かあちゃん日記

毎日の出来事と一緒に、見たい事・知りたいこと・知ったこと・見たことを書いていきます・

行きたかったなぁ~

2013-04-30 19:22:36 | Weblog

半年前の脊椎外来で5月7日に予約があり、それに合われて股関節外来も7日の時間をずらせて予約を入れていただいていました。

そして”M”チャンにも「この日にいこう」と誘っていましたのに、退院できないと大学病院には診察には行けません。

粘っていましたが、今日はぎりぎりですが、予約のキャンセルを整形外科外来に電話しました。

なんかこの火曜日には誰かに会えそうで”M”チャンも誘ったのに・・・

≪行きたかったなぁ~~≫

リハ室はもうすっかり5月です。
先日先生が注文してくださっていた≪二本杖≫が届きました。

早速私の身長に合わせて一番下まで短くして歩いて見ます。

≪ポールウオーキング≫なんてかっこいい訳にはいきませんが、軽くて使いこなせばかなり役に立つかもしれませんが…?

リハ室3周くらいお試し歩行して階段も上り下りして帰りにも”体験”しました。

何でも新し物好きですから結構わくわくしました。

自販機コーナーから見えるお庭に白い花が見えます。

あれは山法師かなぁ~

明日から5月だというのに寒くなるとの天気予報に、筋向いさんは娘さんに電話して”ホカロン”を持ってきてもらいました。何しろ寒さが大の苦手の病人さんですから…娘さん文句言いながらでもちゃんと持ってきてくれましたよ。

コメント (2)

な~~ンもない日の日記

2013-04-29 19:12:43 | Weblog

今日もきれいな夜明けです。
この前撮ったのは3月16日。
一か月半のうちに夜明けの時間も位置も随分変わってしまいました。

でも相変わらずきれいな夜明けです。

今日の開始は8時半。休日の”OT”室はC4病棟の貸切です。

入り口に飾ってある折り紙の中に兜が入っているのを見つけました。

病室へ帰ってテレビで”ラフォルジュルネ”を見ます。
ステレオではありませんので片耳のイヤフォンでききます。
”チゴイネルワイゼン”を聞いている最中に1000円のテレビカードが切れてカシャッと出てきました。
あわてて買ってあった新しいカードと差し替えます。
サキソフォンの”グラナダ”も素敵だったなぁ。

午後はいつもの『心臓リハビリ』の人たちの姿もありません。
先生と話しながら帰りますが、≪手術が必要でも心臓などに問題があって出来ない人もいらっしゃるから、手術が出来てよかったねぇ≫なんて話になりました。

週に2回の入浴が済んで、洗濯物を背負って洗濯室で乾燥までオワリきれいに畳んでいたら、お向かいさんから親戚の方が、能登の本店から買ってきた”味噌まんじゅう”をいただきました。
しっかり満腹です。

ふと気が付いたら、いつも旦那さんが見舞いに来てベッドに二人でちょこんと腰かけてこちらを向いていた方のベッドが空になっていました。名札も名前が抜けていました。

ポツリポツリと空いてきます。同室3人してしんみりしてしまいます。

…といったわけで≪な~~ンにもなかった日の日記≫でした。

 

コメント (4)

春ですねぇ・花いっぱい

2013-04-28 19:47:11 | Weblog

日曜日の今日はご家族のお見舞いがいっぱいです。
小さなお子さんの声が聞こえたりするとなんだか奥の部屋もほんわかします。

ナースステーションの窓際と、トイレの手洗い場にヤマブキが、それも、黄色と白の花が生けられていました。
看護師さんが自宅のお庭から手折って来られたのだそうです。

昨日外出した時にも満開の”ドウダンつつじ”を見かけました。

千葉の娘のフェイスブックにも「今年もやっと咲きました。」と丹精込めたバラたちがアップされていました。


孫娘の車のお祓いに行った娘からは倶利伽羅不動のシャクナゲのシャメが来ました。

シャバは春爛漫だね。


食堂の飾り棚にはいつの間にか折り紙の”兜”が飾ってありました。

コメント (2)

≪外出・外泊≫

2013-04-27 20:26:37 | Weblog

入院中は一か月に一度は、リハビリの進行状況やその他相談のために、先生と看護師、本人と家族の面談があります。

昨日は朝娘が仕事の合間に来てくれてしっかり面談いたしました。

筋向いさんはリハビリの先生から許可が出てピックアップウオーカーで美容院へ行く事になりました。

私は「明日なら時間がある。」と言われて急遽美容院に電話しましたら「明日午前中なら空いている。」と言われて即予約。

お向かいさんも午後に娘さん夫婦が来られて面談や栄養指導が行われました。

その結果偶然にも同室3人とも家族の許可が出て外出と外泊が決まり、今朝朝食が済んで一斉に出かけました。

美容院組は9時から3時までと時間まで同じに外出願いを書きました。

昨日は雷鳴が轟き、近くに落雷があって消防車が沢山走ってゆきましたし、みぞれもしっかり降りました。

今朝もまた突然の雷鳴です。「また雪降ったぁ」と言って朝番の看護師さんが嘆いています。

でも外出許可をもらった我々が出るころにはしっかり晴れあがってくれて≪やっぱり行いがよかったんだぁ≫なんて喜んで出かけます。

いつものパーマ屋さんでは、まぁおなじみお客さんもいておしゃべりが尽きません。
しゃべりつかれ頃、娘が迎えに来てくれて昼食は美容師さんの情報によりおいしいお寿司屋さんだけれど”ランチはリーズナブル”というお店でいただきます。


大盛りの”海鮮天ぷら丼”に蕨の酢の物の初物を頂き、サラダもコーヒーも美味しかったけれどてんぷらは残してしまいました。
お店の人に頼んでお持ち帰りです。

帰りは手がすいた板さんが車まで送ってくれました。

入院が思いがげず長引いたので不足品がいくつも出てきましたので薬の量販店で買い物をします。

「家へ寄ってく?」という娘に「疲れたから”我が家”に帰るわぁ。」と言って病院は帰ったら2時。
誰もいないはずの471には筋向いさんがもう既に帰ってベッドにひっくりかえっていました。

何のことは無い病院へ帰ってからレストランでランチしたと笑っています。

お互い短くなった髪で助手さんにツーショットを撮ってもらいました。
土曜日ですので足浴して頂いて、「外泊のお向かいさんがいなくてさびしいね。」と言いながらお昼寝です。

コメント (6)

引っ越し準備

2013-04-26 20:22:43 | Weblog

先日助手さんたちがなんだか歩行器や車椅子を細かく調査していました。
皆して「そろそろこの歩行器や車椅子不足して来たから返さんなんがじゃない?」なんて心配していました。

何だか寸法や番号みたいなのがついて帰ってきましたが、結局新館への引っ越しのための調査ではないかということに話は決着したのですが、ソロソロ建物が出来上がってきました。


毎日3人の現場監督が見守っていましたが、見ている間に姿が変わってなんだか目が離せません。

今日は現場小屋を撤去しているみたいです。
夕方には姿かたちが無くなっていました。

「皆さん新しい病棟に引越しするまで居るの?」なんて”PT”の先生に言われてそろって首を横に振りましたが、5月末には竣工だそうで、なんだかあやしくなってきました。

コメント (2)

≪投稿欄≫

2013-04-25 19:43:06 | Weblog

いつものように二日に一回の新聞が届きました。
筋向いさんの娘さんも一日おきに朝刊を届けて下さるので代わりばんこに読んでいます。

何しろ暇ですから文芸欄の投稿欄もしっかり見ます。
時には知人の俳句が載っていたりしますので楽しいのです。
今朝はとても楽しい、ある意味しんみりした投稿がありました。

思わず”いただきぃ”で書いて見ます。

北国新聞文芸投稿欄
 「歌壇」 佐伯裕子選
2位 石川県能都町宇出津 真岸米子さんの短歌ですが…

{徘徊と 見えるだろうよ 白髪で 目的もなく 歩き回れば}

選者の評
(心外な思いをしたのだろうか。好きに散歩もできない憤りとユーモアと二つながら読み取れる。投げ出したような言い回しが効いていて、勢いのいい老いの歌である。)

以上この日記を読まれた方はどんな感想を持たれるでしょうか?

今よく似た期間入院している者同士の悩みは”髪型”です。

殆どが2~3か月の入院ですので白髪染めは落ちてくるし、髪型はぼうぼうになるし、トテモみんなが気にしているのです。
≪草笛光子さんみたいにきれいな白髪に突然なってくれればいいのにねぇ≫なんて嘆いたり、≪かといって白髪の鬘を病院で被るわけにもいかないしね。≫

耳は遠くてあまり話の中には入れないが、身じまいをいつも気にしている方が、先日散髪屋さんに短く刈ってもらいましたら、周り中から”すっきりしたね”と言われてにこにこしていたり、やっとピックアップウオーカーでの外出許可をもらった筋向いさんは早速娘さんに電話してパーマやさんの予約をしてもらっています。

とたんに元気になって「トイレに行く車椅子の移動も早くなったみたい。」と笑われています。

私も耳にかかってくる短い毛がうるさいと言うよりもチクチクかゆくなってきます。このままもっと長くなればこんなこともできるのにね…?

昨日の≪いや子さん≫は今日はしっかり上も下もいっぱい着込んでリハ室に来ましたが、平行棒の前で「車椅子からの立ち座り運動」をしましょうと先生に言われても”イヤ”が始まって先生を困らせていました。(@_@)

 

 

 

コメント (3)

≪明日は我が身…≫

2013-04-24 20:15:24 | Weblog

午前の”作業リハビリ”で、畳のヘリにみんなして並んでそれぞれの筋トレをしていたら現れた新顔さん。「なんで私に関係ないこんな所こんなんが?寒てどもならん。」と先生に駄々をこねている。机の前で折り紙をする作業みたいです。

やさしい先生と学生さんが折って一緒にしようと話しかけても聞く耳を持ちません。先生が毛糸で編んだひざ掛けと、大きなバスタオルで体を包んであげています。

それから私はその場を離れて院内一周の杖歩行に出て帰ったら、バスタブの前で立ち座りの練習になったみたいですが、どうも納得がいかない顔をしています。

さて明日からは素直に作業をなさるのかしら?思わず横に並んだ方と苦笑いをした。

午後の”理学療法”で、平行棒で汗をかいていたら『見た顔』がお二人近づいてくるではありませんか。

思わずびっくりしてしまったが、私が参加させて頂いている会のお世話役の方々でした。
ブログを読んでくださっていて病院の見当をつけて来て下さったみたいです。
恐縮しながらリハビリ室を見学方々待って居て下さっていましたので、先生と一緒に二本杖歩行に付き合って頂いて部屋へ帰りましたが、なんだか恥ずかしかったです。

でもいろいろ入院の経路や病棟の説明をしながら「明日は我が身だものいい見学ができた。」ともおっしゃっていただいたのでちょっとホッとしました。

先日見に来て下さったチョボラの仲間さんもですが、「ホントに顔見に来ただけだから…」とおっしゃりながら置いて行かれた赤い紙袋がなんだかうれしくて鼻の奥がツンときました。

今日はおしゃべりに付き合っていただいて、最近の会話不足が解消してなんだか眠れそう…

コメント (2)

アクシデント!

2013-04-23 20:19:03 | Weblog

今日は昨日ほど風は冷たくないので、”OT”の締めは二本杖で、駐車場から大回りして少し坂を上がり、3段の階段を上がり非常口みたいな入口を入ります。

なんとなんとリハビリ室の奥まったトイレの横でした。
「あらぁこんなとこから入れるんだぁ」と新しい発見です。

午後の”PT”を始めて間もなくアクシデントが起きてしまいました。
一番難しいトレーニングを平行棒の中でしていたら突然膝が脱力してつかまる暇もなく転んでしまいました。

何でもない所で転んで膝をつき≪こんなことで…≫と思うところで骨折してギプスを巻いた経験が2度もありますのでイヤーな感覚がよみがえってきました。

あれよあれよという間に先生が血圧を測り酸素量を計り即リハビリ中止で病室へ帰ることになりました。
その後大した事ないようだということになりましたが、看護師さんが2度も血圧を計りに見えました。

そういえば先日筋向いさんも、車椅子に乗り移る際に失敗して尻餅をついてしまいました。
大きな身体なので私はただナースコールを押すだけです。

助手さんが駆けつけましたが身体は触れませんのでもう一人看護師さんが来て二人でやっと持ち上げましたが、それからもトイレでお尻を打ってないか調べられたり、大ごとになりました。「明日検査があるかね。」と心配しましたが何事もなかったようでした。

リハビリ室でも外来で、ご主人が奥さんの車椅子を押して機械に上がってそのあと車椅子に戻るときにお尻が外れて大きな音をして下に着いてしまいましたら、PTの先生が全員飛んできました。

今日も柱の陰で見えませんでしたが、患者さんが勝手に車椅子から立ち上がったらドシンと落ちてしまいました。またまた先生方が一斉に飛んできました。

アクシデントはどこでもあると思いますが、このリハビリ室ではアクシデントは絶対禁物のようでリアクションはみごとな物です。

しばらくおとなしくしていましたら整形外科先生の回診があって≪大丈夫≫とお墨付けを頂きました。

コメント (2)

むかしばなし

2013-04-22 20:13:40 | Weblog

今日も良い天気なので、”OT”の締めは先生の見守りで二本杖での外歩きです。

せっかくのチャンスなのに、思いがけずのビル風が強くてチョコット小回りで中へ入りました。


この病院のシンボルみたいに駐車場の一角に従軍看護婦(?)の慰霊碑が立っています。

部屋へ帰ったら丁度担当の看護師さんが来られて、筋向いさんを交えて昔の話になりました。

熟年の看護師さんは「私たち卒業式にはあの紺の制服を着て参加したのですよ。靴は編上げの皮靴履かされたわ。」という話から、「戦争前からそんな服やったんやね。戦時中は看護婦さんには勉強ができる人しかなれなかったよ。金沢にも陸軍病院なんてあって従軍看護婦でうちのおばさんなんか戦争に行ってたわ」「そうそう男子は幼年学校とか少年航空兵なんてエリートやったしね。」

そういえば「昔七尾から師範を受けに来てチンチン電車に乗ったわ。そんなころは米かついで金沢へ出てきて泊まったもんやけど」なんて先輩が言います。あの頃に戻りたくはないけど、若かったねぇ。」

看護師さんは「うちの舅さんも同い年やけどすごく達者で何でもしてくれるんで助かっとるわ。」

従軍看護婦さんの銅像からなんかしんみりした話になりました。

コメント (4)

"おしゃれ”

2013-04-21 20:33:14 | Weblog

普通の病棟はみんな病衣なのですが、我が病棟だけ朝晩着替えをするのは以前書きましたが、何しろ院内を出るわけではありませんし、リハビリのしやすい物しか着ないのですが…

私のお向かいさんは毎日のリハも”いろかえ、さまかえ”でお洋服を着ていきます。

どうかすると首が少し空いてるので素敵なスカーフを巻いて出かけました。

お隣さんと顔を見合わせて≪ふーっつ。おっしゃれぇ≫と感心しています。

娘さんが、お部屋にかけてある”衣装”の中から持ってきて下さるのだそうで、パンツも足首に金のラメのスリットが入っていたり、メッシュのお靴だったりで、「私たちもオシャレ心見習わなくっちゃね。でもムリだわ!!!」でチャンチャン。

 

 

コメント (4)