お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

今日からバファローズ3連戦!

2018-08-31 10:30:54 | ライオンズ 2018
  
  今日から京セラドーム大阪でのオリックス・バファローズ3蓮戦が始まります。
 
  この3連戦のノルマは勝ち越しです!
 
  まずは菊池投手でカード頭を取っておきましょう!
 
 
 
  ということで、今日の予告先発を確認しておきたいと思います。
 
 
 
 
8月31日(金) vs オリックス・バファローズ 21回戦   京セラドーム大阪  18時試合開始
 
オリックス・バファローズ 埼玉西武ライオンズ
対 L   6 勝 12 敗 2 分対 B   12 勝 6 敗 2 分
 
予告先発32デ ィ ク ソ ン右投予告先発16菊 池  雄 星左投
 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ
今季成績3.6417今季成績3.2418
vs L 成績4.70vs B 成績1.06

 
 
  と、発表されております。
 
  ここからはエース菊池投手の登板で負けてもらっては困ります。
 
  能書きはいりません、ただただ勝利をお願いします。
 
コメント

8/29 東北楽天ゴールデンイーグルス戦 22回戦

2018-08-30 10:26:26 | ライオンズ 2018
 
  8月29日は県営大宮での東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。
 
  榎田投手が7回表にまさかの2本塁打で3失点。
 
  9回裏に山川選手のサヨナラタイムリーでまさかの逆転サヨナラ勝利!
 
  まさかまさかの展開で伊藤投手が2試合連続での2勝目!
 
  待望のラッキーボーイが出てきました。
  
 
 
  では、その試合結果を確認します。
 
 
 
 
  2018年8月29日(水)  県営大宮(18時試合開始)
    東北楽天ゴールデンイーグルス戦   22回戦(16勝6敗0分)
    観客数:17323人   試合時間:3時間18分

 
T E A M101112
 E a g l e s   
 L i o n s3×   12
  球審:山路哲生 / 塁審(一):有隅昭二 / 塁審(二):小林和公 / 塁審(三):橋本信治
 
勝利投手 伊藤(L)2勝0敗0S
セーブ 
敗戦投手 ハーマン(E)2勝3敗18S
本塁打 内田5号(7回2ラン)、田中16号(7回ソロ)
 
盗 塁 
 秋山2個
バッテリー 辛島、高梨、青山、ハーマン - 嶋
 榎田、野田、伊藤 - 森
 
スターティングメンバー
L i o n s E a g l e s
打順Pos選 手 名打順Pos選 手 名
 源田 壮亮 田中 和基
 秋山 翔吾 西巻 賢二
 浅村 栄斗 島内 宏明
 山川 穂高 今江 年晶
 外崎 修汰 銀次
 中村 剛也 ウィーラー
 森 友哉 ペゲーロ
 メヒア 内田 靖人
 金子 侑司 嶋 基宏
  榎田 大樹  辛島 航
 

 
 
 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
打順Pos選 手 名打率打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
(遊) 源田 壮亮.2674100110000
(中) 秋山 翔吾.3235122000200
(二) 浅村 栄斗.3155130000000
(一) 山川 穂高.2713011220000
(右) 外崎 修汰.2834120100000
(三) 中村 剛也.2443011100000
(捕) 森 友哉.2934011300000
(指) メヒア.2204010000000
(左) 金子 侑司.1972000101000
  栗山 巧.2421010000000
  斉藤 彰吾.2840100000000
合 計.272355125931200

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
(遊) 源田左邪飛 一ゴロ 一ゴロ 空三振 四 球 
(中) 秋山中 飛 中 安 一ゴロ ニゴロ 右 安
(二) 浅村左 安 右 飛  中 安 中 安右 飛
(一) 山川四 球  四 球 見三振 空三振右 安
(右) 外崎空三振  中 安 三ゴロ 右 2 
(三) 中村 空三振 投併打 中 安 中犠飛 
(捕) 森 見三振 空三振 右 安 見三振 
(指) メヒア 三 飛  中 安左 飛  中 飛
(左) 金子侑  空三振 投犠打 遊ゴロ  
  栗山        中 2
  斉藤彰         
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
   =安打、赤字=打点

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   投 手 登 板 成 績
 
勝 敗
セーブ
投 手 名防御率投球回数投球数打者数被安打被本塁打奪三振与四球与死球失点自責点
  榎田 大樹3.307119297251144
  野田 昇吾2.5612251021000
 伊藤 翔2.4511230010000

 
 
 
 
 
  という結果でした。
 
  勝ちはしましたがガッカリです。
 
  なんで森選手を5番から外すのか?
 
  この試合でも5番が森選手ならという場面は何度もありました。
 
  残念ながらバッターとしては森選手と外崎選手では打率以上に差があります。
 
  5番打者としての外崎選手には怖さも無くハッキリ言ってまだ役不足です。
 
  対戦相手に一番嫌がられているのは森選手です。
 
  それはビジターの時の解説者の方々が口を揃えて言っています。
 
  ホンマに優勝したいなら左投手が先発だからといってこんな愚かなことは止めて下さい。
 
  何回も同じ失敗を繰り返しています、もうろそろそ気付いて下さい。お願いします。
 
 
 
  7回表の3失点目を田中選手のソロホームランで奪われて時点で負け試合でした。
 
  よくぞひっくり返してくれたと思います。
 
  9回裏の猛攻は勿論ですが、8回裏の1点が最後の最後に効きました。
 
  最終回を3点差では無く2点差で迎えたことでハーマン投手にプレッシャーをかけれたようです。
 
  秋山選手は2番に入り、プレッシャーから解放されたように活躍してくれています。
 
  そして秋山選手に引っ張られるように浅村選手も調子を上げてくれています。
 
  源田選手と金子侑選手には復調の兆しはまだみえませんが、
 
  山川選手は底は脱したような感じがします。
 
  好調な選手が3人いればある程度の得点は奪える打線です!
 
  あとは8番&9番に誰を出すかは監督の手腕です。
 
  調子の悪い選手に送りバントをさせることも復調のきっかけになるかも知れません。
 
  イーグルス戦の2戦で2勝を挙げた伊藤投手というラッキーボーイも出てきました。
 
  この勢いをきっかけにして、カードの勝ち越しを続けていきましょう!
  
 
 
 
 
  明日は試合がありません。
 
  最後に次戦の予定と、ついでにここまでの対戦成績を確認しておきます。
 
  8月31日(金)~9月2日(日)は京セラドーム大阪でのオリックス・バファローズ3連戦です。
 
  いわゆる表のローテーションですから、当然勝ち越しはノルマです!
 
  まずは菊池投手でカード頭を取って確実に勝ち越してホークス戦の3連敗を少しでも取り戻しておきましょう!
 
 
  そして、残り試合数が29試合になったここまでの対戦成績です。
 
 
   対 福岡ソフトバンクホークス     8勝10敗  、残り7試合。
 
   対 北海道日本ハムファイターズ    9勝 8敗  、残り8試合。
 
   対 千葉ロッテマリーンズ      12勝 7敗  、残り6試合。
 
   対 オリックス・バファローズ    12勝 6敗2分、残り5試合。
 
   対 東北楽天ゴールデンイーグルス  16勝 6敗  、残り3試合。
 
 
  となっています。
 
  お得意様のイーグルス戦が残りわずか3試合。
 
  ほとんど五分のホークス戦とファイターズ戦が合計15試合も残っています。
 
  2位のホークスとゲーム差は6ですが、勝利数の差は7。
 
  消化試合がライオンズの方が3試合多いのですが、
 
  ライオンズが   114試合67勝45敗2分、勝率 .598
 
  ホークスが    111試合60勝50敗1分、勝率 .545 でライオンズとのゲーム差6
 
  ファイターズが  115試合60勝52敗3分、勝率 .536 でライオンズとのゲーム差7
 
  です。
 
  直接対決で5割をキープ出来れば楽に優勝出来ます。
 
  が、2008年以来優勝してないということは、そんなに簡単にはいかないでしょう。
 
  勝てる試合は確実にものにすることが今まで以上に大事になってきます。
 
  チーム防御率がパ・リーグ最下位のライオンズが優勝すると1つの事件だとは思いますが、
 
  質を高めるのは来シーズン以降の宿題として、
 
  今シーズンはこのまま打ち勝つ野球で優勝を目指しましょう!
 
コメント

8/28 東北楽天ゴールデンイーグルス戦 21回戦

2018-08-29 10:26:47 | ライオンズ 2018
 
  8月28日は前橋での東北楽天ゴールデンイーグルス戦でした。
 
  両チームでタイムリーエラーをした選手が活躍するという分かりやすく盛り上がる試合を制して
 
  連敗を3で止めてくれました。
 
  ホークス戦の3連敗は今週の5試合を全勝しても取り戻すことは出来ませんが、
 
  ホークス戦で勝てないなら他のチーム相手に勝ち星を増やしていけばいい話です。
 
  典型的な自滅からの負け試合を逆転でものにしたのはとてつもなく大きいと思います。
  
 
 
  では、その試合結果を確認します。
 
 
 
 
  2018年8月28日(火)  前橋(18時試合開始)
    東北楽天ゴールデンイーグルス戦   21回戦(15勝6敗0分)
    観客数:15512人   試合時間:3時間14分

 
T E A M101112
 E a g l e s   
 L i o n s   10
  球審:名幸一明 / 塁審(一):山路哲生 / 塁審(二):有隅昭二 / 塁審(三):小林和公
 
勝利投手 伊藤(L)1勝0敗0S
セーブ ヒース(L)3勝0敗7S
敗戦投手 則本(E)6勝10敗0S
本塁打 田中15号(1回ソロ)
 中村23号(2回ソロ)、浅村26号(7回3ラン)
盗 塁 島内1個
 
バッテリー 則本、宋家豪、松井裕 - 嶋
 多和田、小川、伊藤、マーティン、ヒース - 森
 
スターティングメンバー
L i o n s E a g l e s
打順Pos選 手 名打順Pos選 手 名
 源田 壮亮 田中 和基
 秋山 翔吾 西巻 賢二
 浅村 栄斗 島内 宏明
 山川 穂高 今江 年晶
 森 友哉 銀次
 外崎 修汰 内田 靖人
 中村 剛也 ペゲーロ
 栗山 巧 嶋 基宏
 金子 侑司 岡島 豪郎
  多和田 真三郎  則本 昂大
 

 
 
 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
打順Pos選 手 名打率打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
(遊) 源田 壮亮.2705120000000
(中) 秋山 翔吾.3223111110000
(二) 浅村 栄斗.3124133100011
(一) 山川 穂高.2714010100000
(捕) 森 友哉.2934100200010
(右) 外崎 修汰.2814000000000
(三) 中村 剛也.2433121010001
(指) 栗山 巧.2383000200000
 打指 岡田 雅利.2880000001000
(左) 金子 侑司.1994110000000
合 計.271346105721022

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
(遊) 源田中 安 左 飛 遊ゴロ 右 安中 飛  
(中) 秋山空三振 右 飛 四 球 右 安  
(二) 浅村右 安 空三振 左 安 右 本  
(一) 山川空三振  左 安中 飛 中 飛  
(捕) 森空三振  一ゴロ見三振 遊 飛  
(右) 外崎 投ゴロ 右 飛 左 飛捕ゴロ  
(三) 中村 右 本 四 球 遊ゴロ 左 安 
(指) 栗山 空三振 遊 失 空三振   
 打指 岡田       三犠打 
(左) 金子侑 一ゴロ 一ゴロ  中 安ニゴロ 
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
   =安打、赤字=打点

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   投 手 登 板 成 績
 
勝 敗
セーブ
投 手 名防御率投球回数投球数打者数被安打被本塁打奪三振与四球与死球失点自責点
  多和田 真三郎4.385.1/3107298126053
  小川 龍也0.000.2/3710000000
 伊藤 翔2.6311331010000
 マーティン0.9311430010000
 ヒース1.5711840030100

 
 
 
 
 
  という結果でした。
 
  まずは、伊藤投手プロ初勝利おめでとうございました。
 
  どんどん投げる機会を増やして2勝目3勝目と優勝へ向けて貢献して下さい。
 
  そして、小川投手好リリーフありがとうございました。
 
  あの6回表で追加点を取られていたら試合は終わっていたかも知れません。
 
  一死満塁から島内投手をショートゴロダブルプレーに抑えてくれたことが大きな勝敗の分かれ目になりました。
 
 
 
  この試合はかなりラッキーだったと思います。
 
  1回表で試合が終わっていてもおかしくはありませんでした。
 
  田中選手に先頭打者ホームランを打たれて、なお無死2・1塁から、
 
  今江選手のサードゴロを中村選手が軽快に捌いて衝撃のトリプルプレー!
 
  ひょっとすると1回表を1失点で終わったことが最大のラッキーだったのかも知れません。
 
  3回表は3四球もイーグルスの拙い攻めも手伝って無失点で凌ぐことが出来ました。
 
  4回裏には二死2・1塁から栗山選手のショートフライを西巻選手が落球する間に1点奪えました。
 
  6回表は多和田投手には気の毒でしたが、
 
  今江選手に打撃妨害で無死1塁、
 
  銀次選手をセカンドゴロに抑えるも送球エラーで無死3・2塁、
 
  内田選手は空振り三振に抑えて一死3・2塁、
 
  ペゲーロ選手にはフルカウントから四球を選ばれ一死満塁、
 
  嶋選手にセンター前タイムリーヒットを打たれて2対2の同点、なお一死満塁、
 
  岡島選手にセンター左へ勝ち越し2点タイムリーヒットを打たれ2対4、なお一死3・1塁、
 
  田中選手の3球目にワイルドピッチで一死3・2塁、田中選手には四球を選ばれ一死満塁、
 
  西巻選手にレフト前タイムリーヒットを打たれて2対5、なお一死満塁、
 
  ここでようやく投手交代、小川投手が登板。
 
  島内選手をフルカウントからショートゴロダブルプレーでチェンジに。
 
  一死満塁のピンチで登板した小川投手が好リリーフをみせてくれたのと、
 
  島内選手の打球の早さと飛んだコースが良かった為にゲッツを取れました。
 
  ここでゲッツを取れたこともある意味ラッキーだったと思います。
 
 
  確かに6回表の多和田投手は味方に足を引っ張られる感じで気の毒ではありましたが、
 
  序盤3回までが悪過ぎました。
 
  3回までで被安打4、与四球4、よく1失点で済んだなぁというのが正直な感想です。
 
  その上、ボール球が多く守備の時間が長い!
 
  これでは野手のリズムが崩れてしまうのも仕方がありません。
 
  立ち上がりの悪さと打たれだすと止まらないという悪癖を改善してもらわないと、
 
  ペナントレースと違って次が無いCSでは後悔だけが残ることになってしまいそうで怖いです。
 
 
  この試合では1番に源田選手、2番に秋山選手と入れ替えました。
 
  タイプ的に言えば、塁に出ても走れない秋山選手を1番に置くよりも、
 
  源田選手を1番に置く方が良いとは思います。
 
  ただ、最多安打のタイトルと出塁率などを考えるとまだ早いかなと思っていました。
 
  せっかくですから、僕の思うタイプを書いておくと、
 
  源田選手は1番、秋山選手は5番、森選手は4番、浅村選手は3番、
 
  に向いていると思います。
 
  金子侑選手がもう少し安定して打率を残せれば1・2番で源田選手と組ませることが理想的ですが、
 
  今の打撃では9番以外は無理っぽいです。
 
  森選手は捕手で4番は体力的にどうかと思いますし、
 
  山川選手は4番としてはやはり粗い!
 
  低打率で4番を打ち続けてきた中村選手に近い成績になってしまいそうで、
 
  かつてのデストラーデ選手のように打率は低くてもホームランと打点を稼いでくれる5番がベストだと思います。
 
  秋山選手は年間200安打以上という目標がある限りは1・2番でいくべきだとは思いますが、
 
  少し年齢を重ねて来れば、かつてのブレーブスの松永浩美選手のような5番タイプだと思います。
 
  5番タイプが2人いるのもどうかとは思いますが、万が一浅村選手がFAで移籍ということになった場合は、
 
  秋山選手を3番にすれば最小限の戦力ダウンで済むはずです。
 
  かなりずれた話題になってしまいましたので、この試合に戻しますと、
 
  多和田投手の四球、浅村選手のタイムリーエラーと負けて当然の試合を逆転できたのは、
 
  今シーズンのライオンズの強さだと思います。
 
  これで大事なのは次の試合も取ることです!
 
  連勝してこそこの初戦の逆転勝利の意味は大きくなります。
 
  怪我人が目立ちやや元気の無いイーグルス相手なら連勝も可能なはずです!
 
  1勝1敗では意味がありません!
 
  2連勝で次節へ挑めるようにお願いします。
 
 
 
 
 
  最後に次戦の予定と予告先発を確認します。
 
 
 
8月29日(水) vs 東北楽天ゴールデンイーグルス   22回戦   県営大宮  18時試合開始
 
埼玉西武ライオンズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
対 E   15 勝 6 敗 0 分対 L   6 勝 15 敗 0 分
 
予告先発30榎 田  大 樹左投 予告先発58辛 島  航左投
 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ
今季成績3.1617今季成績3.4518
vs E 成績2.20vs L 成績2.31

 
 
 
  と、発表されております。
 
  自身初の二桁勝利がかかる榎田投手が先発です。
 
  先に書いときますが、左の辛島投手が先発だからといって、
 
  森選手を5番から外すという愚かなことは止めて下さい。
 
  森選手が5番から外れた試合の勝率の低さは分かってるはずです。
 
  左投手だから打てないというレベルの選手ではありません!
 
  そんなことは十分わかってるはずです!
 
  浅村選手、山川選手、森選手、外崎選手、中村選手の並びやから
 
  強力なクリーンアップなんです。
 
  森選手を5番から外してしまうと昨シーズン以前と同じで粗い右打者が並んでいるだけで怖さは半減です。
 
  森選手を外すと打線の目に見えない部分の繋がりが断ち切れているいることにそろそろ気付いて下さい。
 
  榎田投手の10勝達成=2戦2勝ということにもなりますので、
 
  情けなく悔しかったホークス戦の3連敗を取り返す意味でも、
 
  今日の試合も総力戦で勝利をものにして下さい!
 
コメント

今日からイーグルス2連戦!

2018-08-28 10:10:56 | ライオンズ 2018
  
  今日からホームでの東北楽天ゴールデンイーグルス2蓮戦が始まります。
 
  今日は前橋、明日は県営大宮での試合です。
 
  今週はホームで2連戦、1日空いてビジターでの3連戦となります。
 
  ホークス相手にやってはいけない最悪の同一カード3連敗となってしまいましたので、
 
  先週の負け分を取り戻さなければなりません!
 
  まずは多和田投手でカード頭を取っておきましょう!
 
 
 
  ということで、今日の予告先発を確認しておきたいと思います。
 
 
 
 
8月28日(火) vs 東北楽天ゴールデンイーグルス 21回戦   前橋  18時試合開始
 
埼玉西武ライオンズ 東北楽天ゴールデンイーグルス
対 E   14 勝 6 敗 0 分対 L   6 勝 14 敗 0 分
 
予告先発18多 和 田  真 三 郎右投予告先発14則 本  昂 大右投
 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ 防御率登板数勝 利敗 戦セーブ
今季成績4.352012今季成績3.9020
vs E 成績2.51vs L 成績10.57

 
 
  と、発表されております。
 
 
  通算の防御率をみると5点取った方が勝つようなある打ち合いが予想されます。
 
  多和田投手は4戦4勝とイーグルスとの相性は抜群ですし、
 
  則本投手は3戦3敗で防御率が10点台とライオンズにとっては相性抜群です!
 
  ホークス相手に最悪の3連敗でペナントレースを盛り上げてしまいました。
 
  2010年の悪夢を思い出してしまいましたが、
 
  今シーズンはまだ試合が残っています。
 
  ホークス戦でライオンズの弱さが露呈しました。
 
  次は盛り返していく番です。
 
  まずはオールスター戦以降全くといって良いほど機能していない盗塁という武器を取り戻しましょう!
 
  とにかく連敗ストップをお願いします。
 
コメント

8/26 福岡ソフトバンクホークス戦 18回戦

2018-08-27 10:35:53 | ライオンズ 2018
 
  8月26日もヤフオクドームでの福岡ソフトバンクホークス戦でした。
 
  森選手が体調不良や怪我などでないならスタメンから外したのが理解できません。
  
  負け試合を追い付いて勝ち越したのにサヨナラ負けという尋常じゃないダメージを受けた試合になってしまいました。
 
 
 
  では、その試合結果を確認します。
 
 
 
 
  2018年8月26日(日)  ヤフオクドーム(13時試合開始)
    福岡ソフトバンクホークス戦   18回戦(8勝10敗0分)
    観客数:38530人   試合時間:4時間48分

 
T E A M101112
 L i o n s14
 H a w k s4✕10
  球審:嶋田哲也 / 塁審(一):山本貴則 / 塁審(二):丹波幸一 / 塁審(三):白井一行
 
勝利投手 中田(H)5勝3敗0S
セーブ 
敗戦投手 齊藤大(L)1勝2敗0S
本塁打 源田2号(4回ソロ)
 柳田29号(1回2ラン)、今宮8号(2回満塁)、柳田30号(8回2ラン)、グラシアル4号(12回満塁)
盗 塁 
 
バッテリー 郭、野田、平井、ヒース、マーティン、小川、増田 - 岡田、森
 大竹、加治屋、嘉弥真、石川、スアレス、森、五十嵐、中田 - 甲斐、髙谷
 
スターティングメンバー
H a w k s L i o n s
打順Pos選 手 名打順Pos選 手 名
 牧原 大成 秋山 翔吾
 今宮 健太 源田 壮亮
 グラシアル 浅村 栄斗
 柳田 悠岐 山川 穂高
 松田 宣浩 外崎 修汰
 中村 晃 中村 剛也
 明石 健志 メヒア
 甲斐 拓也 岡田 雅利
 福田 秀平 金子 侑司
  大竹 耕太郎  郭 俊麟
 

 
 
 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
打順Pos選 手 名打率打数得点安打打点三振四死犠打盗塁失策本塁打
(中) 秋山 翔吾.3226121310000
(遊) 源田 壮亮.2685112210001
(二)一 浅村 栄斗.3086023100000
(一) 山川 穂高.2715000010000
 走右 熊代 聖人.0000000000000
(右)二 外崎 修汰.2846130200000
(三) 中村 剛也.2385230010000
(指) メヒア.2193010010000
 走指 松井 稼頭央.1432100200000
(捕) 岡田 雅利.2882000000000
 打捕 森 友哉.2963111110000
(左) 金子 侑司.1982100010000
  栗山 巧.2421011000000
 走左 斉藤 彰吾.2842000100000
合 計.2714881481270011

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   打 者 出 場 成 績
 
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
(中) 秋山見三振 投ゴロ  左 2空三振一 安 四 球 空三振
(遊) 源田三ゴロ  右 本 ニゴロ四 球空三振 空三振  
(二)一 浅村左 飛  右 飛 左 2中 安 空三振 投ゴロ 
(一) 山川 二 飛 遊ゴロ 遊ゴロ遊 飛 一ゴロ 四 球 
 走右 熊代            
(右)二 外崎 左 2 右 飛  右 2空三振右 安 空三振 
(三) 中村 中 飛  三ゴロ 四 球遊 安 右 安左 安 
(指) メヒア 左 飛  左 安 左 飛四 球    
 走指 松井         空三振空三振 
(捕) 岡田  捕邪飛 二併打       
 打捕 森      左 安右 飛 四 球 空三振
(左) 金子侑  一邪飛  遊ゴロ四 球     
  栗山       右 安    
 走左 斉藤彰         左 飛 空三振
Pos選手名1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回12回
   =安打、赤字=打点

 
 
 
 
埼 玉 西 武 ラ イ オ ン ズ   投 手 登 板 成 績
 
勝 敗
セーブ
投 手 名防御率投球回数投球数打者数被安打被本塁打奪三振与四球与死球失点自責点
  郭 俊麟9.00699265242166
 野田 昇吾2.641730010000
  平井 克典3.4812052110022
 ヒース1.6311330010000
 マーティン1.041.1/31240010000
 小川 龍也0.000.2/3620010000
 齊藤 大将3.860.1/31032000022
  増田 達至6.510.0/3721101022

 
 
 
 
 
  という結果でした。
 
  何してるんやろ?というのが正直な感想です。
 
  ここにきてベンチの経験不足が露呈するとは思いませんでした。
 
  勝負を賭けるべき時の見極めが弱いですし、1点を取りにいく姿勢がみえませんでした。
 
  延長12回裏は守るしかないのに、炭谷捕手の起用は考えなかったんでしょうか?
 
  逆に、この場面で使わないならベンチに入れておく必要はあるんでしょうか?
 
  僕が炭谷捕手の立場なら来シーズンは他チームへ移籍しようと考えます。
 
  ライオンズ打線の軸である森選手をスタメンから外してホークスを楽にする意味も分かりません。
 
  優勝経験と優勝争いが豊富なホークスベンチに対してあまりにも拙いライオンズベンチでした。
 
 
  満塁ホームラン2本とツーランを2本浴びて勝てる訳がないです。
 
  この試合展開でよく追い付き、一時は逆転までしてくれました。
 
  で、結局サヨナラ満塁ホームランで負け。
 
  これでダメージが無いわけがないです。
 
  1つ1つ敗戦の原因を探してもしょうがない試合だと思います。
 
  今後の反省という意味では、
 
  2回裏に四球、四球、犠打、死球、センターフライ、満塁ホームランを打たれた郭投手には
 
  無駄な四死球を出さないコントロールを付けて欲しいのと、
 
  12回裏に一死1塁から牽制悪送球で一気にピンチを広げてしまった齊藤大投手の不注意さを、
 
  大いに反省してもらいたいとは思いますが、
 
  結局は、この終盤戦に入り首位攻防戦でホークスに実力負けしたというのが結果であり事実です。
 
  もし、優勝を逃せば間違いなくこの3連戦の3連敗が今シーズンの分かれ目になるでしょうし、
 
  優勝を果たせればこの3連敗をよく乗り切ったということになると思います。
 
  今シーズン終了後にどちらの感想になるのかはここからの選手次第です。
 
  優勝するのはそんなに簡単じゃないということだと思います。
 
 
 
 
 
  明日は試合がありません。
 
  最後に次週の予定を確認します。
 
  8月28日(火)は前橋で、29日(水)は県営大宮での東北楽天ゴールデンイーグルス2連戦。
 
  8月31日(金)~9月2日(日)は京セラドームでのオリックス・バファローズ3連戦。
 
  となっています。
 
  正直、この3連敗のダメージはかなり大きく、一気にガタッと崩れてしまってもおかしくないとは思いますが、
 
  現状まだ首位は守っています。
 
  今週の負け越し分は来週でさっさと取り返して下さい。
 
  こういう時こそから元気でもいいので前向きな姿勢をみせて下さい、よろしくお願いします。
 
コメント