原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

【女子高生の苦しみ】”私は確実に被爆している” 「あのまま茨城にいたら、死んでいたかも」と沖縄医師

2012-06-30 21:51:30 | 未分類
【女子高生の苦しみ】”私は確実に被爆している”

「あのまま茨城にいたら、死んでいたかも」と沖縄医師

 

茨城から沖縄に避難した十五歳の高校一年女子生徒が恩師にあてた手紙。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/a0f32e0d10a294d046a4cb84c7a68d83 より

 お元気ですか?私たちは沖縄に移住し、 父、 妹は茨城に残っています。

 私は確実に被爆をしています。症状がかなりでています。主に甲状腺が腫れたり、鼻血  じんましん 免疫力低下などです。          

 自分でもびっくりするくらい体に異常が起きていて、あのまま茨城にいたら、近い将来 死んでいたかもと  沖縄の医師に言われました。 

  先生方は  公務員ですから、動けないことも、放射能について生徒に教えることができないのもよく分かっています。 様々な情報から真実を知った時、すごく苦しみました。もうすでに何人の人が死んでいるのか、ご存知ですか?私たちの世代が、あと10年後、それよりも早くごっそりいなくなると言われています。     

 茨城にいる友達が心配で仕方ありません。ネットを通して、みんなに情報を流していますが、 今がよければいい  どうせ子供産めないから、うちの親は公務員だから動けないなど将来に対して後ろ向きな考えばかりです。

仕方ありません。高校生が事実を知っても、親に言えず、不安な毎日を過ごすばかりです。だから  その親に一番  放射能の怖さを伝えられるのは教師だと思いませんか? そのためにリスクはかなりあるかもしれません。それでも子供たちは 大人の宝物ではありませんか?今の子供たちを守れるのは大人しかいません。 残念ながら、国は子供の命より経済をとってしまいました。

もし、将来  がんが増えて、国に  あの時の放射能が原因だと  訴えても  因果関係なしといわれるでしょう。 原発が爆発したときの「 ただちに影響はない」、 ただちにですよ!将来はどうなのかです。                                                                            

  もし、今までどおり普通に暮らしていれば、将来苦しむことは、はっきりわかっています。 私は今がよければいいなんて絶対に思いません。今  なんてどこでもできます。今いる場所によって将来が大きく変わるのです。私はこちらにきてよかったと本当に思います。 ですが、一番気掛かりは  茨城  関東  東北にいる子供たちの未来。本当に怖いです。誰も悪くありません。誰も責められません。 しいていうなら、国と東電。私たちは皆  被害者です。だからこそ、自分の命は自分で、子供の命は親で  守らなければいけないと思います。                                                                        

   先生  どうか放射能について真実を調べてください。どうかそれを  たくさんの人に教えてあげてください。大事な生徒を守ってください。 そこからは、それぞれが決めることです。                                                                       茨城での食生活  空気感染に十分お気をつけてください。ありがとうございました。    

============================

  茨城県より9月に沖縄に移住した 高校一年の女子生徒さんの手紙です。 4月より自転車通学で水戸へ登校。往復で五キロ以上、 雨が降っても、傘ささないで半年近く通いました。体調不良が多くなり、大量鼻水  や鼻血、鼻血は1日に、二回から三回ふつうに出始め、首が腫れてのどが痛み、顔にむくみ、胸の上と腕に赤い大きな発疹も出ているそうです。

 ネットを通して、茨城の同世代のみんなに呼びかけているそうですが、そちらから返ってくる答えが「のどが痛い」「鼻血が突然出る」「体が前より疲れやすくなっていてだるい」という体調不良を訴える友達が多くなっているそうです。漠然とした不安を抱えている女の子たちが多いそうで、あきらめにも似た気持ちを彼女へ吐露してくることも多いといいます。

 若い世代の女の子たちの中で、リアルにこうしたやり取りがされていることを知ると、この社会のあり方はどうすべきなのかと思います。

 闘っていくしかないと、僕は思っています。


 

政府よ、東電よ、これからの世代の絶望を知れ! (M)

2011-12-17 20:07:09

あの日インド人の同僚は「雨には絶対に濡れないように、できるだけ室内にいて」と言って国に帰っていきました。
韓国人からは「お願いだから早く東京から逃げて」というメールを貰いました。他の国の人は知っていたのです。福島第一の危機的状況を。

日本人だけが知らされなかったのです。

私達は永遠に忘れてはいけません、あの日私達がどのように被爆させられたのかを。

 


6月29日(金)のつぶやき

2012-06-30 02:07:39 | つぶやき
22:48 from gooBlog production
【被爆記録】3000-4000mSv以上の被爆で、下痢、嘔吐、皮下出血、下血、脱毛、発熱等の急性障害 blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/6ac2b…

23:07 from gooBlog production
「千葉北西部から昨年3月16日、関西に避難した家族 ”爪の剥がれ、爪の内出血、胸部痛、眼底に穴”」 blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/6ee85…

23:21 from gooBlog production  [ 1 RT ]
【放射線の影響】広島被爆者を見てきた医者より ”免疫がない者は症状は出ずに進行し、ある日突然死ぬ” blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/54573…

23:40 from gooBlog production
【再稼働反対抗議と要求の声明】原発再稼働を直ちにやめて下さい!私たちの命を奪わないでください! blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/3946c…

by poz_v01 on Twitter

【再稼働反対抗議と要求の声明】原発再稼働を直ちにやめて下さい!私たちの命を奪わないでください!

2012-06-29 23:40:51 | 未分類

【再稼働反対抗議と要求の声明】原発再稼働を直ちにやめて下さい!私たちの命を奪わないでください!

ご一読ご検討ください。 (命を守りたい患者会)

2012-06-26 12:20:50

2012年6月25日「命を守りたい患者会」の再稼働反対抗議と要求の声明

原発再稼働を直ちにやめて下さい!私たちの命を奪わないでください!

野田首相、関西電力、嘉田滋賀県知事、山田京都府知事、門川京都市長、橋下大阪市長、矢田神戸市長、松井大阪府知事、井戸兵庫県知事各位

2012年6月25日命を守りたい患者会
電話=09011446818keizirou.hushimi@hotmail.co.jp
(連絡先=京都伏見東郵便局私書箱26号京都生協の働く仲間の会気付)

私たちは、原発爆発で病院が奪われ、医療を奪われ、患者が、入院患者が、次々と殺されるという大虐殺を目にしてきた。東京電力と国らは、この大虐殺の張本人だ。絶対に許せない。にもかかわらず、今日、国と関西電力らは、大飯原発の再稼働を決定した。こんな大虐殺宣言、大虐殺戦争の宣戦布告を絶対に許せない。私たちは、必ず、大飯原発再稼働を阻む。原発再稼働を直ちにやめて下さい!私たちの命を奪わないでください!
なお、以下の点について、貴職らに7月2日までに誠意ある回答を行う事を強く求める。

1、福島県の東京電力福島原発爆発での双葉病院での多数の患者大虐殺を許せない。私たちは自分の問題として、深刻に考え、強く抗議する。

2、この点をNHKは次のように報じている。
「死亡した50人=福島・双葉病院の悲劇―原発事故避難での寝たきり患者
福島第1原発から5キロにある双葉病院と病院が運営する介護老人保健施設で、3月の事故直後に起った悲劇は、当時あまり大きくは報じられなかった。(NHK)

移動バスの中で「座ったままなくなっていた」
双葉病院と施設には180人の患者がいた。多くは寝たきりや介護が必要な高齢者。本来、移動はできない人ばかりだ。そこへ3月11日、 いきなり政府の緊急避難指示が出た。スタッフは院長以下17人だけ。バスが来たのは12日。まず自力で歩ける患者を送り出した。
その直後に1号機が爆発した。

病院は患者を自衛隊員に託す。混乱の中で13日から翌未明にかけて4人が亡くなった。避難先は30㌔離れた保健福祉事務所。すでに他の施設からの高齢者が800人もいた。そこで20キロ南のいわき市の高校を目指したが、20キロ圏内は通行禁止で、バスは大きく迂回して200キロを6時間をかけて走った。

この移動と到着後に46人が亡くなった。

出迎えた看護師は「座ったまま亡くなっている人が真っ先に目に入った」という。点滴の管理もなく、タンの吸入もできず、水分の欠乏、ショックなどだった。」と。

まさに、東京電力原発爆発は、寝たきりや介護が必要な高齢者、患者から病院を奪い、ベッドを奪い、薬を奪い、点滴の器具、タンの吸入の器具など、医療器具を奪い、水を奪い、空気を奪い、食料を奪った。そして、大虐殺を行った。弱者に対して、まさに、患者、寝たきり、身動きできない患者に対して、大虐殺を行った。
それなのに、今、国と関西電力らは、反省するどころか、原発再稼働を決定し、その行動に入った。私たちは、患者仲間は原発再稼働絶対反対だ!

3、私達の患者仲間は原発再稼働絶対反対だ!
Aさんは、医者から重要な入院手術の話し合いを指示されている。近いうちに、重大な手術を行うことも考えなければならない。その手術の時に、そして、重大な手術の身体の回復のために入院しているときに、原発爆発が起こったら、文字通り、見捨てられることは間違いない。殺されることは間違いない。

重大な手術を行っているとき、避難など、患者はできない。
重大な入院をしているときに、避難など、患者はできない。

全くの安全無視の原発再稼働は、その爆発事故は全員避難指示は、病院を、医療スタッフなどを奪って行く。患者は必ず殺されていく。そんなことは、絶対に許せない。私たちは殺されることを拒否する。

Bさんは、腰痛で、苦しんでいる。医者にも通って、治療などしているが、なかなか、よくならない。朝起きるときは、とても我慢できないほどに、腰が痛い。夜寝る時も、寝るのが痛くって一苦労だ。こんな状況で、屋内避難だ、コンクリート建屋への避難だなどと言っても、到底苦しくって耐え難い。こういう腰痛は、今とても多くの人が患っていると思われます。私たちは、京都府下262万人、京都市下147万人がまともに、放射能ヨウ素、セシウムの直撃を受けます。関西1400万人が、琵琶湖の放射性物質の汚染のために、琵琶湖の生活水を奪われる。生活できない、生きていけない。

また、Cさんは、ぜんそくであり、病院に定期的に通院して治療を行っている。大学病院の呼吸器内科だ。通常の病院からの紹介で、通院するようになった。こういう人々も多い。こういう大事な「主治医病院」を奪われることは、難病などの治療に必死に頑張っている人には、大変なダメージだ。
Dさん、Eさん、Fさんは、眼科にかかったり、している。あるいは、内科など、主治医になっているような医者もいる。そういう医者が奪われ、医療が奪われる。病院を奪われるという事は、あまりにもひどいといって、病院を奪われることに怒っている。そして特に、原発爆発による病院入院患者の大虐殺、皆殺しに怒っている。

4、橋下徹大阪市長は、次のように言っています。全くひどい。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120616/wec12061617190010-n1.htm
「橋下大阪市長「関西は助かった。停電なら人命にリスク」
2012.6.16 17:15 [節電・原発]
 政府による関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)再稼働方針の決定を受け、大阪市の橋下徹市長は16日、「実際に停電になれば自家発電機のない病院などで人命リスクが生じるのが大阪の現状だ。再稼働で関西は助かった。おおい町の人たちに感謝しなければならない」と述べた。」
しかし、橋下市長は、「死亡した50人=福島・双葉病院の悲劇―原発事故避難での寝たきり患者」については、一切触れていない。全くひどい。

大飯原発事故は、福島原発事故とは違う。その爆発による放射性物質バラマキは、偏西風に乗って、福島の場合は、多くが海に流れた。が、大飯原発爆発では、そのほとんどが、福井、京都、滋賀、更には、関西全域、岐阜、愛知、三重、静岡などに流れ、関西1700万人、更に多く、3000万人以上の人々が、被曝大虐殺を強要される。

京都舞鶴市では、101の病院があり、国立病院機構舞鶴医療センター 、岸本病院 、市立舞鶴市民病院、東舞鶴病院、舞鶴赤十字病院、舞鶴共済病院などが重大被曝をする。南丹市では、43の病院があり、園部丹医会病院 (内科、神経内科 ほか6科目)、公立南丹病院 (内科、精神科 ほか24科目)、明治国際医療大学附属病院 (内科、神経内科 ほか14科目)などが重大被曝をする。

京都市では、5月26日の京都新聞の発表でさえ、コンクリート建屋内に避難するとされている北区で240、右京区で257の病院が、重大な被曝をすることになる。
北区で、京都博愛会病院、城北病院、洛北病院、京都北野病院、社会保険京都病院、京都地域医療学際研究所附属病院などの総合病院を先頭に、である。

右京区で、社会医療法人和交会 太秦病院、河端病院、京都市立京北病院、国立病院機構宇多野病院、西京病院、嵯峨野病院、高雄病院などの総合病院を先頭に、である。

「停電になれば自家発電機のない病院などで人命リスクが生じるのが大阪の現状だ。」などというが、それこそ、そのために緊急に対策をとるべきである。一体軍事費など、5兆円ある。人民を守るために、戦闘機も、ミサイルも、軍隊も、いらない。その金を、人を救うため、病院を救うたま、自家発電機を買うために使えばいい。この事を、原発爆発の被曝大虐殺強要正当化の理由にするなど、絶対に許さない。以上について、7月2日までに誠意ある回答を行う事を強く求める。以上。


【放射線の影響】広島被爆者を見てきた医者より ”免疫がない者は症状は出ずに進行し、ある日突然死ぬ”

2012-06-29 23:21:45 | 放射能汚染

 【放射線の影響】広島被爆者を見てきた医者より 

”免疫がない者は症状は出ずに進行し、ある日突然死ぬ”

Unknown (Unknown)

2012-06-26 11:43:27

広島の被爆者を見てきた医者から、
「放射能の被害はすごい。色々な体の場所に被害が出る。特に心臓と脳だ。免疫の考え方が間違っている。免疫のある者は症状が出て苦しむ。免疫がない者は症状は出ずに進行し、ある日突然死ぬ。今は免疫のない者がほとんどだから、症状は出なくて突然死が増えているんだ。症状が出る者は少数派だから、放射能と気づくのが遅いんだ。」
と、言われました。

 


千葉北西部から昨年3月16日、関西に避難した家族 ”爪の剥がれ、爪の内出血、胸部痛、眼底に穴”

2012-06-29 22:57:54 | 未分類

千葉北西部から昨年3月16日、関西に避難した家族 

”爪の剥がれ、爪の内出血、胸部痛、眼底に穴”

Unknown (Unknown)

2012-06-26 06:31:13

千葉北西部から昨年3月16日に関西に避難しましたが、長男には手足の爪の剥がれ、胸部痛があります。私自身はヘルニア、爪の変形、突然の爪の内出血がありました。次男はアトピー再発、長女は鼻血がありました。そして私は歯が三本欠け、長男次男も二本づつ欠け(子供は虫歯のせいかもしれません)ました。今年になってこれらの症状はほぼ治まりましたが、長男の足の爪の剥離、胸部痛はまだ続いている状態です。本格避難の前に3月末に千葉に戻り、買い物に市内を自転車で付き合わせたこと、土剥き出しの庭で遊ばせたことを後悔しています。千葉に残った夫は急激に視力が落ち、眼底に穴が開いてるとかでレーザー治療を受けました。

 


【被爆記録】3000-4000mSv以上の被爆で、下痢、嘔吐、皮下出血、下血、脱毛、発熱等の急性障害

2012-06-29 22:48:50 | 未分類

【被爆記録】3000-4000mSv以上の被爆で、下痢、嘔吐、皮下出血、下血、脱毛、発熱等の急性障害

http://www.nuketext.org/kids/radioactivity/08disease1.html より

 それでは放射線が身体の中をとおるとどんなことが起きるのでしょうか。次の図は放射線の通った量とそれによって人間がうける傷害の関係を表しています。ここに書かれた放射線の量とそれによる傷害のていどは、おもに広島・長崎の被爆者や事故で被ばくした人の記録からわかったことです。



 この図にあるように6000から7000ミリシーベルトを100人が一度にあびると生き残れる人はほとんどいません。半分の人が死ぬ量は3000から4000シーベルトといわれています。血をはいたり、髪の毛がぬけたり、血便が出たりの症状やそのていどは、あびた線量が多くなればそれにしたがってひどくなります。

放射線の単位では、マイクロシーベルト(μSv)というものも使われます。
これは、1000分の1ミリシーベルト(mSv)のことです。
1(Sv)=1,000(mSv)=1,000,000(μSv)

 


6月28日(木)のつぶやき

2012-06-29 02:18:33 | つぶやき
08:43 from gooBlog production
「<東京電力>原発輸出事業から事実上撤退 事故対応を優先」 blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/e12c1…

12:19 from gooBlog production  [ 1 RT ]
「福島第一原発1号機の原子炉建屋地下で、毎時1万300ミリ・シーベルトを計測」 goo.gl/trFUE

12:45 from gooBlog production
「海外から東京へ帰国して1週間後から”下痢、咳、倦怠感” 1か月で甲状腺腫瘍。」 goo.gl/5aNSM

12:59 from gooBlog production
「奈良のスーパーで売られている国産牛。”福島第一から30キロ圏で飼育された牛だった”」 goo.gl/W7PSN

by poz_v01 on Twitter

奈良のスーパーで売られている国産牛。”福島第一から30キロ圏で飼育された牛だった”

2012-06-28 13:05:12 | 未分類

奈良のスーパーで売られている国産牛。

”福島第一から30キロ圏で飼育された牛だった”

奈良のスーパーにて (Unknown)

2012-06-28 00:20:51

このブログを見ておられる方々には国産牛を買われている方はいないと思いますが、先々月奈良県のスーパーにて特売品になっている牛肉の固体識別番号を好奇心から調べてみました。すると事故前から事故後もずっと福島第一から30キロ圏の市町村で飼育されていた牛でした。
放射能に関心のない方は、スーパーで売っているものは検査もされていて安全なものだと思って購入されている方が多いですよね。そのような友達にこの話をすると一様にびっくりされます。それから、もっと食べ物には気をつけたほうが良いよと話を続けています。


海外から東京へ帰国して1週間後から”下痢、咳、倦怠感”

2012-06-28 12:51:01 | 未分類

海外から東京へ帰国して1週間後から”下痢、咳、倦怠感” 

 欧州数年滞在後、先月帰国の35歳女性。橋本病と甲状腺腫瘍9mm発覚。半年前、欧州で甲状腺検査異常なし。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/cab0b5c5795e33ec9a9e2716a789d3a5 より

 まず、次の内容をご覧ください。西ヨーロッパに数年滞在して、先月帰国した女性が、帰国の一週間後から、突然体調不良となり、甲状腺の病気が今週発覚しています。彼女はヨーロッパにいた時から、今回の帰国に懸念していて、放射能対策を一定程度は、されていました。

====================================

 実は体調が本当に悪く、先週近所の内科に行ったところ、甲状腺専門の病院に行くように言われ、
すぐに診察・検査をしてもらいました。昨日その結果が出たのですが、橋本病とのこと。
また、それとは別に、9ミリの腫瘍が見つかりました。
これについては悪性か良性かわからないため、次回細胞診をすることになっています。

半年前にスペインで健康診断を受けたときに、虫の知らせ(?)で
甲状腺の検査(エコー)もお願いし、血液検査も項目を増やしてもらっていたのです。
そのときは数値には何も異常がなく、甲状腺にも問題はありませんでした。

ということは、橋本病も腫瘍も、発症したのはこの半年の間ということになります。
放射能が原因?と考えてしまいますが、まさか帰国して1か月弱で、そんなに早く症状が出ます・・かね??

取り急ぎ、発症のご報告まで。

 

【居住地と室内線量について】

・5月下旬(帰国時)よりちょうど一週間、新宿のウィークリーマンション滞在。
 室内の線量は、0.18~0.29 Inspector+で計測。

・その後は、中野区内に移る。
 現在の室内の線量は、0.11~0.17くらい。平均0.13だと思います。


【出た症状について】

・最初の一週間: 下痢、肺から絞り出すような咳、うなじに巨大な吹き出物、後半徐々に倦怠感始まる

・二週目: 下痢(後半収まりました)、咳は空ゼキのような感じに。
      この週から朝起き上がれなくなる、ひどい倦怠感で午前中から昼寝が必要
      目の痛みがありコンタクト使用できない
      吹き出物は直径2センチほどになりました

・三週目: 空ゼキ続く。朝起き上がれない、倦怠感ひどい
      目の痛みは外出時にひどくなる
      吹き出物がおさまる

・四週目: 空ゼキ続く。倦怠感も変わらず。たまに下痢。
      倦怠感と首すじの痛みがひどく、近所の内科へ。⇒専門の病院を紹介される。
           
  

【専門病院での診察について】

・初診は6月下旬
  診察時の触診で、甲状腺はかなり肥大しており、「これでは何か問題はあることは確実」と言われる。
  (カルテには“びまん肥大”と書かれました)
  診察後、血液検査、エコー検査。

・一週間後、検査結果が出る。
  血液検査の結果から、橋本病と診断。
  また、エコー画像から9ミリの腫瘍が見つかる。
  腫瘍については、悪性良性がわからないため、次回細胞診をすることになった。
  倦怠感がひどい。


 ちなみに、幼い子供に帰国後出た症状は、ひざ下の痣(紫斑も)、咳、口内炎(帰国後ずっと)、目のクマ、皮膚の痛みとただれ・・・こんな感じです。鼻血が出るかとヒヤヒヤしています。

==============================================

 この事例が、半年前の西ヨーロッパでの甲状腺のエコーや血液検査の後、ヨーロッパでの数か月間での発症ではなく、日本帰国後のこの一か月の体調不良に伴う発症であったとしたら、本当に怖ろしいです。つまり、全く今回の事故の、初期被曝はしておらず、西ヨーロッパに数年いた女性が、帰国後一か月で、甲状腺に異常が起き、橋本病が発症し、9mmの腫瘍ができる状況の可能性も、はたして想定されるのかという事です。もしも、この想定が正しければ、東京に居住することは、全く無理だと改めてはっきりする話だと思います。この35歳の女性は、帰国後、屋外では必ずマスクをしており、外食は一切せず、放射性物質を相当吟味して、材料を選び、自分で料理しているものしか食べていないという事です。それでも、こういう事が起きるなら、思わぬ放射性物質の摂取が、東京ではおこりうる現実があるという事になります。もしそうなら、致命傷になりかねません。

 この女性には、お子さんの検査もされるようにおすすめしています。お子さんの状況を確認することで、さらに事態がはっきりすると思います。


福島第一原発1号機の原子炉建屋地下で、毎時1万300ミリ・シーベルトを計測

2012-06-28 12:25:00 | 未分類

福島第一1号機、建屋内で過去最大の線量計測

 東京電力は27日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉建屋地下で、建屋内では過去最大の放射線量となる毎時1万300ミリ・シーベルトを計測したと発表した。

作業員の年間被曝(ひばく)限度である50ミリ・シーベルトにわずか約20秒で達し、約6分で嘔吐(おうと)などの急性症状が出る。廃炉に向け、建屋地下では汚染水の漏えい場所の特定や修復が必要だが、東電は「作業員が入れるレベルではなく、ロボットを使った難しい作業になる」と話す。

 計測は、配管が通る1階の貫通口から内視鏡と線量計を入れて実施。地下階には、格納容器下部の「圧力抑制室」があるが、カメラでは損傷は確認できなかった。汚染水の深さは約5メートルで、線量は地下階に入った段階で約30倍の毎時625ミリ・シーベルトにはね上がり、汚染水の水面近くで最高を記録した。2、3号機の建屋地下階の10倍以上の線量になる。東電は「1号機は炉心損傷が最も深刻で、放射性物質が地下に多く流れ込んだ」と分析する。

2012年6月27日23時03分  読売新聞)

<東京電力>原発輸出事業から事実上撤退 事故対応を優先

2012-06-28 08:48:52 | 未分類

<東京電力>原発輸出事業から事実上撤退 事故対応を優先

毎日新聞 6月28日(木)2時31分配信

 東京電力が原発の輸出事業から事実上撤退する方針を固めたことが、27日分かった。東電は、海外での原発の運転や保守点検などの事業を検討していたが、福島第1原発事故の対応で手いっぱいのため、日本の原発を新興国に売り込む国策会社「国際原子力開発」(東京都千代田区、資本金・同準備金2億円)が進めるベトナムでの原発建設計画への参加を断念する。東電の方針転換で、日本の原発輸出ビジネスは見直しを迫られる。

 国際原子力は、ベトナム政府が計画する原発の受注を主な目的に、経済産業省主導で10年10月に設立。原発を持つ電力事業者9社と原発メーカーの東芝、日立製作所、三菱重工業、官民ファンドの「産業革新機構」が出資、社長は元東電副社長の武黒一郎氏が務める。東電は20%を出資する筆頭株主で、原発の運転や保守を担う予定だった。

 しかし、東電の広瀬直己新社長は毎日新聞の取材に「我々の原子力技術者は(福島第1原発の)安定化や廃炉を長い道のりでやらねばならない。そっちを放り出して(原発輸出)ということはあり得ない」と説明。国際原子力への出資比率は当面維持するが、技術者の派遣や助言業務は行わない方針だ。

 日本勢は09年、アラブ首長国連邦(UAE)での原発受注で、日本より約2割安い価格を提示した韓国勢に競り負けた。地震国である日本の原発は、安全性を高めるコストがかさむとされる。このため経産省は、原発の建設だけでなく、技術者育成から運転、保守までを一体で売り込み、コスト面の劣勢を補う戦略を提唱。国際原子力のベトナム受注は成功例とされ、今後も東電が加わる形で原発輸出を続ける計画だった。

 東電の撤退で、日本の優位性は失われかねず、政府内には「リーダー役を関西電力などに代わってもらう」(経産省関係者)との声もある。

 しかし、態勢立て直しが遅れれば、条件の変更を理由にベトナム政府が契約を解消したり、他の新興国での受注競争に悪影響を及ぼす可能性もある。【宮島寛、和田憲二】

 ★国際原子力開発 経済産業省の呼びかけで電力会社や原発メーカー、産業革新機構の国内13事業者が出資し10年10月に設立。海外からの原発受注の窓口となり、建設だけでなく運転保守や人材育成まで一体で提案する。10年10月末にベトナムから原発2基を受注した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120628-00000002-mai-bus_all


6月27日(水)のつぶやき

2012-06-28 02:20:45 | つぶやき
00:17 from gooBlog production
「「食品の汚染に注意」在日フランス人向け公報・IRSN(9月22日)」 goo.gl/pcyFd

00:50 from gooBlog production
「【速報】国際ハッカー団「アノニマス」、日本の財務省系サイトをアクセス不能に」 goo.gl/ytnqi

12:17 from gooBlog production
「【大飯原発】活断層の隠ぺい疑惑」 goo.gl/oEbaA

12:29 from gooBlog production
「ロシア外務省の報告書 ”日本の外務省から伝えられた4,000万人避難計画”」 goo.gl/q6E8Z

by poz_v01 on Twitter

ロシア外務省の報告書 ”日本の外務省から伝えられた4,000万人避難計画”

2012-06-27 12:35:21 | 未分類

ロシア外務省の報告書

”日本の外務省から伝えられた4,000万人避難計画”

 ロシアが驚愕した日本の4,000万人避難計画
http://sekaitabi.com/russiaevacuate.html より

来週と再来週に千島列島の領有について日本と協議を再開するにあたり、ロシア外務省が用意した新報告書がクレムリンで回覧されている。

その報告書によると、日本の外務省から伝えられた以下の情報にロシア側は驚愕したという。その内容とは、4千万人以上の日本人が放射能の毒性により「極めて危険な」状況下にあり、世界最大の都市東京を含め、東日本の大半の都市から強制的に避難させられる状況に直面している。

千島列島はロシアのサハリン州にあり、北海道北東部からロシアのカムチャッカまで約1300キロに渡り広がり、オホーツク海と北太平洋を分けている。56の島々と多くの小島がある。大クリル列島と小クリル列島を含み、すべて第2次世界大戦末期に日本から獲得したものである。

2011年3月11日の東北大震災と津波により福島第一原発で起きた一連の機能喪失、炉心溶融、放射性物質放出の災禍の結果として、数千万人の日本人が極めて危険な状況に晒されている。

この報告書によれば、日本の外交官はロシア側にこう語ったという。千島列島の日本への返還は緊要な問題である。なぜならば、日本にはこれほどの人間を移住させる土地はないからだ。これは、かつてソ連においてスターリンが数千万のロシア人を極東に強制移住させた1930年代以来、最大の大量移住となるだろう、と。

さらに重要な点であるが、日本の外交筋はロシア側にこうも語ったと報告書は述べている。数千万人の日本人を中国の「ゴースト・シティーズ」に移住させるという中国の申し出も、我々は真剣に検討している、と。

この「ゴースト・シティーズ」は、よくわからない目的で建設されたもので、ロンドン・デイリー・メール・ニューズ・サービスが2010年12月18日に次のタイトルで報じている。

中国のゴースト・タウンズ:放置された数百万人都市群を衛星写真が捉えた

これらの衛星写真が捉えた驚くべき都市群は、中国のへき地に建設され完成後何年も放置されたままだ。入念に作られた公共ビルやオープン・スペースは全く使われておらず。共産党本部の政府関係車両が散見されるだけだ。一説によると空家は6400万世帯もあると言われ、さらに毎年20以上の都市が中国の広大な土地に建設されているということだ。

この報告書の中で、外交専門家たちは、日本が中国の申し出を受け入れれば、両国は歴史上最大の超大国になり、経済は米国や欧州共同体を合わせたよりも大きく、また2億人を越す連合軍ができるだろうと述べている。

日本の悲惨な状況については、最近、日本の外交官である松村昭雄氏が述べており、福島原発の災禍は、地球上の生命すべてを絶滅させるほどの事件に発展しうると警告している。

 


【大飯原発】活断層の隠ぺい疑惑

2012-06-27 12:22:54 | 未分類

大飯原発の敷地内断層写真未提出 保安院要請に関西電力

(2012年6月26日午前7時16分)

再稼働準備中の関西電力大飯原発(福井県おおい町)の敷地内を走る軟弱な断層(破砕帯)が、活断層と連動して地表をずらす危険性が指摘されている問題で、経済産業省原子力安全・保安院は25日、関電に求めた破砕帯の写真が提出されていないことを明らかにした。

 保安院によると、要請には法的強制力はなく、関電は「写真を探しているが見つからない」としている。保安院は「データの要請は情報収集の一環」としており、大飯原発の破砕帯の活動性はないとの見解は変えていない。

 同日、参院議員会館で開催された市民団体などとの会合で保安院が明らかにした。

 保安院は、渡辺満久東洋大教授(変動地形学)らが今月初め、破砕帯がずれる危険性を指摘したのを受け、情報収集を始めた。1985年に関電が国に提出した大飯3、4号機の増設申請書に掲載された調査図面の原図と、破砕帯の写真を求めたが、原図しか提供されていないという。

 また、保安院専門家会議の委員のうち活断層に詳しい6人に非公式に見解を尋ねたところ、一部の委員からは「現地を調査するべきだ」との意見があったという。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nuclearpower/35424.html


(活断層と原発)都合のいい安全審査の実態 
”断層刻み” ”断層殺し” 活断層もなかったことになる

 「断層殺しの例」

大飯原発沖の海域活断層S10は最近活動した証拠が無いので考慮しないとしています。
しかし、音波探査結果をよくみると断層活動による地層の乱れがみられ、活断層とわかります。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/10fefcbdb27625c1af07cc77840e9333


6月26日(火)のつぶやき

2012-06-27 02:10:31 | つぶやき
12:13 from gooBlog production
「【福島事故による悲劇】焼身自殺した渡辺はま子さんの苦悩、夫の幹夫さんの悲しみと怒り」 goo.gl/hnHRl

by poz_v01 on Twitter