goo

4月14日「凌・シノギングとは~平日編~」の様子

 

年に一度の平日シノギング。土日はお仕事でちょっと参加できない...という方向けに年始初回の「凌」とはのおかわりテーマにて開催した。普段とは違う方々のご参加が多く、我々も毎度楽しみにしている。何名か見慣れたシノラー様もいらしたが...

前夜から降り続いていた雨は、ぴしゃりと止んでしまい、少々残念だが。まずは我らが拠点「高尾ハナレ」へとご足労いただく。とその前に、そんな初めての方々向けにコンパス使い方のご確認。いつもの8方位がざっくり分かれば良いというやつ。

その後、地図は渡せていなかったが、地形を意識していただきながら高尾ハナレを目指す。山中とは違った見方にもなるが、街中でも地図読みの練習は結構出来る。コンパスは常に持っていると良いでしょう。

到着し、狭い中申し訳ないが、展示室におさまっていただき、凌とは、シノギングとはの談義。皆さん熱心に聞いていただき嬉しい限り。

我々には似付かわしい便利なデバイスを使って、地図読みについても談義。

前回はここに時間を費やし過ぎて、まったりしてしまったので笑、サクッと切り上げ、フルラインナップで存在するサンプルで気になるものを募りお貸し出しし、いざ実地シノギングへ、既視感のある枯れ河川を渡る。

これまた既視感のある歩道橋を渡る。。

もはや過去に戻るかのように逆からルートをタドル。。。

高尾ハナレは10~20分圏内に直ぐに入れる支尾根がチラホラ。何と良い拠点なのだろう(自画自賛)

程なくして凌ぎ始め口に到着。ここからは初参加の方々に先頭を行ってもらう。ここを行くのか??と戸惑いと躊躇が垣間見れる。

こなれたシノラーの一助もあり、意を決して尾根にイン。何パターンか手段はあったが、北西に直登のルートをチョイス。

最初戸惑いを見せていた方々も、次第に感覚をつかめてくる。整備された登山道のような分かりやすい道は延びていないが、目を凝らせば、自然界の天然の道が薄っすら見える。人間の感覚も捨てたものではない。研ぎ澄まされた状態ではそれを見極められ、乃至は自ずと同じ道をタドル獣の習性はあると考える。

晴れて尾根に合流。良くある最初の凌ポイントだった。尾根に乗ってしまえば、後は方角と地形を見ながらタドルのみ。これがシノギングの基本だ。

主だった分かれ道はなく、基本尾根を辿れば中継点のピークへは辿りつけるルートだが、どんなに小さな別支尾根との合流点や、ピーク・鞍部では意図的に止まり、地図と参照し確認をしてもらう。この繰り返しが地図読み延いてはシノギングで最も重要にして、醍醐味でもある点だ。ただ辿り歩くのではなく、五感を駆使し、頭を使いながら歩くのだ。

ここまでくると、初めての方々も目つきが変わり、シノラーへの一歩を着実に踏み入れる。どうやら醍醐味も見いだせていただけたようだ。

そうこうしていると本日のチェックインポイントに到着。まだお昼時まで少し時間があったので、タープ張り研修を実施。まずは森勝さんより便利な細引き収納術をレクチャー。これは使える。。

そしてタープ張り初めての方にポイントを伝え、実際に張ってもらう。要領を掴めれば初めての方でも簡単に綺麗に張れるのだ。これだけで十分低山の雨風は凌げる。

そのまま森勝式シンプルロープワーク講座へ。いつも案内しているが、片結びが出来れば登山で使うような結びは大概可能である。ここをこなせるようになってから、よりシンプルな結びや、複雑だが強靭な結び等を覚えて行けば良い。

良い感じで時間も潰せたので、お待ちかねのお昼休憩。狭いエリアだが探せばハンモックも数張り出来、良い場所だ。この段々に張っている様も中々乙であった。

そう、この休憩も凌の醍醐味の一つ。ちょっぴり険しい凌ぎの後の、たっぷりのハンモック休憩。最高である。

2時間の休みは長すぎるかな?と思ったが、やはりあっという間のひと時。後ろ髪を引かれる思いでチェックアウトし、帰りの下り。

ここからは誰も踏み入った事がない未開の地。注意深く進んで行くと、日当たり・見晴らし良好のモックポイントに到着。少し風抜けは気になるが、ここは良さそうだ。

こういう発見もまたシノギングならでは。

かと思えば、暫く進むといきなり整備された登山道に出る。どうやら最近整備され出した道の様で、道標も新しめ。

その登山道へ別れを告げ、打って変わって分かりづらい尾根へと下りる。こっちの方がメインの尾根なのに、先の登山道はどこへ延びているのか。。

中々厭らしい分岐が多く、一瞬現在地を見失うが、軌道修正し、心配だった車道への出口へ。何とか無理なく出られそう。

ぴょこん!!

ちょうど工事の兄ちゃん方と鉢合わせ、何だこいつらは、という視線を感じたが、気にせず颯爽と通り抜け、凌ぐ。

とても小さなエリアで時間も短かったが、バリエーションに富む良いシノギングとなった。何より初めての方々も楽しんでいただき、シノギングのそれも体験いただけ幸い。

これを機に凌・シノギングについてまた興味を深めてくれれば良いな。

 

凌にはつきものの下山後神社横での、決して笑ってはいけないやつにて完!

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

GRiPS出張お泊りシノギングの様子

東京に次いでシノラー人口が多いと思われる九州エリアでは3回目となるお泊りシノギングが行われた。

シノギング経験者でなければ辿りつくことのできない九州山地の山の奥の奥の奥を目指すこのイベントは、当然上級向けとなるので集まったメンバーは灰汁が強いシノラーばかり(笑)福岡、熊本、大分、そしてなんと広島からの参加者も!ありがたいことです。

しかし、あきらかに灰汁が強そうな黒系集団・・・。

さて、いつものように大まかなルートの説明とコンパスの使い方などを・・・。はいはい、わかってますよ―という感じだったが一応最後まで聞いてくれた(笑)

1200m圏から渓沿いを詰める。この辺りは春まだ浅く、ようやく芽吹いた新緑がぼんやりと美しい。

鼻歌を歌いたくなるような気分にさせてくれる、風のない穏やかな天気はシノギングというよりも遠足という感じ。

しかし、せっかくのシノギングなのでという事で渓組と小峰組に分かれてS山で合流することにする。

高級カメラを携えたカメラマンが三人もいたのでいろいろな写真が期待できそうだ。

行動中はゆっくり歩き続けて休憩をしないのが本来のシノギングなのだがまだ先も長いのでS山のピークで小休止。

このだらけよう(笑)

ここから下り始める方位をコンパスにセットしてもらったが、果たしてその通りに進路を導き出せるかがシノギングの腕の見せどころ。最近グイグイ言わせてくれているT氏に先頭を任せると、あれあれ?まんまと間違えてくれてこちらも満足(笑)こういうことを繰り返して身に付いてくるのだ。机上だけではだめですよー、実践あるのみ!

ハンモックポイントまでは片側4車線のだだっ広い尾根が続く。ところどころにある小さなピークと方位の変化を頼りにするが現在地の特定が難しい地形だ。途中、二つの小ピークのあいだの鞍部を水平トラバースで抜けることにする。こういう時は知らず知らずのうちに下ってしまいやすいので、近くを見るのではなく目標にする鞍部を見ながら進むことが大事だ。

鞍部からはハンモックポイントまで渓を下る。渓もまた現在地の特定が難しい。地形図とまわりの様子を照合しながら慎重に進むシノギングイベント初参加のB氏とY君。

引きで見るとこんなに大所帯。

水の形跡はあるが、なかなか流れに辿りつかない。

ようやく水を発見。それにしても主尾根から100mも下らないエリアに水が湧いているとは何て豊かな森なのだろう。

ハンモックポイントにチェックイン!思い思いにハンモックを張って、

凌村の出来上がり。東京では見ることのできない豊後高田市のごみ袋を見せていただいた。

たいへん躾のいい環境で育ったと思われるY君のハンモックまわり。

余計なことは話さないGのN氏。孤高のオーナー。

辺りが暗くなるとそんなに遠くないところに野犬が吠えている。写真はないが星座早見表の通りに正しく配置された星が瞬く穏やかな夜。ほろ酔いでいい気分になったB氏は暗闇で2回転レシーブを決めたあと、水にはまって両足ずぶ濡れで別荘に戻っていった(笑)

シノギングらしくないとってもさわやかな朝が訪れた。

パッキングを終えて完全に撤収し昨日来た渓を逆に辿る。私が先導していたが本来辿るべき渓からいつの間にか離れてしまい現在地を見失ってしまったようだ。それには後続のシノラー達も気付いたようで、「あいつ間違ってる、あいつ間違っている」とひそひそ話が渓に響き渡る。はい、私が間違えました、申し訳ありませんでした・・・。

その後、少々の彷徨いの後に現在地特定可能ポイントに辿りつき、そこから先は片側4車線の尾根を鼻歌交じりの遠足気分で帰ったのであった。

経験値の高いシノラー達にあらためて教えることなどなかったが、この二日間のイベントで凌とシノギングの真骨頂を感じてもらえたらうれしい限りだ。

このイベントに参加してくれたみなさま、楽しい時間をありがとうございました。また一緒に凌げることを楽しみにしています。

貴重な土曜日、日曜日をこのイベントのために提供してくれたGRiPSさんありがとうございました。

最後に決して笑ってはいけないやつ。

「九州のシノラーがナメられないようにポーズを決めようぜっ」とGのN氏が檄を飛ばしていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

4月14日のシノギングは予定通り行います。

4月14日のシノギング「凌・シノギングとは ~平日編~」は予定通り行います。

参加者の皆さまは募集要項をもう一度ご確認いただきシノギングの準備をしてください。

高尾山口駅  9:00集合です。

「凌」のフラッグを持ってお待ちしております。

当日の連絡はinfo_pro@axesquin.co.jpをご利用下さい。

 

それでは明日、お待ちしております!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3月27日「凌流のレイヤード」の様子

春の陽気が著しい今日この頃。当日も日向ぼっこしたくなるような心地良い天気であったが、気持ちを切り替え、凌の地へと向かう一同。

途中道を逸れ秘密の抜け道を使い、そろりそろりと尾根へ近づく。

尾根の手前の高速歩道橋。もはや尾根に入るための歩道橋である。

車はガンガン通るが人気の少ない所に来られたので、こちら尾根に入る前に凌流のレイヤードについて御託をチラホラと並べる。

凌のウェアは例えば「風を凌ぐ」や「難所を凌ぐ」という同一カテゴリー内でもいくつか細分化されて製品が展開されている。それは着用者の体質性質によって、延いては同じ時期でも着用する状況化によって求められるものが変わってくるが故、それぞれに合わせられるよう細かく展開している所以もある。

それは形デザインの仕様に表れているものもあれば、素材生地自体に付随させているものもある。取り分け素材に対して、凌の衣類では「通気度」という汗抜けや風通しの良さを数値化したものを、可能な限り展開製品全てに試験実施し、明記させている。こちらを選択される際のちょっとした「基準」にしていただければ幸いだ。

そして大切なのは、まず「自分を知る事」である。汗かきなのか寒がりなのか、ゆっくり歩くのか速めに歩くのか、自らを知る事で必要なウェア機能も見えてくるものだ。案の定長くなりそうなので、この辺にしておいて笑

そんな説明をさせていただきつつ、それぞれの方へ、気になっていた製品、体質に合った製品をご提案し、実際にサンプルをお貸し出しして試していただく運びへ。気候的にも今期春夏物を試していただくにはちょうど良さそうだ。

登山がお久しぶり、という方もいらしたので、いつもの超簡易コンパス講座にて、東西南北からの8方角の確認。これさえわかればシノギングは大体こなせるのだ。

準備も整ったのでいざ出発。破線ではあるがフミアトは良好で、良く管理されている尾根である。

ただ、お城関連の跡地も垣間見れる尾根で、堀切が随所に現れる。道はついているが、良い塩梅で荒れており、中々凌ぎ甲斐のある道となっていた。

中には直登で堀切を攻め入るシノラーも。狙われ放題だが笑

とにかくこの堀切が凌テイストを添えてくれていた。

一通り堀切地点を凌ぐと、ピークへと向かう道と、巻き道と思しき道に分かれる。地形図的にも先に合流する主稜線への道であろうと読み、巻き道を選択す。しかし詰めれば詰めるほど道は不明瞭となり、藪道へ。薄っすらとフミアトはあるのだが。

不明瞭なトラバースが続いたので、先頭は明確な尾根を辿るルートへシフト(ここも中々の藪だったが...)

足並みを揃えても良かったが、不明瞭だがフミアトはあるので辿れるのでは?派と2組に分かれ先を目指す事に。それではまた稜線で会おう!

トラバース組は最終殆どフミアトは消失し、獣道ぽい所をじりじりと尾根へ詰めていく。思わぬ展開にアドレナリンは全開。ぜぃはぁ言いながら、何とか主稜線へ出る。やはりピークから少し外れた鞍部の辺りに出た。

問題は尾根組だが、「こっちこっちー」「あっちあっちー」という声が近づいたり遠のいたり...

少々既視感あるが、ここでホイッスルを鳴らし、こちらの位置を明示すると、一人、二人と合流出来た。最後のおひとりが中々現れなかったが、完全にピークの方へ出ており、そこから外れた奥の方で待機していたため声もホイッスルの音も聞こえなかったようだ。距離は近いのだが、条件によっては音も遮られてしまうかと改めて痛感した。ともあれ皆無事合流出来た。

そろそろ小腹も空いてきた所で、本日の核心部の尾根への入り口へ差し掛かる。(実はこの手前でルートミスしていたが...)ここは本当に分かりづらかった。

まずは現在地を確定させたいが、似たような尾根が連なっており中々確証に至れず。前後の尾根もしっかり確認してから、トラバース気味に尾根に入る。

尾根に乗ってからも厄介で、そのままタドルとドン詰まりの崖谷となるため、少しずつ西よりの谷に逸れつつ、その横に現れる痩せた尾根を目指す。実に凌甲斐のあるルートであった。

何とか尾根に乗ると、後は地形図と実際の具合を見ながらモックポイントを探す。狭いが数張り出来そうなポイントがあったのでこちらでお昼休憩。思わぬ凌ポイントを越えてからの休憩で、皆安堵な面持ち。そんな中、間髪入れずの森勝氏小道具紹介。休む間を与えない笑

その後は皆思い思いの時間を満喫する。

奥ではタープ張り講座も行われていたり。

ハンモックシノラーが、ハンモック未導入の方へ、周辺道具含め背中を押すトークがなされていたり。

孤高に凌ぐ初代三冠王の方もいたり。

ちょっと凌いだ後のハンモック休憩はまた格別なものだ。そしてこの時間は直ぐに過ぎてしまう。程々に撤収し下りのルートを見定める。少し長めに休憩してしまったので、最短のルートで下りるとしようか。

となれば基本後は下るだけだ。1ヶ所最後の下り切る前に、林道側へトラバースで下りる必要がある。ここが果たしてどうなるか。

先頭が地形図と睨めっこした後、おもむろに尾根から外れ林道側へ下り始める。特にテープ等があるわけはないのに、中々良い読み。そんな凌ぎっぷりを後ろからひっそりと見守る。

意外に斜度はあるも、木々が多く生えているので、ズルズル滑りながら木にめがけて突進するイメージで下る。木々にぶつかり抑えとなり勢いが止められる。或いはカニ歩きのように横に制動付けながら下る。下り方も様々だ。

暫く下ると拓けた道が見えてきた。どうやらピンポイントで目指す林道へ出られたようだ。しかし、何やら段差があるような...

やはり一筋縄ではいかぬが最後の詰め。石垣による中々の段差だったので、スリングを使い着実に降りる。これが有るのと無いのとではえらい違いだ。

しっかり見せ所も作っていただくナイスなルート選定であった。周辺の廃墟を横目に出口を目指す。

枯れ沢沿いに進むとひょっこりと集落への出口へ出る。先に待つシノラー達が遠巻きに見て「G MEN○○」のようでちょっと格好良かった。

駅までは歩けそうな距離だったので、余韻に浸りつつ歩いて帰路へ就いたとさ。

今回はのっけがゆるゆるのフミアト尾根道だったのでどうなるかと思ったが、堀切や支尾根への核心部等、結果的に凌いだシノギングとなった。

実際ご提案させていただいたレイヤードも、ぴったしハマった方もいれば、少しオーバーだったがこれが基準になった等、諸々参考にはなったようで、安心。これを機にご自身のレイヤリングをまた見直していただければ幸いだ。

 

決して笑ってはいけないやつにて〆

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3月27日のシノギングは予定通り行います。

3月27日のシノギング「凌流のレイヤード」は予定通り行います。

参加者の皆さまは募集要項をもう一度ご確認いただきシノギングの準備をしてください。

高尾駅北口  9:00集合です。

「凌」のフラッグを持ってお待ちしております。

当日の連絡はinfo_pro@axesquin.co.jpをご利用下さい。

 

それでは明日、お待ちしております!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ