晴れたら花巡り

晴れたらアウトドア。草花が大好きで、野山を散策しています。

里山にも行ってます。

水鳥のいる川

2018-12-10 | 散歩

 

   午後から、買い物に車で出かけました。

  運動不足気味なので、駐車場に車を置いて近くの古川という川沿いを散歩しました。

  以前は、草木が生い茂ってカワセミなどの水鳥が多く住んでいて

  鳥撮りさん達がシャッターチャンスを狙っていたのですが、

  土砂災害が起きた後、きれいに改修されて、見られなくなりました。

  

   散歩には、ちょうど良いコースなので、いつも数人が歩いています。

  鴨達は、近くを歩いても動ぜず泳いでいます。

  

   スーイスーイ、滑るように目の前を泳いで行きます。

  

   午後からは、散歩にはちょうど良いお天気。のんびりと往復1時間半歩きました。

 

  我が家のデンマークカクタスが満開になりました~(^^♪

  

  3日前に1輪咲いたと思っていたら、昨日からあっという間に満開になりました!

  植物は自然に、敏感なのですね !?

  

   

 

 


三瀧寺(2)

2018-12-07 | 散歩

 

 

  昨日の続きです。

  紅葉は既に散っていて、観光客も少なく静かな山寺と言う雰囲気でした。

  三瀧寺本堂↓

  

   本堂には広島市指定重要有形文化財木造阿弥陀如来坐像が安置されています。

  

  

  本堂の裏にある水かけ地蔵

  

  

   流れ落ちる清水は原爆記念式典に献水にされる水です。

  本堂からさらに一番上まで登ると、鎮守堂がある。

  

  

  

  三瀧寺の名前の由来は境内を流れる三つの滝の第一番の滝 幽明の滝(ゆうみょうのたき)

  

 

  次に三鬼権現堂に参る。カラス天狗と長鼻天狗

  

  

 

  ここにもまだ紅葉が少し

  

  

  山茶花

  

 

  黄実のセンリョウ

  

 

  頭上に万両の実、樹高は2m、やはり高いのは万両

  

 

  散り紅葉 ツワブキの葉に 積もりけり  ・・・(-_-;)

   

 

  多宝塔

  

   1526年創建という、この塔は和歌山県の広八幡神社の境内に建立されていたものを

  原爆犠牲者供養のため1951年に移築されたもの

  塔内には国指定重要文化財の木造阿弥陀如来坐像が安置されています

  

  

 

  苔むした岩のある参道に石仏が並ぶ山寺、何度も訪れてみたい場所です。 

 

  

 

  

  


三瀧寺(1)

2018-12-06 | 散歩

 

  紅葉は、終わってしまったようですが、

  遠方への買い物の帰り道、三瀧寺にお参りしてきました。

  昨日(12月5日)のことで、主人と一緒です。

  三瀧寺(みたきでら)は広島市西区三滝町の三滝山の中にあります。

  高野山真言宗の寺院で、三瀧観音とも呼ばれています。

  紅葉の名所として知られ、シーズン中は駐車場も満杯で、

  狭い道路上に駐車する車も多く見られますが、

  紅葉は、すでに散ってしまって、落ち葉を掻き集めて掃除をされているところでした。

  参拝したのは午後3時頃で、参拝客は10人ぐらい、静かで落ち着いて参拝出来ました。

  

  参道入り口付近の僅かに残っていた紅葉

  

  観音堂  

  

   参道の中央にある鐘楼、一礼して、一打します。

  鐘楼からの参道の敷石は、広島電鉄の電車の敷石が敷き詰められています。

  

  

   茶堂の下の石垣に咲く山茶花

  

   茶堂

  

       凡音の滝

      

   補陀洛庭 茶堂に入れないので、全景は見えませんでした。

  

  

   本坊

  

       苔むした岩のある参道や磨崖仏や石仏

  

 

      本堂舞台の下

      

   いよいよ本堂に、本堂の前のシダと石仏

  

  

   三瀧寺は809年に弘法大師によって創建された古刹です。

  静かに参道を歩いていると、心洗われます。

 

   

 

   


広島の被爆樹木

2018-11-09 | 散歩

 

   

    11月2日に広島城周辺を散歩した時に、写真に撮っていた樹木です。

    被爆後73年になっても、生き残って成長し続けています。

 

   

   

   

   

   

 

    被爆樹木ではありませんが、名前を初めて知り、開花も見たことがありません。

    来春に是非見たいです。

   

 

   

   

    天守閣

   

    すぐそばにある中央公園も歩いてみました。

    もう1週間経ちましたので、落ち葉の絨毯になっているでしょう。

   

   

 

   

 

   

 

   


広島城のお堀

2018-11-06 | 散歩

 

   11月に入って、お天気が良かったけど、とても忙しかった。

   毎日、家事の合間に、庭の手入れをしていて、すっかり疲れ果てて

   夜は、うとうととしながら、そのまま寝入ってしまいました。

   今日は、広島城のお堀を11月2日に散歩してきた時の写真です。

 

   

 

    遊覧船

   

 

    青空が写って、きれいな水ですね。

   

 

    ヒドリガモ

   

 

    水中に顔を

   

 

    なにをしてるのでしょうか? 

   

   

 

    水草を食べていた。

   

 

    鴨ちゃんのシンクロだ!

   

 

   

 

    草むらから数十羽の雀が飛び立ちました。

   

     我が家の近くでは、殆ど見なくなった雀たち。 都会にはこんなに、沢山いるんだね。

   

 

     「お堀の水は、どこから?」

    江戸時代は、太田川から羽子板掘(現在の三篠橋付近)に水を引き入れていましたが

    明治時代にそこが埋め立てられると次第にお堀の水質が悪化しました。特に戦後(1945年以降)は

    水質を保つことを重視したため、ため池状態でお堀の水質は劣悪となりました。

    その後平成元年~5年(1989~1993)、当時の建設省と広島市とで「堀川浄化事業」を

    実施し、江戸時代のように太田川の水をお堀に引き入れ、3日半かけて循環させることになり、

    お堀の水を綺麗に保つことができるようになりました。(広島城 案内文より)

    

   

コメント (2)