キー子のブログ

「一日、一日を楽しく&愉快に&素敵に&大切に過ごしたい!」そんなキー子のブログです!

今見ているドラマとポンペイ展

2022-05-22 23:27:35 | 日記
この春のドラマ何を見ていますか?
・綾瀬はるかの「元カレの遺言状」
・上野樹里さんがヨガのインストラクターのドラマ

この2つは見始めたけれど
どちらも続かなくて・・・結局
日曜劇場「マイファミリー」だけ見ています。

誘拐事件が次々起こり
犯人は身代金のやり取りに
オンラインゲームのアバターを使います。
そうすると
電話の主の位置情報も特定できないようです。

昔の誘拐事件では
(ドラマの中でしか知らないけれど)
身代金要求してきた犯人の電話に
「電話を引き延ばせ!逆探知!!」と
警官が叫ぶ!!が
定番だったのにね
そして、
脅迫状が届き、
その文面は筆跡がばれないように
新聞や週刊誌から字を切り貼りしたものでした・・・

「あぁ・・時代は変わったな

一方、話しは変わりますが・・・
先日、いえ、
開催されてすぐに行ったので
もう一月ほど前のこと・・・



そこには
紀元前後の古代ローマの人々の家財や豪華な食器、
モザイク、壁画、住居などが展示されていました。



それらが2000年も前にあったということが
信じられなくて

ブログに書くにも頭の整理ができないままでした。

行った人の感想を読むと
「感動した」「すばらしい」とあるのですが

わたしは「キツネにつままれたような気分」

日本では稲作が始まり邪馬台国卑弥呼が・・・
という頃に
イタリアでは
すばらしい壁画や精巧な装飾品(ピアスやネックレス)
パン屋さんやテイクアウトの店
公共施設に通貨
水道管やカメオガラスも!!



こんな色彩や精密さが
2000年も前にもう存在していたの??
ローマ帝国!すごい!

これが2000年前?
こんなすごい技術がすでにあった

そんな感想しか出てこなかったのです…

それから人類は何をしてきたの?

もちろん!
限りなく多くの進歩があったのだけれど

なんだかあまり進歩がない

誘拐事件をおこし身代金要求!
これは成功確率が低いからか
現実には
最近はあまりないそうですが

人類、今も戦争をしている~

スケール大きすぎて
そんな感想しか出てこない。

はぁ( ´Д`)=3
2000年・・
やはり大した進歩がない?・?・・

人類の進歩が人類の平和に
繋がりますようにと願います🤪

☆京セラ美術館のポンペイ展は
7月3日まで開催されています。

こんな貧相な感想しか書けないのは
わたしの教養のなさだと思います。
皆様!ぜひこの貴重な機会に行ってみてください



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

芦屋ゲート~荒地山~高座の滝

2022-05-18 13:59:35 | 日記
山登りしてきました!
今回は山登りを長年されている方々のサークルに
飛び入りで参加

ここ芦屋では
阪急芦屋川から上って
「高座の滝から六甲山」という
王道ルートがあるので

スタイルもばっちり決まった登山愛好家たち数人が
待ち合わせをしていたり
下ってきていたり・・・

登山家たちをよく見かけます

今回はそんな
山登りを趣味に!日課に!
しているだろう方々のグループの
「初心者向け楽々コース」に参加させてもらいました。

年齢的には少し上の方々が総勢30人



スタートはバスで<芦屋ゲート>まで行って
自己紹介&準備体操してからのスタート



何度か六甲山には登っているけれど
こんなコース初めてで
「流石は楽々コース!」
距離もショートカットで少な目??
なんて思いながらのスタート



皆さんシャキシャキ!!
ルックスも決まっている

わたしも!!
リュックだけでは無く
パンツも帽子もテTシャツ新調して


気分はすっかり山ガール

コースはロックガーデンのように険しくはないけれど

道なき道を幾度も通り
沢を超え
岩の下をくぐり・・




「ここ、入っていくのですか?」
「これ、道ですか?」
「こっちで間違っていませんか?」



素人では決して行けそうにない道ばかりだったけれど
ただただ先輩登山家たちを信じて進んでいくと



芦屋川からの六甲山登山王道ルートの出発点
「高座の滝」に到着!!

距離も疲れ方も程よく

気持ちよかった



走行距離:10キロくらい?
歩数は2万歩超えていました

解散してからのスイーツも最高




コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「最後から二番目の恋」~鎌倉

2022-05-13 11:59:38 | 映画・ドラマ・本
GWが終わり・・・
○○行きました!
○○良かったです!といったブログやSNS投稿をたくさん拝見し、
私の2022年のGWも記録しておこう!と思います

GW直前ふと気が付けば・・・
「あれっ」・・・何の予定もない

それならば!と少し前に行った鎌倉で
大仏



江ノ電




鶴岡八幡宮



極楽寺駅

あちこち巡って

・・・
「あぁ・・最後からニ番目の恋、また見たいなぁ」と
思い出し



FODを契約して
初回、スペシャル、続編!
合わせて24回分くらいを見ました



良かったぁ

小泉今日子×中井貴一最高

内田有紀の独特のキャラは、今見てもスペシャル

平凡な主婦を演じる飯島直子も!



皆、演技上手いわぁ

やっぱり面白い!
ドラマの空気感、最高


ほとんど家にこもっていたわけですが
こんなGWもありかな

FODはコマーシャル飛ばしてあるから
1本の連ドラを45分で一気に見れて
amazon primeでは見られない
フジテレビの
お気に入りのドラマがたくさんあってgood

「これだけ見れて毎月1000円弱は安いお得
と継続しそうになったけれど
やはり
そんなにヒマじゃありません

Amazon primeもNetflixも
スカパー!プロ野球も契約していました

FODはまた老後の楽しみの一つに加えておこう


人生はまだまだファンキーだ
  by 吉野千秋





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

〈平場の月〉朝倉かすみ

2022-05-09 16:43:26 | 映画・ドラマ・本
朝倉かすみさんの「田村はまだか」の感想を書いたのがちょうど1年半前。
今回読んだ
同じく朝倉かすみさんの「平場の月」もそれに負けず劣らず良かった!

50代の恋愛物語。

読む前、
そして序盤、
どんな話かまだ分かっていなかったときは
「平場」は「へいじょう」と読むのかと思ったけれど
「ひらば」です。
「平場」(ひらば)・・・普通の場所。
      平らな場所。

なぁんてことのないささやかな男女の物語。

朝倉かすみさんは
「50歳の『世界の中心で、愛を叫ぶ』を書きたい」
という思いで書いたそうですが・・・

2人は中学の同級生で
2人ともバツイチで35年後に偶然再会
お互いを名字で呼びあい
惹かれあい・・・

小説の初めのほうで
「彼女が死んでしまうのだ」とわかっていて
そんな中で読み進める恋愛物語は・・・

「悲しくて泣けてくる」という悲しさではなく

「彼女が亡くなるときこの物語は終ってしまうのだ」と
読み終わるのが愛おしくなるような
たいせつな時間を一緒に生きたような錯覚を抱かせてくれます。

年代が近いからか
背負ってきた人生の「重さ」や
これからの人生の「不安」にも共感😆

今回は「映画化決定!」の文字が本の帯にあったから



いつも以上に
どんな俳優さんが演じるのかを
イメージするのを避けて
自分の中だけで読み進めて

読み終わった瞬間に

さて!
この男女は誰が演じるのかな??
とキャストをすごーく楽しみにして
ググったけれど・・・

まだ発表されていない様子・・・

映画化が現実なら
キャストを予想してみたい

う~ん

まず浮かんだのが小泉今日子!
56歳かぁ・・・少し年齢、上すぎるかな??

《50歳代俳優》で色々&いろいろ検索して
もしもわたしが監督でキャストを決めれるなら!!

永作博美西島秀俊に決定

どちらも51歳!! どうだ!!
いい感じだと思うのですがねぇ・・・

・・・もっと検索していると
石田ゆり子佐々木蔵之介がキャストの候補で出てきました!!

石田ゆり子は違うんだけどなぁ・・・
ヒロイン須藤は「太い」女性なんです!
太っているのではなく!
芯があって、ぶっきらぼうで、不器用で・・・
石田ゆり子じゃないんだけどなぁ

う~ん 発表が楽しみです

「平場の月」
ぜひ映画化される前に
読んでみてください!!



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リュック?デイパック?

2022-05-05 15:09:30 | 日記
最近、少しだけ山登りがマイブーム



桜の季節には
石切から生駒山をテクテク 



先日は
京都方面をハイキング



来週は
何度目かの六甲山

・・・ということで
今までユニクロのリュックを使っていたのだけれど
なんでも「見た目」から入る私としましては

ちょっとカッコいい登山用のリュックを新調することに

取り合えず、なんでもスタイルから入って
テンション上げます

どんなの買おうかとネット上をうろうろしていると

「リュック」と検索ワードに入れているのに
検索結果には
「デイパック」と出ていることを発見

確かに!!リュックというのは最近あまり聞かない
何となく古めかしい

リュック⇒ドイツ語由来。用途を問わず幅広く使われる

デイパック⇒英語由来。小型のものを指し、カジュアルな日常使いのイメージ

例えば・・「レギンス」と「スパッツ」

レギンス・・・脚部分を見せても大丈夫なインナーで足首まで覆っているもの
スパッツ・・・ 膝あたりまでの長さ

うーん
本来はそれぞれに意味があり
同じではないのだろうけれど
「死語」と呼ばれつつある言葉も多いような気がする

特にファッションの用語は
私たち世代より上の方は気を付けましょう!!

「ファスナー」  「ジッパー」
「背広」  「スーツ」
「チョッキ」  「ベスト」
「とっくり」  「タートルネック」
「トレーナー」  「スウェット」
「ジャンパー」 「ブルゾン」

以上!こんなサイトを参考にさせていただきました→

言葉選び、大切です🎵
《旬》を意識しましょう!


ホントは「わかったらいいやん!
どっちでといいやん!」とも
思うのだけれど
食材を選ぶように
言葉選びにも
ちょっとだけ気をつけてみましょ✨

あっ!こんなデイパック、買いました😀




コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする