漁師じゃないんだから・・・

セオリーと言うヤツをすべて無視して釣りをするオヤジのブログです。          採算なんて度外視。遊びだからね。

2021.1.17 雪深い北陸へカレイを求めて 其の参 石川県能登半島西海漁港

2021-01-18 21:33:17 | 海釣り

今回、2021年1月15日(金)~17日(日)、車中2泊の行程で能登半島で

釣行してきた記録をアップしました。

 

其の参 1月17日 西海漁港から自宅まで

1月16日PM5:30  蛸島漁港から西海漁港へ移動してきました。

ここなら積雪で閉ざされても、交通量が多いので、海岸伝いに金沢へたどり着く

ことができるので、安堵感があります。

西海漁港は風も無く穏やかでした。気温が下がり、雪がちらつきますが、

西海漁港内でも出島に陣取り、ケミホタルを付けて竿4本を出しました。

夜釣りのエサは解凍されたホタルイカを付けて放り込みました。

 

PM6:50  足元近くに投げ込んでいた竿のケミホタルが大きく揺れました。

ズドーンと重量感が伝わってきたのですが、上がってきたのは25cmのカサゴ

でした。

 

 

その後、PM7:30 アタリがあって、55cm アナゴ、

 

 

さらに AM0:30   アタリがあって、 

2匹目のアナゴをゲット。

 

 

うーん、なんか忘れてるなあ。

なんだろう?

なにか忘れてる

・・・

・・・

・・・

そうだわ、年末年始だというのに安全祈願をしていないじゃないか。

・・・

・・・

・・・

そうだよなあ。

 

 

海の神様へ。

ジャバジャバジャバ・・・

 

 

これで、夜が明けると、ここでも、きっとカレイが釣れるさ。

御神酒の残りを飲んで、車の中で温かくしていると、いつのまにやら眠ってしまいました。

 

 

 

 

おはようございます。

車から出たら超寒いですわー。

 

明るくなって、エサを温存していたアオイソメを使い切るべく、

カレイ専用仕様に切り替えました。

前に3本、後ろへ1本、投げ込みました。

 

しかし、30分経過して、エサをチェックしてみると・・・

 

しな~。

 

さらに・・・

 

おいおい、縁起でもない、こんなに活性が低い季節にもケムシだけは元気やな。

超寒いから、車の中からアタリを待ってますが、

 

 

 

えっ?

向こうの堤防の先端に釣師が5人・・・

アイツら釣りバカの中のバカやで。

こんなに寒いのに、何が釣れるっちゅうんや?

短い竿ばかり持ちよってからに・・・。

 

 

 

AM8:00

この日、唯一のアタリをくれたのは、ハゼ君でした。

 

 

その後は待てども、エサを定期交換しても、何も当たらず、何も掛からずでした。

あかん、今日は釣れん。

西海漁港って昔ほどカレイが釣れなくなったな。それとも産卵期に入ったかな?

退屈なので、カーラジオを聞いていると、天気予報で、17日の夜から18日にかけて

北陸地方の積雪がさらに酷くなるそうです。

無事に北陸道を通過できるだろうか?

PM3:00  エサのアオイソメも無くなったので、撤収することにしました。

 

北陸道の小杉ICあたりから路面が白くなってきて、新潟県に入ると完全に積雪量が

増えました。長距離トラックの後ろに付いてのろのろ走ってました。

親不知あたりからトンネルが多いので、トンネルの中へ逃げ込みながら走っている

ようなもんです。

 

 

 

名立谷浜SAで給油しているときに、スタンドのおねーさんに、「この先大丈夫か?」

訊いてみましたら、「何処も通行止めは無いし、これぐらいどうってことないでしょう」

って、愛想無く返されました。

 

 

 

 

上越JCから上信越道へ入って、妙高高原を通過して信濃町ICまで走ると、もう積雪は

見られなくなりました。

PM8:50 無事に板橋の自宅へ帰還しました。

 

全走行距離 1297km 。 さすが能登半島の先っぽまで行くと遠いですわ。

 

 

 

さてと、今回遠征した釣果ですが、

 

 

 

 

マコガレイ2  35cm (メス)   30.5cm (オス)

アイナメ 1  34cm

ハゼ   1  18cm

アナゴ  2  55cm   52cm

カサゴ  1  25cm

バイ貝  2


この記事についてブログを書く
« 2021.1.16 雪深い北陸へカレ... | トップ | 20210122 目標を失うとこう... »
最新の画像もっと見る

海釣り」カテゴリの最新記事