凡人の嗜み

茨城・笠間近辺の食べ歩き、日々の事。
時々、旅のしるし。

中村屋 名物、生ウニ丼 (積丹町)

2016-08-02 | 札幌旅行

かつての開拓時代にはニシン漁で発達した積丹。
夏のウニ漁に始まり秋のサケ漁、冬季のタラ漁と
今でも漁師町としての輝きは色褪せていません。




中村屋
北海道積丹郡積丹町日司50-1
0135-45-6500





漁師直営の食事処。
ならではの海鮮料理が頂けます。





生ウニ丼 2754Yen
ムラサキウニがギッチリ盛られています。





6月中旬から8月末の間は、貴重なエゾバフンウニが頂けるそうです。
まさに"今"ですね。



タコの佃煮がお供。





訪問当時(5月)は、利尻産のキタムラサキウニが主役。
あの利尻昆布を食べて育ったウニですから、甘みに旨みも
力強く最高の味わいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祇園祭 日本の夏を感じた夜

2016-08-01 | 京都旅行

日本三大祭りのひとつに数えられる祇園祭は、
一カ月にわたり京の町を華麗に彩る夏の風物詩。




平安時代から千百年の伝統を有する八坂神社の祭礼。




古くは平安時代に疫病・災厄の除去を祈った
祇園御霊会が始まりとされています。





"山鉾"は釘を一本も使わずに組み立てられると言いますから、
私の様な素人には信じられない話です。




滞在中、後祭宵山に当たりまして、
「日本の夏」を体感して参りました。





太鼓や笛の音に血が騒ぎます。




日本人であることに誇りを感じたり、
喜びを感じたりと良き夜でした。




さあ、夏を楽しみましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かおる 祇園で冷やしカレーうどんに初挑戦 (京都市)

2016-07-28 | 京都旅行

大正十二年の創業から、祇園で愛され続ける
京うどんの老舗。定番ものから、お店の代名詞でもある
カレーうどんまで品数も豊富です。





壁には一面サイン色紙が所狭しと。夜ともなれば、
花街らしく舞妓さにや芸子さんの姿も見かけるのだとか。




ひやしカレーうどん 990Yen
キッチリ美味しい牛しゃぶに刻みネギ。
冷たい汁を張った上にこれまた冷たいカレーが掛かっています。
人生で初の冷たいカレーを頂きましたが、何の違和感も感じないのがアラ不思議。





柔らかくも程よい弾力の麺が抜群の歯応えとのど越しを演出。
ただ堅いだけのうどんより、私は断然こちらか好み。
いやー美味しかったです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へにほんブログ村
人気ブログランキングへ


かおる
京都市東山区八坂新地富永町132
075-541-1001
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうだ 京都、行こう。 序章編

2016-07-23 | 京都旅行

何の捻りもないタイトルでスタートです。
およそ15年ぶりの京都で、サラリーマン時代の
出張が最後でした。




その頃、月いちペースで関西方面へ出向いていたものの
ビジネス100パーセント。観光となると・・・




30年前。中学生時代の修学旅行までさかのぼりますから
数えてみてればそんなに歳をとったのかと驚きます。





その当時、神社仏閣に興味が無かったと言えばそれまでですが、
残念なことに参拝した思い出や、感動めいた記憶がほぼ残っていません。




一番鮮明な記憶は、綺麗なバスガイドさんのフルネームだったりと、
全くをもってお恥ずかしい限り。




今回の旅は、修学旅行で参拝したはずの神社仏閣を中心に
プランニングしました。




京都は祇園祭の真っただ中。





私の場合、この歳になってから
京都を旅するのが正解だったようです。




帰りの京都駅でのこと、皇太子様、雅子様、愛子様がお出ましに。
こんな偶然もあるのですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船場亭 鮎を食して初夏を知る (日光市)

2016-07-19 | 和食

川魚の季節が到来しました。
時季の物を頂くただそれだけで幸せです。
ささやかな喜びを日々感じられるそんな毎日を
過ごしたいものですね。




船場亭
栃木県日光市大渡1057
0288-21-8933




鮎をはじめとした川魚料理の専門店。
囲炉裏を配してとても良い雰囲気です。





鬼怒川の川音がBGM。
最盛期には「ヤナ」が出現します。




川えび唐揚げ 500Yen
手が止まらなくなる美味しさでした。





あゆ塩焼き(二本)  700Yen




午後3時過ぎと半端な時間な上、平日でしたが
キッチリその場で焼いて提供して下さいました。




遠火の強火で焼かれ鮎はふっくらシットリ抜群の仕上がり。
説明不要の美味しさでした。




あゆ刺し 1000Yen





引き締まった身で、舌で感じる甘みが大変良いもの。
ご飯や味噌汁がセットになった定食もありました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加