Konnyo's Weblog

Konnyoが綴るブログです。

自然治癒力 ???

2017年10月30日 22時34分41秒 | 難聴
会社で聴力検診があった。
健康診断の時にやる簡単なヤツじゃなくて
耳鼻科でやった色々な周波数のヤツ。

振り返ってみたら
2013年の10月が最後の更新だったが
それ以降もしばらく闘病状態だった。

知らんぷりを決め込むことにしていたが
いつのまにか、音が聴こえるようになって
左耳でも電話ができるようになっていた。

ただし、クセというのは恐ろしいもので
右耳で電話をするようになったものを
左耳に戻すのはなかなか治らないんだよね。

ビジネスマンたるもの
電話は左手、ペンは右手だもんね。
※右利きの人ね。

・・・で聴力検査の結果はというと
左右の聞こえ具合はバランス良くなっていた。
めでたし、めでたし。


とはいえ、それ以前から耳が悪いのは
やっぱり、良くならないのね。
耳が悪いというか
カクテルパーティー効果の能力がないというか。

ガヤガヤした所での音の聞き分けが、とにかく出来ない。
工場の中の騒音の中で会話が出来ない。
賑やかな居酒屋なんかも苦手。

聖徳太子は凄いと思う・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まずいぞっ! まずいイソバイドでなんとか・・・

2013年10月26日 16時28分43秒 | 難聴
8月末にサジを投げられて放ったらかしの難聴。
ここ数週間、前とは違う耳鳴り
(「ジーン」とするような音)
がするようになり、
それと併せて、
テレビやラジオ、電話などの機械を通した音が
変に反響して聞き取れなくなった。

特に、電話は左耳ではほとんど相手の言葉がキャッチできず、
最近は右耳で聞くようになった。
呼び出し音の音程も左耳と右耳では違っている。

これは放っておいたら命に係わるということで(?)
再度、元の耳鼻科へGO!
(大病院は平日午前しか診てもらえないのでムリ)

とりあえず、あの、イソバイドシロップで閉塞感が無くなればOKかな。
また、あの、「ぐぁん、ぐぁん」という耳鳴りが始まるかもしれないが、
今の状態よりはずっとマシだろう。

検査では耳鳴りのせいで左耳はサッパリ信号音がキャッチできず、
明らかに以前よりも聴力が落ちている。
で、イソバイドシロップの処方が可能とのこと。

14日分でこの値段・・・
健康が一番だと思い知らされる・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投薬終了 診療終了 あとは野となれ、山となれ?!

2013年08月27日 14時58分54秒 | 難聴
会社の代休を利用して
大病院への通院2回目。

増量したイソバイドシロップの効果は
自覚症状としては、効果なし。

検査の結果も変化なし。
低音の聴力は不調。

改めて考えてみると、
昔から聴力が良い方ではなかった。
この度の、何度かの聴力検査の結果はほとんど変化がなく、
低位安定。

これって、難聴との関連はなく、
元々、「耳が悪い」だけでは (?_?)

ドクターも困ってしまって わんわんわわ~ん

苦し紛れにCTなんか撮ってみたりした。

が、コレと言った不具合も見つからず、
「重大な不具合はない!」
ということになり、
「効果のない投薬はやめましょう!」
ということになり、
「酷くなったらまた来てねェ~!」
という結論に至った。

放っておいても良いのならそれでも良いが
いつかはこの耳鳴りや閉塞感にも慣れるのだろか???

病は気から?!  オイオイ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

イソバイドシロップ70% 40ml & トリノシン顆粒10% 42g

2013年08月12日 15時10分55秒 | 難聴
前回、最初に行った病院から見放されて大きな病院へ紹介状送りになったが、
その期限切れギリギリの今日になって、
やっとその病院へ辿り着いた。
だいたい、平日の午前中にしかやっていないのがイタダケナイ。

新たな検査も加わって、
しかも、大病院という状況もあって、
受付から会計まで4時間という長丁場に耐えた結果は・・・

あの、イソバイドシロップ70% の処方。
しかも増量 30ml → 40ml...



ボトル入りかよっ!!!

耳鳴りとこの薬の因果関係は無いとのことで、
やっぱりコレを飲むのが常套手段らしい。

とりあえず、2週間飲んだらまた来なさい、とのこと。
そうですか・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お手上げ

2013年07月13日 15時53分53秒 | 難聴
イソバイドシロップを飲み始めてから始まった耳鳴り。
あまりに酷いので薬の服用を途中でやめてしまっていた。

閉塞感は治まったままで、
耳鳴りも3日後ぐらいから落ち着いた。
このまま終わってくれればラッキー!

なんてオメデタイことはなく、
昨日の午後から耳鳴りが少しずつ復活。
んー、原因はやっぱりストレスなのか?

そんなアフターファイブに暑気払いで大騒ぎしたら、
当然と言えば当然の如く、今朝は耳鳴りMAX。

今日の検査で、悪化は見られないものの
回復も診られないとのこと。
結局、「紹介状を書きます」との結論。

その紹介された先は
平日の午前中しか開いていない大きな病院。

どうやって通院しろと? トホホ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐぁ~ん、ぐぁ~ん

2013年07月02日 21時53分15秒 | 難聴
7月ですね。
耳鳴りは相変わらず・・・
仕事中は、周りのノイズが大きいせいか、気にならない。
家にいる時がチョットね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イソバイドシロップ70%分包30ml

2013年06月30日 08時57分55秒 | 難聴
昨日から服用を始めた「イソバイドシロップ70%分包30ml」。
二回目の服用後から効果が出始めた。
なんと、左耳で重低音の耳鳴りがするようになった・・・

こりゃ、たまらん。
おかげで、右耳の閉塞感は感じなくなったのだけれど。

これで良いのか (?_?;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

難聴

2013年06月29日 18時04分20秒 | 難聴
先週の中ごろから耳閉塞感が治まらず、
聴力は問題がないが、頭の中に音が響く感じがして、
サッパリ治らず、不快な日々が続いたので
先週の土曜に耳鼻科で診察・検査。

右耳に閉塞感があったのだが、
検査では左耳の低音の感度がチョット悪いとのこと。
軽い難聴とのことで
「メチコバール錠500μg 0.5mg(一般名:メコバラミン錠)」
「ATP腸溶錠20mg(一般名:ATP錠)」
を処方されて一週間の様子見。

で、なんの効果もなく、本日二回目の受診。
検査の結果は悪化なし。
追加で
「イソバイドシロップ70%分包30ml」
を処方されて、また一週間の様子見。

こんな不快感とまだまだ付き合うのか?
ということで、セカンド・ラブ、もとい、オピニオンへGO。

事情を話したところ、
二人目のお医者さんも同意見。
このお医者さんもこの症例の経験者らしく、
「こういう音がこうじゃない?」的な会話ができて
あー、それそれ。と、自分の状況を理解していただけた様子。

で、処方された薬で妥当とのことで一件落着・・・

いや、落着ではない。
お医者さんによれば、
治るかもしれないし、
ある程度は良くなっても完治はしないかもしれないし、
治っても繰り返すかもしれないし、
もっと酷くなるかもしれないし、
と、なんとも厄介なモノに取り憑かれてしまったようだ。

原因は寝不足やストレスとのこと。
寝不足はないと思うので、ストレスか?
心当たりは大いにある・・・

気分転換しなさい、と言われて、ふと気が付いた。
先週の早朝バイク後、症状がしばらく落ち着いてたな。
昨日の仕事は目一杯、体を使った後は症状が落ち着いてたな。

運動不足が原因か?!

因みに、「イソバイドシロップ70%分包30ml」について。
お医者さんに脅かされた通り、殺人的なマズさ。
リポDを100倍ぐらい濃くしたような、そんなカンジ?
量もハンパない。
薬の服用でこんなに苦労したのは初めてかも・・・

これが新たなストレスになりそうだ・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加