理系オット50才、ピアノを始めた

彼の性格からしてきっと長続きします。エンジニアで会社員、ストイックで冷静沈着、感情より理性で動く、空気読むのが嫌いな変人

遠方受験の同伴の話

2018年01月29日 23時14分38秒 | 大学受験


遠方受験の時、親がついて行って、子どもが試験を受けている間に不動産屋を回り部屋探しをするって、最近は普通のことみたいですね。
長男の受験の時、そういうのがあると知って驚いたものですが…。
合格時に契約するのを条件にキャンセル料無しで仮押さえさせてくれることが多いようです。
子どもを受験会場まで送り届けられるというメリットもあります。

次男の受験の時、それをするかどうかで迷っていました。

次男は、兄の時に出遅れて残り物から探すって感じになってしまったのを知っているのでその二の舞にはなりたくない、と思っていて、

私は、次男が前日移動して一人でホテルに泊まって当日受験会場まで行けるか心配でしょうがなかった。

しかし、オットが反対しました。

「 受ける前から、合格したときのことなんか考える必要はない。
試験の時に余計なことを考えない方がいい。 」


浪人で、センターもイマイチで、緊迫してましたから、そう言われると押し切れなくなり、次男には

「 今は他ごと考えないで試験に集中しよう。合格したら翌朝1番に部屋探しに行ってあげるから。」

と伝えて、結果、こうなったわけです。

不動産屋さん、
「 仮押さえされてたの、半分以上キャンセルされちゃったんですよ。 」
って言ってました。なのでまだわりと豊富に物件がありました。

子どもの性格や状況にもよると思いますが、オットの言ったことは至極真っ当な考え方だと、今では思います。








↑ 当時はちょっと未練があった (^^;








コメント (2)

ヒドい嫁

2018年01月27日 14時50分21秒 | 丁寧な暮らしを目指して


お正月にオットの実家に帰省した記事を書いたばかりですが…

数日前、たまたまその、オットの実家方面に出張があり、当日に帰るフライトには間に合わなかったので泊めてもらったのです。

それがもう、、こんなことでいいのか!?ってこと、てんこ盛りで…

・出張準備と移動と出張先での仕事で疲れ果てていて手土産も持たずに行ってしまい

・夜遅いのに駅まで義父が車で迎えにきてくれて

そして…

・着くと、美味しいお茶とみかんとちょこっと干菓子で一息つかせてもらって、

・1番風呂にゆっくり入らせてもらい

・布団も敷いてあって、夜はぐっすり

・朝は義母の美味しい朝食。果物もたっぷり

美味しかった〜疲れ取れた〜 (*^^*

・そしてろくにお手伝いもしないまま、また義父に送ってもらって帰路につき、

・なぜか お小遣いまでもらってしまった (゚д゚lll)

ひどいっ、ひどすぎますっ、私の嫁ぶり。

お小遣い渡すなら、働いてる私からでしょ!
オットの実家は普通のサラリーマン家庭です。すでに退職して隠居暮らしの。

なぜこんなに私に良くしてくれるのかって、それはきっと

あんな変わり者と上手くやってくれてありがとう

ってことかな?って思ってます。

こんなヒド嫁ぶりだけ載せとくのもなんなので、暮らしのお手本であるオットの実家に泊まって
思いついたこと書いておこっと。
(書くという行為が実現性をアップさせます!)
それは…

✔︎トイレや洗面/脱衣所を暖かくしたい

寒いからサッサと済ます、じゃなくて、暖かく快適にしたいと思ったのです。多少光熱費がかかっても。

子育てもして仕事もして、だったこれまでは、効率重視、(中途半端に)コスト重視で、
わざわざモノを増やし光熱費を増やしてまでは快適性を考えなかったです。
その考え方を見直すというのが一つのカギではないかな、と思いはじめたところです。








↑ 実家の母に報告したらきっと怒られる…



コメント (2)

今さらお正月の話

2018年01月22日 12時24分24秒 | 丁寧な暮らしを目指して


お正月には、帰省した息子たちと一緒に飛行機に乗り、4年ぶりにオットの実家に帰省しました。
うちは4年連続で大学受験してたので、すっかりご無沙汰してしまっていました。
義父が企画して、親戚で集まって食事会をしたんですよ。20人以上集まりました。
私も初対面という方が半分近くで、当然息子たちも初めての方ばかり。

エレベーターの中で、親戚のおばさまたちが賑やかに(たぶん私も乗ってるって知らなかったんだと思うんですけど、)

「 〇〇くん( ←オットのこと )の息子ちゃんたちイケメンねえ! 〇〇くんに似てなくて!! 」← ほんとに強調していた

ですって。 笑えてしまいました ( ̄∇ ̄)

べつにイケメンではありませんが、背格好がすらっとしてて、次男は特に服もちょっとおしゃれだったので、
オバサマたちにはカッコよく見えたのかもしれません。

次男はなんかねー、紫色のジャケット着てたんですよ。
親元離れてオシャレになってるの!
( 成人式はどうでもいーって感じの服装でしたがね…。 )

↓こんな感じ


人付き合いの苦手な私ですが、楽しい食事会だった ♪ 良かった〜。


オットの実家は築30年くらいのごく普通の家なんだけど、すごく掃除が行き届いてて、古いものも大切に使ってて、
気持ちがいいんですよ。

私が元旦に書いたこれからの目標、" 落ち着いた丁寧な暮らし " のお手本です。










忙しい1小節

2018年01月20日 22時42分40秒 | じぶんのピアノ

ソナチネのハイドンの2楽章をレッスンで見てもらってて、先生が、


「 ここ、フォルテだけど右手は伸ばしてるから音がどんどん小さくなりますよね?
こういう時は伴奏が手伝って盛り上げてあげないと。」



え〜!!


前回は、

「 右手が変化する時に左手がつられて乱れるところがままあるから気をつけて。右手と左手は違う人生だから。 」


と言われたので、淡々と伴奏するようにつとめたのにな〜。
それで、


「 あのー、いっつも知らん顔じゃいけないってことですか? 」


「 普段は知らん顔なんだけど、困った時は助けてあげる。つまり 大人の対応 ね ♪。 」


まー確かに、先生がそこを弾いてくれると、こんなシンプルなとこなのに、おお〜❤️ かっちょいい〜 ってくらい盛り上がる。


これ、ゆっくりな曲なので、指は全然忙しくないんですけど、
この一小節だけで

・左手は大人の対応

・右手二分音符、高い方のミがほんとのメロディー。低い方のミを親指でズドンとやらないように

・盛り上げを助けるために二分音符の最初だけペダル、すぐ離す

と、三つも意識しなきゃいけないことがあって、頭の中グルグルです。








↑ グルグルしないで自然にできるようになりたい






コメント (6)

マラソン終わった

2018年01月18日 16時03分40秒 | その他


マラソン終わりました。
なんとか10キロ完走しました。


交通規制の都合上、ところどころ関門があって、そこで設定された時間に間に合わないと、歩道を歩いて帰って来なきゃいけないんです。
そのへんに近づいたら、係員さんがいて、

「 あと20秒! 」


その度に、ひぃぃぃっと必死で走ってなんとかクリア。その直後少し歩いてまたトロトロ走って…ゴールしました。

記録は1時間8分でした。

オットが迎えにきてくれて、完走したって知ってびっくりしてましたよー。
全然練習してなかったのをよく知ってますから (^^;)

昨年は確か、本番8km、制限時間1時間だったので、練習は、ランニングマシンで時速8キロで15分( 距離にして2km )走って、
《 あとはこれの4倍走ればいいんだな 》
って調子で、

今年は、本番10km。
練習は時速8.5キロで15分、を年末年始に走って、同じく
《 あとはこれの4倍 》。
実はこのスピードじゃ4倍走っても10キロにならないんだけど、もういいや〜

といった具合。

こんなテキトーな練習で完走できたことも驚きだそうなのけど、それ以上に

「 そんな練習で大会に出ちゃうって神経が信じられん 」

…だそうです (^^;)

これは一緒に参加した職場の先輩にも言われた。
真面目な人はそう思うんですね。








↑ スポーツは観る専だったんですけどねー





コメント (2)