曲がり角で 迷いながら

自分も家族も人生の曲がり角に。戸惑いの中の日々を迷いうろついています。実家母要介護2夫母要支援2にダウン。

Bこさん、転倒 そしてこうなった  その4 今後が怖い

2017年05月28日 | 高齢者

御年90歳のオット母Bこさん、さすがに90を超えると、もともと筋力がなく歩行が怪しい状態でしたが、それに拍車がかかっております。

が!本人は、それを認めたくない女心?老婆心と正直言うところでありましょうが、もとお嬢様のプライドが許さない。

ついこの間まで、ひとりで「よろよろ」歩いているのがみっともないと、ご自分よりもかなりしっかり歩いているにもかかわらず、「ひとりで」「よろよろ」どっかへいかにゃあならないなんて(どこかへ出かけなくてはならないなんて)みっともないねえ、と、こちらに言わせれば、頑張ってひとりで出かけている人の事を、誹っていたいたBこさんであります。

ポイントは「ひとりで」なんでもしなくちゃならないみじめな人。タクシーも使えないような貧乏人。

でも、私にはお金もあるし、息子夫婦がいるから、そんなみっともない格好で外を出歩かなくてもいいのだなんちゅうプライドであります。

が!しか~し!

残念ながら、いくらこっちが送って行こうが何だろうが、他人さまから見たら、「いやあ、気の毒に。」と大いに同情されるような(本人もですが、付き添っているこちらにも、同情の眼が注がれるつうね、そんな状態なんですわ。

それに、プラスあの、頭のケガじゃありませんか。

今までは、自分では取り繕っていたものが、(容姿がご自慢の)頭はガーゼが外れても、髪のセットもままならないので、しかも、もうもう、姿勢も二つに折れ曲がったかのようになっておりますから、いやでも頭頂部が目に付くわけです。

ところが、もう、洗髪も美容院もいいよとなったのに、散々、行きたい行きたい言っていたのに、美容院に行ってきたのにあれれの髪型。頭頂部むき出してす。はっきりいって、さらば高原がむき出しになっておるんであります。さらに、ケガをしたところの横筋と、前髪の分け目が真ん中と右にあって、ケガをしたところは5ミリほどの幅で剃ってあるけれど、今までの分け目からかぶせれば十分隠れるのに、むき出し。さらに、以前の分け目で薄くなっていたところもむき出し。そして、真ん中からなぜか分けて、しかもあちこち、ピン止め。

あれは、セットとは言いませんな。

はっきり言って、わたいのほうが、セットがうまい。正直に言うと、行かないほうがよかった!状態になっております。

今までは、上手にふんわり、滅びゆく草原は隠してくれてあって、「きれいなおばあちゃんね」と言われていたのがですねえ、う~~~むでありますよ。

ありゃあ、実子にとってはかなりつらいもんではないかと思いますねえ。

その点は、オットと、義弟に同情いたしますです。

そうそう、大混乱の中、私の検査日に義弟はやってまいりました。

もうね、当然、なにもせず出かけましたよ。

まあ、お茶の用意ぐらいはしていきましたけどね、お昼もどうしたんだか、聞きもしませんが。

多少、気も~~ち、義弟も、大変さは実感したんではないかと思いますがね~~。多少ですよ、多少!

だってですよ、さすがに義弟が帰った後、義弟ヨメがですね、

「まあ~、おかあさま大変でしたね~~。大丈夫ですかあ?元気になった、うちに遊びに来てくださいね~~」なんて、電話がかかってきましたからね。

家に遊びに来て下さいね~~って本気で思っているなら、迎えに来いや!まったく口先だけなんだから!と電話から漏れる声を聞きながら「何言ってるんだよ!」と、毒づくわたくしめでございますよ。

間もなく、オット、入院でございますよ。オットの入院手術も心配は心配なんですけどね、わたしゃ、Bこさんとの、二人きりの生活が…、想像するだに、恐ろしいだす。

いやさ、ケガをするかもなんて心配なんじゃあありませんよ。それよか、Bこさんとのお食事諸々、ええ!ふたりきりの、空間が苦痛なんでありますよ。ま!向こうさんもそうでありましょうがね。くわばらくわばら。アーメン!ち~~ん!

コメント

Bこさん、転倒 そしてこうなった  その3

2017年05月20日 | 高齢者

Bこさん、転倒の結果、8針縫うケガ。

側頭部をどこにぶつけたのか?いまだにはっきりしませんが、床に血しぶきがたくさんあったので、床に打ち付けたのか?とはじめは思ったのですが、どうも、箪笥の角?傷は真っすぐ横にあり、まるで漫画のように、傷から真下に滝のように血が噴出していたのですが、それはバイアスピリンを飲んでいるため、鮮血が噴出したようです。

傷の手当てをしている間、Bこさんは、うつむいていて、顔に髪が覆い被ってまして、お岩さんのもっと上からみたいな。目をぎゅっとつむっているからか、髪の毛やら、顔のしわを伝って、右目に見事な血だまり。( ̄▽ ̄;)まさか目もぶつけたかと、ドキドキですわ。

しかし、こんなに前髪が長いとは知らなかったぜ。そして、こんなに頭頂部が薄くなっているとは(@ ̄□ ̄@;)!!

まあ、おかげで、傷は見えやすいですけどね、それにしても、ガーゼとか止まらないわけで。しかも、Bこさんは右に大きく曲がった背中で、長い間斜めにすごしているためか、頭部も右側が真っすぐ切り立ったようになっています。そして、頭頂部はとんがり…、つまり、普通は頭部のケガってネットをして止めるわけですが、どうしても上がってきてしまうんですなあ。病院ではネットに両方の耳に引っ掛けるための穴を作り、止めてくれたんですけど、一度けがの手当てのために、ネットを外してしまうと、それをはめるのが大変。

オットと二人で両側からネットを引っ張って、何とかはめるんですけどね、かゆいだの、耳が痛いなどいって、上にあげてしまうので、ぴよ~~んとゴムが縮んで、頭の先端部分に上がってしまって…、これもなんか、漫画だ!なんて思ってしまったよ。その、ちょこっと(いや、よくそんなに縮むなって思うほどネットは縮むんですよ。)三角錐のBこさんの頭に乗っかってしまうのは、腹が立つっていうか、あきれるっていうのか、こっちは、お口ぽか~~んです。

傷の手当てももちろん、大変なんですよ。それがやっと終わって、大汗かいてやっとやっと、止まったネットが、Bこさんが、ここがかゆいだ、じゃまだって、上にあげちゃうもので、即!しゅしゅしゅしゅ~~です。

 

しまいにもう、あきらめましたがな。

ネットが外れるときに一緒にガーゼも動いてしまうんで、結局また傷の消毒もやり直しだし、髪の毛もかかってしまうので、またまた櫛でとかして、傷に掛からないようにしなくてはならないし。

もうね、ほとんど髪の毛のないところ、テープやら、ピンやらで無理やりくっつけましたわ。

と言っても、ただ、切り傷だけではなく、たんこぶもできているので、盛り上がるは傷はあるわ、髪は薄いわ……。

洗髪もしてやらなくてはならないし…。まあ、血まみれの髪の毛をふいてきれいにしたことを思えば、洗ったほうが楽かもしれないですけどね、洗ってもらいながら、あ~だこ~だ言いますからね。

診察時に先生にそのことを言うと、「いいですいいです。直に止めっちゃってください。」

これ以上、薄くなるのも気の毒だと、おそるおそる、やってましたが、もうね、今更ね、しょうがないでしょ。

それでも、幸い膿んだりすることもなく、傷もよくなり、昨日めでたく抜糸しました。

で、やっと、今頃ですねえ、なんでこんなに前髪が長いのか、わかりました。

いわゆるバーコードでは、追い付かず、ぐる~~と、半周させて、頭頂部に乗せていたんですなあ。

それで、デイサービスの入浴では洗髪をさせなかったんですねえ。

で、Bこさん、「美容院に行きたいよう。」

わたくし「行ったらどうですか?今日でも明日でも。美容院のほうが当然上手にやってくれるでしょ。行ってきれいにセットしてもらったらどうですか?」

行きたいよう、行きたいようと騒いでいたのに、行けば!と突き放したら、Bこさん、無言でございます。

ええ、もう、わたくしは洗髪は致しませんですよ。専門家じゃありませんからね。プロにやってもらってくださいな。

行きたいが、傷があるのをプライドで言えないBこさんなのであります。

それは、十分わかっておりますが、気が付かないふりをして、美容院を勧めるオニヨメでございますよ(*^^)v

さて、ケガをした事を、義弟(B子さんから見たら次男)に隠したままでありますが、さて、義弟が来てどうなったでありましょうや→続く~~

 

 

 

 

コメント

Bこさん、転倒→そしてこうなった( ̄▽ ̄;)  その2

2017年05月14日 | 高齢者

本来なら時系列に書くべきでしょうが、ただいま絶賛怒り中なんでありますよ。もちろん、わたくしめがです!

Bこさんのケガは、ただでさえ身動きできないのに更に、なんか、一時も目が離せない状態になっとるわけです。

そこへもってきて、先日の私の入退院の時も、付き添いのできなかったオットがですよ、今度は自分が入院するわけですわ。

「私は付き添ってもらえなかったが」オットには付き添ってやろうと思うわけですわね。なんせ、人の説明の聞けないやつなんで、今後の処置とか、手術内容だとか、結果結果とか、正しく聞いてこれるとは思えないんですなあ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

のちのち面倒なんで、付き添いは必須です。つうか、付き添いなしにはやってはくれないつうのよ!

でも、このテントウ事件ですわ。

最悪?最悪でなくてもですよ、もう一人の実子にオットの付き添いなり、オット母Bこさんの介護?看護なりしてほしいじゃないですか。それに、ぶったのは頭ですよ!頭!

何があるかわからないじゃないですか。Bこさんも病院に連れて行かなきゃらないわけで、A地点、B地点に、わたくし同時刻に入れるわけがないんですからさあ、こんな時知らせないでどうするよ。

面倒を見てもらうもありますけどさあ、万が一が万が一ではなくて、10に一ぐらいはあるわけですよ。

もしかしたら今晩にでも、ってこともないわけじゃないじゃないですか。

なのに!

オットの弟(つまり私から見たら義弟ですなあ)何を思ったか、のんきな写真を送ってきたんですわ。

いや、のんきなんて言ったら悪いですけどね、なんで、私のところに送ってくるの?って思うわけです。

オットに送ればいいじゃないですか。

昨日どこそこに出かけました。その時の写真です。おばあちゃんに見せてやってください。

ってさあ、なんなの?

たぶん母の日なんで、かわいい次男夫婦と孫の写真を見せてやってほしいってことなんだろうけど、ひじょ~~~に、腹立たしい!

よかったね!遊びに行けて❣楽しかったでしょ?ブリブリ(# ゚Д゚)

はあ?どうやって返事をするんだよ。

でもってですねえ、一応見せましたよ、Bこさんに。オットにも。

と、Bこさん、プレゼントも送られてきたっと事もあるでしょうが、ありがとうの電話を「私が買い物に行っているすきに」してるんですわ。

私を見て、びっくりした顔をして、言い訳したりして。

で、ぴぴ~~んと来たんです。

オットに確かめましたよ。

「おばあちゃんがけがをしたこと言ってないでしょ?連絡してないでしょ?おばあちゃんが隠すのは仕方ないにしても、義弟には知らせるべきじゃないの?(あんたの入院中、ばあさん、どうするつもり?私を怒らせたら面倒見ないぜ!オーラを込めてね。)」

と、オット「いや、ばあさんが絶対に知らせるなっていうからさ…」

ほお~~、そうですか。実子がいいんならいいけどさあ、万が一んときゃあ、知らないぜ。いいんだね、知らせなくて。

まあ、親子そろってそういうならば、わたいは、知らない。

どうするんだ?もう入院は間もなくだぜ!

Bこさんの介護?看護?については、続く~~~(いやさ、これが結構大変だってのがあって、余計に腹が立つのよ!)

 

コメント

Bこさん、転倒→そしてこうなった( ̄▽ ̄;)  その1

2017年05月12日 | 高齢者

一番元気な御年90歳の、オット母Bこさん。

一番元気なはずが、しばらく起きなかった、転倒事件。

年に一度はあるのにね~~が、遠ざかっていたので、今年はついに骨折事件なしかあと思っておりました。

ら!

ら!

ついにやっちまいましたあ。

朝起きがけの転倒事件。

今日はデイに行く日で、いつもなら「5時に起きなきゃなんない」と言う人が、7時ころまで寝ておったんですなあ。

たぶん慌てて起きて、慌てて廊下に出たものの、忘れ物をして、戻ってくるところに遭遇。(その時はすごい勢いてカートを押していた)

Bこさん、カートを押しているところを見られるのを嫌がります。私がカートを使うように勧めたのですが、歩行おぼつかなくなっているのを認めたくないので、こっそり、私がいない時に使うんですなあ。

自分ではこっそりのつもりでも、まったくこっそりでもないし、こっちは使ってほしいんですが、なんて言いましょうかねえ、どうも、自尊心が傷つくんでありましょうね。

で!カートを使っているところをヨメに見られた!とか、まだパジャマでいるところを見られたからなのか、とにかく慌てて部屋に入って、ぴしゃっと戸を閉め、その直後、どったん!と大きな音。

大丈夫?と声をかけるも、ごそごそ動く音は聞こえるものの、返事なし。

オットも出てきて部屋に飛びこむも、いつもなら明々電気もつけているのに、雨戸も明けず電気もつけず真っ暗。

とりあえず、電気をつけたオット、思わず悲鳴!いやさ、大声で「うわ~~!」

「おかあちゃん、入って入って!大変だあ~~」言われなくても、すでに入室済みですがな。

そこで見たのは……

部屋の入り口の血だまりと、頭から血をふくBこさんの姿でした。

長くなるので、続く~~。

Bこさんは、今んとこご生存中です。今んとこ、ごはんもお菓子も食べてますがね~~。

コメント

一番元気はBこさん

2017年05月07日 | 高齢者

2月から不調の続くオット。

私の入院(原因がなくなったわけではないので、今後も治療および、何年かに一度の手術は必要)。

そこへもってきて、ヨメちゃんの、長期入院。

満身創痍の中、何とか、ヨメさんも、お産までたどり着き…。

お産の日、私は久しぶりの仕事開始の日だったということもあり、頭がパンク状態でして、その夜、どう過ごしたのか全く覚えがなく…。ちゃんと、息子にもご飯を食べさせたのかさえ、なんて声をかけたのさえ、ぶっとんでしまってました。

こりゃ、疲れだけじゃないぞ。いよいよ、わたいも、認知が怪しいか?

と、マジ、思いましたぜ(^^;)

夜も寝てるんだか起きているんだかよくわからず…オット曰く、夜中にお風呂に入っていたらしいが、そんな気もするが…という、ひじょ~~に、アヤしいお脳でごぜえますだ。

朝になってあまりに頭がぼお~~としているので、何気に血圧を測ってびっくり。

普段上が130前後なんですけど、その日は何度計っても180前後下が100あたりをうろうろ。

こりゃ、血圧のせいだ(ぢゃないかもしれないが、そういうことにしておこう)と、変に納得して、何もかもすっぽかして、寝ました!

ええ!ここで、わたいも倒れたらえらいこっちゃ!

まあ、次の日は落ち着いて今に至るんですが、やっぱり、何かあると、わたいも心臓だか、頭だか、影響があるんですな。と言うか、そういう年齢になったんですな。もう、無理は出来やせん!何か言いたげなオット母Bこさんも、ほっぽらかして、寝ましたよ!

なにせ、いちばん元気で、食欲があるのがBこさん。あっちへ連れてけ、あれしろ、ここ行け、ああだこうだ言っておりましたがね、完全無視状態でありますよ。

オットも偉くなって、ちゃんと、夕飯にお弁当を買ってきてくれましたよ。

いつもなら、え~~(^_^;)ってもんを買ってきちゃうんですけどね、わたいの分は、「黒米野菜たっぷり弁当」を買ってきてくれた。偉くなったねえ~~。Bこさんには唐揚げ弁当かなんかでしたけど、まあね、Bこさんには、「お弁当」なんぞお口に合わないから、せっかくのお弁当もあれはよけ、これははじきなんぞやってましたけど、もう、そんなものは目に入らねえ~~(*^^)v

オットの成長?に満足のわたくしめでありますよ。

なんて、頭がぼ~~~としている間に、連休は、終わっちまいました。ほんと、ぼお~~っとして終わったわ( ̄▽ ̄;)

 

コメント

2017年05月07日 | 日記

お星さんになった、赤ちゃんの分まで、健やかにとの気持ちを込めて

と、命名しました。

こういう届けって、休日も受け付けれくれるのがうれしいですね。

丁度連休の真っただ中の、出来事だったので、役所の対応に感謝です。

産院でも、お星さんになった子どもも、ちゃんと親子だけの時間を取ってくれて、まだ、お寺さんも気持ちよく受け入れてくれて(中には水子供養で他の子どもと一緒に納めるところもあるそうで)ありがたいの一言です。

今は健君が元気に退院できることを待つばかりです。

健君、頑張ってね♡

コメント

お星さんになったよ。

2017年05月05日 | 冠婚葬祭

 

息子の初めての赤ちゃん。

ふたごでした。

ひとりは、無事生まれましたが、ひとりはお星さんになりました。

今日、息子夫婦二人で見送りました。

お腹の中で、3か月前にお星さんになって、お兄ちゃんを見守ってきた、小さな小さな天使ちゃん。

お兄ちゃんを、ちゃんと、見守って、お兄ちゃんをこの世に送ってくれました。

自分は小さく小さくなって、かわりにお兄ちゃんを大きくしてくれました。

まだ、ママは入院中。

でも、ふたりで、天国に送りたいと、病院から見送りに行きました。

お兄ちゃんが、ママと一緒に、おうちに帰ってきたら、息子をいつも膝に抱いて可愛がってくれていたじいちゃんの眠るお墓に、納めます。ひいじいちゃんのお膝でお眠りなさい。

お兄ちゃんと一緒に大きくなってね。

 

 

 

コメント

無事です

2017年05月01日 | 医療

退院したとはいえ、本来ならまだ入院期間の内は(入浴も出来ないし(^_^;))隠遁生活を送っていました。

その後、ぼちぼち、日常生活に戻り、先日、術後の診察(二科診察)が終わり、まあまあの経過です。

ただ、オットのほうが検査に引っかかり(もう、2月からだから3か月だよねえ~~)2週間後に検査入院です。あちこち、検査をして異常なしだったのですが、最後の最後に引かっかり、オット、逆に元気になりました。

まあ私もそうでしたので、気持ちはわかります。

ずっと、ここがおかしいと思いながら、「異常なし」と言われ続け、ピンポイントにここに嚢胞があります。切除しましょうとなったら、あれもこれもこれが原因だったのかと、すっきりして、それまで、気のせいだの、年のせいだの言われていたのがそうではなかったってのが、気持ちのすっきり感になってますね。

本当は手術後経過が良ければ、この連休中に私の田舎にいる二人の叔母さんを訪ねる予定でしたが、オットがそんなんですし、オット母Bこさんは相変わらずなので、無理せず、故郷行はあきらめました。まあ、ひとりならJRで日帰りで行けますから折を見て行って来ようかと思います。

そして、間もなく、新しい命が生まれる。

あまりいい話のなかったここ一年でしたが、やっといい知らせが来そうな予感。

いま知らせを待っております(祈り)

コメント