ひのっき絵日記

あったかくてぐっすりでごはんがおいしくてよかったねうれしいねなんて小さなしあわせ探し絵日記

田端回転寿司「もり一」は都内屈指の美味

2017年12月24日 | 絵日記
久しぶりに田端で下車。
田端と言えば外せないのが都内屈指の美味しさを誇る回転寿司「もり一」です。
おやつにちょっとつまんでいこう。


いくらと蛸卵。このお店はハーフと頼むと一皿2種類でも対応してくれるのが嬉しい。

うーん、美味しい!蛸卵はねっとり海の旨味が凝縮したような美味。いくらも気持ちよく口内で弾けます。

真あじと生えび。

うーん!美味しい!新鮮なネタが程よく握られたシャリと絡み絶妙な美味しさ。
このお店はシャリに赤酢を使っていて風味がまろやかなのです。
続けての葉鰈といさきも涙目の美味しさ。

あさり椀。

うーん!美味しい!
あさりの出汁と味噌の旨味が優しく絡んで体中の細胞に滋養が行き渡るような美味しさ。
あさりの味噌汁を飲むと、さいとうたかを先生の名作「サバイバル」で主人公が漂着した島で貝を潮汁にして飲み感動したシーンを思い出します。

この美味しさで一皿税別150円均一の安心価格。

場所が近ければ毎週でも通いたい都内屈指の名店です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 豊洲TOHOシネマ ゴジラ | トップ | クリスマスの飾りつけ »

コメントを投稿

絵日記」カテゴリの最新記事