晴れたら花巡り

晴れたらアウトドア。草花が大好きで、野山を散策しています。

里山にも行ってます。

龍頭峡

2018-08-24 | 日記

 

      三段峡の帰路、夕方近くになりましたが、

      安芸太田町筒賀の龍頭峡にも、立ち寄ってみました。(8月19日)

        

       4月撮影

      

      二段滝と奥の滝とありますが、↓は奥の滝です。

      

      降雨が無く水量は少なかったです。

      水量のある時の奥の滝

      

     

      ↓水量のある二段滝・・・これは、4月に撮った写真です。

      

 

      イワタバコがまだ咲いているのではと、期待していましたが、

      全く終わって1輪もありませんでした。

      ボタンヅルが、川岸に蔓を伸ばして咲いていました。

 

      ボタンヅル(牡丹蔓) キンポウゲ科センニンソウ属

      

      センニンソウと似ていますが、葉で見分けます。

      ボタンヅルは、葉が牡丹の葉に似ているので区別できます。

      蕾もボタンヅルは先端が丸く、センニンソウは先端が尖っています。

      ↓ボタンヅルです。有毒植物で、液汁に触るとかぶれます。

           

 

      ガンクビソウ(雁首草) キク科

      

      花の形がキセル(煙管)の雁首に似ているから着いた名前

 

      クサアジサイ(草紫陽花) アジサイ科

      

 

      フユイチゴ(冬苺)バラ科

      

 

      シロヨメナ(白嫁菜) キク科

      

 

      やはり、こちらも水量が少なく、草花は元気がありませんでした。

      静かで、出会った人は二組でした。

      龍頭峡は10年前ごろには、多くの施設(宿泊、温泉、オートキャンプ場、バーベキュー広場)があり、

      夏季には近くの天上山への登山者やキャンプ、ジュニアスポーツクラブの合宿、ファミリーの川遊び…

      賑やかな声が絶えませんでした。

      

      

      今年は、豪雨のあと、落石ケ所もあり、通行止めも一部ありますが、

      自然豊かなところで、私は四季を通じて訪れたい所です。

 

      これも、時代の流れですね。

 

 

 

コメント

三段峡

2018-08-23 | 日記

 

      更新が遅れましたが、特別名勝「三段峡」を少し歩いてきました。(8月19日)

      午前11時半から出発して、途中昼休憩をして、午後14時半までの往復3時間でした。

      

      

      正面口は観光客などが多いのですが、こちらは、ひっそりとして誰もいません。

      熊と遭遇するかもしれないので、熊鈴をつけて歩きました。

      

      雨が少ないので、川の流れは、静か

      

      急に流れが速くなる所も

      

      

      

      切り立った崖

      

      

      

      崖の上から、赤い岩の上を流れ落ちる水

      

      しばらく歩いて、谷底に下りるように急降下すると、三段滝です。

      

 

      三段滝では、下流から歩いてきた観光客が数人いました。

      

      

      

      勢いよく、下流の水梨口へと流れていく

      

      

      三段峡は総距離16キロですが、そのうちの上流の餅ノ木から三段滝までの2.4キロを

      柴木川の流れに沿って、マイナスイオンを浴びながら、のんびりと歩きました。

      草花散策も楽しみにしていたのですが、今年は、花の状態も良くなく、

      会えない花もありました。

 

      モミジガサ(紅葉傘) キク科

      

         

 

      ヒヨドリバナ(鵯花)  キク科 フジバカマ属

      

      

 

      ウド(独活)  ウコギ科

      

 

      ママコナ(飯子菜) ゴマノハグサ科   終わり花だったので、ミヤジマママコナかも?

      

     

      ハエドクソウ(蠅毒草) ハエドクソウ科  ピンボケですみません。

      

  

      クサアジサイ(草紫陽花) アジサイ科

      

      

 

      

      

      

      

 

コメント

八幡湿原で出会った花~②

2018-08-09 | 日記

 

      霧ゲ谷湿原より、少し北側に位置する尾関沼湿原に向かいました。

      まず、奥尾関沼に。

      

 

      ナガボノワレモコウ(長穂吾亦紅) バラ科  花穂が長くて白いワレモコウ

      

 

      コバノギボウシ(小葉擬宝珠) キジカクシ科  沼に沿って歩いていくと、ここでは一番多く見られました。

      

 

      白い花のチダケサシ(乳茸刺し)かと思います。 根性葉は奇数羽状複葉でした。

      

 

      オカトラノオ(丘虎の尾) 写し方が悪いのですが、花穂は垂れています。

      アリが食事中でしたので、そっちを写したくて。

      

 

      ツリフネソウ(釣舟草)ツリフネソウ科  まだ咲き始め、これから楽しめそうです。

      

      釣舟草の種子は触ると、驚くほど弾けます。

      

 

      ミソハギ(禊萩) ミソハギ科 水際に咲いていました。

      

 

      引き返して、尾関沼湿原のハス畑に立ち寄りました。

      沢山の蓮の花が咲いています。

      

      

      

      

      

      白い蓮の花もありました。

      

 

      奥の方に歩いていくと、スイレン(睡蓮)が見えました。    

      

 

      

       朝、花は開くそうですが、殆ど見られませんでした。

      

 

      ウキヤガラ(浮矢幹)カヤツリグサ科

      

 

      マルバミズアオイ(丸葉水葵) ミズアオイ科 

      

      

      

       園芸種かも知れませんが、群生しています。

      

 

      オグラコウホネ(巨椋河骨)ではないかと思います。スイレン科

      

      茎が骨のように見えるから、着いた名前だそうで、オグラコウホネは花柱頭が赤です。

      

      

      ヤマハギ(山萩) マメ科 秋の七草のひとつの萩。     

      

 

       キキョウ(桔梗)キキョウ科   帰路、深入山のグリーンシャワーで見かけた花。

      これも秋の七草のひとつです。

      

       もっと、いろいろ咲いているかと思いましたが、もう少し涼しくならないと・・・

      雨も降らないし、猛暑ですから。

      尾関沼の蓮の花は、最高にきれいでした~

      又、一月後に来てみたいです。

           

 

      

      

      

      

コメント

八幡湿原で出会った草花~①

2018-08-09 | 日記

 

     八幡高原に涼を求めて、花散策をしてきました。前日の続きです。   

     まず、霧ゲ谷湿原です。

     

     午後からの散策、出会ったのはカメラを持った男性一人でした。

     暑さのせいか、終わってしまった草花もありました。

     コオニユリ(小鬼百合) ユリ科 一番目立つ花でした。

     

 

     アブラガヤ(油萱) カヤツリグサ科

     

   

     ナガボノワレモコウ(長穂吾亦紅)バラ科 白い花が普通ですが、赤い花もありました。

     

 

     オカトラノオ(丘虎の尾) サクラソウ科 花穂が垂れ下がりますが、これはまだ・・・

     

 

     ヌマトラノオ(沼虎の尾) サクラソウ科 花がまばらについて、垂れ下がりません。

     

 

     トモエソウ(巴草) オトギリソウ科 花弁が卍状で、風車みたい。

     

     一日花なので、午後からはこんな感じ・・・

     

     蕾もありました。 明日咲くのかな?

     

 

     ガマ(蒲)ガマ科   蒲の穂は久しぶりに見ました。

     

 

     チダケサシ(乳茸刺し)ユキノシタ科 殆ど終わっていました。

     

 

     サワヒヨドリ(沢鵯)キク科  

     

 

     ビッチュウフウロ(備中風露)フウロソウ科 今年は花数が少ないです。

     

 

     ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科

     

     ミズチドリ、クサレダマなども咲いていると思いましたが、もう終わったのでしょう。

     無風で、日差しの強い午後で、例年より、暑く感じられました。

 

     ~次は、尾関沼湿原に~

 

     

 

     

 

     

    

   

コメント

芸北に避暑

2018-08-07 | 日記

 

      エアコンなしでは生きていけない毎日、疲れます。

      戸外の美味しい空気を吸いたいと、

      北広島町の八幡高原に出かけました。(8月5日)

      思いついて家を出た時、午前11時で車の温度計は37℃

      やってきた八幡高原は正午で30℃、想像以上に暑かった。

      でも、我が家よりは、ずーっと涼しい。

 

      まずお腹が空いていたので、「かりお茶屋」に直行。

      

      

      あった! 念願の赤そばがやっと食べれる!

      昨年の9月、私のブログ赤そばの里で、美しいそばの花を目にして以来食べてみたかった。

      何度か訪れたけど、開いていなかったそば処です。

 

      中に入ると、エアコンなしでも窓から涼しい風が

      気持ちいい~(^^♪

      

      念願の赤そば「冷やしおろしそば」を食べて、

      あっ、お腹空いていたので、写真を撮るのを忘れていました(-_-;)

      

      メニューそっくりだったので、これで・・・

      麺のコシがキュッとしまって、(キャッチフレーズどおり)食べ応えがあって、美味しかった。

      夏季限定ですので、お早めに。

 

      おそばを堪能した後、隣の「山麓庵」という芸北の民家に。

      

      中に入って見ると。

      

      ひんやりして、寝転んでみたい

      

      ↓囲炉裏

      

      ↓竃(かまど) 上に乗っているのは羽釜(はがま)、蒸篭(せいろ)、御櫃(おひつ)、樽

      

      ↓ 大鍋?  

      

 

      曲がり屋の右側から、入ると納屋のようです。

      農機具や、生活用品が所狭しと陳列してあります。

      

      

      

      

      

      今でも冬は豪雪の地域です。

      

      この屋根の上に、冬期は雪が1m位積もるのでしょう。

 

      この後は、霧ゲ谷湿原と尾関沼の湿原巡りをします。

           

 

      

      

      

      

      

 

      

    

コメント