goo

凌ピッケル

名もない低山をシノギングしていると難所に出くわすことがある。ヤセた尾根がだんだん広くなり壁となって立ちはだかることもしばしば・・・。他にも草付きの急な斜面、滑りやすい土の壁、腐葉土と砂の混じった壁、沢の源頭など難所は多い。そんな悪い場所も凌ピッケルを使えば、一振り、また一振りと打ち込んで安全を確保しながら凌ぐことができる。

ピックが垂直でブレードが小振りな登山用ピッケルに対し、凌ぎピッケルはピックが水平なので柔らか目の斜面に打ち込んでも安定する。

そして、巾の広い大き目のブレードはグズグズの壁にも効き目抜群だ。

46cmと取り回しのしやすいサイズなので持ち替えるときにもストレスがなく、使わない時にはバックパックのショルダーハーネスやチェストハーネスに引っ掛けておけば邪魔にならない。

急登の直登におけるバランス保持、タープの風上に打ち込む頼れるアンカー、ここぞというときのスノーアンカー、傾斜したハンモックポイントの整地、トイレ用の穴掘り、土に埋もれて開閉できないゲートのお掃除など、凌ぎピッケルは難所以外にも、シノギングのいろいろな場面で有効に使うことができる、まさにシノギングのためのピッケル。

凌ピッケルの開発にあたっては玄人好みのピッケルやハンマーを作り続けているミゾーさんにご協力いただいた。

ダブルネーム、光栄です。

溝渕さんありがとうございます!

 

・  価格:¥14,800 +税

・  長さ:46cm

・  重量:446g

・  ヘッド材質:3.5mm厚のクロモリ鋼

・  シャフト材質:0.9mm厚のクロモリ鋼

・  ピックサイズ:長さ10cm、先端巾1cm、最大巾2cm

・  ブレードサイズ:長さ10cm、先端巾5cm

・  土などの固い壁に打ち込みやすくあそびにくい水平のピック

・  グズグズの壁に食い込みやすく整地にも便利な巾広のブレード

・  熱収縮ラバーを巻いた滑り止めグリップ

・  ヘッドとスピッツェに直径7mmの流れ止め用ホール

・  打ち込みやすい適度な重量

・  取り回ししやすい適度な長さ

・  鈍い輝きのつや消しブラック電着塗装

・  凌 MIZOの刻印

・  日本製

凌ピッケルは、こちらからご購入いただけます

また、高尾ハナレの一般開放日でもご購入いただけます。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 神奈川~静岡... 超シノギング... »