撮影。

なのに、何故か写真は「柿」^^♪

題は「秋のにおい」。

後で彼女と話して判ったことだけど、

彼女はお孫さんの陸上競技の付き添いで伊勢に行って

合間を縫ってちょこちょこと撮ったものだそう。

なので、枝っぷりの良さそうな柿を選ぶのに

精一杯だったらしい。

確かに美味しそうな柿。

綺麗で無傷で艶やかな柿。

思わず手が伸びてしまいそうになった^^♪

でも、何か物足りない。

ごめん、お恵姐さん^^。

で、後から、先生がいらしてお話をさせていただいた。

「鳥が突いて柿に穴でも空いていると面白くなるのだが」

とおっしゃった、なるほどですね。

物足りなさはそこだったのかな・・などと秘かに思う^^;

 

先生の撮られたお写真は題名は付けていらっしゃらなくて。

急遽決まった写真展だったので

付ける時間もなかったことだと。

 

でも、私にはすぐ撮影地がどこか判りました。

琵琶湖の湖岸にある「シャーレ水ガ浜喫茶」からの景。

私も確か、撮っていたと、2年前のを探してみた。

この景がそれ。

私はあそこに気に入った景色がありました」

「だから撮りました」という写真^^;

でも、プロの先生のお写真は全然違いますね。

先生のは何て言うのだろう、ポエム、ストーリーがあるように思えるのです。

深みがあるっていうのでしょうか、上手く表現できませんけど^^;

 

招待状のハガキのお写真は琵琶湖での漁の網が上がったところ。

先生の撮られたお写真。

そのお写真の右側に木の葉が映っていました。

手前には杭が映っていて。

で、木の葉が蛇足のように感じられて。

僭越ですみません^^;

で、会場には同じお写真が大きく引き伸ばされて展示されていた。

「!、あ!これでOK・・・」と何気につぶやいてしまった私。

ハガキと目の前のお写真を見比べている私を

ご覧になっていたスタッフの方が、

「何がですか?」と。

「僭越ですみません、私、このハガキのこの木の葉が気になっていたんです」

「ですが、目の前のお写真にはそれがちゃんととカットされていますよね」

「これでOKなんですよね!」

スタッフの皆さんにどっと笑いが起こりました^^v

で、後からいらっしゃった先生にも同じことを伝えさせていただきました。

ハガキの時は急いで作ってそこまで思いがいかなったけど、

本番ではカットしました^^vとのこと。

でも、そこでまた僭越ながらこう言いました。

「先生、この網の色ですが、このハガキのような色、

夕日に透けているセピア色の方が素敵だと思うのですが」

ところがプリントを頼む段階で、

元の色が出せないことが多々あるとか。

どこかで妥協せざるおえないのだそうです。

へぇ・・・そういうことなんだ。

最後の最後まで大変なこと。

 

この写真展は今回で二回目でした。

初回の時はお恵姐さんの写真は未だ展示されていなかったし、

私もサラッとみて終わりだった。

ちょっと私も判ってきたかなと思えた写真展でした。

 

で、お恵姐さんは万助溜に蝶蜻蛉を撮りに言ったことがあって。

それは、私のブログを観てから皆さんをお連れしたのだとか。

彼女は今、役員をしているらしい。

で、普通の蜻蛉はいたけど青い蝶蜻蛉はいなかったから

直ぐ近くの喫茶店でお茶をしたのだったとか^^。

その時に居合わせたスタッフんともお話させていただきました。

その方はそこで翡翠を以前に撮られたことがあって。

 

また、写真集をお持ちになっていらしたスタッフさんともお話ができました。

その写真集は二科展に入選した写真を集めたものでした。

私が見入っていると、ご自分の作品には色々注解をしてくださいました。

例えば、川の流れの中に小さな岩があって、

その岩の前を流れる紅葉の葉っぱの流れる様子を撮る時のこと。

葉っぱの流れてくる時間を計り、

それをもとにシャッタースピードを決めるのだとか。

へぇ~~~っ、!!

「フォト検定で勉強されたのですか?」

「いいや、自然に身についた」とか。

そんなこと、わたしには到底無理なこと。

数字に弱いもん^^;

せいぜい「5・7・5」の17までしか数えられません^^;

もっと色々お話を伺いたかったのですが

ギャラリーですから。

 

先に出て行かれた姉さん方を追いかけてお抹茶をいただくべく

喫茶室に行きました。

 

その後、仕事に行き、お恵姐さんとすれ違い。

かえって来たら彼女から電話があって。

結論からすると、彼女はとても喜んでくれていた。

お互い、ありがとう、

頑張ろう^^!

そう言って電話を切ったのだった。

あ、そうそう、林 幸恵さんの写真集を見せて欲しいと頼まれた。

 

コメント (6)

アヒージョの輪

2016年10月20日 | 日記

今日の一枚。

二年前。

 

今年はダリアも撮っていない。

二年前はまだ写欲があったようだ。

何とか支柱を入れずに撮ろうとして

構図を探していたことが思い出される。

 

さて、熟女4人旅の M 姉さんと珍しく料理の話になった。

M 姉さんはスットンキョウな声をだした。

「アヒージョ?何それ・・イタリアン?」

「へぇ、M 姉さんでも知らないことあるの?」

えへへ、早速レシピを伝授。

アヒージョの素まで買ったそうな。

 

何とこのお汁をご飯にかけてお食べになったとか。

そこまでは言ってなかったのにね。

通ではありません^^?

しかも写メまで送っていただきまして^^♪

と言うことで、アヒージョの輪でした。

 

さて、ダリア、やはり撮っておこうかな。

マクロで撮りたいけど寄れるかな・・。

また「なばな」に繰り出すのかな?

それとも先日見つけたコスモス畑?

あ!

そういえば、お恵姐さんの所属するクラブの写真展も誘われていた。

うふふ、私、これでも目だけは肥えてきていますよ。

それを知っているのか知らないでか、

「makoから見れば全くもっ下手くそばかり集めた写真展だけど、

観に来てくれる?」と招待状を貰った。

桑名市「六華苑」で¥250也。

エライ低姿勢に出てきたもんだ・・^^。

仕事の前にチラッと観てこよう^^♪

 

コメント (6)

マルセイユ in なばなの里

2016年10月19日 | 日記

今日の一枚。

昨夜は仕事帰りにマネージャーと一緒に

なばなの里に行きました。

昨年、渡米したときに、ご主人と一緒に見送りに

きていただいた方。

私は早めにゲートを通過していたので

結局は会えなかったのですが。

手紙を渡そうとしてくださったみたいなのでした。

私ではなく、妹に。

それを知ったのはつい最近のこと。

 

で、日ごろ、お世話になっているので彼女を誘いました。

「ご飯、まーだー?」と騒いでいる私のお腹の虫。

を、静かにさせるべくフレンチを。

メインは魚にしました。

美味しかったです^^v

あと30分でイルミは終わりということでもって

メイン会場へ。

カメラは広角onlyだったので、

しかも、お喋りがメインだったのでこんなもの^^;

まだ、本格的に撮っていない。

ま、寒くならないうちに出かけよう。

 

昨夜は綺麗なお月さま。

 

話をしながら私はイルミのデジブックを作る準備をしている。

これは使えそうと思うものは撮る♪

歩きながらさりげなく撮る^^;

ブレブレ!

今度はガチで撮りに行こう^^!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

彼女の壮絶な人生に惹かれている私。

また話を聞かせて貰おう^^♪

 

 

コメント (8)

写真集

2016年10月18日 | 日記

 

一年前の記事

 
ドライブ
庭にはこんな鳥も。この子は砂糖水だけを飲みにきます。体長5センチほど、ホバーリングしながら砂糖水を飲んでいます。この個体が一番すばいしっこいので撮れたのは少ないです......
 

この頃、寝る前には必ず目の保養を^^♪

全てを皆さんにお見せ出来ないのがとても残念です。

林 幸恵さんの

「のはら」

直筆のサインと金色の蝶のスタンプ。

付箋が貼ってあって細かい心遣いが嬉しいですね♪

改めましてありがとうございました。

ke-nさん。

そして、何と言っても私を虜にしたのが一ページ目にあるこのお写真。

紫陽花の花にちょこっと顔を出しているこの昆虫の角。

見たことのない昆虫さん。

どなたかご存知でしょうか^^?

私はこれを枕元に置いて就寝前にパラパラとめくります。

時に見入ってしまいます。

どんな姿勢で撮られたのかしら、

素人判断で妄想が膨らみます♪

多分、かっこ良くカメラを構えていたんでは撮れないことだと。

時に腹ばいになって、ともすればとても不格好なお姿かもしれないと。

被写体と真っ向ガチで向き合わないと撮れないと思うのです。

それでいてこんなにメルヘンなのですから。

私を虜にするのです。

そして、何よりも撮影場所が「野原」であること。

これも励みになります。

動植物園のような人の手の加わった場所でないのですから。

 

私のようにベタな写真でも昆虫に夢中になっていると

2、3時間は優に過ぎています^^♪

とっておきのシャッターチャンスをGETするには

一体どれほどの時間と忍耐を要することでしょう。

そんなことに思いを馳せて眠りに落ちてゆくのでした。

 

そろそろ東の空が赤く染まってきています。

今日もつつがなく過ごせますように。

あ、そうそう、なばなの里のイルミに再び出かけるかもです^^。

今日はお友達と一緒なので

あまりカメラの出番はないかも知れませんね~♪

 

コメント (8)

自転車の僕ちゃんと黄色い電車とコスモスと。

2016年10月17日 | 日記

今日の一枚。

 

「北勢線」

斜めに撮って列車の長さを

・・・と言っても単線だから。

それにちょっと遠いかな。

三脚は超低くしている。

眼鏡橋の秋桜が丁度良いと思うけど何しろ「仕事前」の道草だから^^;

という言い訳の一枚。

 

せっかくの天気だから太陽とのコラボで。

Av13・Tv1/3000・露出補正+41/2・手持ちで^^;

三脚は畦道で立てられず、それに超ロウアングルで。

なんて言い訳だらけ。

とっとと並べましょう。

まずはモノクロから。

雲がいい感じ。

うふふ、可愛い訪問者^^♪

うふふ、可愛い訪問者

あらら、畑の中に方向転換^^?

うふふ、僕イカナイ、自転車イクネ^^v

この僕ちゃんのお父さんに写メを頼まれました。

青い空、秋の雲とのコラボにするために私は

一段低い畑の畦道に足を掛ける。

これは私のカメラで撮ったもの。

僕ちゃんのお父さんのスマホで撮って差し上げたものも

ほぼ同じアングル。

「そのカメラで撮って欲しいな」

とおっしゃるので私のカメラで撮らせていただいた。

「ウィスキー!!」と言って貰って口角をあげて貰ってスマイルに^^v

「公表してもいいですか?」

ということでブログ名もお知らせしました。

昨日は更新できなかったので今日になりました。

ご覧になってくださるかしらん^^?

僕ちゃんの表情が素敵^^!

 

ということで後はとんぼう狙い。

だれ^^?

このシト

という道草を楽しんできました^^♪

皆さま

Have a nice day ~!!

 

コメント (4)

本日、二回目の更新なり・デジブック 『秋桜と』

2016年10月15日 | デジブック

撮り貯めたものでようようデジブックをつくりました。

UPするのを忘れていました。

ご笑覧くださいね。

スマホからもみられます。

でもね、スマホからはいつも同じ動画なんですね。

今回も波紋バージョンなんですけどね。

で、今、スマホからみているんですが、

パソコンに比べると、BGMと動画の動きが、

あってないのが判明。これでは、だめだわ。

クライマックスがズレテル(^^;

http://www.digibook.net/d/bc55ef73910d1ca5e163cd304ad3c1b4/?viewerMode=fullWindow

 

デジブック 『秋桜と』

コメント (10)

2016・10・14なばなの里イルミ・プレオープン

2016年10月15日 | 日記

今日の一枚

なばなの里・イルミ・プレオープンに行ってきました。

団子Threeboy'sとデート

 

プレオープンに通いだして何回目になるんだろう。

年々、人出も増えてきている。

これじゃ、グランドオープンも同じだな。

ゲートに一番近い P は満車状態。

お母ちゃんのベルファイアは

バスツアーのバスが停まる所に誘導された。

 

団子Threeboy'sたちは学校が終わって直ぐにきているので

まんず何か食べようよ。

熱くなく手っ取り早く食べるには「トンカツ」

私は共食いかい^^?

ここもほぼ満席だね。

この状態が来年の5月まで続くのである。

因みにキャベツとご飯はお代わりが出来る。

 

今年のテーマは「大地・・」何チャラかんちゃら。

あはは、それどころではない。

団子を連れているので場所を選んでいる暇はない。

団子②に至っては夏に一緒にカメラ散策してから

彼はカメラに興味を持っている。

勿論コンデジを渡してある。

彼の思いのままに促されて後を追う^^♪

嬉しいことに、彼にはどうやらmakoばぁばのDNAが

すっかり受け継がれているようだ。

それと言うのも、

「ばぁば、展望台行くよ!」って言う。

そして、園内の照明で私が以前撮ったものに直ぐ足が向く。

「いいね、いいね、niceショットだね」と誉めてあげる。

それに、たちどまって、構図を考えているのが判る。

背中が黄昏ているので笑えた^^♪

そんなこんなで場所も選んで居る暇もなく楽しい撮影だった。

団子①と団子③はお母ちゃんとべったり。

私は団子②に誘導されて^^;

ま、何とか撮れたのはこんな感じ。

そして、今年はこんな撮り方も試験的に。

名付けてアートイルミ^^♪

今度は団子②と二人で来ようねと約束した。

勿論、言い出しっぺは団子さん^^v

うふふ~寒くなる前に通わなくっちゃ^^♪

 

コメント (6)