理系オット50才、ピアノを始めた

彼の性格からしてきっと長続きします。エンジニアで会社員、ストイックで冷静沈着、感情より理性で動く、空気読むのが嫌いな変人

地道な努力

2015年12月31日 22時45分57秒 | オットのピアノ
変人話は置いといて、ピアノの練習記録をきちんと綴りたいと思います。

昨日の練習は20分くらい。
まず、「ちょうちょ」と「げんこつやまのたぬきさん」。
もう両手で間違えないで弾けるようになっています。それぞれ音の長さは正確で、スラーのついているところはきっちりスラーで、メリハリがあってとてもきれいです。

その後、久しぶりのバイエル。
バイエルに出てくる最初の両手の練習は、四分音符ばかりで、音の長さの変化はありませんが、両手の動きが一緒ではありません。
2音だけですが、和音の響きを感じているでしょうか。

練習をやめて寝てしまった後で楽譜をのぞいたら、このバイエルの両手の曲は、もうレッスンで終わってるんですね。

(次男も使っていたので、花マルが2つついています ^ ^ )

つまり、復習してたんですね。
改めて見てみれば、「げんこつやまのたぬきさん」だってもうマルになってます。

マルもらった曲、復習します?
私は、好きな曲だったら弾くけど、そうでなければそれっきりなことが多いです。
新しい曲の楽譜に向かってつっかえつっかえ弾きながら、どんな曲かだんだんわかってくるのが一番楽しいなぁ。

オットは、しばらくレッスンがないので、まず復習をしっかりして、その後、新しい宿題の曲の練習に進むつもりのようです。さすが、何においても地道な努力を欠かしません。

今日も英会話のレッスン45分を4コマ受け、今は大晦日なのにテレビも見ずにパソコンで何やら問題を解いています。
こんなふうに尊敬できるところもあるので、変人でも許せちゃうんですね。


にほんブログ村   

↑ 欲を言うならピアノに割く時間を増やして欲しいな~。応援お願いします!



閑話 : 服装バトル

2015年12月30日 20時41分48秒 | オットのピアノ
オットのレッスンは月3回、そして年末年始もあるので、しばらくお休みです。
つまんないなー。しかし、オットの荷物の中から、発表会のお知らせを見つけました。

おぉ~ ♪

と喜んだのは私だけ。
出るつもりは全くないようです。

「自分には関係ない、自己満足でやってるんだから。」

ヒュォーーーー ←ブリザード

発表会のようなイベントがあると、ぐっと上達したり、本番で上手く弾けちゃうと俄然やる気が出ちゃったり、いいこといっばいあるのにねー。

次男がそのピアノ教室に通っていたので、だいたい様子はわかってるんです。
とても人気の教室で、生徒さんは50人以上。就学前から小学生くらいの子が多くて、中学生が1、2割でしょうか。

そりゃーそこに混じってオジサンが出るのは恥ずかしいよね、って?

いやいや、オットはそういうの全然平気なんです。
周りの目とか、周囲からどう思われてるかとか、全然気にしないところがあります。
もっと言うと、身なりや持ち物で社会的ステータスを示すことにも興味がないので、いつもへーんな服着てます。
超安物服、着古したヨレヨレ服、流行遅れの服、若い頃に買った派手な服、どれも平気で外に着て行きます。

例えばこんなの



そこまで人の目を気にしないでいられたらどんなにかラクでしょう、と羨ましい反面、一緒に歩く私はたまったものではありません。
そんなの着ないで!って言っても、まあほとんど聞いてくれません。

少し前に、事情があってオットに美容院へ送迎をしてもらったことがありました。このへんにしてはおしゃれなお店なんです。
出かける前、もう、変な服で来たら離婚も辞さないくらいの真剣さで睨んでいたら、

こーんな服着ちゃったりして~

とこちらをチラチラ見ながら、まともなシャツを取り出してました。
一応、こんなことで妻のご機嫌を損ねるのは回避しようと思うようです。

(念のため補足 : 仕事に行く時は、少しマシです。)


にほんブログ村   

↑ 変人オットを持って大変な妻を応援してください。



ちゃんと考えて練習してる

2015年12月26日 10時04分42秒 | オットのピアノ
昨晩は時間に余裕があって、30分くらいでしょうか、練習していました。
バイエルは全然やらないんですよね。
「やっぱりピアノがすき!」の「ちょうちょ」と「げんこつやまのたぬきさん」を、右手だけ→左手だけ→両手、と繰り返し繰り返し弾いていました。

げんこつやまのたぬきさんは、やたらソばかり連続で押すので、わけわかんなくなるみたいです。

「教えてあげようか?」

って近寄ると、手をフリフリして「シッシッ」って言われちゃう。
そんなときはすぐ引き下がります。うっとおしがられてヘッドホンされるといけないし。

あとね、音がブツ切りなんですよ。ちょうちょだと、
ソ、ミ、ミー、ファ、レ、レー、って。

《 楽譜にはスラーついてるのに… 》

《 もうちょっとスラスラ弾けるようになったら、スラーだよって教えてあげよう… 》

と、スマホいじって聴いてないふりをしながら考える妻…


ところが。


♪ ソーミ、ミー、ファーレ、レー




な、なぬ!

突然、楽譜通りにスラーを付けだしたではありませんか。

わかってたのか、気付いたのか。

あとから聞いたところ、

一気にやるとこんがらがるでしょー

確かに、繰り返し指の動きを確認したあとだったから、スラーをつけてもなめらかで、とてもきれいなメロディーになっていました。

恐るべし!計画的オット!


にほんブログ村   

↑ ほんとにびっくりしたよ…応援お願いします。


練習しなさいバトル

2015年12月23日 20時31分56秒 | オットのピアノ
昨晩は11時ごろ帰ってきて、やっぱり寝る前にピアノに向かいました。



その前の日に、夜、「ちょうちょ」を二回弾いただけでサッサと寝てしまったことは前回書きましたが、
実は、その後、オットが潜ったモコモコの布団にダイブして、

「オットー! もうおしまい? 二回しか弾いてないじゃん、ダメだよ、もっと練習しようよ!」

「もう寝るもん!眠いもん!」
50のオジサンです

と、布団をひっ剥がそうとする私と、布団にくるまってしがみつくオットとのバトルになったのです。

で、昨日も寝る時間に練習を始めたので、何回弾くのやら、と思いつつ皿洗いをしておりましたら……
目の隅に、サササーッと布団に向かって小走りするオットが見えまして。


「オットー! 今日は一回だけ!? しかも右手だけ!? ダメだよ、忘れちゃうよ!」

「大丈夫だもん!弾けたもん!」

と、2日連続のバトルとなったわけです。

ま、でも仕事で疲れているのはわかっていますので、私もすぐ諦めます。

大人ピアノらしからぬバトル風景でした。
もう慣れちゃってたけど、改めて書くと恥ずかしい…



にほんブログ村   
↑ 応援お願いしますっ




コメント (2)

見守る妻

2015年12月22日 21時22分22秒 | オットのピアノ
昨晩、オットは久しぶりに早く帰ってきました。
と言っても、10時です。

お風呂のあとに少し練習。

夜練習する場合、私はヘッドホンにしますが、オットは絶対にヘッドホンは使わなくて、音量を小さーくします。
考えてみたら、ヘッドホンなんて使われたら、上達ぶりも奇妙な演奏ぶりも全くわからなくなるじゃありませんか。
そういう意味では良かった。
ただ、今私は、消音機能付きアップライトに買い換えようと目論んでいるところ。
そしたら、弾いてる人以外には音はオンかオフ。「小さい音」なんてない。
うーん、これは結構問題である。

さて、オットの練習ですが、
「ちょうちょ」をつっかえつっかえ、行きつ戻りつしながら、一通り弾いて…いなくなったと思ったらハナをかんでて…戻ってきてもう一回。

少し前までは、いったん指を離すと、
おーい、1の指はどこだ」って呼ばれたんだけど、もうそれはありません。
あと、鍵盤に目印のエンピツを置いて席を離れてたり。そんな光景も見られなくなると思うと、なんだかさびしかったりもします。



結局二回だけ弾いて寝てしまいました。
どうやら、習い始めたばかりで面白くて仕方がないと言うよりは、出来るだけ毎日触るようにしようと心がけているようです。

ところで、オットがピアノを弾いている時に近寄ると、「ピシィッ」と言いながらケリを入れるマネをしてきます。そんな時は退散して、キッチンで洗い物。
全然聴いてないからね~って感じでガシガシ手を動かすので、オットがピアノを弾き始めると、家事がはかどるという意外な効用が (^^;; 。


にほんブログ村   
↑ 妻も気を使ってマス。応援してください。