goo

11月11日 OUTDOOR'S KOMPASの出張シノギングの様子

愛媛県松山市。羽田から飛行機であっという間についてしまうので、四国にいるという感じは非常に薄い。集合場所にはシノギングに興味を持ってくれた参加者が続々と集まった。

まずはシノギングとはどんなものなのかを説明し、シノギングの基本となる地形図の見方とコンパスの使い方を説明する。ここでこれから凌ぐエリアの地形的な特徴をざっと頭に入れておくことが大事である。プレートコンパスを持っている人がほとんどだったので、プレートコンパスの「きほんのき」を知ってもらう。それ以上は頭が混乱するので、今回のシノギングはこの程度で凌いでもらうことにする。

さあ、準備ができたら出発だ。公園を抜けてため池の縁を回って一般道を歩いて・・・、ここまでは秋の遠足。

山の方に少しずつ上がっていくとやがて谷に入り、なにやら怪しい雰囲気の林道を抜ける。

我々に近付くなと警告しているのだろうか?と思ったとたん、あたりが急に暗くなり、いっせいにカラスが飛び交って「カアァ、カアァ」と鳴いた。(カラスのくだりは脚色)

さてさて、目星をつけていた尾根へのアプローチ。地図に載っていない道があるのでひとまずそれを追ってみることにする。

谷のすぐ上がなだらかな尾根になっている。

左手に竹林、右手に灌木。その境界のグレーゾーンをトレースする。

予想よりも踏み跡は薄く、灌木が茂るいわゆる藪。

しつこい藪。

それでも尾根を外さないように!

方角が北西に変わったところで現在地チェック。えぇ?まだこれしか進んでいない?

藪は濃くなるばかり。

「うわっ!」と成人男子の悲鳴。

「うわっ!」また悲鳴。

そしてシノラー達は羊歯の藪に飲み込まれていった。

羊歯の激藪を抜けてホッと一息。

そうして、チェックポイントの三角点を発見!!

みんなが三角点に駆け寄る。それほどにうれしい三角点。さんかくてん~♡♡♡ ・・・三角点モテすぎでしょ。

町のはずれの裏山で、かれこれ一時間も藪にはまっていたなんて・・・。地形図を見るだけでは想像できないことがあるのだ。三角点からの尾根は次第に藪も薄くなり、目印にしていた鉄塔に到着。これまで藪の中を凌いできたシノラー達に笑みがこぼれた。

しかしヘラヘラ笑っている場合ではない。決して笑ってはいけない記念撮影の時間なのだ。

広い尾根で長いお昼休憩。

メタルマッチを使っての火おこし。

 

シノギングで実際に使えるロープワーク。

 

ロープワーク自主練。

 

ダウンハンモック「ウキグモ」でぬくぬく体験。

 

ゆっくりと休憩をした後は送電線に沿ったルートでスタート地点の運動公園まで下山。

おお、送電鉄塔越しに見えるのは石鎚山!そうだ、俺はいま四国にいるのだ。・・・と、ここで実感。

 

石鎚山までの縦走も楽しそうだが、今回凌いだエリアもまだまだ開拓のし甲斐がありそうだ。シノラーの皆さん、次回の出張シノギングまでに新たなルート開拓をお願いします。

参加者の皆さん、ありがとうございました!また次の出張シノギングでお会いしましょう。

この企画にご協力いただいたOUTDOOR'S KOMPASさん、ありがとうございました!

実際に役に立つ小ネタをいろいろ披露してくれた森勝さん、ありがとうございました!

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お泊りシノギングの準備 凌提灯の光源

お泊りシノギングまで3週間を切った。参加の皆さんには体調と道具の手入れを万全にして臨んでいただきたい。

ここでは、お泊りの参加者に限定で販売している凌提灯の光源について話しましょ。凌提灯を購入した皆さんには提灯用の光源を用意していただきたい。その場合はやはり電球色のほうが雰囲気がいい。

凌提灯にはろうそくを立てるピンが打ってあるが、ろうそくを使うとうっかり提灯を燃やしてしまうことがあるので使わない方がいい。

なので、光源としてはヘッデンやミニライトを使うことになる。

ヘッデンの場合はこんな感じ。ほとんどのヘッデンをここにセットすることができる。

固定しなくても、乗せておくだけでも大丈夫。

ミニライトの場合はこんな感じ。

 私の場合は、吊り下げておくための2mm程度の細引きを輪にして、標準装備されているコードロックに通している。こうすると高さの調節も簡単だ。

蓋の穴の直径は41mmなので、これに合うサイズの光源を用意しよう。

ひとりにひとつとはいかなくても、ひとグループにひとつは凌提灯を吊るして、お泊りシノギングの提灯ライトアップを楽しもう。

提灯行列も楽しみ。

凌提灯は、二日間通し券(宿泊入場)の購入者を対象に、お泊りシノギングのサイトからご購入いただけます。ご購入いただいた凌提灯は当日受付時にお渡しします。

当日は本陣用に本物サイズの凌提灯も登場するのでお楽しみに!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋の低山を凌ぐ(九州脊梁)後編

今宵の寝床は全員ウキグモだ。ウンカイなしのウキグモ標準セットで十分凌げるだろう。ウキグモを五角形に張るのを楽しみにしていたが、なかなかそんなに都合よく木が生えているわけではない。こればかりはしょうがないのでウキグモを変形に張りつなげてその上にEXPED Solo Tarpをかける。凌ぎ集落の完成だ。

こんなふうにタープの軒先が重なる感じが好きだ。

凌ぎ提灯を掛けてと。

まずはぐびっっと杯を交わす。

さてさて、暗くなる前に火をおこそう。オサオサ煙に好かれ過ぎ。

 

日が暮れて薄暮の時間帯。この色がなんとも言えない。

 

「キィー!」

ショッカーがやってきたのかと一同に緊張が走った。がしかし、それは鹿の鳴き声だった。

ウキグモのリバーシブルキルトはこんなふうにダウンポンチョとして使えるのだ。メグルキセツニは七分袖なので焚き火のお世話をしたり料理をするときにも袖が邪魔にならなくていい。寒い時にはハンドウォーマーを使って調節しよう。

凌ぎ提灯が灯る中、こちらはヨヒヤミアグラスカートで凌いでいる。ポカポカでしょう?

 

凌ぎ侍たちは無駄話などせず、静かに焚き火の炎を見て酒を嗜むのであった。

 

雲間から月光がさしたり隠れたり。風にざわめいた木の葉がタープに落ちたり。いつの間にか眠ったと思ったら、タープをたたく小粒の雨音に目を覚ます。遠くでショッカーの声。山の奥の奥の奥の夜はこんなふうに更けて行った。

夜のあいだに少しだけ降った雨。湿った匂い。森の匂い。

 

明け方の気温は10℃を下回っていたがウキグモで朝まで暖かく眠ることができた。

 全員集合の記念写真。全員凌アイテムとEXPEDバックパック。EXPEDは凌と相性がいい。

集落を撤収して凌ぎ始める。

迷いの森で昨日とは違うルートをとることにする。フミアトもない山の奥の奥の奥の地図読みは楽しい。そして緊張もある。

かつての植林エリアをトラバースで抜ける。

パラパラと雨の落ちる天気はいかにも凌らしくていいではないか。

広い道路、いや主尾根に出るが相変わらずフミアトはおぼつかない。だからみんな勝手に好きなように凌ぐ。ポキポキ、ポキポキとあちこちで小枝を踏む音。こんなにポキポキいう尾根を歩いたことがない。とても大きな自然の流れの中にいることを実感する。

九州の山の奥の奥の奥のシノギング。始まったと思ったらあっという間に終わりが近づいている。

あーあ、もう終わりかー、つまんねーなー、と、夏休みが終わってしまう子供の様な気持ちで渓を降りるシノラーであった。

九州のシノラーの皆さん、また一緒に凌いでください。 


この日の凌アイテム

フユボウシ 絶賛販売中

クビマキ 12月頃から販売予定

ハゴロモ 絶賛販売中

ハチジュウハチヤ 来年3月から販売

カゼ、キルグローブ 絶賛販売中

タドルタドル 来年3月に再入荷

クナイショート 絶賛販売中

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

10月27日の「ハカマスカートで凌ぐ」の様子

天気予報を見て、午前中は雨で凌ぎ甲斐があるなと思っていたが、高尾山口駅に着いてみると青空も見え始めまあまあのハイキング日和ではないか・・・。改札前の広場は石井スポーツさんのテントが出ていたりしてなんだかにぎやか。

広場の隅っこに集まって挨拶を済ませ、お試し用のハカマスカートを皆さんに手渡すと、早着替えでたちまちハカマ姿のシノラーに変身!

ハカマに着替えて気持ちがピリッと引き締まったところで記念写真。うんうん、いいよ~!

シノラー達は甲州街道をそろりそろり。

橋を渡って路地を曲がってそろりそろり。

小川の脇をそろりそろり。

ハカマ渋滞。

だあれも知らない支尾根の取り付き。いきなりの急登で凌スイッチオン。

赤テープに導かれて湿った急な尾根を辿る。

ひと凌ぎで金毘羅尾根に合流すると、シノラー達から放出されるホカホカの湯気が蚊を集めるのでさっさと歩いて金毘羅台へ。ここで記念写真。鳥居を見るとこうしたくなる。

薬王院への表参道をそろりそろり。雨どころかまぶしいし暑い。でもハカマスカートは涼しい!

十一丁目茶屋で団子を頬張る。油断してへらへら笑うシノラー達。

けしからんので撮り直し。

団子がうまくてもへらへらしないこと!

十一丁目茶屋さん、ありがとうございました。おいしゅうございました。

・・・そして、それらしい表情で山門をくぐる。

参道を行くハカマは神々しい。

神聖な気持ちで手を合わせるシノラー。ハカマが空気を引き締める。

シノギングイベントでは珍しく山頂に参り、そこに居合わせた人に撮っていただいた記念写真。「はい、チーズ~」と言われましてもこちらには笑顔になれない事情があるのだ。

 山頂を極めた後は獣のように支尾根に消えるシノラー達。下草を分ける音とハカマスカートが擦れる音が混じり合う。

地形図でルートを確認して休憩広場を目指す。

シノラー達は手際よくハンモックを張って休憩モードに。

まあ、寝たフリですけど。

秘境感漂う休憩広場。

ハートマークの洞。

ハートマークの森勝氏と谷島。

休憩広場を去る前に、決して笑ってはいけないやつ。

休憩広場からはまあまあの急な斜面をずるずると。

 

藪を払い。

地を這う蔓のトリップに足を取られ。

 

日影の林道に飛び出て今回のシノギングは終了。

観光ルートも急斜面の藪漕ぎも、ハカマスカートは難なくこなすことをこのシノギングを通して実感していただけたのではないかと思います。ハカマスカートの性質をご理解いただいてシノギングに取り入れてもらえたら幸いです。

このイベントにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

皆様のまたの参加を心からお待ちしております。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

10月27日のシノギング「ハカマスカートで凌ぐ」は予定通り行います。

10月27日のシノギング「ハカマスカートで凌ぐ」は予定通り行います。

参加者の皆さんは募集要項をもう一度ご確認いただき装備をまとめてください。

当日の連絡はinfo_pro@axesquin.co.jpをご利用下さい。

それでは明日、お待ちしております!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ