キー子のブログ

「一日、一日を楽しく&愉快に&素敵に&大切に過ごしたい!」そんなキー子のブログです!

おいしいごはんが・・・

2022-09-24 20:29:23 | 映画・ドラマ・本
芥川賞受賞の「おいしいごはんが食べられますように」を読みました。

芥川賞を受賞していなかったら
「(* ̄- ̄)ふ~ん」で終わっていたと思うけれど

芥川賞受賞の作品だから・・

「いったいこの作品のどこが
すごいのだろうか」

「どこを評価したらそんな賞を
頂ける作品と称賛されるのかしら」

と読み終わってからのほうが時間をかけるくらい考えました。

そうすると・・・
なぜかNHK朝ドラの「ちむどんどん」が頭に浮かんで
ドラマの主人公の「暢子」と小説の「芦川さん」がダブってくる。

おいしいものを食べてもらうことが他人を幸せにする!!
と決めつけている目線がダブる!!

小説のほうはあっという間に読めるシンプルなストーリー。
殺人があるわけでなく
他人をおとしめるような「悪人」が登場するわけでもなく

「あぁいるようねぇ・・・こういう人・・・」という感じ

いつも口角上がっていて、お菓子づくりも上手で、
皆に「かわいい」と言われる人

でも・・・気配りができているようで全くできていなくて
「自分だけは特別なんだ」となぜか勝手に思い込んでいて
それでつき進んでいる感じ

朝ドラの「暢子」もそんな感じ

「ちむどんどん」の話はつまらなさ過ぎて
もう描かずにスルーする気でいたけれど
この小説の「芦川さん」にそっくり!

朝ドラ暢子のように
自分が作ったお弁当を彼氏の母親に毎日届けるなんてありえない!!
芦川さんのように
皆、残業している中
一人定時で帰って職場のみんなにスイーツ作って配る女嫌い!!
自分の価値観を押し付けるな!

小説は読後感もモヤモヤで
「芥川賞の選考基準は?」なんていうのも気になって来たけれど

やはりそれも、私にはどうでもいいこと

その本は面白かったかと聞かれたら
「?????」

数十年前、新婚旅行でアメリカに行った帰りの飛行機で
今の私くらいの年のご婦人に
「胃袋をつかんだら旦那さんは絶対に帰ってくるよお幸せに」
と言われたことをふと思い出した。

美味しいものをせっせと作ったら
旦那さんは浮気をしても帰ってきてくれるということだろうけど

本当にそうだろうか?
この小説の二谷さんのように
「食に興味のない人」もたくさんいる

食べることに比重をかけすぎない人生もありだと思う。

私自身もそうだから・・・

毎日、一生懸命料理して
『おいしい!!』を無理強いして連発してもらう主婦よりも
気分が向かない日には
デパ地下、、テイクアウト、そしてウーバーイーツ
たまに気分にあうものを作って食べて
「ごちそうさま」という人生の方が性に合っている。

職場に他人が作ってきてくれたスイーツに
「すごいねぇおいしい」を連発する生活なんて
まっぴらごめん!

無性にカップ麺にお湯を注いで食べたくなってきました

コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドキュメント72hours

2022-08-15 17:12:21 | 映画・ドラマ・本
テレビ離れが進んでいるといわれますが・・・
どんな番組見ますか?

テレビ番組は
「ニュース/報道」、「スポーツ」、「情報/ワイドショー」「ドラマ」、
「音楽」「バラエティ」など、色々なジャンルに分けられるけれど

最近のドラマはほんとにおもしろくない!
もともとドラマは好きだから
詰まらないドラマばかりで腹が立つ!

バラエティ番組はもともと大嫌い!

スポーツは見たいもの、
興味あるものとないものが
はっきりしている。

そんな私が最近、録画してよく見ているのは
ジャンル分けすると
ほとんどが
 「ドキュメンタリー番組」でした!!!

中でも
宇宙や自然ではなく
「誰かににフォーカスを当てたヒューマン☆ドキュメンタリー」

「情熱大陸」「プロフェッショナル」「アナザーストーリーズ」など
大抵見ています。

「セブンルール」も見てるけれど
これはバラエティ番組に分類されるみたい

その人物の「職業」や
「その人」によって
あまり見ずに消去してしまうことも
多いけれど

この種類の番組,好きです

その人の生きざまや
価値観
輝いている人を見たり
そのストーリーを知るのは
面白い!

そして!! この度、

みました!!

ドキュメント72時間

ファミレス、空港、居酒屋…。毎回、ひとつの現場にカメラを据え、そこで起きる様々な人間模様を72時間にわたって定点観測するドキュメンタリー番組。偶然出会った人たちの...

ドキュメント72時間 - NHK


もその回によって
(自分にとって)当たりはずれが多いけれど
「ベスト10位」といわれるとじっくり見てしまいます。

「情熱大陸」や「プロフェッショナル」に出てくるような
「すごい人」をみるのも興味深いけれど

72時間定点で観察して
「普通の人」が「何を思い」、
「何に惹かれて」
その時、その場所にいるのか

どんな人生を歩んできて
今、何を思っているのか

夜行バスのターミナル駅で
病院のコンビニで
大学の学生寮で
・・・

悲喜こもごも・・・

十人十色

それを垣間見るのは
ある意味「作られたドラマ」よりも感動します。
皆んな、ガンバってるなぁ😄

自分の人生、自分が主人公

さぁ!私もがんばろう!

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トップガン マーヴェリック imax

2022-06-08 16:05:42 | 映画・ドラマ・本
話題の映画「トップガン」見てきました!
それもIMAXで!!



IMAX(アイマックス)ご存じでしょうか?

わたしはもちろん初体験!!
「映像」「音響」すばらしい

たまたま時間があって
予定していなかったのに突然見に行って
その時間の上映がIMAXだったのです!

ただし・・・料金が少しプラスされます!
TOHOシネマでは
プラス600円
ちょっとお高くなります

でも
「トップガン見るならIMAXで見たほうがいいよ
なんてエラソーに勧めたくなります

それくらいの価値はあると思います!!

ただただ「画像がいい」とか「音がいい」とかではなく
臨場感が半端なくすっごい

自分が操縦している気分になったり
ミサイルが飛んできそうに思えて
思わず体を避けてしまったり 

USJで幾つかのアトラクションに乗ったみたい・・・
な気分も味わい

ストーリーは
始まってすぐに昔のトップガンの音楽が流れ
じーーーん

以前の「トップガン」をあまり復習していなかったので
ピンと来ていないところがあったかもしれないけれど

トム・クルーズがカッコいい!
若作りしているのでもなく
かっこつけているのでもなく

「カッコいい

今年60歳

まだまだいける!と意味不明に
同年代の仲間として
勇気ももらってきました


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「最後から二番目の恋」~鎌倉

2022-05-13 11:59:38 | 映画・ドラマ・本
GWが終わり・・・
○○行きました!
○○良かったです!といったブログやSNS投稿をたくさん拝見し、
私の2022年のGWも記録しておこう!と思います

GW直前ふと気が付けば・・・
「あれっ」・・・何の予定もない

それならば!と少し前に行った鎌倉で
大仏



江ノ電




鶴岡八幡宮



極楽寺駅

あちこち巡って

・・・
「あぁ・・最後からニ番目の恋、また見たいなぁ」と
思い出し



FODを契約して
初回、スペシャル、続編!
合わせて24回分くらいを見ました



良かったぁ

小泉今日子×中井貴一最高

内田有紀の独特のキャラは、今見てもスペシャル

平凡な主婦を演じる飯島直子も!



皆、演技上手いわぁ

やっぱり面白い!
ドラマの空気感、最高


ほとんど家にこもっていたわけですが
こんなGWもありかな

FODはコマーシャル飛ばしてあるから
1本の連ドラを45分で一気に見れて
amazon primeでは見られない
フジテレビの
お気に入りのドラマがたくさんあってgood

「これだけ見れて毎月1000円弱は安いお得
と継続しそうになったけれど
やはり
そんなにヒマじゃありません

Amazon primeもNetflixも
スカパー!プロ野球も契約していました

FODはまた老後の楽しみの一つに加えておこう


人生はまだまだファンキーだ
  by 吉野千秋





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

〈平場の月〉朝倉かすみ

2022-05-09 16:43:26 | 映画・ドラマ・本
朝倉かすみさんの「田村はまだか」の感想を書いたのがちょうど1年半前。
今回読んだ
同じく朝倉かすみさんの「平場の月」もそれに負けず劣らず良かった!

50代の恋愛物語。

読む前、
そして序盤、
どんな話かまだ分かっていなかったときは
「平場」は「へいじょう」と読むのかと思ったけれど
「ひらば」です。
「平場」(ひらば)・・・普通の場所。
      平らな場所。

なぁんてことのないささやかな男女の物語。

朝倉かすみさんは
「50歳の『世界の中心で、愛を叫ぶ』を書きたい」
という思いで書いたそうですが・・・

2人は中学の同級生で
2人ともバツイチで35年後に偶然再会
お互いを名字で呼びあい
惹かれあい・・・

小説の初めのほうで
「彼女が死んでしまうのだ」とわかっていて
そんな中で読み進める恋愛物語は・・・

「悲しくて泣けてくる」という悲しさではなく

「彼女が亡くなるときこの物語は終ってしまうのだ」と
読み終わるのが愛おしくなるような
たいせつな時間を一緒に生きたような錯覚を抱かせてくれます。

年代が近いからか
背負ってきた人生の「重さ」や
これからの人生の「不安」にも共感😆

今回は「映画化決定!」の文字が本の帯にあったから



いつも以上に
どんな俳優さんが演じるのかを
イメージするのを避けて
自分の中だけで読み進めて

読み終わった瞬間に

さて!
この男女は誰が演じるのかな??
とキャストをすごーく楽しみにして
ググったけれど・・・

まだ発表されていない様子・・・

映画化が現実なら
キャストを予想してみたい

う~ん

まず浮かんだのが小泉今日子!
56歳かぁ・・・少し年齢、上すぎるかな??

《50歳代俳優》で色々&いろいろ検索して
もしもわたしが監督でキャストを決めれるなら!!

永作博美西島秀俊に決定

どちらも51歳!! どうだ!!
いい感じだと思うのですがねぇ・・・

・・・もっと検索していると
石田ゆり子佐々木蔵之介がキャストの候補で出てきました!!

石田ゆり子は違うんだけどなぁ・・・
ヒロイン須藤は「太い」女性なんです!
太っているのではなく!
芯があって、ぶっきらぼうで、不器用で・・・
石田ゆり子じゃないんだけどなぁ

う~ん 発表が楽しみです

「平場の月」
ぜひ映画化される前に
読んでみてください!!



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする