原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※5回目の紹介

2014-09-07 19:00:00 | 【ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド】

*『原発大震災の超ヤバイ話』著者:安部芳裕 
 「ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈①~⑤」を紹介します。5回目の紹介

お金のしくみを作ったのがロスチャイルドなら
原発のしくみを作ったのもやはりロスチャイルドだった!

(P231から)原発は過疎の村の貧しさの上に成り立っています。

現場の作業労働者は、地元の農民や漁民、あるいはホームレスの人が、

放射線の怖さを教えられないまま被曝し、人知れず死んでいっています。

----------------

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈⑤

 ノーベル賞の選考は秘密裏の行われ、その過程は受賞の50年後まで公表されません。これまでの受賞者を見ていると、「人類のために貢献をした人々」というよりは「ロスチャイルド一族のために貢献をした人々」に授けられているような気もします。

 もし、ノーベルが本当に「死の商人」と呼ばれることが嫌だったのなら、爆薬の供給を止めてしまえば、悲惨な戦争は続けられなくなったでしょう。しかし、ノーベル・ダイナマイト・トラストは、欧州すべての国に爆薬を提供し続け、莫大な利益と膨大な死者の山を築き上げていきました。

※「ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈①~⑤」の紹介は、今回で終了です。

引き続き、「 プルトニウム輸送船「あかつき丸」の日米密約 」を本日から数回に分け紹介します。

本日、既に投稿した記事のリンク ⇒プルトニウム輸送船「あかつき丸」の日米密約 ※1回目の紹介


<過去に紹介した記事 ※紹介終了>

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※1回目の紹介

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※2回目の紹介

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※3回目の紹介

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※4回目の紹介

 

<過去に紹介した記事 ※1~12回>

原子力産業のしくみはロスチャイルドが作った  ※下の方に1~11回のリンクあり

知らない方が幸せかもしれない 原発大震災の超ヤバイ話 (超☆はらはら)


この記事をはてなブックマークに追加

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※4回目の紹介

2014-09-06 19:00:00 | 【ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド】

*『原発大震災の超ヤバイ話』著者:安部芳裕 
 「ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈①~⑤」を紹介します。4回目の紹介

お金のしくみを作ったのがロスチャイルドなら
原発のしくみを作ったのもやはりロスチャイルドだった!

(P231から)原発は過疎の村の貧しさの上に成り立っています。

現場の作業労働者は、地元の農民や漁民、あるいはホームレスの人が、

放射線の怖さを教えられないまま被曝し、人知れず死んでいっています。

----------------

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈④ 

 アルフレッド・ノーベルは「死の商人」と呼ばれることを嫌っており、死後の評価を気にして、自分の財産を「人類のために最大たる貢献をした人々に分配」してほしいと遺言を残しました。

そのためノーベル賞の賞金はアルフレッドの遺産の90パーセント(日本円にして約207億円)をノーベル財団が運用し、その運用益を原始としています。

 つまり、ノーベル財団は一種の資産運用会社であり、事実上動かしているのは「北欧のロスチャイルド」と呼ばれるスェーデンの名家ウォーレンバーグ財閥です。

 


<過去に紹介した記事 ※紹介中>

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※1回目の紹介

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※2回目の紹介

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※3回目の紹介

 

<過去に紹介した記事 ※1~12回>

原子力産業のしくみはロスチャイルドが作った  ※下の方に1~11回のリンクあり

知らない方が幸せかもしれない 原発大震災の超ヤバイ話 (超☆はらはら)


この記事をはてなブックマークに追加

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※3回目の紹介

2014-09-05 18:56:48 | 【ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド】

*『原発大震災の超ヤバイ話』著者:安部芳裕 
 「ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈①~⑤」を紹介します。3回目の紹介

お金のしくみを作ったのがロスチャイルドなら
原発のしくみを作ったのもやはりロスチャイルドだった!

(P231から)原発は過疎の村の貧しさの上に成り立っています。

現場の作業労働者は、地元の農民や漁民、あるいはホームレスの人が、

放射線の怖さを教えられないまま被曝し、人知れず死んでいっています。

----------------

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈③ 

 当時の欧州では、銃砲はイギリスのアームストロング社とフランスのシュネーデル社が群を抜いていました。ともにロスチャイルド傘下にある二社の製品を世界各国が購入し、お互いに殺しあっていたのです。19世紀末頃からはドイツのクルップ社も加わり、この三社が独占的に銃砲を支配するようになりました。これらの銃砲に使われる火薬は、欧州ではノーベル社、米国ではデュポン社と、二大メーカーによって独占的に供給されていました。

 デュポン家はフランス出身ですが、フランス家のクロード・デュポンの夫が金融王ネイサン・ロスチャイルドの直系に当たるジェームズ・ナサニエル・チャールズ・レオポルド・ロスチャイルドでした。

 ノーベル社は、のちにノーベル産業と名を変え、ロスチャイルド家の仲介でモンド社のほか二社と合併し、超巨大化学会社インペリアル・ケミカル・インダストリーズ(ICI)となり、ドイツのIGファルベンに対抗して、世界を第二次世界大戦に巻き込んでいきます。

 


<過去に紹介した記事 ※紹介中>

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※1回目の紹介

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※2回目の紹介

 

<過去に紹介した記事 ※1~12回>

原子力産業のしくみはロスチャイルドが作った  ※下の方に1~11回のリンクあり

知らない方が幸せかもしれない 原発大震災の超ヤバイ話 (超☆はらはら)


この記事をはてなブックマークに追加

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※2回目の紹介

2014-09-04 18:58:45 | 【ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド】

*『原発大震災の超ヤバイ話』著者:安部芳裕 
 「ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈①~⑤」を紹介します。2回目の紹介

お金のしくみを作ったのがロスチャイルドなら
原発のしくみを作ったのもやはりロスチャイルドだった!

(P231から)原発は過疎の村の貧しさの上に成り立っています。

現場の作業労働者は、地元の農民や漁民、あるいはホームレスの人が、

放射線の怖さを教えられないまま被曝し、人知れず死んでいっています。

----------------

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈②

 1866年にダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルは、1878年に長兄ロバート、次兄ルドヴィッヒと共に現在のアゼルバイジャンにあるバクー油田でノーベル兄弟石油会社を設立しています。油田開発からナフサ精製、輸送までを請け負ったノーベル兄弟は、1885年には年間10万トンにまで生産高を伸ばし、ロシアにおける灯油生産の半分を占めるまでになりました。

 このバクー油田の石油生産に参入してきたのが、フランス・ロスチャイルド家のアルフォンソ・ロスチャイルドでした。1886年にカスピ海・黒海会社を設立し、バクーから黒海の港町バツームまで鉄道を設置、イギリスに販売会社も設立します。当初はライバル関係にあった両者ですが、ノーベル兄弟石油会社がロスチャイルド商会に融資を受けてからはパートナーとなり、1894年にアルフレッドが武器製造業に進出してからは二人三脚で世界に武器を売り込むようになります。

 


<過去に紹介した記事 ※紹介中>

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※1回目の紹介

 

<過去に紹介した記事 ※1~12回>

原子力産業のしくみはロスチャイルドが作った  ※下の方に1~11回のリンクあり

知らない方が幸せかもしれない 原発大震災の超ヤバイ話 (超☆はらはら)


この記事をはてなブックマークに追加

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈 ※1回目の紹介

2014-09-03 19:00:00 | 【ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド】

*『原発大震災の超ヤバイ話』著者:安部芳裕 
 「ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈①~⑤」を紹介します。1回目の紹介

お金のしくみを作ったのがロスチャイルドなら
原発のしくみを作ったのもやはりロスチャイルドだった!

(P231から)原発は過疎の村の貧しさの上に成り立っています。

現場の作業労働者は、地元の農民や漁民、あるいはホームレスの人が、

放射線の怖さを教えられないまま被曝し、人知れず死んでいっています。

----------------

ノーベル賞の背後にあるロスチャイルド人脈① 

 ノーベル賞は、物理学、化学など6種類の分野で顕著な功績を残した人物に贈られる世界的な賞です。ダイナマイトの発明で巨万の富を築いたアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まりました。

第1回目の物理学賞受賞者はヴィルヘルム・レントゲン。

第2回目の受賞者は、放射現象に対する磁性の影響の研究でヘンドリック・ローレンツとピーター・ゼーマン。

第3回目の受賞者は、ピエールとマリ・キュリーのキュリー夫妻とアンリ・ベクレル。まさに原子力研究の伝説的先駆者が名を連ねています。

また、マンハッタン計画に参加した多くの科学者もノーベル賞受賞者でしたし、2007年にはアル・ゴアも平和賞を受賞しています。つまり、本コラムの登場人物の多くがノーベル賞受賞者なのです。これは単なる偶然の一致なのでしょうか?

知らない方が幸せかもしれない 原発大震災の超ヤバイ話 (超☆はらはら)


この記事をはてなブックマークに追加