ビスタ~リ通信

山のこと日常のことを、思いつくままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蘇武岳と冒険家

2011-01-08 | 山のはなし

11月27日(土)は、兵庫県の蘇武岳に登ってきました。

Kさんのお宅に前夜お邪魔して、全然そんなつもりはなかったのですが
やっぱり食べ過ぎ&飲み過ぎてしまいました……。
カツカレー、めっちゃうまかったです。
Kさんにはいつもご馳走を頂いています。
本当にありがとうございます。

Kさんのブログ りゅうちゃんの犬日記

で、Kさんのお宅を車で出発したのは9時近く。
ということで最短で山頂に登るコースになり
登山口から歩き出した頃にはもう11時近くになっていました。

名色口林道登山口→蘇武岳 往復



森の木々はどっさりと葉をおろし、冬の到来を待っていました。



1時間ほど登って林道が見えだしたところで見晴らしがよくなります。
そこからひと登りで山頂です。



誰もいない山頂でお茶にします。
氷ノ山、鉢伏山、扇ノ山などが見渡せ、
山陰海岸もかすんで見えていました。>カニ~



下山後は、「床瀬そば」でお昼ごはんです。
この「床瀬そば」がとてもいい感じで
いくつかある囲炉裏でやまめや松葉肉を焼いていて
広いお座敷には煙が立ちこめています。
あいにく、囲炉裏は先客でふさがっていたので
私たちは普通のテーブルに通されました。
もちろん、焼き物も注文できます。


松葉肉と蕎麦の組み合わせはとても美味しかったです!

お昼の後は、植村直己冒険館に行きました。
植村直己さんが使用していた道具類、ウエア、ソリ、テント、カメラ
などなど興味をそそられるものばかり。
それだけでなく、クライミングウォールがありちょっと遊んできましたよ。


実は、加藤文太郎の故郷である浜坂で、
観音山に登り加藤文太郎記念図書館に行く予定でした。
これはまた後のお楽しみとなりました。



二人の偉大な冒険家、登山家を輩出した兵庫県北部の但馬地方。
彼らがこの山々を見て育ち、
後に極限の世界に挑むようになったのは
単なる偶然なのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 西へ。尾道としまなみ海道に... | トップ | 芦生の森のトロッコ道 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
寒いねー。 (Mrs.K)
2011-01-10 19:45:29
三連休に記事アップということは雪山に行かなかった
のでしょうか。お正月もこの三連休も但馬地方は雪のようですね。加藤文太郎ゆかりの城山に登るにはラッセルかも。わいはんよろしくねー。

はぁ~携帯からコメント入れるのは老眼鏡いるわ。
はよ新しいパソコン買わんとあかんなぁ。
Unknown (びすこ)
2011-01-15 11:21:43
>Mrs.Kさん
どんどん寒くなるばかりですね。
明日も雪が降るみたいです。
先週は大原の山に行ってきましたが、まさかのラッセルで苦労しました。
パソコン壊れたあと、他には何もなかったですか?
私の場合は連鎖反応で他にも壊れたりしましたよ。

コメントを投稿

山のはなし」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事