キー子のブログ

「一日、一日を楽しく&愉快に&素敵に&大切に過ごしたい!」そんなキー子のブログです!

おいしいごはんが・・・

2022-09-24 20:29:23 | 映画・ドラマ・本
芥川賞受賞の「おいしいごはんが食べられますように」を読みました。

芥川賞を受賞していなかったら
「(* ̄- ̄)ふ~ん」で終わっていたと思うけれど

芥川賞受賞の作品だから・・

「いったいこの作品のどこが
すごいのだろうか」

「どこを評価したらそんな賞を
頂ける作品と称賛されるのかしら」

と読み終わってからのほうが時間をかけるくらい考えました。

そうすると・・・
なぜかNHK朝ドラの「ちむどんどん」が頭に浮かんで
ドラマの主人公の「暢子」と小説の「芦川さん」がダブってくる。

おいしいものを食べてもらうことが他人を幸せにする!!
と決めつけている目線がダブる!!

小説のほうはあっという間に読めるシンプルなストーリー。
殺人があるわけでなく
他人をおとしめるような「悪人」が登場するわけでもなく

「あぁいるようねぇ・・・こういう人・・・」という感じ

いつも口角上がっていて、お菓子づくりも上手で、
皆に「かわいい」と言われる人

でも・・・気配りができているようで全くできていなくて
「自分だけは特別なんだ」となぜか勝手に思い込んでいて
それでつき進んでいる感じ

朝ドラの「暢子」もそんな感じ

「ちむどんどん」の話はつまらなさ過ぎて
もう描かずにスルーする気でいたけれど
この小説の「芦川さん」にそっくり!

朝ドラ暢子のように
自分が作ったお弁当を彼氏の母親に毎日届けるなんてありえない!!
芦川さんのように
皆、残業している中
一人定時で帰って職場のみんなにスイーツ作って配る女嫌い!!
自分の価値観を押し付けるな!

小説は読後感もモヤモヤで
「芥川賞の選考基準は?」なんていうのも気になって来たけれど

やはりそれも、私にはどうでもいいこと

その本は面白かったかと聞かれたら
「?????」

数十年前、新婚旅行でアメリカに行った帰りの飛行機で
今の私くらいの年のご婦人に
「胃袋をつかんだら旦那さんは絶対に帰ってくるよお幸せに」
と言われたことをふと思い出した。

美味しいものをせっせと作ったら
旦那さんは浮気をしても帰ってきてくれるということだろうけど

本当にそうだろうか?
この小説の二谷さんのように
「食に興味のない人」もたくさんいる

食べることに比重をかけすぎない人生もありだと思う。

私自身もそうだから・・・

毎日、一生懸命料理して
『おいしい!!』を無理強いして連発してもらう主婦よりも
気分が向かない日には
デパ地下、、テイクアウト、そしてウーバーイーツ
たまに気分にあうものを作って食べて
「ごちそうさま」という人生の方が性に合っている。

職場に他人が作ってきてくれたスイーツに
「すごいねぇおいしい」を連発する生活なんて
まっぴらごめん!

無性にカップ麺にお湯を注いで食べたくなってきました


コメント (7)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« あぁタイガース | トップ | ワクチン接種しました! »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まう)
2022-09-24 22:30:43
こんばんわ
はじめまして。

この小説は読んでないので何とも言えませんが~
「ちむどんどん」はイライラしつつ観ています(笑)
これはまんまと作り手のワナにハマってしまったのか?
主人公はじめ 登場人物の非常識さには辟易してしまいます。

「職場に他人が作ってきたスイーツに『すごいねえ おいしい』を連発する生活なんてまっぴらごめん」
ああ~~拍手です。
今の職場は女性ばかりなのでスイーツ率高し。
買ってきたものもありますが手作りのものの差し入れも。
甘いものは嫌いではないが得意でもない。
困るんです。食べないワケにもいかなくて。
食べたくないときもあるんですよね。。。。
買ってきたものは持ち帰ったり コソっと他の人にあげたりしますが(子供さんにどうぞって)
手作りのものはそうはいかない。
たしかにプロ並みに上手な人はすごいとは思いますが。
女性がすべて甘いものが好きではない。
食べたくないときもある。。。苦痛のことがあります。
でも食べてホメるのが当たり前、、なんですね。
今度一度断ってみようか。なんて思います。
Unknown (ki-ko37)
2022-09-25 10:39:20
まうさん💞コメントありがとうございます。
同感していただいて嬉しいです。
小説では食べなかったスイーツをどうするかでちょっとした事件になるんですよ!
是非!立ち読みででも覗いてみてください。
ちむどんどん、後一週間、やっと終わりますね~
そういう人 (きさら)
2022-09-25 16:31:23
私は朝ドラも
この作品も読んでいませんが
両方共 そういうタイプの人を
批判しているのではないのですね。

たしかに
食べ物だけでなく
皆に なんでも配りたがる人は
あちこちに いらっしゃいますね。

私は 何でも 有り難く頂いていますが
おかずだけは 無理です。
Unknown (ki-ko37)
2022-09-25 22:03:07
きさら様
文章が乱暴で朝ドラ見ていない人、本読んでいない人には伝わらないですよね。
ごめんなさい!! 書いた後からゆっくり整理して考えると
好ましく思っていない息子の彼女が作ったお弁当
好ましく思っていない会社の同僚の手作りお菓子
そう表現するべきでした!
手作り (きさら)
2022-09-26 08:51:27
解説 ありがとうございます。(#^^#)

(好ましくない)が 枕詞なのですね~

私は 手作り弁当は 誰のも 要らないです(笑)
自分で作れますもんね。
Unknown (iyabakan2020)
2022-09-27 21:43:12
キーコ様
もやもや感、よく分かります。
もっとも、私は朝ドラは皆勤賞ですが、芥川賞は、とんと読む気になりません。m(__)m
朝ドラ、いわゆるテレビドラマ界も、また、芥川賞、こちらは文学界ですが、両方とも、三流化してしまった印象が否めません。( ; _ ; )/~~~
極論ですが、作家と呼ばれる人たちが、自らの人生を懸けて、命懸けで作品を生み出す気概がなくなったのではないでしょうか?!(◎_◎;)
アルバイト感覚で、とにかく量産すればよいと、制作という重大な行為の意味をナメてるんじゃないか、と勘繰りたくなるほどの体たらく。(T . T)
一方で、骨のある作品にもめぐり逢います。(^。^)
例えば、ドラマでは「京都人の密かな愉しみ」なんか、良い塩梅です。(^-^)
控えめでいて、人生の苦楽が静かに描かれ、観る者の共感を呼ぶ、そんなドラマだと思います。( ^_^)/~~~
Unknown (ki-ko37)
2022-09-28 17:01:49
@iyabakan2020 コメントありがとうございます!
朝ドラは毎回チェックしてもうダメ!と思ったら途中で辞めるのですが
今回、モヤモヤしながら最後の週まで来てしまいました😆
しかし、最終週、あまりにも酷いですね。
小学生の劇みたいです。

テレビには期待するな!
ドラマが好きならAmazonやWOWOWでもあるよ!
と言われながらもやはりテレビドラマに期待してしまいます。
「京都の〜」は聞いたこともないタイトルでした。
そんな素敵なドラマにわたしもまた出逢いたいなと思っています!

コメントを投稿

映画・ドラマ・本」カテゴリの最新記事