風になれ

大自然のふところで山歩きを楽しむ生活。
いつの日にか、森にそよぐ風になれたら・・

山形のさくらんぼと赤霧島

2017-06-28 | 田舎暮らし


 友人が送ってくれた本場山形のさくらんぼがたくさん届いた。さっそく一粒のさくらんぼを口に放り込む。何とも言えない瑞々しいさくらんぼの味が口に広がる。美味しかった。
 焼酎漬けを思いつき、ガラス瓶を探して、「赤霧島」を一瓶注ぎ込み、さくらんぼを入れた。2、3ヶ月経てばさくらんぼ風味の赤霧島に生まれ変わるのではないかと楽しみにしている。

Comment

都議選のゆくえ

2017-06-27 | Weblog


 夕方、ハンナの散歩を済ませると腕にはめたfitbitが今日も歩行10,000歩をクリアしたことをバイブで知らせてくれた。夜になって雨が降り出したので、降り出す前のタイミングのいい時間に散歩ができたようだ。
 東京で暮らす娘からハンナの顔見たさにfacetimeがかかってきた。慣れたのかハンナは映像に映る娘の顔や声にほとんど反応しなかった。今日、都議選の期日前投票に行ってきたという。都知事に就任以来、東京オリンピックや豊洲問題で無駄に時間だけを浪費した罪深さ。まったく中身のない、ただ耳障りのいいスローガンだけの○○ファーストはダメだろうと伝えたかったけど、娘には娘の考えがあるのだからと飲み込んだ。都民の良識が試される選挙の結果に注目している。




Comment

特別純米山廃出羽きらり火で藤井四段の29連勝を祝う

2017-06-26 | 日本酒


 今晩は藤井四段の29連勝を賭けた将棋戦のニュースで持ちきりだ。まだ戦いは続いている。同じ10代の最高峰の戦いなので注目度も高い。
 勝ち負けはともかく、若い人が将棋界を盛り立てていることは素晴らしい。



 今日は難しい仕事の課題に対して解決に向けた一筋の光が射したのが嬉しくて、平日は酒を飲まないという自主ルールを破り、山形の酒を呑んだ。山形市の秀鳳酒造場の特別純米山廃出羽きらり火だ。精米歩合55%の純米酒だけど、実に旨い酒だった。
 そして29戦目を藤井四段が勝利した速報が入った。すごい。藤井四段の活躍で少年棋士を目指す少年が増えるといい。気持ちよく寝れそうだ。




Comment

来年に向けて 100km歩行

2017-06-25 | 健康


 日曜日、ベッドで読みかけの本を読む。何冊も併読する癖があるので、読みかけの本が多くてなかなか読了まではかどらない。
 バイクF800GSでハンナを連れて天満屋まで買い物に行き、いったん家にハンナを置きに戻ってから一人スポーツジムに向かった。ばあちゃんとハンナとの毎日の暮らしで、平日はなかなか汗をかくエクササイズをする時間がとれないので、週末くらいはという感じだ。お陰で、いい汗がかけた。
 ジムでバイクを漕いでいると古い友人のO君が近づいてきて、晴れの国おかやま24時間100キロ歩行の話をし始めた。O君も参加していたのだとか。まさか、知らなかった。参加者名簿を見て、あとで僕が参加していたことを知ったらしい。彼は足の裏にマメをこしらえて、痛くてきつかったらしい。それに引き換え、僕は足の裏はもちろん、脚全体、これといったダメージは何もなかったことを伝えた。初参加だったけど面白かったので来年も出るつもりだと伝えると、O君もあと一回は出たいと宣言。仲間を見つけた。来春の大会の楽しみがまた一つ増えた。


Comment

Manchester by the Sea

2017-06-24 | 日本酒


 土曜日の午後、シネマクレールで映画「Manchester by the Sea」を観た。主人公のリー・チャンドラー役のCasey Affleckの演技が光っていた。暗い過去を持つ役どころをクールに演じきっていた。
 映画の後、成田屋の中店に立ち寄り、一杯。成田屋の酒は津山市の多胡本家酒造場の加茂五葉。庶民派の飲み飽きることのない地酒だけど、これが実に旨い。炙りサワラをつまみながらグビッと一杯。最高。
 出された燗酒が全てぬる燗だったので嬉しかった。外に出ると予報通り雨が降っていたので、タクシーで家路についた。  


Comment

Fitbit効果

2017-06-20 | 健康


 久しぶりの雨だ。晴れの国、岡山にも雨が降った。梅雨だから珍しくもない雨のはずなのに、今年は長い間、雨が降らなかったので余計に久しぶりに感じる。
 夕方のハンナの散歩は中止。でも今朝の散歩で少し遠出したので、今日もFitbitの歩数計測は目標の1万歩(アメリカ心臓協会の推奨値)をクリアした。過去1ヶ月間の平均歩数は15,000歩ほど。これもFitbit効果の現れだ。


Comment

大峯山に登る

2017-06-19 | 山歩き


 山の会の例会で広島県の大峯山(1050m)に登った。雲ひとつない快晴だった。高くない山だけど急登の連続で、結構、汗をかきながら登った。



 山頂は岩場となっていて、低い山らしからぬ特徴のある頂きだった。





Comment

酒一筋、限定夏純米

2017-06-17 | 日本酒


 土曜日、30年以上通い続けているスポーツジムに行き、ランとバイクを漕いでいい汗をかいた。平日は家事仕事があるので退社後、なかなか運動をする時間がとれない。せめて週末だけでもと思ってジムで運動をしている。
 明日は山の会の例会で山に登るのでほどほどの運動量で切り上げた。
 天満屋地下のポンパドールまでパンを買いに出かけたついでに、酒売り場に寄り道して日本酒を一本買った。夕方、さっそく封を切り一人で呑んだ。赤磐市にある利守酒造の酒一筋、限定夏純米という酒だ。夏らしい空色のボトルも涼しげだ。
 酸味のあるスッキリした味で旨い。なるほど夏向きのさらっとした酒だと妙に感心させられた。



Comment

大典白菊の純米酒 トリプルA

2017-06-16 | 日本酒


 金曜日の夜、ハンナを連れて息子の工房に向かった。着くと、すでに夕食の準備が出来上がっていた。さっそくビールで乾杯、お疲れさん!
 孫娘を膝に抱きかかえて飲むビールは最高の味だ。次に冷酒の出番。今日は白菊酒造の大典白菊の純米酒、トリプルAの封を切った。トリプル、岡山県産の「朝日」、「アケボノ」、「アキヒカリ」の三種類の酒米を使用し、精米を70%で醸した特別限定の生酒で、天満屋地下で買ってからずっと冷蔵庫で寝かしていた酒だ。口にふくむと清冽で芳しい香りが口中にすぐに広がった。旨いーっ! 酒蔵のある高梁市成羽町の自然豊かな光景が眼に浮かび、さらに一段とトリプルAの生酒は味わい深く感じられた。
 父の日のプレゼントも息子夫婦から頂いた。ありがとう。食事の後、別棟の秘密基地にハンナと移動して、少しだけギターを弾きながら懐かしいフォークソングを唄った。


Comment

ミニ・シェラカップ

2017-06-14 | 山歩き


 月刊誌「BE-PAL」の今月号(7月号)が届き、特別付録でミニ・シェラカップが付いてきた。直径が10cmの、かなり小ぶりのシェラカップだ。
 このサイズ、どういう使い方があるかよくわからない。コーヒーを飲むには少量すぎる。ウィスキーか酒を飲むのにはいいかもしれないが、残念ながらチタン製ではないので山行に持っていくのは躊躇う。
 キャンプに持っていけば一つの話の種にはなるかなあ。毎度のことながら、BE-PALは雑誌やお菓子の付録に胸をときめかした少年時代を経た世代のおじさんに心にくい演出をするもんだなあ。だからBE-PALの定期購読を止められない。



Comment

ハンナをシャンプー

2017-06-11 | トイプードル


 旅で溜まった洗濯物をやっつけて、ついでにハンナもシャンプーした。一週間ぶりのシャンプーだ。
 それからご飯を炊いて、ラップで包んで小分けする。一週間分のご飯を冷凍庫に保存した。食料の買い物も済ませた。
 楽しかった宮古島の旅は終わり、明日からまた新しい一週間が始まる。



Comment

伊良部大橋を歩いて往復

2017-06-10 | 大自然


 まだ薄暗い時間にホテルを出て、伊良部大橋に向かった。橋のたもとの駐車場にバイクを止めて歩き始めた。



 昨日、この橋をバイクで渡った時、ぜひ一度、歩いて渡ってみたいと思った。
 白み始めた5:45に歩き出した。蒸し暑いけど潮風が心地よくて最高の気分だ。


 
 ジョグを挟みながら歩を進めた。5:55に日の出を見る。西の果てだから日の出が遅いのはわかっていたけど、これほどとは思わなかった。陽が差すと橋から眺める海の色がさらに一段と鮮やかさが増した感じだ。紺碧の海の色に感激する。
 伊良部大橋を渡り切り、反対側の歩道に移動してすぐに引き返し始めた。ジリジリと照らす太陽の熱は強烈さが増してくる。早朝ランニングをする何人ものランナーとすれ違った。ロードバイクを走らせるアスリートとも出会った。こんな恵まれた自然環境でトレーニングできる人たちを羨ましく思う。
 ちょうど7:00にバイクを止めた駐車場へ戻った。全長3,540mの橋を往復するのにちょうど1時間15分かかったことになる。



 ホテルに戻り、朝食をとった後、またバイクを走らせた。暑いけど、ただバイクを走らせているだけで楽しかった。
 Doug's Coffeeで一休み。ガイドブックで紹介されていた珈琲店だった。ここの丁寧に淹れられたコーヒーは評判に違わず美味しかった。ロールケーキの味とともに印象に残る珈琲店だった。





 短い宮古島滞在は終わりを迎えた。16:45 宮古空港を発った。
 とにかく世界屈指の透明度を誇る宮古の海は澄んでいて限りなく美しかった。飛行機の窓から名残惜しく宮古島を眺め続けた。














Comment

アラウンド宮古アイランド

2017-06-09 | 大自然


 バイキングの朝食を済ませて、バイクで南に向かった。伊良部島に繋がる伊良部大橋を渡る。2015年1月に竣工した全長3,540mの美しい橋だ。鳥になったような気分でバイクを走らせた。



 その後、今回三本目の橋を渡った。昨日の来間大橋、今日の伊良部大橋に続く来間大橋だ。
 来間島で涼を求めてAOSORA パーラーで休憩。マンゴスムージーを頂いた。メニューに美味しそうなサンドが目に入り追加注文。この宮古牛スジ・コロッケ・ピタサンドは絶品だった。



 外はうだるような暑さだ。気を取り直してバイクにまたがった。



 前浜ビーチに立ち寄る。26年前、スイムスタートの時間を緊張しながら待ったのがこの前浜ビーチだった。今も変わらず美しいビーチだなあ。



 海岸線を走る。車が少なくて快適にバイクを走らせた。シギラリゾートを経て東平安名崎までのルートは最高のツーリング気分が味わえた。
 東平安名崎を散策。平安名崎灯台にも上がってみた。昭和42年にできた灯台だ。古さが目立つ螺旋状の階段を上がる。地上から23mほど高い位置のテラスから眺める眺望はまた一段と素晴らしかった。



 26年前、バイクコースのこの灯台前でUターンした時の記憶が蘇ったけど、まるで景色を楽しむ余裕はなかったので景色の記憶はほとんど残っていなかった。これほど美しい自然の岬だったんだ。







 船釣りに出ていた若者達から電話が入った。大物をたくさん釣り上げたようだ。釣った魚を居酒屋で料理してもらうので一杯やりましょうとのこと。
 ホテルのロビーに集合して、歩いて居酒屋に向かった。思わぬご馳走のお陰でオリオンビールがさらに美味しく感じられた。





















Comment

宮古島をバイクで巡る

2017-06-08 | 大自然


 宮古島を旅した。四半世紀ほど前に第8回宮古島トライアスロンに出場して以来の再訪だ。今回は2泊3日の社員旅行だけど、思い出の詰まった島を訪れるのは心が躍った。
 8:30に岡山空港を発ち、那覇で乗り換えて13:00に宮古空港に着いた。梅雨が空けていないこともあり、湿度も高くて蒸し暑かった。



 早速、タクシーでバイクショップに向かった。110ccのスクーターを借りて、平良港に面したホテル・アトールエメラルド宮古島でチェックインを済ませた後、北に向けてバイクを走らせた。宮古島海中公園を見学してから、池間大橋を渡り池間島に入る。車が少ないので、開放感があり、潮風を肌で感じながら気持ちよく走る。



 ホテルに戻る途中、砂山ビーチに立ち寄った。白砂の美しい浜辺は人もまばらだった。


Comment

散歩しない雨の朝

2017-06-07 | トイプードル


 夜半から雨が降り続いている。久しぶりの恵みの雨だ。ハンナの朝の散歩は断念した。ハンナのレインコートもあるので、散歩ができないわけではないけど、たまにはいいかあ。
 
Comment