お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

2010年9月日程

2010-08-31 03:31:03 | ライオンズ
2010年9月の日程を確認します。

9 月
  
vs B
大宮
18:00

vs B
西武ドーム
18:00

vs E
Kスタ宮城
18:00

vs E
Kスタ宮城
14:00

vs E
Kスタ宮城
13:00

 
 
 

vs F
西武ドーム
18:00

vs F
西武ドーム
18:00

vs F
西武ドーム
18:00
10
vs M
西武ドーム
18:00
11
vs M
西武ドーム
14:00
12
vs M
西武ドーム
13:00
13
 
 
 
14
vs B
京セラドーム
18:00
15
vs B
スカイマーク
18:00
16
vs B
スカイマーク
18:00
17
 
 
 
18
vs H
ヤフードーム
18:00
19
vs H
ヤフードーム
14:00
20
vs H
ヤフードーム
13:00
21
 
  
 
22
 
 
 
23
vs E
西武ドーム
18:00
24
 
 
 
25
vs E
Kスタ宮城
14:00
26
vs F
札幌ドーム
15:00
27
 
 
 
28
 
 
 
29
 
 
 
30
 
 
 
 


9月に最後の20試合でペナントレースは終了です。
雨等での順延が無い場合、泣いても笑っても最後です。
ホームで9試合、ビジターで11試合という日程に
なっていますが、後半は日程がやや楽になっています。

優勝目指してもう一踏ん張りをお願いします。

15日(水)&16日(木)のスカイマークでの
試合には今年最後の観戦に行きたいと思います。
コメント

東北楽天ゴールデンイーグルス戦 18回戦(8/29)

2010-08-30 03:40:46 | ライオンズ
8月29日(日)に開催された
東北楽天ゴールデンイーグルス戦18回戦の
試合結果を確認します。

 2010/08/29 17時試合開始 試合時間:3時間8分
 vs E 18回戦(11勝6敗1分) 西武ドーム 観衆:27,093人
TEAM101112
Eagles   
Lions3X   12
勝利投手 藤田(L)4勝3敗0S
セーブ 
敗戦投手 小山(E)3勝3敗10S
本塁打 山崎武24号(4回表ソロ)
 中島15号(4回裏ソロ)、上本4号(9回裏3ラン)
盗 塁 高須1個
 
バッテリー 田中、藪、青山、小山-中谷、嶋
 帆足、小野寺、土肥、藤田-上本


Pos選手名











1(二)片岡 易之.3023010101000
2(中)栗山 巧.3084031000000
3(遊)中島 裕之.3224111000001
4(指)中村 剛也.2174010200000
5(一)フェルナンデス.3054030000000
 星 秀和.2730000000000
6(左)坂田 遼.2223000200000
 佐藤 友亮.2630100001000
7(右)高山 久.2873010100000
 原 拓也.2231100000000
8(捕)上本 達之.2734113000001
9(三)阿部 真宏.2683110000000
 (投)帆足 和幸.0000000000000
 小野寺 力---0000000000
 土肥 義弘---0000000000
 藤田 太陽---0000000000
合 計.269335125602002




投手名防御率投球
回数















 


 帆足 和幸3.486.2/325115413211
小野寺 力3.940.1/317000000
 土肥 義弘8.360.2/3418101122
藤田 太陽3.161.1/3510100100


という結果でした。
劇的な上本捕手のサヨナラ3ランで
ようやく連敗ストップ!


先発の帆足投手が6回2/3を115球、
被安打4、被本塁打1、奪三振3、与四球2、
失点1、自責点1。

2番手の小野寺投手が0回1/3投げて、
無安打、無失点。

3番手の土肥投手が0回2/3投げて、
被安打1、奪三振1、与四球1、
失点2、自責点2。

4番手の藤田投手が1回1/3投げて、
被安打1、与死球1、無失点。

投手陣は3失点で抑えてくれました。
点を取られたタイミングは最悪とも言える
8回表でしたが、得点チャンスをことごとく
潰していたことを考えれば決して責められません。



まず何と言っても9回裏の攻撃。

先頭のフェルナンデス選手がレフト前ヒット。
フェルナンデス選手に代走星選手。

佐藤友選手が送りバントを試みるも、
ファーストのルーズ選手が捕球しようしましたが、
ボールを握り損ねて送球できず。
記録はルイーズ選手のエラーで無死2・1塁。

高山選手の代打原選手がバントを1塁側に転がすも、
ルイーズ選手が素早く前進し3塁へ送球され、
3塁フォースアウトで一死2・1塁。

上本捕手が3球目を右中間スタンドへ運ぶ
第4号逆転サヨナラ3ランで劇的な勝利!

ライオンズ・クラシック2010の最終戦を
劇的な勝利で締めくくってくれました。


ただ、連敗を止めたからこそ、
敢えて言わせてもらえば、
気になる場面も多々ありました。

1回裏)
片岡選手がサードへの内野安打で出塁。
栗山選手への初球の投球の前に、
片岡選手が牽制死。
栗山選手がレフトオーバーのツーベースヒット。
中島選手がサードゴロ。
中村選手が空振り三振。

盗塁を試みる片岡選手が1塁での牽制死は
しょうがないと思いますが、
一死2塁から中島選手が打ち損じてしまい、
進塁打も打てなかったということです。


2回裏)
フェルナンデス選手が初球をセンター前ヒット。
坂田選手が初球をセカンドゴロで4-6-3のダブルプレー。
高山選手が初球をレフト前ヒット。
上本捕手がレフトフライでチェンジ。

初球を打つのはいいことだと思います。
ましてや好投手の田中投手相手ですから、
積極的なのはいいんですが、
坂田選手の初球はアウトコースの難しいボール
を引っ掛けてしまった感じがしました。


4回裏)
4回表に山崎武選手に先制のソロホームランを許した直後に
中島選手がライトスタンドへ第15号のソロホームランを放ち
1対1の同点に。
中村選手が5月19日以来となるヒットをレフト前へ。
フェルナンデス選手がセンター右へヒットを放ち、
中村選手が一気に3塁を陥れる好走塁で無死3・1塁。
坂田選手が空振り三振で一死3・1塁。
高山選手がセカンドフライで二死3・1塁。
上本捕手がキャッチャーへのファールフライでチェンジ。

無死3・1塁から1点も奪えなかったというのは
大いに反省してもらいたいと思います。
ここでもう1点でも追加出来ていれば、帆足投手も
より楽に投げることが出来ていたと思いますし。


8回裏)
栗山選手がこの試合猛打賞となるレフト前ヒットで出塁。
中島選手が初球の低めのボールを打ちショートゴロ、
6-4-3のダブルプレー。
中村選手が空振り三振でチェンジ。


9回裏)
無死2・1塁から高山選手の打席で
原選手を代打で送りましたが、
佐藤友選手の打席での送りバント以上に
重要で難しい打席でしたし、
ここでは細川捕手を代打で送って欲しかったです。


もう少し大事にチームで得点を奪いに行って
欲しかったというのが正直な感想です。



8月31日~9月2日はバファローズ3連戦、
9月3日~5日はイーグルス3連戦です。

連敗もストップしたことですし、このマイナス分を
少しでも取り戻して欲しいと思います。
コメント

東北楽天ゴールデンイーグルス戦 17回戦(8/28)

2010-08-29 04:28:09 | ライオンズ
8月28日(土)に開催された
東北楽天ゴールデンイーグルス戦17回戦の
試合結果を確認します。

 2010/08/28 17時試合開始 試合時間:5時間24分
 vs E 17回戦(10勝6敗1分) 西武ドーム 観衆:28,856人
TEAM101112
Eagles14
Lions15
勝利投手 
セーブ 
敗戦投手 
本塁打 ルイーズ10号(5回表2ラン)
 
盗 塁 鉄平1個
 栗山1個
バッテリー ラズナー、片山、藪、青山、小山、山村-嶋
 涌井、小野寺、土肥、藤田、グラマン、シコースキー、岡本篤
  -上本、細川


Pos選手名











1(二)片岡 易之.3026022000000
2(中)栗山 巧.3045030010100
3(遊)中島 裕之.3236020000010
4(指)中村 剛也.2175000410000
5(一)フェルナンデス.2926020000000
6(左)大島 裕行.2562000100000
 打左佐藤 友亮.2634230000000
7(右)高山 久.2864210010000
 星 秀和.2730000001000
8(捕)上本 達之.2732000000000
 平尾 博嗣.3061012000000
 細川 亨.1792000200000
 坂田 遼.2330000010000
9(三)原 拓也.2252000200010
 打三阿部 真宏.2662110020000
 (投)涌井 秀章.4290000000000
 小野寺 力---0000000000
 土肥 義弘---0000000000
 藤田 太陽---0000000000
 グラマン---0000000010
 シコースキー---0000000000
 岡本 篤志---0000000000
合 計.269475154961120




投手名防御率投球
回数















 


 涌井 秀章3.384.1/325119913444
 小野寺 力3.990.2/326000000
 土肥 義弘7.430.2/3315100000
 藤田 太陽3.281.1/3412000000
 グラマン0.001418200010
シコースキー1.6631145102100
 岡本 篤志3.521418101000


という結果でした。
引き分けでとりあえず8連敗は阻止できましたが、
連敗ストップとはいきませんでした。
今季パ・リーグ最長試合も勝てた試合を
勝ち切れない結果となってしまいました。


先発の涌井投手が4回1/3を119球、
被安打9、被本塁打1、奪三振3、与四球4、
失点4、自責点4。

2番手の小野寺投手が0回2/3投げて、
無安打、無失点。

3番手の土肥投手が0回2/3投げて、
被安打1、無失点。

4番手の藤田投手が1回1/3投げて、
無安打、無失点。

5番手のグラマン投手が1回投げて、
被安打2、失点1、自責点0。

6番手シコースキー投手が3回投げて、
被安打1、奪三振2、与四球1、無失点。

7番手の岡本篤投手が1回投げて、
被安打1、奪三振1、無失点。

藤田投手とグラマン投手が復帰登板。
お帰りなさい。待ってました。

なんと言ってもシコースキー投手です。
9回表から登板し三者凡退。
10回表も三者凡退。
11回表に二死から四球とツーベースヒットを
打たれますが、山崎武選手を空振り三振に抑える
力投で流れを持ってきてくれました。
シコースキー投手に勝ちをつけなければいけない
試合だったと思います。



6回裏に代打で2点タイムリーを打ってくれた
平尾選手の活躍から、打線は息を吹き返しつつ
あるようです。

2回裏に一死2・1塁から上本捕手がダブルプレー。
4回裏に無死2・1塁⇒一死3・2塁⇒二死満塁と
なったチャンスに上本捕手がセカンドゴロ。
5回裏西2・1塁から中村選手がサードゴロ。
とせっかく作ったチャンスをことごとく潰していた
だけに、
6回裏に一死3・2塁のチャンスに上本捕手の代打で
出た平尾選手がレフト前2点タイムリーで追撃ムードを
作ってくれました。

ただ、延長戦に入った10回裏と12回裏には
チャンスを作るもダブルプレーで得点を挙げれず、
久々の勝利を挙げることは出来ませんでした。

昨年5月8日以来のマウンドとなったグラマン投手は
緊張からか投球以外の部分でバタバタしてましたが、
8月5日以来のマウンドに立った藤田投手は
落ち着いたピッチングをみせてくれました。
この時期のこの2投手が戻って来てくれたのは
かなりいい話題だと思います。



8月29日(日)の18回戦は
17時試合開始です。

予告先発は、

ライオンズが

 帆足 和幸 投手

  今季成績は、22試合10勝8敗0S、防御率3.58

  対Eの成績は、2試合0勝0敗0S、防御率3.86


イーグルスが

 田中 将大 投手

  今季成績は、19試合11勝6敗0S、防御率2.48

  対Lの成績は、2試合1勝1敗0S、防御率2.84


と発表されました。
8連敗だけは阻止出来ました
が、今週は未だ勝ちがありません。
引き分けを挟んで8連敗とならないように
帆足投手勝利をよろしくお願いします。m(..)m
コメント

東北楽天ゴールデンイーグルス戦 16回戦(8/27)

2010-08-28 02:52:36 | ライオンズ
8月27日(金)に開催された
東北楽天ゴールデンイーグルス戦16回戦の
試合結果を確認します。

 2010/08/27 18時試合開始 試合時間:3時間34分
 vs E 16回戦(10勝6敗0分) 西武ドーム 観衆:21,504人
TEAM101112
Eagles   1115
Lions   
勝利投手 永井(E)8勝8敗0S
セーブ 
敗戦投手 平野(L)2勝3敗0S
本塁打 中村紀13号(2回表2ラン)
 フェルナンデス6号(5回裏ソロ)
盗 塁 
 
バッテリー 永井、藪、片山、川岸、青山-嶋
 平野、野上、小野寺、長田、岡本篤-細川、上本


Pos選手名











1(二)片岡 易之.3012001010000
2(中)栗山 巧.3014011200000
3(遊)中島 裕之.3234000100000
4(指)中村 剛也.2224000200000
5(一)フェルナンデス.2904121000001
6(左)大島 裕行.2634110100010
7(右)高山 久.2874010100000
8(捕)細川 亨.1801000000000
 打捕上本 達之.2763110000000
9(三)原 拓也.2281000010010
 打三阿部 真宏.2601000000000
 (投)平野 将光---0000000000
 野上 亮磨---0000000000
 小野寺 力---0000000000
 長田 秀一郎.0000000000000
 岡本 篤志---0000000000
合 計.26832363720021




投手名防御率投球
回数















 


平野 将光4.474.2/32389814277
 野上 亮磨5.141.1/31249602244
 小野寺 力4.081315000000
 長田 秀一郎2.871414102000
 岡本 篤志3.641421001100


という結果でした。
惨敗で7連敗となってしまいました。


先発の平野投手が4回2/3を89球、
被安打8、被本塁打1、奪三振4、与四球2、
失点7、自責点7。

2番手の野上投手が1回1/3投げて、
被安打6、奪三振2、与四球2、
失点4、自責点4。

この2投手で試合が決まってしまいました。


3番手の小野寺投手が1回投げて、
無安打、無失点。

4番手の長田投手が1回投げて、
被安打1、奪三振2、無失点。

5番手の岡本篤投手が1回投げて、
無安打、奪三振1、与死球1、無失点。

5回表の5失点で終わってしまいました。


打線は5回裏に3点を返すので精一杯でした。

0対3で迎えた3回裏のチャンスを活かせなかった
ことで、後手を踏んでしまいました。
得点力不足の今だから、遮二無二1点奪いに行って
欲しかったです。

3回裏)
先頭の高山選手が左中間フェンス直撃の
ツーベースヒットで出塁。
細川捕手になぜかバントもさせず、
そのまま打たせてサードゴロに。
走者進めず一子2塁。
原選手がファーストゴロ、
高山選手は3塁へ進塁して二死3塁。
片岡選手はサードゴロでチェンジに。

細川捕手の打率とバントの上手さを考えて、
かつ、1点を奪って2点差に出来ていれば、
勝てたとは言えませんが、もう少し追い掛ける
ことが出来る試合展開になっていたと思います。


あの場面は渡辺監督の作戦ミスだと思います。

平野投手の交代の機会も遅かったと思います。
5回表から代えるのかと思っていたのですが、
山崎武選手に犠牲フライを打たれた後も代えず、
ルイーズ選手にヒットを打たれた後でようやく
交代。

5回表二死3・1塁から登板した野上投手もパッとせず、
中村紀選手に四球、草野選手にセンターオーバーの
3点タイムリーツーベースヒットを打たれ、
嶋選手にもセンター前へタイムリーヒットを打たれ、
渡辺直選手にもセンター前ヒットを打たれピンチが広がりましたが、
聖澤選手を見逃し三振に抑えてようやくチェン時に。


ベンチの采配も含めて全てが後手を
踏んでいます。
特に貧打に喘いでいるだけに、
1点を奪う野球をもっと徹底して欲しいと
渡辺にはお願いしたいと思います。



8月28日(土)の17回戦は
17時試合開始です。

予告先発は、

ライオンズが

 涌井 秀章 投手

  今季成績は、22試合13勝7敗0S、防御率3.25

  対Eの成績は、2試合1勝1敗0S、防御率3.38


イーグルスが

 ラズナー 投手

  今季成績は、20試合4勝8敗0S、防御率4.30

  対Lの成績は、3試合0勝2敗0S、防御率12.27


と発表されました。
もう何も無いです。
涌井投手連敗を止めてください。
よろしくお願いします。m(..)m
コメント

千葉ロッテマリーンズ戦 21回戦(8/26)

2010-08-27 02:16:41 | ライオンズ
8月26日(木)に開催された
千葉ロッテマリーンズ戦21回戦の
試合結果を確認します。

 2010/08/26 18時15分試合開始 試合時間:3時間3分
 vs M 21回戦(8勝13敗0分) 千葉マリン 観衆:29,154人
TEAM101112
Lions   
Marines×   
勝利投手 唐川(M)6勝3敗0S
セーブ 小林宏(M)3勝1敗24S
敗戦投手 長田(L)4勝2敗0S
本塁打 
 
盗 塁 片岡2個
 
バッテリー 西口、岡本篤、土肥、長田-上本
 唐川、小林宏-的場


Pos選手名











1(二)片岡 易之.3034120100200
2(中)栗山 巧.3013000010000
3(遊)中島 裕之.3264011100000
4(指)中村 剛也.2264000200000
5(一)フェルナンデス.2834000000000
6(左)大島 裕行.2643000100000
 ブラウン.2431000000000
7(右)高山 久.2873020000000
8(捕)上本 達之.2753000100000
9(三)原 拓也.2303000100000
 (投)西口 文也---0000000000
 岡本 篤志---0000000000
 土肥 義弘---0000000000
 長田 秀一郎.0000000000000
合 計.26932151710200




投手名防御率投球
回数















 


 西口 文也5.955.2/327120506511
岡本 篤志3.770.2/3418101100
土肥 義弘7.820.2/312000000
長田 秀一郎2.921625101211


という結果でした。
好投した投手陣を援護できず、
唐川投手に抑え込まれての力負け・・・、
とうとう6連敗となり、
ゲーム差無しながら3位転落しまいました。


先発の西口投手が5回2/3を120球、
被安打5、奪三振6、与四球5、
失点1、自責点1と2試合連続で
好投してくれました。
先週の登板に引き続き、
躍動感溢れるピッチングフォームと、
140キロを超すストレート、
そして西口投手の代名詞であるスライダー
のキレが戻ってきたような安定した投球でした。


2番手の岡本篤投手が0回2/3投げて、
被安打1、奪三振1、与四球1、無失点。

3番手の土肥投手が0回2/3投げて、
無安打、無失点。

4番手の長田投手が1回投げて、
被安打1、奪三振1、与四球2、
失点1、自責点1。

長田投手が清田選手に打たれた犠牲フライが
決勝点となってしまいました。


打線は序盤のチャンスを活かしきれず、
終盤にはチャンスすら作れずに元気がありません。
あと1点、あと1本が出ず打線が下降気味です。
5回表~9回表の攻撃で出塁したのが、
8回表二死無走者から栗山選手が四球を選んで
出塁した1度だけでは・・・。
中でも中島選手とフェルナンデス選手に元気が
無いのが気にかかりました。


この試合は
1回表に先制した後に奪えなかった追加点と
1回表と全く同じ状況で迎えたチャンスを活かせなかった
3回表に得点出来なかったのが痛かったです。

1回表)
先頭の片岡選手がショートへの内野安打で出塁。
栗山選手の3球目に2盗を決め無死2塁。
栗山選手が打った大きいレフトフライを大松選手が
背走しながらジャンピングキャッチ、体勢が崩れた
間に片岡選手が3塁へタッチアップし一死3塁。
中島選手がライトフェンス直撃のタイムリーツーベース
で先制!
中村選手がサードゴロを打つも今江選手のファースト
への送球が逸れ一死2・1塁。
記録は今江選手のエラー。
フェルナンデス選手がショートゴロで6-4-3の
ダブルプレーでチェンジに。

立ち上がりの唐川投手を崩すチャンスを
ダブルプレーで潰してしまいました。


3回表)
先頭の片岡選手がショートへの内野安打で出塁。
栗山選手の初球に2盗を決め無死2塁。
栗山選手が打ったライトフライの間に
片岡選手が3塁へタッチアップし一死3塁。
中島選手が打ったセンター前へ抜けようかという
当たりを前進守備の西岡選手が横っ飛びで捕球し
ファーストへ送球、片岡選手は動けず二死3塁。
中村選手が空振り三振でチェンジに。

西岡選手の守備にライオンズへ傾きそうな
試合の流れも止められてしまいました。


渡辺監督は打線を弄繰り回し過ぎだと思います。
昨日8番だった大島選手が今日は6番。
上本捕手にしても8番だったり9番だったり。
6番以降の打線が変わりすぎて、役割が曖昧に
なってしまっていると思います。

特に高山選手が怪我から復帰してからも
6番で固定していた前半戦とは違い、
調子を見て打順を代えているのは分かるんですが。

それと前にも書きましたが、
貧打になりつつある今の状況で、
石井義選手を休ませている余裕はありません。
中村選手はDHでしか起用できないようなので
ブラウン選手を出すことも無理ですし、
ホームランでの得点が望み薄の今は、
細かく繋いで確実に得点を積み重ねていく以外
方法はないと思います。

幸いなことにこの連敗中でも投手陣が
大量失点をしているわけではないので、
大島選手、佐藤友選手、平尾選手、
原選手、阿部選手、星選手、浅村選手、
それに最近は出てませんが坂田選手と
脇を固めてくれる人材は豊富ですから、
チャンスを作って上位打線に繋ぐという
ことを徹底してこのどん底の状況から
抜け出て欲しいと思います。



8月27日(金)~29日(土)は
西武ドームでのイーグルス3連戦です。


8月27日(金)の16回戦は
18時試合開始です。

予告先発は、

ライオンズが

 平野 将光 投手

  今季成績は、7試合2勝2敗0S、防御率3.46

  対Eの成績は、1試合1勝0敗0S、防御率3.00


イーグルスが

 永井 怜 投手

  今季成績は、21試合7勝8敗0S、防御率3.63

  対Lの成績は、4試合0勝2敗0S、防御率6.33


と発表されました。
2カード連続しての同一カード3連敗で6連敗。
イーグルスの3本柱の一人の永井投手が相手と
いうことですが、前回登板で8回まで1失点と
ファイターズ打線を抑えた平野投手に連敗ストップ
を託したいと思います。
よろしくお願いします。m(..)m
コメント