晴れたら花巡り

晴れたらアウトドア。草花が大好きで、野山を散策しています。

里山にも行ってます。

安佐動物公園(2)

2018-11-16 | 日記

 

   昨日の記事の続きです。

  

   公園のビオトープのある白鳥池あたりは、紅葉が真っ盛りでした。

  

  

   昨日の投稿で、「一度は行って見たい」と書きましたが、

   最近のことで、約20年前から訪れていないのです。

   その頃は、「可愛い、珍しい」とだけ、思っていましたが、

   動物たちを見ていると、このまま一生を終わるのかと「健康で長生きしてね。」

   と声を掛けたくなり・・・

   飼育員さんも我が子のように、大事に育てている様子が伺えます。

   私たちが見ていても無関心で寝ていますが、飼育員さんが来ると、全く反応が違んです。

 

   食事が午後なので、アムールトラ、ライオン、レッサーパンダ・・・隅っこで寝ていました。

        

 

   ↓マレーバクは絶滅危惧種に制定され、野生での生息数が減っている動物。

   スマトラ島、タイ南部、マレー半島、ミヤンマーの河川や沼地の周辺にある森林に

   生息するそうです。胴体の黒い体色に胴体中央部のみ白い特徴的な外観を持つていますが、

   幼獣の時は、猪のウリ坊のように縦縞があるそうです。

  

   ※ バクと言えば、夢を食べるバクと同じかと思って、ネットで調べたら、

   夢を食べると言われるのは、中国に伝わる獏(ばく)であり、架空の動物だそうです。

 

   ピクニック広場で落ち葉と戯れる子供たち。

   楽しそうで、暫く見ていました。

  

 

   この日は幼稚園や小学校の遠足が多く、ミニ動物と触れあったりして、楽しんでいました。

  

 

   ↓の果樹は何だろう?

   洋ナシに似ているけど、木になっているのは、初見です。

   動物に食べさせる果物でしょうか?

  

 

   ヤツデ(八つ手)ウコギ科

  

 

   10時半から、13時まで歩きました。

   この頃には、少し気温が上がっていたので、入り口の皇帝ダリアも元気。

  

   動物公園は、動物を見学するのが主ですが、

   広い園内を歩いて、運動になるし、樹木、草花を観るのも楽しいですよ。

   「どうぶつえんはzooってんだ さあ! 行こう! zoo! zoo! zoo!」(^^♪

    

  

 

コメント

安佐動物公園 (1)

2018-11-15 | 日記

 

   安佐動物公園に行ってきました。(11月14日)

   以前から、一度訪れてみたいと思っていました。

   ちょうど、主人が近くに所用で出かけることになって便乗させてもらい

   そこから、バスで10分でした。

   入り口には、皇帝ダリアが頭上高くに咲いていました。

   皇帝ダリア 別名 木立ダリア キク科

  

   この日は、晴天でしたが、気温が低い日と判っていたので、暖かくして行ったのですが、

   風が強く、じっとしていられないほどでした。

   標高が200m位の山中なので、皇帝ダリアも朝10時半ごろでも寒そうでした。

   山茶花が満開でした。 

  

  

 

   午前中でしたので、殆どの動物たちは、眠っていたり、寒さ?で動きませんでした。

   撮れた動物たちの一部です。 画像はクリックして頂くと拡大します。

     

     

  フンボルトペンギン  寒かったので、兎さ団子?

  

   ツメレンゲ (爪蓮華) ベンケイソウ科

  

   フンボルトペンギン舎の上の岩に咲いていました。

   紅葉もきれいでした。

  

   午後には帰宅しましたが、寒かったせいか、風邪気味で、体調を崩しました。

   続きは、また明日。。。

 

 

   

 

 

 

  

 

コメント

芸北の紅葉めぐり

2018-11-07 | 日記

 

    好天が続き、紅葉が気になるところです。

    庭の手入れもまだ残っていますが、気分転換に紅葉見物に行くことにしました。

    11月6日、主人と一緒です。

    午後近くから出ましたので、芸北に行くことにしました。

    安芸太田町の加計から温井ダム方面に

  

   途中の山は、紅葉真っ盛りでした。

   紅葉といっても、こちらは黄色い葉が多いですけど。。。

  

    温井ダムは、水量も少ないので写真は撮りませんでした。(午後13:00)

   ぽかぽかの陽気で、沢山咲いているスミレ

  

    芸北も北に進むにつれて、紅葉が終わりそうです。

   木々の下には、絨毯のように落ち葉が積もっています。

  

 

    北広島町の聖湖 (時刻14:30)

  

 

  

    風も無く静かな湖畔です。

  

    

    次に深入山のグリーンシャワーで休憩(15:00)

   向かいの山は、深入山(標高1153m)

   午後15時でしたが、数人登山者が見えました。

  

 

    リンドウは、陽ざしを浴びてあちこちに咲いています。

  

 

    ウメバチソウもまだ咲いていましたが、終わり花です。

  

 

 

    最後に筒賀神社の大銀杏を訪ねました。(16:00)

  

 

   黄金色の絨毯がきれい

  

 

  

 

  ←「ちち」と呼ばれる気根

  

  

   時刻は午後4時となり、日が傾いてきました。

   11月11日(日)は、ふるさとまつりが開催されるそうです。

   

  

    

    

 

コメント

龍頭峡

2018-08-24 | 日記

 

      三段峡の帰路、夕方近くになりましたが、

      安芸太田町筒賀の龍頭峡にも、立ち寄ってみました。(8月19日)

        

       4月撮影

      

      二段滝と奥の滝とありますが、↓は奥の滝です。

      

      降雨が無く水量は少なかったです。

      水量のある時の奥の滝

      

     

      ↓水量のある二段滝・・・これは、4月に撮った写真です。

      

 

      イワタバコがまだ咲いているのではと、期待していましたが、

      全く終わって1輪もありませんでした。

      ボタンヅルが、川岸に蔓を伸ばして咲いていました。

 

      ボタンヅル(牡丹蔓) キンポウゲ科センニンソウ属

      

      センニンソウと似ていますが、葉で見分けます。

      ボタンヅルは、葉が牡丹の葉に似ているので区別できます。

      蕾もボタンヅルは先端が丸く、センニンソウは先端が尖っています。

      ↓ボタンヅルです。有毒植物で、液汁に触るとかぶれます。

           

 

      ガンクビソウ(雁首草) キク科

      

      花の形がキセル(煙管)の雁首に似ているから着いた名前

 

      クサアジサイ(草紫陽花) アジサイ科

      

 

      フユイチゴ(冬苺)バラ科

      

 

      シロヨメナ(白嫁菜) キク科

      

 

      やはり、こちらも水量が少なく、草花は元気がありませんでした。

      静かで、出会った人は二組でした。

      龍頭峡は10年前ごろには、多くの施設(宿泊、温泉、オートキャンプ場、バーベキュー広場)があり、

      夏季には近くの天上山への登山者やキャンプ、ジュニアスポーツクラブの合宿、ファミリーの川遊び…

      賑やかな声が絶えませんでした。

      

      

      今年は、豪雨のあと、落石ケ所もあり、通行止めも一部ありますが、

      自然豊かなところで、私は四季を通じて訪れたい所です。

 

      これも、時代の流れですね。

 

 

 

コメント

三段峡

2018-08-23 | 日記

 

      更新が遅れましたが、特別名勝「三段峡」を少し歩いてきました。(8月19日)

      午前11時半から出発して、途中昼休憩をして、午後14時半までの往復3時間でした。

      

      

      正面口は観光客などが多いのですが、こちらは、ひっそりとして誰もいません。

      熊と遭遇するかもしれないので、熊鈴をつけて歩きました。

      

      雨が少ないので、川の流れは、静か

      

      急に流れが速くなる所も

      

      

      

      切り立った崖

      

      

      

      崖の上から、赤い岩の上を流れ落ちる水

      

      しばらく歩いて、谷底に下りるように急降下すると、三段滝です。

      

 

      三段滝では、下流から歩いてきた観光客が数人いました。

      

      

      

      勢いよく、下流の水梨口へと流れていく

      

      

      三段峡は総距離16キロですが、そのうちの上流の餅ノ木から三段滝までの2.4キロを

      柴木川の流れに沿って、マイナスイオンを浴びながら、のんびりと歩きました。

      草花散策も楽しみにしていたのですが、今年は、花の状態も良くなく、

      会えない花もありました。

 

      モミジガサ(紅葉傘) キク科

      

         

 

      ヒヨドリバナ(鵯花)  キク科 フジバカマ属

      

      

 

      ウド(独活)  ウコギ科

      

 

      ママコナ(飯子菜) ゴマノハグサ科   終わり花だったので、ミヤジマママコナかも?

      

     

      ハエドクソウ(蠅毒草) ハエドクソウ科  ピンボケですみません。

      

  

      クサアジサイ(草紫陽花) アジサイ科

      

      

 

      

      

      

      

 

コメント