理系オット50才、ピアノを始めた

彼の性格からしてきっと長続きします。エンジニアで会社員、ストイックで冷静沈着、感情より理性で動く、空気読むのが嫌いな変人

TOEIC 目標達成!

2017年11月21日 18時06分15秒 | TOEIC


苦節1年半。
ついにー!目標点に達しました!!


勉強を始めた時に講座に通ってピョンと150点くらい上がったものの、その後50点下がったところで低迷して、もう嫌になってパッタリと勉強を辞めてしまっていました。

今年の夏の初め頃、やるならそろそろやらないと、タイムリミット(上司に言われた)近づいてるなーと思いつつ

「 昇進なんかしたくないのに、なーんで昇進のために勉強しないかんのじゃいっ。」

と言ったり、

「テキトーに受けて、『あら、力及ばずすみません〜』って課長に言っとけば済むことだけど、それもなんかなぁ〜。」

と言ったり、ウダウダしていたらオットに


「ま、会社の方針には従うことだな。」


とサラッと言われて、ようやく勉強を再開したのでした。


そして……

目標を達成した私にオットがなんて言ったかって言うと、

『見よ!あのオバハンだってやればできるんだぞ!』 って若手に喝を入れてやりたいなぁ


ですって。

たしかに受験しに行くと若者ばっかり。
今回、気合を入れて申し込んだら会場の中で1番の受験番号で、広い階段教室の左最前列に座ったのだったわ。
オットにその話をしたら、

『 うわ、誰あのオバハン 』 って囁かれとっただろうなぁ


あのなー。
オバハン、オバハンってうるさい。







↑ ↓ 一応、2人で祝杯をあげました



最近あまり飲まなくなってしまったので、洋食屋さんで…












コメント (4)

親子でTOEIC

2017年09月14日 12時21分18秒 | TOEIC

長男は私立大学の工学部の3年生で、学費の面と、教育環境の面から、大学院へ行きたいならどこでもいいから国公立にしてねと言ってあります。

彼が考えているいくつかの大学院は、入試で英語が課されてなくてTOEICのスコアを提出するのだそうです。
今はどこもそうなのか、国公立だけなのか、理系だからなのか、よく知りませんが、そういうわけで、長男も私と同じように、TOEICの勉強をしたり、試験を受けたりしているわけです。

9月のTOEICは長男も受けると言っていたので、終わったところで、LINEを送ってみました。




『 運が悪かったのか本番で緊張したのか 』

……? (-_-;)


実力不足、勉強不足に決まっとるやん。


そういえば、大学院は地元のを受けようかな、と発言して、私をアタフタさせたことがあったなぁ。こちら

結局、それについてはオットが

ほんとにあいつが帰って来ることになってから考えればいい

って言ってくれたので、グランドピアノ買っちゃったんだ。

ほんとに帰って来たらどうするんだろ…








↑ TOEICって毎回手応えと結果が一致しない…私の場合






TOEIC疲れた〜、でもオットが優しい

2017年09月11日 09時13分24秒 | TOEIC

TOEICを受けました。

毎日仕事が忙しくて疲れがたまっているところへ、
試験会場となっている大学への道中はやたら暑くて、荷物は重くて。

なぜ荷物が重いかと言うと、事情によりだいぶ早く家を出ることになったので、大学の周辺でコーヒ飲みながら勉強してようと思って、分厚い本をカバンに入れてたのです。
ところが、大学は今夏休みでしかも日曜日。開いてるお店が見つからなくさまよい歩くハメになってしまいました。
そして老体に鞭打って2時間もテストモード。
終わる頃には偏頭痛が結構ひどくて、もう歩くのがやっとでした。

こんな時、オットは少し優しいです。
駅まで迎えに来てくれたり、
通常、スポーツクラブの後にしか許してくれない ” カフェでお茶 ” 、にも付き合ってくれて、
そのカフェで、頭痛薬飲みたーいって言ってると、水をもらって来てくれたり。
(普通のことかもしれないけど、オットにしては珍しいのです)

それから、

「 PART2みたいな短文でスピードの速いのが、ダメみたい…。もう頭の処理が全然追いつかないっていうか…。 」

と落ち込んでいると、

もう年だから、脳の反射神経も落ちてるから、しゃーないな。 」

って優しく…ってヲイ!そこはいつものように

「 勉強不足! 」

「 気合が足らんのだ !!」


とピシッと言ってくれい!


もうなんでこの歳でTOEIC
って思うけど、こんなふうに優しくしてもらえるとまーいっかなー
って思ってしまう。単純すぎ (*^^*)。








↑ ほんとに疲れた。まだ半ば放心状態







TOEIC… …>_<…

2016年10月02日 08時42分16秒 | TOEIC

会社で受けたTOEICの結果が返ってきました。

610点

ずーん

5月に社外で受けたTOEICの結果が出た時、私は以下のように書きました。

「 目標の730点まであと50点ではないですか!
夏に会社で受けることになっているので、ここで狙います!。

さて、鬼上司にこれを報告して、
取りあえず ( ̄▽ ̄) えっへん
ってやろうか、
それとも一気に730を叩き出してもっと驚かそうか、どっちにしようかな〜、
なんてくだらないこと考えてます。 」

ほんとにくだらないバカな私…。

この時、結局、上司には報告しなかったのです。
って言うか、これ、次に上がることしか想定してないじゃん!バカ、私。

さて、頼りになる家族に相談した時の会話 ↓

「 オットぉー、どうしよう。課長に前のスコア見せた方がいいかなあ。
でもきっと、なんですぐ報告しなかったんだ、って言われるよねえ。そんで、なんでこんなに下がったんだ、って怒られるよねえ。
それかさー、このまま黙っとけば、次は610以上で「上がった」ことになるから、その方がラクかなぁ。」

「 そういう時はごちゃごちゃ考えないで粛々と事実だけを報告する!。『 5月に受けて680点でした、今回なぜ下がったのかはわかりません、以上!。』」

ふぇーい (T_T)

で、機会を見つけ上司に報告しました。やっぱり、「 なんですぐ言わんかったんや。 」って言われました。

「 え〜っと、730まであとちょっとだったんで、ちょっと勉強すれば、達成できるだろうと思いまして…一気に730の方が自慢できるかなとか…。 」

「 そういう下心がある時は大抵うまく行かんのや! 」 ドゴドーン

あぁ〜ん。
私は専業主婦になるのが夢だったのにぃ。
なんでこんなことで怒られてんのよお






 

↑ また挑戦しますわ…





オットに報告したらば

2016年06月23日 12時03分57秒 | TOEIC

未だに帰国の目処も立たないオットにTOEICの結果を報告しました。

「 TOEIC、680点だった! *\(^o^)/*
前回は520点 だったんだよ」

すごいでしょ?褒めて褒めてオーラ満開で。
ところが…

「 必要だったのは何点ですか? 」

妻「 会社で言われてるのは730だけど…」

「 足らないけどOKなんですか? 」

妻「 秋までにだから、今度会社で受ける時に狙う 」

「 また講座に通ったほうが良いのでは。

ゴラ(長男のこと)のように、この調子でいけば◯大も夢じゃない、とかって根拠もなく同じ傾きで上がると思ってなければ良いのですが。

それから、実力は一定でも振れ幅はあるだろうから、もう少し上を狙うつもりでいないと 危険でしょう。」


れ・冷静だ・・・






 

↑褒めてもらおうなんて甘かった (-_-)