要するに、いきたいように いきろ

あーあ。ベジタリアニズムのはなしは、しばらく うちどめ。やめた。


要するに、いきたいように いきれば いいよ。


でも、それをみいだすのは、それほど かんたんなことではないだろう。そこが肝心なところだ。

わたしは、どのように いきたいのか。いろんなことを かんがえつつ、んーーーっと なやみながら、こたえをだす。こたえが でないまま いきる。

なにが なんだか わからない。ほんとうに そうだよ。坂口安吾(さかぐち・あんご)は、
「続堕落論」で「まず裸になり、とらわれたるタブーをすて、己の真実の声をもとめよ」と のべている。「己の真実の声」というものが はたして あるもんだろうかとも おもうが、いいたいことは わかる。わかるけれども、それが なしがたいことであるということも想像できる。だから、安吾も「我々のなしうることは、ただ、少しずつよくなれということで、人間の堕落の限界も、実は案外、その程度でしかあり得ない」とする。「人は無限に堕ちきれるほど堅牢な精神にめぐまれていない」からである。そんなものだろう。(自己犠牲よりはエゴイズムを
これをかいたのは2年まえだが、いまでも そう おもっている。

「まず裸になる」ということは、かんたんなことじゃない。

「とらわれたるタブーをすてる」ことも、かんたんじゃない。

「己の真実の声をもとめる」ことも、なにが なんだか わからない。


わかりませんよ。わかりますか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ベジタリアニ... 本を かいました »