お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

第338回 toto 予想

2008-05-31 12:40:44 | Jリーグ & 日本代表
第338回の予想をしたいと思います。


 第338回 
(1=ホーム勝ち、0=引分け、2=ホーム負け)
 対象試合=ナビスコカップ第5節、J2第17節
No開催日時競技場ホームアウェー出場停止 (青字=日本代表
5/31
14:00
西京極京 都  名古屋(京)
(名)バヤリッツァ、山口、楢崎、玉田
5/31
14:00
鴨池磐 田  東京V(磐)川口、駒野
(V)
5/31
14:00
熊谷陸大 宮  新 潟(宮)森重
(新)矢野
5/31
14:00
九石ド大 分 横浜FM(大)深谷、森重、長友、今野
(横)松田直、中澤、山瀬
5/31
15:00
等々力川 崎  札 幌(川)川島、寺田、井川、中村憲
(札)アレッサンドロ、
5/31
14:00
松本FC東京  清 水(F)
(清)
5/31
16:00
柏の葉  千 葉(柏)
(千)
5/31
14:00
ユアスタ仙 台  湘 南(仙)
(湘)山口
5/31
16:00
ニッパ球横浜FC  山 形(FC)
(山)
105/31
16:00
長居C大阪  愛 媛(C)香川
(愛)
115/31
13:00
ひたちな水 戸  徳 島(水)
(徳)ドゥンビア
125/31
13:00
長良川岐 阜  甲 府(岐)小峯
(甲)
135/31
14:00
ベアスタ鳥 栖  福 岡(鳥)金
(福)柳楽



何個当たってくれるでしょう?
コメント

本日からドラゴンズ2連戦

2008-05-31 12:16:54 | ライオンズ
本日5月31日から西武ドームで13時から
ドラゴンズ2連戦が行われます。

交流戦の順位&成績は、
ライオンズが8試合4勝4敗0分けの8位。
ドラゴンズが8試合3勝5敗0分けの9位。
となってます。

両チーム似た状況で寸。
ライオンズは細川捕手が右手の怪我。
ドラゴンズは谷繁捕手が怪我で登録抹消。

エースが勝ち切れず、
涌井投手が5勝4敗、川上投手が2勝3敗。

と勝敗表があらわすように苦しい状態ですが、
似たタイプのチームだけに、ここで勝てれば
チーム状況も上向くんじゃないでしょうか。

守備力で劣る分、攻撃力で勝っていますし、
活躍している和田選手とも初対決です。

5月29日までの成績が、
22試合中14勝8敗となってます。
4試合ぶりの西武ドームでDHも使えますし、
今日勝っておきましょう!お願いします。
コメント

ワールドカップアジア3次予選メンバー発表

2008-05-31 11:57:34 | ライオンズ
6月2日&7日のオマーン代表戦、
6月14日のタイ代表戦に招集されたメンバーが
5月28日に発表されましたので、確認します。


PosNo氏 名所 属年齢身長体重出場得点
GK 川口 能活ジュビロ磐田3218077114-103
 楢崎 正剛名古屋グランパス321878055-56
 川島 永嗣川崎フロンターレ25185801-1
 
DF 寺田 周平川崎フロンターレ321898010
 中澤 佑二横浜F・マリノス30187787413
 田中マルクス闘莉王浦和レッズ2718582112
 駒野 友一ジュビロ磐田2617276350
 阿部 勇樹浦和レッズ2617777292
 井川 祐輔川崎フロンターレ251827500
 長友 佑都FC東京211706520
 内田 篤人鹿島アントラーズ201766260
 
MF 中村 俊輔セルティックFC30178697420
 遠藤 保仁ガンバ大阪2817875665
 中村 憲剛川崎フロンターレ2717567231
 松井 大輔サンテティエンヌ271756481
 鈴木 啓太浦和レッズ2617767280
 山瀬 功治横浜F・マリノス261737095
 今野 泰幸FC東京2517873200
 長谷部 誠ヴォルフスブルク241797280
 香川 真司セレッソ大阪191726310
 
FW 玉田 圭司名古屋グランパス28173674310
 巻 誠一郎ジェフユナイテッド千葉2718481318
 大久保 嘉人ヴィッセル神戸2517073273
 矢野 貴章アルビレックス新潟2418574101


と発表されました。
FWの高原選手が5月29日に所属チームで調整
するために不参加ということになりました。
岡田監督と高原選手が話し合って決めたそうですが、
今の状態なら当然だと思います。

浦和に入ってから代表に名前で呼んでいたのが
そもそもの間違いでしょう。
体調の問題なのか、精神的な問題なのかわかりませんが、
動きの悪さは明らかでしたから。

荒療治になるでしょうが、この3次予選は高原選手
無しでも問題無いです。
勝ち抜けは当然出来るくらいのレベルはあるはずです。

最終予選は確実に苦しむと思いますから、そこに
代表に戻って来てくれていればいいということです。
まだ日本代表は、アジア予選1位でワールドカップに
出場したことがないんですから。

ずっとそうですが、代表FWに期待しましょう。
コメント

対カープ 第2戦(5/29)

2008-05-30 15:12:16 | ライオンズ
守備の乱れでリズム悪く、
ルイス投手を打てず。



試合結果はこちら。

 5月29日(目) 広島、18:00、15,267人
 101112
   
×   
 ルイス(C)7勝4敗0S
 永川(C)2勝0敗6S
 涌井(L)5勝44敗0S
HR L)ボカチカ11号
 C)
盗塁 L)
 C)天谷1個
バッテリー L)涌井、大沼、星野、正津-銀仁朗、細川
 C)ルイス、シュルツ、永川-石原



 西武ライオンズ 打撃成績
Pos選手打率








(二)片岡.278401000000
(左)栗山.269402020000
(遊)中島.327401010000
(一)ブラゼル.216300010000
大沼---000000000
星野---000000000
正津---000000000
平尾.121100000000
(右)G.G.佐藤.351401020000
(三)中村.234200011000
(中)ボカチカ.283311110000
(捕)銀仁朗.071200010000
石井義.280100010000
細川.250000000000
(投)涌井.000200020001
打一江藤.118100000000
合 計.26331161121001


 西武ライオンズ 投手成績
勝敗
セーブ
投手





















涌井2.6962796701333
 大沼3.030.2/3415201000
 星野1.720.2/325000000
 正津0.000.2/328000000


この試合もテレビ観戦できました。


この試合の僕なりのポイントは、
守備の乱れです。

1回裏一死ランナーなしから2番の東出選手が
強い当たりのセカンドゴロを弾いて内野安打。

3回裏一死一塁から9番のルイス投手が
ピッチャー前へ送りバントをするも、
涌井投手が二塁へ悪送球、中島選手が取れず、
ピッチャーのエラー。

6回裏二死満塁から8番の石原捕手が
大きくバウンドしたシュートゴロを打つも、
バウンドに合わせて捕球し、送球するも
石原捕手がヘッドスライディングで内野安打に。
追加点を許してしまいました。

7回裏無死一塁から東出選手の3球目に
一塁走者の天谷選手が盗塁、この回から守備に
付いた細川捕手が送球しようとするも後ろにこぼして
しまい投げられず、無死二塁。

7回裏二死二塁から4番の栗原選手が
ショートゴロを打つも、中島選手が握り直し、
一塁へ送球するも間に合わず内野安打。

ライオンズの守備の集中力が、
カープのバッターランナーの気迫に
負けてしまっていたように思います。

好投のルイス投手を打てずに攻撃に気持ちが
向かっていたのかも知れません。

もうひとつ気になったことは、
12三振をくらったんですが、
見逃し三振が4つありました。
交流戦前は空振り三振はありましたが、
見逃し三振はもう少し少なく感じましたが…。


ルイス投手がこんなにええ投手やとは
知りませんでした。
1点取れただけでも良しとしましょう。

涌井投手も良くないなりに6回投げて3失点
はまずまずの好投でしょう。
この試合は当たった投手が悪かったということで、
納得しました。


次節は西武ドームでのドラゴンズ戦です。
5月31日(土)&6月1日(日)共に
13時からとなってます。

先発は帆足投手と西口投手でしょうか?

ドラゴンズは今怪我人の影響で苦戦しているようです。
森野選手、谷繁選手がいないようですし、
ウッズ選手も4番を外れているみたいですから、
チャンスです!勝っていきましょう!


江藤選手が代打で登場すると、広島市民球場のスタンドから
歓声が起こりました。
なんでやろう?と思って聞いていると、広島市民球場での
試合は今シーズンで最後になり、来季からは新球場に。
それで、元4番で主砲だった江藤選手に歓声が起こった
そうです。

野村・正田・前田・江藤・金本・緒方・達川…。
日本シリーズで対戦したときは凄いメンバーやと
敵ながら思いました。
狭い球場だからなのかはわかりませんが、
足の速い、守備の上手い選手が多かったですね。

この江藤選手への歓声を聞いても交流戦の意味は
あったのかも知れませんね。
と、悔しさと一緒にそう思った試合後でした。
コメント

キリンカップ パラグアイ戦

2008-05-29 14:49:02 | Jリーグ & 日本代表
5月27日にキリンカップの
パラグアイ戦が埼玉スタジアムで
行われ、0-0で引き分けました。

DF力は十分満足のいくものを
見せてくれました。



では結果と出場選手を確認します。

日本代表前半パラグアイ
代表
後半
 得点 
大久保 嘉人(後半37分)
松井 大輔(後半39分)
警告ブリテス(後半16分)
エスティガリビア(後半45分)
 退場 



PosNo出場時間選手名
GK1890分楢崎 正剛
DF90分寺田 周平
DF90分田中マルクス闘莉王
DF69分阿部 勇樹
 →後24分駒野 友一
DF2790分長友 佑都
MF45分遠藤 保仁
 →後0分松井 大輔
MF77分山瀬 功冶
 16→後32分大久保 嘉人
MF1090分中村 俊輔
MF1363分鈴木 啓太
 17→後18分長谷部 誠
MF1485分中村 憲剛
 →40分今野 泰幸
FW1263分巻 誠一郎
 19→後18分高原 直泰



試合の感想は、こんなもんかなと。

シュート数が、
日本9(前半4、後半5)、
パラグアイ6(前半2、後半4)。

ボール支配率が、
日本63.7%、パラグアイ36.3%。

CKが、
日本5(前半3、後半2)、
パラグアイ3(前半2、後半1)。

FKが、
日本20(前半7、後半13)、
パラグアイ19(前半8、後半11)。

オフサイドが、
日本3(前半0、後半3)、
パラグアイ1(前半1、後半0)。


僕が思う決定機は、

前半17分の中村俊輔選手からのクロスを
闘莉王選手が頭でシュートも相手GKがパンチング。

後半20分のパラグアイの直接FKをヌニェス選手が
左足で強烈なシュートを楢崎選手がはじき、
フリーで飛び込んだE・ゴンサレス選手がシュートも
バーの遥か上に。

の場面くらいでしょうか。

パラグアイの選手は国内組みが中心らしく、
ほとんどの選手を知りませんでしたが、
1対1の守備の強さと寄せの早さで、
ちょっとのトラップミスからボールを奪われて
しまいました。

GKチラベル、DFアジャラ&ガマラ、の頃の
威圧感はありませんでしたが、守備の堅さは
受け継がれているんですね。

日本は大久保選手が強引にシュートまでもっていって
ましたが、他のFWは淡白に感じられました。

前線からの守備はこれ以上無いくらい頑張ってくれて
いるんですが、頑張り過ぎの様な気もしました。
解説の金田さんも言ってましたが、肝心の相手ゴール前
でガス欠になっているようにもみえましたし。

でも、FWの守備が無ければ、失点は増えるでしょうし…
難しいところですね。

ちなみに、J1の得点ランキングを確認すると、

1位 マルキーニョス(鹿島)8点
2位 アレッサンドロ(新潟)、
2位 ヨンセン(名古屋)、バレー(G大阪)7点
5位 闘莉王、エジミウソン(浦和)6点
7位 太田圭輔(柏)、赤嶺(FC東京)、フッキ(東京V)、
7位 ジュニーニョ、鄭(川崎)、ロニー(横浜FM)、
7位 ジウシーニョ(磐田)、大久保嘉人(神戸)5点

代表FWは大久保選手だけでした。
その大久保選手よりも闘莉王選手の方が点を取ってる。

Jリーグで点取れてないFWが代表戦で取れんのは
しょうがないかなと思ってしまいます。

ワールドカップの度に帰化選手に頼るというのが
当たり前になるのも寂しい話です。

ワールドカップ予選はそれでもFWの選手に
期待したいと思います。
コメント