理系オット50才、ピアノを始めた

彼の性格からしてきっと長続きします。エンジニアで会社員、ストイックで冷静沈着、感情より理性で動く、空気読むのが嫌いな変人

たまにはかっこいいオットを

2017年04月30日 10時32分33秒 | その他

前に少し書きましたが、オットがある学会の論文賞をもらえることになり、先日、表彰式と受賞者講演がありました。

当初は私も会社を休んでオットの晴れ姿を見に行こうと計画していたのです。


せっかくだからそのまま旅行して帰ってくる?
ちょっといいホテルに泊まろうね。オーベルジュとやらにも行ってみたいな〜。
足を延ばして次男のところにも行くとか?
でも授賞式で花束なんかもらっちゃったら持ち歩くの大変だねえ。
夫人同伴の祝賀パーティーとかあったりして ( ̄▽ ̄) きゃ〜 ♪


と妄想していた妻を

んーな弱小学会にそんなものあるわけないでしょー

と一蹴するオット。

しかも、節約のため夜行バスで行く(出張じゃないから)って言うし。
結局私は行くのやめました。

自分の知らないところでピアノのことや変人ぶり仙人ぶりをブログのネタにされちゃってるオット
たまにはかっこいいとこも載せておこっと…

↓ 受賞者講演






 

↑ 夫婦はお互い尊敬できるところが1つでもあるといいと思います







コメント (2)

ペダルがきっかけで

2017年04月28日 19時16分10秒 | オットのピアノ


ゴールデンウイークの話をしていましたら、オットが、あっ 、と思い出したように

「 練習場、ピアノの 」


れんしゅうじょう…。


「 あるんでしょ。練習だけできるとこ。 」

ピアノのレンタルルームのことですね。


「 おいらも連れてってくれ。 」


なんでも、家の電子ピアノと先生のとこのアコースティックピアノとで、ペダルを踏んだ時の音の変化が違う感じがするのだそうです。
私は、家の電子ピアノのペダルについては特に気になるとこはないのですけど…。

いったい何を確かめたいのか??。

まあ、理由はともかく、オットがレンタルルームを利用してまで生ピアノを弾きたい、というのは嬉しいことです。


まさか、オットと一緒にピアノのレンタルルームへ行く日が来るとはねー。

電子ピアノすら置けなくて、このままピアノを弾くことのない一生になるのか、と思ってた頃には想像もできなかった事です!






 

↑ ピアノ購入も加速したい…



コメント (2)

ペダル

2017年04月24日 23時29分49秒 | オットのピアノ

休日の朝、ピアノの練習をしていましたら、オットがレッスンから帰ってきて…、

どけどけ〜って言わんばかりの勢いで私をピアノから引きずり下ろし…、

自分がピアノに向かって…、



♪ シソドソ (アウフタクトだけ)

ペダルを踏んで

♪ シソドソ

ペダルを離して

♪ シソドソ

またペダルを踏んで

♪ シソドソ

そして、

「 はい、もういいです 」

ガクッ (/-_-)/


ここまでレッスンバッグも肩にかけたまま。

なにをそんなに急いで確認したかったのでしょうか…。
まーともかく、オットもついにペダルを使うことになったようです。

(続く)





 

↑ 気になったら止まらない




コメント (2)

決めました

2017年04月23日 09時25分03秒 | じぶんのピアノ

発表会のの記事って注目されやすいんでしょうか。

前回の記事がいつものより多く読まれてる気がします…💧。
ブログ村の注目記事欄で、ベテランブロガーさんのすぐ下にあるのに気づいて、ひえ〜ヤバイヤバイ、と一人ワタワタしていた気の小さい私です。
もちろん、読んでいただけるのは嬉しい! (*^^*)
でも内容によってちょっと焦る時も…。

発表会の曲選びは、みなさん悩まれるのですねーきっと。


それで、もう発表会の曲ことは書くのやめようかと思ったりもするのだけど、さすがにあそこまで書いたら、どっちに決めたかを報告する責任を感じてしまう。

なので、タイトルには「発表会」って入れないようにして…地味にご報告。

発表会の曲は、「狩の歌」の方にしました。
弾いた時に新鮮な気持ちがしてワクワクする、っいうのが決め手かな。
私にとっては冒険の選曲です。

サラッと軽やかに弾きたいな〜と思ってます。






 

↑ ムズイです…どうしよう





コメント (2)

発表会の曲選びで悩み中

2017年04月18日 12時21分23秒 | じぶんのピアノ

先日のレッスン日は、発表会の曲を決めましょう、と前から先生に言われていた日だったので、ショパンのワルツの楽譜を持ってワクワクと出かけました。
先生は別の曲集からも数曲見積もってくれてあって、私が考えてたショパンのワルツと合わせて6曲を、ざっと解説しながら弾いてくれました。

楽譜と先生の指をジィーっと見て、解説も参考にして、その場でとりあえず3曲に絞り、家でその日のうちに2曲に絞り、でも、そこからが進みません。どちらも良さそう〜。どちらもお芋掘りしたい〜。
その2曲は、

ショパン 別れのワルツ(Op.69-1)

メンデルスゾーン 無言歌集より狩の歌

同じ年代だけど、全然タイプが違います。


別れのワルツは、CDで聴いて自分で一番いいなーと思ったワルツです。オットもこういうの好きみたい。
ただ、YouTubeで聴いていると、同じ楽譜のはずなのに、ミスなく弾いているのに、人によって全然違って聴こえるのがオソロシイ。
子どもでもうっとりするくらい素敵に弾いているのも有り、大人でもズンチャッチャ感が耳についちゃうのも有り。

狩の歌は、今までの発表会は地味な曲が多かったので、こんな聴き映えするかっこいい曲を弾いてみたいという願望から候補に残ってます。
こちらは技術的な問題で躊躇してます。速いテンポの和音をフォルテで弾くのが苦手(って言うか、できない)だし、ティラリラリラ(後半の右手)もねー。


こっちに決めた!と思っても、

《 いやいや、こんなフォルテばかりの曲を小音量で練習して楽しいのか? 》

と、ひっくり返ったり、

《 あれ? この曲の雰囲気、ちょっと飽きてるかも… 》

と、またひっくり返ったり。

発表会まで3ヶ月しかないんだから、速く決めて練習しなきゃいけないのに 💧






 

↑ カテゴリ、変えてみました (^o^)/



コメント