オーディオスペースコア

福井にあるオーディオスペースコアというショップです。
ちょっと拘ったオーディオを楽しんでみませんか?

リチウムイオンバッテリー電源試聴♪

2018-08-27 16:47:10 | 比較試聴
ビクターの事業部の方が来られ今回ニチコンのバッテリー電源を持ってきて試聴しました♪

元々ニチコンのこの電源は瞬停用ですがオーディオ用にも十分使えるとのことでビクターさんが扱いだしたそうです。
でも、当方に来た目的はどうもそれだけではなかったようで…

これからこれを基にオーディオ用バッテリー電源を開発する際に色々知りたいことがあるとのことです。
まずは試聴させていただきました。


2種類の接続方法で試聴をしました。


1つは、全ての機器をこのバッテリー電源1台から給電する。
もうひとつは、容量800Wなのでパワーアンプのみ商用電源からで他はバッテリー電源から給電する。

前者は、音像にブレが少なく定位も良いしS/Nはさすがバッテリーだけあって凄く良くなります。
しかし、低域のトランジェントが容量不足なのかもうひとつ、それと色彩幅が少なく音色がチープです。
奥行きは出るものの色彩幅が少ないので音色が平坦に聞こえるのでパッと聴きは良いのですが雑な部分が多い。
でも、価格が55万なので費用対効果は下手なオーディオ用よりもトランスやレギュレーターの音色に左右されてない分いいですね!

そして、問題の後者。
何が問題かと言いますと、パワーアンプを商用電源の60Hz、他をバッテリー電源の60Hzからと、同じ60Hzで同期しているなら電位差に位相差が出ないんですが、内部発振で個別に60Hzを作っていると位相差が出てしまい音にモジュレーションを感じてしまいます。
これだとせっかく位相特性やトランジェントの良い高級なアンプやスピーカーが本領発揮できません。。

後者を試聴しましたが…
やはり、音像が甘くなり若干モジュレーションを感じます。

そこで、位相差を測定したら…
4.2V~6.9Vを20秒くらいの1周期で行ったり来たりします。

これだと、前者のみお奨めになるのですが、バッテリーが800Wなので容量を大きくしたくなりますね。
理論上ですが、コアのこのシステムである程度の大きめの音量で使用容量がMAX30%程度でしたので約8時間楽しめますので音以外は別段問題にはなりません。

他社の色々あるクリーン電源と、このバッテリー電源との方式の違いは語らずとも理解できますが、逆に共通部分があります。
それは出力側の電源を作る部分です。
出力電圧100Vで60Hzという交流を出力します。
ここは両者とも同じです。

まず1つ目の盲点です。
先ほども書きましたが、60Hzをどうやって作っているかです。
内部発振なのか、それとも商用同期なのか。
内部発振なら同期用のリンクケーブルを採用し複数台使って同期をとることで全ての機器の電位の位相差がなくなります。
商用同期なら後者のような商用電源との併用でも位相差が出ないことになります。

また、もうひとつの盲点があります。
その出力電源を作っているパーツの音色が付加されるということです。
オーディオの世界では当たり前のことですが、電源トランスや電解コンデンサーで音色が変わります。
それと同じで、クリーン電源もメーカーの音色が出ます。
回路はパワーアンプと同じようなものですから当然ですが、あくまでクリーンにすることが目的なら音色を付加して欲しくないんです。

なので、バッテリーであるメリットを十分生かすなら尚更ですが、出力回路と発振回路をどう作ったらよいかということにかなりのノウハウが必要かと思います。

そんな、こんな、一応全てビクターさんにお伝えしたので、今後のオーディオ用リチウムイオンバッテリー電源に期待したいと思います!!


新AC-LANDAⅡと旧AC-LANDA比較試聴♪

2015-08-02 08:34:09 | 比較試聴
先日から予約分がたくさん入荷しておりますAC-LANDAⅡの新製品ですがようやくお店用が入荷しましたので比較してみました!!

第一弾入荷分。

第二弾入荷分。


検品作業に終われてましたがようやく第3弾で落ち着きそうです。(^_^;)

さて新しいAC-LANDA2ですが何が変更になったかと言いますと、
・コンダクターと接している被服のテフロン被服の純度が高純度になった。
  (以前は被服が黒でしたが、新製品は高純度な為非常に透明度のある透明被服になりました。)
・外皮の被服が柔らかくなった。
・シールドの素線が細くなり全体的にしなやかになった。
以上です。

見た目は同じです。
多少マーキングのデザイン色が違う程度。

プラグは同じです。
写真はRHのプラグ。



当店のリファレンスシステムのDACでの比較です。
デジタルとアナログの両方の要素があるので正確な比較が出来ます。



さて比較試聴の結果は!!

いきなり解像度が高いです!!
それから低域のエネルギーがしっかりしていて低域の音階や階層が目に見えるようなくらい解像度が上がっています!!
これは単純にいいです!!

正常進化というやつですね♪

買い替えするほどのものかというと…、
正直買い替えしたくなります!(^_^;)
これほど違うとせめて大切な部分にはAC-LANDAⅡにしたくなりますね。

コアでは暫く比較できるようにしておきますのでご興味ある方はご来店くださいませ♪(^.^)

驚きのコーナーチューニング材比較試聴♪動画あり!

2015-05-10 17:22:13 | 比較試聴
なんとなく音にメリハリがない。
音がこもってる音域がある。
スピーカーとスピーカーの間にしか音がない、スピーカーの上部までで音場が止まってしまう。
ボーカルなど耳につきやすい音域がうるさいときがある。
低域が少ない、多すぎる、しまりがないなど、

気になる方は朗報です!(^.^)

ルームチューニングって最終的に非常に重要ですがこれを聴くと最終的じゃなくて最初に必要なファクターだと痛感させられます。
オーディオに限らず楽器にもルームチューニングはとっても重要です。
なぜなら有名で優秀な音楽ホールには音響設計のもとたくさんのチューニング材を使っていますね。
オーディオルームも優秀な音楽ホールにするのとしないのと大違いなのは聴かずしても理解できます。

以前から多くのルームチューニングを比較試聴してきて圧倒的なパフォーマンスでお客さまを驚かせてきたのがオーディオリプラスのSFCというコーナーチューニングですが材料がなくなったらしくやむなく生産中止。
こんなにいいものがなくなるなんて悲しかったですがあれからようやく新製品のSFC-HDが発売になったので早速試聴してみました!!

そのパフォーマンスはいかに!!??

コアルームには旧製品のSFCというものが常設してありました。
今回のSFC-HD新製品と並べて見た目を比較!!


左がSFC(旧製品)、右がSFC-HD(新製品)。


大きさは同じくらいか少し大きい程度。
でも形がカッコいい!!

重さは少し違うくらいですがしっかりしてる割に軽いです。

さて早速比較試聴してみました!
比較した条件はリスニングポジション側後方左右2箇所のみです。
あまりにも良くなるので動画撮影でもお伝えできるのでは??と思い、だめもとで動画を撮ってみましたが想定外に効果の違いが安価なヘッドフォンでも聴き取れたのでアップしました!!(^^)v
但し、mpeg2に変換しないとアップできなかったので比較しづらいかもしれませんが。(^_^;)



まずは「なし」の状態。


コーナーなしの動画はこちら!



比較しやすいポイントです!
・最初のピアノの音がくすんでる。
・口を動かす音が明瞭でない。
・声のエコーの伸びがない。

そして今まで使用していた旧製品「SFC」場合。


旧SFCコーナーの動画はこちら!


比較ポイントは!!
・最初のピアノが明らかに艶っぽい。
・口を動かす音が明瞭。
・声のエコーが綺麗に伸びている。

そして注目の新製品「SFC-HD」の場合は!!


新SFC-HDコーナーの動画はこちら!



比較ポイントでは!!
・最初のピアノは艶っぽいのはSFCと同じくらいだが音量差がちゃんとあってコロコロと転がるピアノで立体的。
・口を動かす音は明瞭だがSFCで解決できてなかったサ行の耳につきやすい音がなく口の中が見えるくらいでこれも立体的。
・声のエコーはより自然に纏わりつかず伸びていて表現力が格段に上がっている。

正直これだけの進化は想定外でビックリです!!
その後、10人ほどのお客さまに比較していただく機会があったのですが皆さんかなりビックリされてました!!

iphoneの動画でもこれだけ分かりますが実際はかなり凄いです!!
音が前にでるとか、音が広がるとか、エネルギー感が増すとか、低域がリアルとか、奥行きが出たとか、定位がいいとか、すべて向上しています!!
でもそんな一つ一つをすべて飛び越えて、一言で「音がそこに存在する!!」がピッタリの表現でないかと思います。

価格は結構しますが費用対効果は抜群です!!
価格は2倍、効果は5倍!!??いや!異次元で数値に出来ません!って印象です。

是非あらゆるお客さまにお奨めしたいコーナーチューニングですのでご検討くださいませ♪(^.^)

ご購入はこちらまで!

メーカーホームページはこちら!

評論家総なめのRCAケーブル試聴&比較試聴!!

2014-08-17 12:52:32 | 比較試聴
オーディオアクセサリーの別冊で先日ケーブル大全2015という雑誌が出ました。

その中で気になる製品が!!!

それはアコースティックリヴァイブ社のRCAケーブルです。
価格は¥168000です。

何故気になったかというと、評論家の選ぶマイベストケーブルに何と14人全ての評論家総なめなんです!!(゜゜)


コアではあらゆる全世界のケーブルを比較試聴してきて圧倒的な実力と音質と裏付けのヨルマデザイン社を選びましたが、全員一致のお勧めケーブルとなると世界は広し、聴くしかないでしょう!!

そこでアコースティックリヴァイブtripleC-FMとヨルマデザインの比較試聴です!
価格はほぼ同じのNO.2との聞き比べです!!


もちろんコアのリファレンスになっているヨルマ社のUNITYも改めて比較しました!!


結果はいかに!!??



電源タップ比較試聴&接点有無比較試聴♪

2013-09-15 10:32:07 | 比較試聴
今回は先日予想以上によかった電源タップの効果を本来の性能を聴いてみようと色々比較試聴して試してみました!

前回の比較試聴ブログはこちら!

オーディオリプラス製のハイエンド電源タップを2機種使って比較します!

比較する機械はパワーアンプのみ、FMアコースティック社FM411MK2です!


パワーアンプだけに使用して試聴する目的とは!

本来電源タップの役割は「電源分配」ですが、リプラスの電源タップはここを通すだけで相当の高周波ノイズが減衰し、先日のような測定結果と顕著な音質向上が見られるとなると、本体「電源分配」ではなく、電源コンディショナーとして大きい効果があるということが言えます。
なので、パワーアンプだけに使用して音質向上が得られれば電源コンディショナーとしてお奨めできるというわけです。

電源タップを使用すると必ず問題点になってくるのは「接点が増える」ことです。
電源分配する必要があるのなら接点は必ずどこかで出来るので、こういう高性能な電源タップを使えば圧倒的に音質向上するのは予想する間もありませんが、パワーアンプなどの1機種だけに使用することで、その「接点が増える」というデメリットと電源コンディショナーとしてのメリットとを天秤にかけることになります。
要するに、一機種なら壁から直接電源を給電すれば接点は限りなく少なくなりますので、
「電源タップ+電源ケーブル」を投資するだけの価値が音質に現れるのか!!ということになります!



ということで、まずは「直接給電」で試聴♪

いつものハイスペックなサウンドです!!
空気感も実体感もバランスよく、スピード幅もレンジ幅も音楽のテンション幅も十分にあります♪
いつもの聴き慣れた音です!(^^ゞ

次は、同一条件にするために、パワーアンプと同じ電源ケーブルと電源プラグを使って電源タップに給電します!

まずは「SBT-4SZ/HG-MK2ハイエンド電源タップ(298000円)」で試聴♪

いや~!!解像度がグン!とアップしました!
接点が増えたデメリットなんかは微塵も感じません!!
空気感も実体感もバランスよく更にリアルになって予想以上にいいです♪

そして「SBT-4SZ/HG-MK2-Rハイエンドリファレンス電源タップ(378000円限定)」で試聴♪

いや~~!!解像度は更に少しですが増しましたが、何が全然違うかと言うと、色彩幅がグン!!とアップ♪
「音の色気」というやつですね!!
もしかしたら色気というものはオーディオでは一番感じにくくて、生演奏では感じやすい、決定的な音かも知れません!!

結論!!!

電源タップが必要な何台も機器のあるシステムにはもちろんですが、壁にコンセントが何個かあって直接給電している方には是非お奨めです!!
壁コンセントは1個だけで十分、あとはこの電源タップを使って2分配とか3分配することをお奨めします!!(^・^)

9/20まで当店では決算セールを開催しています!!
是非この機会にお求めいただけるとお得です♪

価格はメールかお電話にてお問い合わせをお待ちしています♪(^・^)

もちろん店頭では随時比較試聴できますのでお気軽にご来店いただきお声がけ下さいませ♪

アヴァンギャルドスピーカー電源の重要性の実験♪

2013-09-02 09:25:47 | 比較試聴
今回アヴァンギャルドのUNO FINOというスピーカーを試聴していますが、その後色々チューニングしてセッティングを詰めていくとかなり良くなります!!
可能性がたくさんあるみたいですね!

他のSPなんかで基本性能が低いと、セッテイングを詰めていってもあまり変わらなかったり、セオリー通りにならなかったりするんです。
結構そういうスピーカーあります。(^_^;)

このUNO FINOは以前のアヴァンギャルドに比べてそれがなく、かなり完成度が高いと思います!

そこで今回興味深い実験を!

ウーハーだけアンプ内蔵なのですが、この電源ケーブルや電源タップで音がどれだけ良くなるかの実験!
ウーハーだけなので普通は低域だけが良くなるとか、低域なんて殆ど聞こえないから関係ない!とかよく言われますが、さて果たしてどうか!?

オーディオリプラス社の電源タップを2機種使って比較試聴と電磁波ノイズ測定です!

このタップは筐体のみが違うだけで、インレットや内部配線、コンセントは全く同じです。
要するに筐体の材質や構造で更にノイズを抑制するというものです。
上位機種には3種類の材質を使用しているのでノイズ抑制帯域がかなり広い、またコンセントプラグがずっぽりと埋め込まれるので、プラグ周りからのノイズ混入が少ないんですが、さてどうなるかです!

音は驚くほどの想定外でした!!!!(゜゜)

中高域のボーカルやピアノが非常に立体感になって音色が豊かです!!
またS/Nが相当上がっています!!
最初の5秒も再生すれば誰もがわかるほどです!

お客さまも順次10名ほど比較して聴いてもらいましたが皆さん直ぐに「凄い!!」と。(^・^)

では、何故ウーハーのアンプの電源なのに、中高域の音質があそこまで良くなるのかを実験です!

簡易型電磁波ノイズ測定器でチェック!
測定箇所は、ツイーターとミッドとの間につながれている20cmくらいのスピーカーケーブルに乗っているノイズを計ります!

安価なほうのモデルでは…

フルスケで5ですが2~3くらいを行ったり来たりします!
ちなみに他のメーカーのタップでは振り切れてメーターが壊れそうなくらいを示していました!!(゜゜)

これでもかなりノイズ抑制効果があるんですね!!

そして上位機種のモデルでは…

ほぼゼロ!!(゜゜)

電源から混入するノイズってこんなに誘導して撒き散らしているんですね!
そして、この電源タップの優秀さも理解できました!!(^・^)

お客さんの殆どは、アヴァンギャルドのスピーカーに更に興味を持ってもらったみたいですが、半数の方はこの電源タップに非常に興味を示されていました。(^^ゞ

ちなみに新品訳あり品が決算特価になっていますので是非この機会にお求めくださいませ♪(^・^)
http://www.as-core.co.jp/SBT4SZHGMK2b


dcs社IEEE1394ケーブル比較試聴♪

2013-07-21 17:49:40 | 比較試聴
dcsシステムユーザーなら、IEEE1394というファイヤーワイヤーケーブルを使用してSACDやCDをDSDで楽しんでおられることと思います。

元々IEEE1394はPCの世界なので付属品のケーブルはPCレベル。
しかも需要が少ないのでメーカーもあまり発売していません。
日本ではエソテリックがハイエンドIEEE1394ケーブルを出していて、コアでもずっとエソテリックを使ってきました。
が、とあるところからの情報であまりにもこのIEEE1394ケーブルで音が違う!!との情報を聞きつけ、比較試聴してみました!!
忘れ去られていた部分です。(^_^;)



聞き比べるとかなりの変化です!!(゜゜)

今までのエソテリックの音は密度感や実体のリアリティはありますが音場が狭くコンプレッションかけたような詰まったような音調です。(^_^;)

他のメーカーもですが、まずメーカーの音っていうのを感じます。
それから素材の音、被覆材の音。
グレードはもちろん音の変化は大きいですが、今回の比較試聴でここにはありませんがリファレンスケーブルがだいたい決定しました!!!

入荷次第またレポートします♪

dcsユーザーさまには朗報になるかと思います!(^・^)

BYBEE社スピーカーバレット比較試聴!

2013-05-31 19:27:32 | 比較試聴
前回ご紹介したBYBEEの最高傑作商品、ゴールデンゴッテススピーカーバレット!

55万円もするのですが最後の2セットが一日で完売しちゃいましてコアの試聴ルームのものだけになりました。
もちろん非売品です。(^^ゞ

現在正規輸入ではないのですが本国ではこれに変わるものとしてスピーカーバレットがあるみたいで、お客さまが海外から買い付けて比較試聴をしようと持ってこられました!!
長いものが現在のもので、短いものがジャックバイビーさんの最高傑作品!

端子は付いてないのでお客さまの自作です。
価格は10万円しないそうです。
BYBEE社もジャックバイビーさんしか作れないものと同じものではなく簡易的なものとして認めています。

さて比較試聴開始!!!


比較は3種類で!

まずはなし!


それから現在のもの!


そして最高傑作非売品!


明らかに違いますね~~!!(゜゜)
S/Nもそうですが音のバランスや音の完成度が全然違います。

ジャックバイビーさんに復活して欲しいです。(^_^;)

同価格帯プリアンプ比較試聴!

2013-03-24 16:58:18 | 比較試聴
先日エソテリックから沢山の試聴機を貸していただきましたが、今回は新製品のC-02の試聴です。

本当はすべてエソテリックで聴いたときの相性の有無も確認すべきですが、私の考えは、いい物は相性の有無にかかわらずいい!!っていうのが今までの経験上でのこと。

偶々コアで長年負け知らずで鎮座しているFMアコースティックのFM155とC-02はほぼ同じ価格。
さて、比較試聴です♪


C-02は解像度も高く文句の付け所がない平均点80点の音だと思います。
少し筐体の材質の音なのか、エソテリックらしいというか癖がありますね。
高域に金属っぽい強調された部分がありますがこれは好みの分かれるところだと思いますし、組み合わせによってはちょうどいい感じになるかもしれません。

改めてFM155に戻します。

ここで凄く感じたことがあります!

一言で言うならば、「聴かせどころが違う」ですね。

解像度ではどちらも比較するレベルに無いほどの差です。

C-02は音を聴かせる感じ、FM155は音楽を聴かせる感じ。

演奏には駆け引きがあるんですがC-02にはそれをあんまり感じませんね。
楽器間のハーモニクスが無いというか、倍音が少ないせいか、オンの音はしっかり出てるのでC-02だけを聴いているとこれで十分!って思うんですが、FM155を聴くとオーディオの楽しみ方っていうのを改めて考えさせられますね。

元々、FMアコースティックはそこが魅力で長年モデルチェンジもせず頑なに守り続け、ファンも根強くいるわけです。

プリアンプの歴史の差を感じますね。

エソテリックもここまで音を出しているのですからあともう少し音楽の原点をもう一度見つめなおして頑張って欲しいと強く思いました。

続く…

140万円電源ケーブル比較試聴♪

2012-07-02 16:06:17 | 比較試聴
ノードストの電源ケーブルを試聴しました♪
飛びぬけた金額なのでかなり期待をして色んなところで試聴!!
コアがお勧めするヨルマデザインの電源ケーブルが13万円なので10倍です!!



結果は店頭にてお話いたします。(^^ゞ