HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

シラン(紫蘭)

2021-05-17 | 春 赤・桃色系

手入れされること無く放置されていても毎年かなりの花数。
さほどきれいな花でも無いけれど、これも「蘭」の花。
わざわざ花壇に植えることも無いのかいつもそのまま。
去年の果実殻もまだまだ残っているし、草むらの中で異彩を放っている。




▲ 庭の花でも無いから、手入れはされない。花殻も茶変して落ちるまでそのままになっている。▼



▲ 去年の果実殻がまだそのまま残っているし、枯れたままの枝もそのまま残る。
勿論?花はすぐに咲き終わって茶変するのだけれど、花柄ごと枯れ落ちるまでやはりそのまま残る。▼




▲ シランは子房下位、花柄のすぐ上に子房があり少し膨らんでいる。
全ての花が果実をつけるわけでもなさそうで、茎は花を咲かせながら伸び上がる。▼















シラン(紫蘭)
ラン科シラン属 Bletilla striata
(2021.05.10 西新町)

 
▲ シランの種子  ネジバナの種子 ▲
--------------------------------------------------------------
シラン 花の頃 シランの種子 


コメント   この記事についてブログを書く
« オヤブジラミ(雄藪虱) | トップ | オオムラサキツユクサ(大紫... »

コメントを投稿

春 赤・桃色系」カテゴリの最新記事