晴れたら花巡り

晴れたらアウトドア。草花が大好きで、野山を散策しています。

里山にも行ってます。

カマキリが・・・

2018-11-12 | 自然

 

    週末は、里山に出かけていました。

    この日は、暖かくて風も気持ちよく吹いていて、

    風通しのために、縁側のサッシ戸を開けると、

    驚くほどの数のカメムシが、桟や窓の網戸にくっついている。

    なるべく興奮させないように、ペットボトルにさっと入れたり、

    ガムテープでくっつけて捕まえる。

    毎年、この時期はこの虫が、悩みの種です。

    うっかり、触るととても臭いし、その匂いが消えないのです。

    冬が近くなり、「カメムシが大量発生すると、大雪が降る」と、

    言い伝えを耳にします。

    今年は、暖冬と聞いているのに、大雪が降るのでしょうか?

 

    狂い咲きのアジサイが咲いていました。名前は「墨田の花火」 

  

 

   夕方、薄暗い柱の隅に、カマキリが産卵中・・・

   撮影のためにフラッシュをしたので、卵が水色に写っている。

   柔らかそうな白っぽい色でした。

   なんだか、表情が「ここで来年までお願いします」と言われているようでした。 

   このままそっとしておきますから、

   来年も、たくさんの子供を孵化して、害虫を退治してね。

  

  

   まだ、元気そうな青いカマキリさんですけど、世代交代してるのですね。

     

 

    

コメント

オオミズアオという美しい蛾

2018-08-21 | 自然

 

    

      

      「オオミズアオ」今回で2度目、初めて見た時は、蝶かと思いました。

      標高800mの深入山グリーンシャワーのトイレの壁にいるところを撮影(8/19 am11:00)

      

      前方に見えるのが深入山(1153m)約1時間で、山頂まで登れます。

      草花を散策しながら登れ、山頂からは365度の展望が開け、気持ちいいですよ。

      グリーンシャワーでは、グランドゴルフ、キャンプ、登山が楽しめて、

      近くには、宿泊施設「いこいの村ひろしま」があります。

      

    

コメント

ジュンベリーの果実

2018-05-31 | 自然

 

     昨日のことです。

     主人とカープ観戦に行きました。

     

     セパ交流戦で、西武ライオンズとの対戦でした。

     デイゲームは苦手ですが、ナイターなので同行しました。

     一時雨の予報が出てたので、屋根の下の席で観戦。

     8時頃、突然の雨で30分近く中断・・・試合再開。

     そして、9回表、1点差で勝利と思ってたら、ホームランを浴びて同点に。

     延長戦の10回に3点取られ、もう負けたと諦めて帰る人も次々と、もう11時になる。

     ところが、ミラクルが起きた。今年も神ってる!

     鈴木選手の4球で押し出し得点、逆転サヨナラ勝ちです。大歓声!!

     隣の席にひとりで来たお勤め帰り風の若いカープ女子、

     最後まで、大きな声で応援していました。

     こんな光景を、よく眼にします。

     カープ観戦の面白いところは、負けてても最後まであきらめない選手と

     観客の逆襲への声援と応援です。

     カープの人気はこんなところにも表れています。(個人的感想です)

     いつまでも球場は沸いていました。

     帰宅は午前零時を回って、今日になっていました。

     私は、サンデー毎日だけど、お勤めの人、今日は元気かな、お疲れかな?

     これで、投稿は終わるところでした。

 

     ジュンベリーの果実

     

     今年は花付きが悪く、実も僅か2房でした。

     これだけの収穫では、味わうほどはありません。  

     毎年、ヒヨドリに狙われて、「ダメよ」とネットを被せているけど

     今年は、ヒヨちゃんにプレゼントしよう。

     だけど、最近ヒヨドリの鳴き声が聞こえません、留鳥もいるはずだけど。

     

     いつもは、「熟れているよ」と鳴いて知らせてくれるのに・・・?

     なぜか、1羽のホトトギスの鳴き声だけをよく聞く。

     花を雨に当てると結実が悪いため、大きな植木鉢で育てて軒下に移動しています。

     

     

     

     今年は重いけど、植え替えしなくては…

   

 

     

コメント (2)

天狗シデの木

2018-04-06 | 自然

 

   今朝、庭の鶯の鳴き声で、目が覚めました。

   いい声で、「ホーホケキョ」と

   いい気持で、目が覚めたのに窓辺から外を見ると、

   予報通り雨 しとしとと…

   庭の草木は久しぶりの雨で、生き生きとしているようです。

   主は外出中だし、今日はなんだか疲れて家事以外は何もしたくない。

   PCの前で、皆様のブログを拝見しようと訪問していると、

   瞼が仲良くなってきた・・・。

   でも、しまってある画像を整理して、投稿します。

 

   テングシデはイヌシデの変異種 カバノキ科

  

    突然変異によって、枝が曲がりくねったり、しだれたりした珍しい樹木です。   

  

   5月頃になると、若葉が茂って枝ぶりがよく判らないが、

   落葉している今、くねくね、ぐにゃぐにゃ・・・面白い 

  

   幹は白っぽい、

  

   花・・・雄花の蕾

  

   樹齢は140年ぐらいもあるとか。

  

  

   この日は晴天だったけど、時刻は16時30分ごろ、山の夕暮れは早い、

   この時期のこの日は誰にも会わなかった。

  

 

   

コメント

川鵜

2018-03-06 | 自然

 

   

    河原の岩の上で、川鵜が翼を広げています。

    ずーっと、翼を広げたまま動きません。

    対岸から写したので、望遠で撮りました。

 

    「川鵜のエサとなるのは、魚類で潜水して捕食する。

    捕食する際には、時には1分以上水深10m近くまで潜水することもある。

    鵜の翼羽は油分が少なく、あまり水をはじかないため、

    長時間同じ姿勢を保ち濡れた翼を広げて乾かす」(Wikipedia参照)

    水中で、羽毛が重くなって、うまく飛べないため乾かしているのですね。

 

    太田川支流などで、群れて水中に浮かんだり、堰の上で停まっていたり、

    時には烏の群れのように飛んでいます。

    アユの稚魚が放流されるため、それを狙って多く生息しています。

 

 

 

    

コメント