KONASUKEの部屋

笠間での日々と風景
出会った生き物
映画やテレビの感想など
時々政治

ハグルマエダシャク20210610

2021年12月06日 | チョウ目
ハグルマエダシャク。 ①前翅前縁・胸部前方:暗褐色 ②同心円状の褐色斑紋 ③外横線:淡褐色帯が不規則に途切れる ④黒点 分類: チョウ目シャクガ科エダシャク亜科 翅を広げた長さ: 26~34mm 分布: 北海道、本州、四国、九州 平地~山地 成虫の見られる時期: 6~7月(年1化) 幼虫(齢数不明)で冬越し エサ: 成虫・・・花の蜜など 幼虫・・・イヌツゲ、アオハダ、ソヨゴ、ウゴツクバネウツギ . . . 本文を読む
コメント

蛾類の掲載リスト

2021年12月05日 | 昆虫掲載リスト
蝶と蛾を分けることは、生物学的にはあまり意味がないのですが、日本では伝統的に蝶と蛾を分けて扱って来ており、一般的にも浸透しているので、ここではそれに従うこととします。 ここではおおよそ上科ごとのページにジャンプします。 (掲載数の少ないものは、「その他の蛾」にひとまとめにし、増えたら随時、独立させていく予定です。) 画像をクリックすると拡大します。 文字をクリックするとジャンプします。 ※最終更 . . . 本文を読む
コメント

シラオビキリガ20210610

2021年12月05日 | チョウ目
シラオビキリガ。 これは色の濃い個体。 この位、薄い個体もいれば、 中間位の個体もいます。 最初、同じ蛾だとは思いませんでした。 別名: シロオビキリガ、ウンモンキベリシタバ 分類: チョウ目ヤガ科キリガ亜科 翅を広げた長さ: 33~38mm 分布: 北海道、本州 垂直分布? 成虫の見られる時期: 6~8月(年1化) 卵で冬越し エサ: 成虫・・・樹液、クリなどの花の蜜、腐った果実 幼虫・・ . . . 本文を読む
コメント

コネマルハキバガ?20210610

2021年12月05日 | チョウ目
コネマルハキバガと思われます。 前翅の白い条斑より基部側は灰色で、外側は黒褐色。 ウスイロネマルハキバガ、オオネマルハキバガ、サクラネマルハキバガと外見で同定することは難しく、交尾器の確認が必要と言われます。 なので、同定間違いの可能性大です。 ただ、「愛知県豊川市と東三河の蛾類観察」によると、 ウスイロネマルハキバガ: 斑紋はコネマルハキバガに似るが、色彩はやや淡い。 白い条斑は外側に向けて尖 . . . 本文を読む
コメント

トゲナガアシブトケバエ♀20210607

2021年12月04日 | ハエ目
トゲナガアシブトケバエ。 翅の色が濃過ぎる気もしますが。 それ以外は合致すると思います。 ハグロケバエなんかと比べると、小型です。 複眼が小さいので、♀、ですね。 ①体は光沢のある黒色 ②翅は暗色 ③前脚腿節は太い ④前脚脛節の棘・内側 ⑤前脚脛節の棘・外側 ※④<⑤ 分類: ハエ目ケバエ科ケバエ亜科 体長: 約8mm 分布: 北海道、本州 垂直分布? 成虫の見られる時期: 5~7月 若齢 . . . 本文を読む
コメント

ヒロバウスアオエダシャク20210603・10

2021年12月03日 | チョウ目
ヒロバウスアオエダシャク。 うっすらと緑色を帯びた翅で、前翅の後縁部に赤味がさしています。 個体によっては、赤くならないこともあるようです。 ①前翅外縁沿い:赤味がかる ②内横線:黒色で明瞭 ③外横線:黒色で明瞭  ⓐ内方に凹む  ⓑ出張る ④内横線の内側:白い帯 ⑤前後翅外縁沿い:明瞭な黒線 ⑥後翅外縁:深く波状 分類: チョウ目シャクガ科エダシャク亜科 翅を広げた長さ: 40~45mm 分 . . . 本文を読む
コメント

キマダラテングイラガ20210603

2021年12月02日 | チョウ目
キマダラテングイラガ。 かつてテングイラガとされていた中に、キマダラテングイラガ、ウスイロテングイラガが含まれることが明らかになりました(2016年に新種記載)。 テングイラガはクロフテングイラガに改称されました。 この個体は、胸背、前翅基部・後縁部・翅頂部が黄褐色で、前翅の残りは黒褐色です。 ウスイロテングイラガは、明らかに全体に淡色なので、違うようです。 クロフテングイラガは、黒褐色部がも . . . 本文を読む
コメント

フタシロテンホソマダラメイガ20210603

2021年12月01日 | チョウ目
フタシロテンホソマダラメイガ。 ①前翅内横線:後縁付近で太くなり、白色の短い横帯となる ②前翅前縁:白色部がある 分類: チョウ目メイガ科マダラメイガ亜科 翅を広げた長さ: 12~24mm 分布: 北海道?、本州、四国、九州 成虫の見られる時期: 5~10月(年2~3化) エサ: 成虫・・・不明 幼虫・・・ヌルデの虫こぶと、中のアブラムシ その他: 前翅は暗褐色。 前翅内横線は、後縁付近で . . . 本文を読む
コメント

トビモンコヤガ20210603

2021年11月30日 | チョウ目
トビモンコヤガ。 ①内横線:白色、波状 ②外横線:白色、前縁・後縁に向かって細くなる ③亜外縁線:白色、波状 ④環状紋 ⑤腎状紋 ※④⑤は白く縁どられることが多い 分類: チョウ目ヤガ科スジコヤガ亜科 翅を広げた長さ: 20~22mm 分布: 北海道、本州、四国、九州 山地性 成虫の見られる時期: 6~8月(年2化~) 越冬形態? エサ: 成虫・・・? 幼虫・・・イネ科、カヤツリグサ科 その他 . . . 本文を読む
コメント

ヒメオビコヤガ20210603

2021年11月29日 | チョウ目
ヒメオビコヤガ。 止まった時、翅の真ん中の帯が、真ん中(後縁)で太くなります。 既に載せた気でいて、危うくお蔵入りさせるところでした。 セ~フ!(笑) 参考として、類似種のヒメネジロコヤガ。 帯の太さは、端と真ん中であまり変わりません。 そう、これと間違えていたのです(笑) でも、ふと、 「待てよ? 帯の太さがどうのこうの、書いたような気が?」 と思って。 た~しかめて、よ~かったぁ~‼(笑 . . . 本文を読む
コメント

ヒメハナマガリアツバ20210603

2021年11月28日 | チョウ目
ヒメハナマガリアツバ。 伊豆半島以西に分布するとされていて、関東地方でもたまに見られるとネット上にはあります。 「北茨城周辺の生き物」には、南東北でも見られるとあるので、笠間市でも見られると思われます。 ①前翅内横線 ②前翅外横線 ※①②細い ③二本の横帯 ④環状紋:黒褐色の小点 ⑤環状紋:黄白色、円形で大きい、中央よりやや下側に横線 ⑥白色帯:狭く明瞭 ⑦亜外縁線:あまり曲がらず素直 RDB . . . 本文を読む
コメント

アトボシハマキ(アトモンハマキ)♂20210603

2021年11月27日 | チョウ目
アトボシハマキ(アトモンハマキ)。 胸部背面と前翅基部後縁に3つの黒紋があって、前縁にひだ状の折り返しがあるので、♂、ですね。 ①3つの黒紋 ②前翅前縁:ひだ状の折り返し 別名: アトモンハマキ 分類: チョウ目ハマキガ科ハマキガ亜科 翅を広げた長さ: ♂19~25mm、♀19~31mm 分布: 北海道、本州、四国、九州 平地~山地 成虫の見られる時期: 6~10月(年2化) 若齢幼虫で冬越し . . . 本文を読む
コメント

クロテンカバアツバ20210603

2021年11月26日 | チョウ目
かなり小型の蛾で、パッと見、フタテンチビアツバか、ウスオビアツバモドキかと思ったんだけど。 何となく違和感。 フタテンチビアツバなら、腎状紋が二つの紋(あるいは繋がる)。 ウスオビアツバモドキなら、外横線上に白紋があるハズ。 どちらでもないので調べたら、本種であることが分かりました。 この個体では、腎状紋が三角形に近いですね。 ①内横線:不明瞭、鋸歯状 ②外横線:不明瞭、褐色紋をかすめるように曲 . . . 本文を読む
コメント

クシヒゲホシオビコケガ(ホシオビコケガ)20210603

2021年11月25日 | チョウ目
クシヒゲホシオビコケガ(ホシオビコケガ)。 これまでホシオビコケガとされていたものが、クシヒゲホシオビコケガとクシナシホシオビコケガの2種に分けられました。 分類: チョウ目ヒトリガ科コケガ亜科 翅を広げた長さ: 20~28mm 分布: 北海道、本州、四国、九州 平地~山地 成虫の見られる時期: 5~6月、8月、9~10月(暖地2~3化) 幼虫で冬越し エサ: 成虫・・・食べない? 幼虫・・・地 . . . 本文を読む
コメント

蛾類の掲載リスト・更新しました!~20211124

2021年11月25日 | 昆虫掲載リスト
お待たせ(?)しました! 蛾類の掲載リスト、更新しました! 2021/11/24分まで。 今後は、随時更新を目指します。 一定期間に一度、更新のお知らせはしたいと思います。 同定間違いなど、ドシドシご指摘願います。 . . . 本文を読む
コメント