お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

ライオンズニュース 11/14

2018-11-15 10:34:17 | ライオンズ 2018
 
  11月14日(水)に、與座海人投手、高橋朋己投手と
 
  2019年の育成選手契約を締結したと発表がありました。
 
 
  與座投手の背番号は「31」から「124」に、
 
  高橋朋投手は「43」から「123」に変更になるということです。

 
 
  與座 海人 投手コメント
 
  「気持ちをしっかりもってリハビリを行なっていきたいと思います。
   そして一日も早く試合で投げられる状態にしたいです。」
 
 
  高橋 朋己 投手コメント
 
  「育成ですが、契約をしていただいたのでしっかりケガを治して、
   一日でも早く一軍の戦力になれるようにがんばります。」
 
 
  ということでした。
 
  高橋投手は悔いを残さないようにまずは治療に専念して下さい。
 
  與座投手は一軍でのデビューを飾れるようにリハビリに専念して下さい。
 
コメント

11月23日(金・祝)に 「 埼玉西武ライオンズ優勝パレード 」 を実施

2018-11-10 10:24:18 | ライオンズ 2018
 
 
  11月23日(金・祝)に、所沢市が中心となる
 
  埼玉西武ライオンズ優勝パレード実行委員会主催によるパレードを実施することが決定したと発表されました。
 
 
  これに伴い、ライオンズの監督・選手・コーチが参加し、優勝報告をしてくれるということです。
 
  詳細やパレードルートについて発表されましたので確認したいと思います。
 
 
 
 

 
  パ レ ー ド 詳 細
 
日  程  11月23日(金・祝) 11:00~12:00
主  催  埼玉西武ライオンズ優勝パレード実行委員会
ルート  所沢駅西口~元町コミュニティ広場(交差点)まで
予 定  所沢駅前西口にて優勝報告セレモニー
  その後、上記ルートでのパレード
注 意 
  ・ パレードは、実行委員会が主催いたします。
  ・ 当日は、9:00~14:00の間、周辺地域で交通規制が実施されます。
    皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど、お願い申し上げます。
  ・ 天候によっては、中止になる場合もございます。
    雨天の場合は、傘はご使用にならず、カッパなどをご利用くださいますようお願いいたします。
  ・ パレードの様子はビデオカメラなどで撮影し、放送や各種媒体に使用させていただくことがございます。
    あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
  ・ 紙ふぶき、紙テープ、応援ボード(メッセージボード、ゲートフラッグ類)、傘、ビクトリーバルーン(ジェット風船)、
    クラッカー、ドローンは禁止となります。
  ・ パレードコース路上での喫煙、飲酒も禁止とさせていただきます。 
  ・ ゴミ、空き缶、タバコの投げ捨てはせず、各自での自主清掃をお願いいたします。
  ・ パレード隊列への追いかけや、選手へ触れることはできません。
  ・ 他の方に迷惑をおよぼしたり、その恐れのある行為、またパレードの進行を妨げるなど、
    主催者が危険と判断した行為も禁止とさせていただきます。
  ・ パレード見学の際は、現場警察官、警備員の指示に従ってください。
 

 
 
 
  ということでした。
 
  2018年のパ・リーグ制覇を周辺に迷惑をかけない程度で楽しんで欲しいと思います。
 
コメント

中村選手がフリーエージェント(FA)権利行使して残留

2018-11-10 10:12:26 | ライオンズ 2018
 
 
  11月8日(木)に中村剛也選手が海外フリーエージェント権利を行使し、
 
 
  球団との交渉のうえ、残留することも決まりましたと発表がありました。
 
 
 
  中村選手コメント
 
 
  「これからもライオンズのユニフォームを着てプレーをしたいという想いで、海外FA権を行使して残留することを決めました。
 
   ライオンズファンの応援を力に来シーズン以降もこのユニフォームで1本でも多くのホームランを打ちたいです。
 
   そして、今年達成できなかった“日本一”の喜びを必ずこのチームで味わいたいです。」
 
 
 
  ということでした。
 
  中村選手残留ありがとうございました。
 
  2019年シーズンは怪我無く今シーズン以上の活躍を期待しています。
 
コメント

炭谷銀仁朗捕手が国内フリーエージェント権を行使

2018-11-09 10:36:47 | ライオンズ 2018
 
  11月17日(水)に炭谷銀仁朗捕手が、
 
  国内フリーエージェント権の行使を表明しました。
 
 
  そして翌11月8日(木)に記者会見を行いました。
 
  のでその模様を確認しておきたいと思います。
 
 
 
  入団1年目となる2006年シーズンの開幕戦に捕手としてスタメン出場を果たすと、
 
  その試合で初安打を放つなど高卒1年目から一軍に出場し活躍。
 
  2009年には最優秀バッテリー賞を獲得すると、2012年にはゴールデングラブ賞も獲得。
 
  2015年にはベストナインとゴールデングラブ賞両方に選出されるなど、リーグを代表する捕手になりました。
 
  ライオンズの扇の要として長年チームをけん引し、13年間ライオンズに在籍して取得した権利を行使する決断をいたしました。
 
  先日渡辺久信シニアディレクターと共に炭谷選手と話の場を設けた飯田光男常務取締役は、
 
  「どうしても必要な人間」と炭谷選手に伝えました。
 
  11月14日(水)に 「 FA宣言選手 」 と公示され、翌日から他球団との交渉が解禁されます。
 
  炭谷選手は会見で、
 
  「11月5日の前日までは行使しようと考えていましたが、渡辺シニアディレクターをはじめ飯田常務と話し合いをさせていただいて、
 
   その中で改めて必要だと言ってもらえたのでもう1回考えようと一晩考えました。
 
   結局、行使をすることにしましたが本当にまだ色々悩んでいる最中ではありますし、まだ全くわかりません。」
 
  と揺れ動く心境を語りました。
 
 
 
 
 
  【 炭谷捕手 一問一答 】
 
 
 
  Q. 書類の提出はいつ頃ですか?
 
 
  A. 「今日提出しました。」
 
 
  Q. 決断に至った心境を教えてください。
 
 
  A. 「本当に悩んでいますし、当然残留も考えています。
      色々悩んだ中で他球団の評価も聞いてみたいという思いがあります。
      2014年にFA権を取得してから今までずっと使わずにライオンズで戦っていましたが今回はそういう気持ちになり行使しました。」
 
 
  Q, 今回のFA権の行使についてはいつ頃から考えていたのでしょうか?
 
 
  A. 「クライマックスシリーズが終わってからですが、最後の最後まで行使するかどうかを悩みました。
      (FA申請書の受付が開始される)11月5日の前日までは行使しようと考えていましたが、
      11月5日に渡辺シニアディレクターをはじめ飯田常務ともう1回話し合いをさせていただいて、
      その中で改めて必要だと言ってもらえたのでもう1回考えようと一晩考えました。
      結局、行使をすることにしましたが本当にまだ色々悩んでいる最中ではありますし、まだ全くわかりません。」
 
 
  Q. 渡辺シニアディレクターから伝えられたことで一番印象に残ったことはなんですか?
 
 
  A. 「今後のライオンズを考えても必要だと言ってもらいましたし、監督時代にレギュラーとして使っていただいて、
      (今では)1000試合を超える出場をさせてもらえた。
      本当に感謝しています。」
 
 
  Q. 今回のFA権行使にあたって誰かに相談しましたか?
 
 
  A. 「相談は色んな人にしています。」
 
 
  Q. 他球団との話し合いも含め、決め手になることはどういったことでしょうか?
 
 
  A. 「しっかり話し合って自分にとって一番いい結果が出ればと思います。」
 
 
  Q. この後のスケジュールはどう考えていますでしょうか?
 
 
  A. 「全く考えていません。」
 
 

 
 
 
 
   残ってもらいたいというのが本音ですが、
 
   炭谷捕手の置かれている立場・状況を考えると、
 
   出場が増える環境への移籍がベターかなと思ってしまいます。
 
   こういった状況は炭谷捕手の出場が増えだした頃に細川捕手がFAで移籍したのと同じような感じます。
 
   森捕手が炭谷捕手を抜いたわけでは無いですが、チーム方針で森捕手をレギュラーに据えました。
 
   あの当時も、炭谷捕手が細川捕手を抜いたわけでは無い状況で炭谷捕手をレギュラーに据えました。
 
   年齢的にも出場を求めるのは当然だと思いますし、
 
   残留しても〇〇試合の出場試合数を保障するということではありません。
 
   2018年シーズンの炭谷捕手は47試合の出場しかありませんでした。
 
   そう考えると、炭谷捕手の移籍は止められないと僕は思います。
 
   他のポジションと違いキャッチャーは1人しか試合に出られません。
 
   森捕手がDH出場を減らせばより出場機会は限られてきます。
 
   そして、今シーズンの辻監督の采配を観る限り守備固めでのリリーフ捕手はあまり使わないようです。
 
   プロ野球選手として出場機会を求めるなら、評価してくれるところに移籍すべきだとも思ってしまいます。
 
コメント

岡田捕手とメヒア選手が手術

2018-11-09 10:20:05 | ライオンズ 2018
 
 
  岡田雅利選手とエルネスト・メヒア選手が手術を行ったと発表がありました。
 
 
  岡田 雅利 捕手
 
  手術内容  右肘関節鏡視下関節形成術
 
  手術日   11月5日(月)
 
  復帰見込  約2ヵ月
 
 
  エルネスト・メヒア 選手
 
  手術内容  左手首関節鏡視下クリーニング手術
 
  手術日   11月6日(火)
 
  復帰見込  約3ヵ月
 
 
  ということでした。
 
  来季の為の治療だと思います。
 
  出来れば開幕に間に合うように焦らず調整して下さい。
 
コメント