キー子のブログ

「一日、一日を楽しく&愉快に&素敵に&大切に過ごしたい!」そんなキー子のブログです!

「躾」と「仕付け」

2019-06-27 11:20:02 | 思うこと
最近「児童虐待」がずっと問題になっています。
「なんでそんなことするの
「信じられない

いたたまれない気持ちです。

そして・・・虐待した親の言葉は・・・
「しつけのつもりでした」

実は・・今・・キー子にはこっそり「マイブーム」があって  

それがなんと!  裁縫
裁縫と言えるほどのものではないと思うのですが
数年前に、娘のチアの衣装を少し手直しするために
買い換えたまだ真っ新同然のミシンを出してきて少し小物を作成中

ムチャクチャ単純なモノなので恥ずかしいですが
完成品の発表はまた後日として 

その・・「裁縫」で大切なのが「しつけ」

ミシンできれいに仕上げるためには
しつけ糸できれいに型をつけてどこを縫うかの目安をつけておかないといけません

針としつけ糸を手に「虐待ニュース」のテレビを見ていると

裁縫の「しつけ」という言葉、子どものしつけと同じ意味なのかな?


どうかな?と思うととすぐに手を止めて
ググっていしまいます

漢字で書くと、縫製の「しつけ」は「仕付け」で、子どもの「しつけ」は「躾」でした

「仕付け」・・・洋裁や和裁などの縫い物で、
表と裏の生地がずれないように、まっすぐに縫えるように仕上がりの目安となる大まかな縫い目の道筋をつけること

躾・・・子どもが成長して、生活していく際に
社会や集団生活にあった規律や礼儀などを身につけるために訓練すること
意味合いとしては共通点があります
世の中の法則から道が外れてしまわないように導くという点で、「仕付け」と「躾」、似ています!


また日本語の面白さを発見

なんて喜んでいる場合ではありません

この「躾」がむつかしい

親に「感情的になるな!」なんていっても無理でしょう・・
「○○しなさい!」を「○○しようね!」と語尾を変えてみましょう。
なんてこと書いている記事があったけれど
「あんた、子育てしたことないでしょう??」という感じです。

子どもに手を挙げるのは虐待?
それなら私も虐待母です

子どものため
よかれと思って一生けん命頑張って「躾」をしている母親いっぱいいます。

その中で「虐待」を探しだし「虐待」をなくす方法、見つけていきたいものです。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明日は・・・誕生日

2019-06-20 15:02:09 | 日記
6月もあと10日になりました。
今年は・・・3月は家で塾を始めることになり、
落ち着かない日々だと思っていたら
息子の転勤&結婚でバタバタと慌ただしいけれど濃く長い1か月だった

4月は風のように過ぎ去り
5月はGWの10連休を満喫したと思ったら
帯状疱疹で1日、1日が辛くて長かった

そして…6月
あっという間に終わりです・・・
もう今年も折り返し地点まで来たわけです

2019年は5月に「令和元年」を祝ってお正月気分に浸ったから
余計にまだ新年から日がたっっていないような錯覚に  

なんと!あしたは私の誕生日

いやぁおかげさまでまた一つ!
一つだけお姉さまになりますよ 

別に何もイベントはないけれど
大学のサークルの先輩方が定期的に毎月第3金曜日に集まっているらしく
それが今月は明日で
偶然にも今回、後輩の私たちにも声をかけてくださり・・・
明日はお兄様&御姉さま達と楽しくお酒を飲んで祝ってもらいます

何10年ぶり(?)という方もおられるかも
だれが誰だかわかるかなぁ
私のこと、わかってくれるかなぁ



出逢いは「 一瞬 」

出逢えば「 一生 」

このことばにつきる

「 親友 」っていうのは、
毎日一緒に遊んでいても
飽きない人じゃない。

2~3年くらい
連絡取ってなくても
会ったら昨日の続きみたいに
遊べる人だと思う。
  


出会ってくれた全ての人に

 出会ってくれてありがとう!





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NHK「なつぞら」と「いだてん」

2019-06-13 12:31:02 | 映画・ドラマ・本
今回は大変おそくなりましたNHK朝ドラ「なつぞら」の感想
「楽しい」「面白い」って書こうかな・・と思いながらも・・
いつものように
途中から気分が変わりそうな予感がしていて

そして、予感的中

東京に出てきてからは全く面白くありません。
「半分青い」もそうだったけれど
まんがとかアニメが好きな方にはそれなりに楽しいのかもしれないけれど・・・

ドラマとは言えなんだか
「えぇっ・・そんなに絵描いてたか?」「そんなん、エコひいきしすぎやん」
「そんなアホな・・・」
「妹のこと、今頃やっと探す気になったん?」「????」
と思うことがあり過ぎで

大好きな山口智子はなんだか品のないおばちゃん役になっていて

今までの朝ドラヒロインオンパレードもなんだか女優の安売り(?)に感じて

感想急降下だった「まんぷく」の唯一最後まで好きだった点は
ヒロインの自然さ

「ヒロインの私をきれいに撮ってよ」感のなさ

だったのですが・・・

北海道の時には「広瀬すずってかわいいなぁ」と思っていたけれど
東京になってからは
カメラマンが変わったの?
どの場面でも
ヒロインにだけ特別のライトを当てているの?て思うくらい

なんだか不自然にきれい とにかく不自然です

さぁって・・・キー子さんいつまで見続けるのでしょうか?


それに引き換え

ここに来て楽しくなってきた「いだてん」

雨の中のマラソンのため
赤い日の丸のインクで真っ赤かになった顔がいつも大写しになっているときは
どうなるかと思ったけれど


「脚本がクドカン」ということだけで我慢し続けて
箱根駅伝辺りから面白くなってきて
今週の女子の体操服の話とかなかなか良かった。

まだ、今から阿部サダヲが出てきたり・・・
さぁどうなることかな?






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新元号「令和」

2019-06-07 22:46:44 | 思うこと
もう、新元号について色々騒ぐ人はいなくなったようですが
6月5日の朝日新聞、池澤夏樹さんのコラム
「終わりと始まりと」はとても面白かった。

「さて、改元から一カ月、新しい元号の使い勝手はいかがだろう。」

こんな書き出しで・・

最初の印象では菅官房長官の掲げた文字が収まりが悪く見えた。
 明治・昭和・平成、どれも字面いっぱいの四角い文字が縦に並んで安定感があったが
今回の「令」の字はなで肩で菱形でバランス感がなく見るたびに落ち着かない。


そう!!その通り私もそう思う!!

次いで、意味のこと。
いくら「令嬢」「令婦人」などを例に出してもこの文字の第一義は
「部下に対して命じる」で上位下達であり法令の「令」だ。

うん!本当にそう思った私も思った

今回呼ばれた有識者の面々は学者はいても詩人は一人もいなかった。
こういう場面では言葉の専門家である詩人やコピーライターの意見を問うべきだ


ほぉなるほど!!そうだわ本当にそうだわ!!

漢字は横に通った一画があると安定する。
「大正」「平成」がまさにそれだ。


なるほどなぁ
確かに菅さんの「令和」より小渕さんの「平成」の方がインパクトあったわ

毎日しっかり新聞を読んでいるわけではないのですがこんなに自分が思っていたことを
きっちりと活字にしてくださると
 「新聞ってすごいなぁ」と感動します。
そして
 「ありがとう池澤夏樹さん」

あれっ
池澤夏樹さんってどなた?

「日本の小説家・詩人・翻訳家」ですって

すごいなぁ
小説家と言われても私が読みそうにない難しそうな本ばっかり書いてはるわ

さてさて・・活字で「H29」とあると平成29年ですねと解っても
「R1」とか書いてあると「ん?国道1号線?」なんて思ってしまってまだまだ馴染んだとは言えませんが
キー子の中ではこれで「令和」に対するモヤモヤがすっきり
「新元号・令和」を受け入れる態勢ができた気分でございます。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世界はほしいモノにあふれている

2019-06-05 14:48:59 | マイブーム
最近、お気に入りの番組はNHKの「世界はほしいモノにあふれている」
ファッション、グルメ、インテリア、雑貨-世界各地に眠るきら星のような素敵なモノを探し求める旅。

「チョコレート」「チーズ」「ワイン」などのグルメやら
「ヴィンテージ家具」「照明」などのインテリア、またファッションといろいろで
毎回、テーマがあり興味のないときもあって今までちゃんと見てなかったけれど

・・過去に
「モロッコ雑貨」とか「ベルギービール」のテーマもあったと知り

見逃したことが・・・悔しい~
興味のないテーマの時には後から消去すればいいし
今は毎週録画決定

司会者が三浦春馬とJUJUというのが何とも言えず異色(?)
三浦春馬はコメントがも一つでも
あの素敵なクシュっとした笑顔見てるとすっごく可愛いのだけれど
あの二人のコンビは
息があっているのかい?仲は良いのかい?
なかなかナゾですね


★「世界はほしいモノであふれている」はぜひまた見てみてください

ということで・・・
「世界は本当に欲しいモノであふれています」

夏が近づき毎年ながら新しい服にカバンにと目がハートになっているキー子さん

ぽつり  ぽつり   と買うたびに
「自分へのご褒美」とか
「もうすぐ誕生日だし」とか
誰にも聞かれていないのになぜか言い訳しています

でも・・・ずーっと買い変えたくて買っていないリビングのカーテン。
本当に!!いよいよ買いたくて真剣に見ているのだけれど

インテリアの中でも特に苦手なカーテン。

自分の家となると本当に決まりません

値段の幅も数千円から数10万円まで。
家具もそれは同じだろうけれど
カーテンは本当に難しい

時間をかけているうちに
「リビングの照明も変えたい
「フロアスタンドが欲しい
「ソファも素敵だな

やれやれ 困ったものです

その度に一人・・繰り返して言ってしまいます

 あぁ世界は欲しいモノであふれているぅ








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする