オーディオスペースコア

福井にあるオーディオスペースコアというショップです。
ちょっと拘ったオーディオを楽しんでみませんか?

機械式腕時計ショップWING富山店様にこだわりのオーディオ導入♪

2018-06-11 11:53:09 | お客さま宅
富山県富山市にあるこだわりの機械式腕時計正規販売店のWING富山店さまにオーディオを導入させていただきました。

WINGさんは北陸に4店舗も展開する腕時計の専門店で有名店です!
https://www.wing-rev.co.jp/

あくまで私の主観ですが、
あえてブランド重視ではなく、本来の機械式時計の素晴らしいロマンのあるメーカーだけを扱う本質をついたお店だと思いました。
コアのオーディオの価値観と一致する部分が多くオーディオもコアのこだわりをご提案させていただきました。

概観はこんな感じでとっても素敵です♪

※写真はWING様より

スピーカーはイタリア製のソナスファベール社です。

バックにはブライトリング社のブースですが箱が置いてあるだけで様になります!

見えない底にも手を抜かない職人技が見て取れます。

この価格ではあまり見かけなくなった素晴らしい本国イタリア製品ですね!

アンプはオーストリア製のAyon社です。
あまり馴染みないメーカーかもしれませんが、オーストリアで有名なハイエンドスピーカーメーカー「ルーメンホワイト」と同じ会社です♪

真空管はKT150を使用し、3極管接続モードも選べてバイアスもコンピューター監視の真空管アンプです♪


スピーカーケーブルはアメリカ製のノードスト社を選択しました♪



ケーブルは隠したいのが普通の心理ですが、あえて見せる演出と、このデザインには伝送理論に基づいた機能美であることがポイントです!

オーディオラックはイギリス製のクワドラスパイア社です。

こちらも、平行する面をなくしラウンドすることで内部共振定在波をなくしシンプルな構造で音質と美しい機能美デザインを確立。

電源にもこだわりを♪

こちらはメイドインジャパン製のオーディオリプラス社のエアクラフトアルミ合金削り出し電源タップ。
機械式時計のメカのこだわりにも似た特別な金属の削り出しです。

スピーカーを駆動するエネルギーの源は100%コンセントから来る電力を使っていますが、外から色んな高周波ノイズが殆どここから混入していて、このタップで誘導し熱変換することができ、想像以上のS/Nにいつも驚きます!

そして音源はWINGさまのご要望であらゆる音源に対応したいということであえてこちらをチョイス♪
日本のメーカーでマランツ社のCDネットワークレシーバーです。

あえてなぜこれかと思うかもしれませんが、これ1台でネットワークを組まなくても簡単に再生できるのが魅力なのと、この手のネットワーク音源は5年もすれば色々規格が変わってそのうち新しいのもに入れ替えを余儀なくされる可能性があるので、あえて拘りのハイエンドを選びませんでした。

真空管アンプやスピーカーやラックやケーブルや電源周り(音源以外)は10年経っても20年経っても規格は変わりません。
なので、それらはめいいっぱいこだわってもいいのです。

設置後は電源極性チェックしたりしてボイッシング終了後は、小さな音量でもお店いっぱいに音楽が浸透する空間になりました♪

















とっても素敵なお店です♪
趣味性の高い製品を扱うお店に趣味性の高い家具やオーディオがあって空気感や細部にまで抜かりなく、そして店員さんの知識も価値観も高貴で、全てが合致していて素晴らしいです。

是非、ご興味ある方はWINGさんに足を運んでみてくださいね♪

この記事をはてなブックマークに追加

横浜のお客さま宅にアンプの終着駅「FM Acoustics」納品してきました♪

2018-06-05 09:05:06 | お客さま宅
お蔭様で最近FMアコースティックの問い合わせや修理、技術的なお話など、全国各地から受けております♪
日本で3店舗のみの特約店ですのでコアは全国どこへでもお伺いいたします!!

今回は以前からお世話になっております横浜のお客さま宅Y様へFMAの納品です♪

福井からは片道500km!
お客さまの大切な製品だし、金額も金額だけに自走してお持ちしました♪




7時間掛かってようやく夜に横浜入り!


ホテルの客室からは横浜の素敵な夜景です♪


翌朝、色々セッティングのシュミレーションを考えながらホテルを出発♪


実はY様は福井に一度比較試聴に来られ、コアがお奨めする3大メーカー、FMAとYBA-SIGとSpectralの3社の中から選びたい!とのことで、とってもナチュラルで素朴なのに圧倒的なニュアンスの差でFMAを選ばれたという経緯がありました。
しかし、とっても高額なアンプゆえに果たして自分のシステムや部屋でFMAの良さがちゃんと出るのか!?ということでしたので、先日ご自宅での試聴をしていただき、今回スイスのFMA社にオーダー、1ヵ月経って入荷し導入に至ったというわけです♪

プリアンプはFM155MK2R、パワーアンプはFM411MK3です♪
これ想像以上の組み合わせなんですがパフォーマンスを発揮すべくケーブルの加工なども済ませYさま宅にて納品セッティング♪

先日Yさまご自宅にコアの展示のFMAを持ち込んだときに色々アクセサリーや電源タップの見直しなどしたんですが、さすがFMAだけあってアクセサリーの効果や設置工夫の効果が顕著に出て鳥肌モノの芸術的な音が出たのでそのままご提案通りとなりました。

ここに書くのは全ての工程ではありませんが抜粋して載せました♪

FM411MK3のACプラグ交換。
これはリプラスの人気品で想定外のコスパです!!

そしてFM155MK2Rの純正インシュレーターは単なるスポンジなのですが、これをコアお奨めのインシュレーターに交換!
軽いので3点支持ですが、インシュレーターとボディとをそのままではなく薄いテープで3点支持で動かないように留めます。
これはリンギング防止にもなり意外と効果大なのでお奨めです!




そして念には念を!ということで、FM411MK3のSPターミナルのクリーニングですが新品なのに結構黒く汚れが取れます!
アルコールではなく特殊なオイルで汚れを分子レベルで浮かせます。


それから、純正のFM専用バナナは工具を使ってキッチリと締めこみます!
これは以前にも実験で書きましたが、DFが全然違ってきて音が全く違いますので手締めはNGです。


FM411MK3の足元はGRインシュレーターを使いますが、ここでもノウハウあり!
FM411MK3は5点支持なので5個を純正インシュレーターの下に敷きますが…

純正インシュレーターの真ん中の脚が0.8mm程度浮いているんです!!
これはコアの展示も同じで歴代のFMAのパワーアンプ全てがそうでした。
多分ですが、FMAでは普通にシャシにインシュレーターを5つつけてるだけに過ぎないと思いますが、真ん中の脚が浮いているのは構造上の問題だと思います。
そこで真ん中の脚に0.3mm程度シムスペーサー的に入れていき、インシュレーター5個の圧力が同じになるようにします。
こんなことですがこれもかなり音に影響あるんですよ!!!


他にもいろいろたくさんチューニングポイントありますが書ききれないのでこのくらいにしますが、やっぱりFMAのサウンドは別格です!!



スピーカーはC1ですが、今まで聴いたことのないC1のサウンドにビックリします!
C1の能力の高さにも驚きます!!

ちゃんと真ん中で聴かなくても、時々「ん??」って振り返ることが何度もあるくらいドキッとしてあたかもそこで演奏しているのか?という錯覚をします。
これがFMAです!

同じアンプでもこれだけ訴えかけてくるものが違うと不思議な感じがします。
内部の回路や部品、設計を見ても、見た目では他社と大きくは変わりません。
やけにシンプルだな~と思うくらいです。
多分ですが、アンプを作りたい!!と思った最初の思想が違うんだと思います。
それはマニュエルフーバー社長と以前話をした時に、とてもそれを感じたんです。

生演奏を再現したい!という思いが強く伝わってくるアンプは今までFMAほど強く感じたアンプはなかったですね。

毎日が音楽三昧で楽しくて仕方ない感じで、Yさまには大変喜んでいただきました♪
今回もどうもありがとうございました♪





この記事をはてなブックマークに追加

6/16、6/17は「世界のオーディオ70ブランドフェアー」を開催します♪

2018-05-25 18:29:49 | オーディオショー
6月16日、6月17日の土日両日、福井は金津創作の森アートコアミュージアム2にて「世界のオーディオ70ブランドフェア」を開催します。

当日展示、試聴できる製品リストです♪
話題の新製品など盛りだくさんです♪

「世界のオーディオ70ブランドフェア」

日時:6/16、17
16日 AM10~PM5
17日 AM10~PM4

場所:福井金津創作の森
入場無料

総額1億4000万円の世界のハイエンドオーディオメーカーなんと70社(予定)が両日金津創作の森アートコアミュージアム2に集結します!
そして全てのオーディオ機器でゆっくりと音楽を堪能できます!
また、オーディオ用に制作した高音質CDソフトやLPレコードの販売コーナーや当日だけの特価品のご提供もあります!
ミュージアム1ではドイツ製ブルメスター社のカーオーディオを搭載したメルセデスベンツやポルシェ(予定)も体験できます!
是非、皆様お誘いの上ご来場お待ちしております♪
(以下、輸入商社、メーカー順不同です)

あの話題の新製品も来ます♪

アキュフェーズ
プリアンプ:C-2450  ¥750,000
パワーアンプ:P-7300  ¥1,200,000
クリーン電源:PS-1230  ¥700,000
プリメインアンプ:E-650  ¥730,000
SA-CDプレーヤー:DP-750  ¥1,200,000

アクシス
MSB  Reference DAC DA コンバーター  ¥ 5,400,000
FM Acoustics FM255-MK2R プリアンプ ¥6,150,000
FM Acoustics FM711-MK3 パワーアンプ  ¥10,350,000
Lumen White Kyara スピーカー   ¥6,500,000
Transparent XLPI パワーアイソレータ― ¥980,000

ノア
Speaker Sonus faber AMATI Tradition \3,600,000
Power Amp Burmester 911MK3 \3,300,000
Pre amp Burmester 077 \2,850,000
CD Player Burmester 061 \1,650,000
Tube Power Amp Audio research VT80SE \1,350,000
Tube Pre amp Audio research LS28 \1,100,000
D/A Pre amp Wadia di122 \360,000
Analog Player Dr.Feickert Black bird 2 \1,550,000
Tone arm KLAUDiO ARM-MP12 \1,250,000
Tone arm Acoustical systems AQUILAR \950,000
Cartridge Acoustical systems Aiwon \690,000
Analog Player Pear audio Robinhood SE \390,000
LP Cleaner KLAUDiO CLN-LP200 \700,000
Rack Burmester V3ラック \540,000
StereoHead phone ENIGMAcoustics Dharma D1000 OPEN価格
Insulator Alto-Extremo NeoFlex L-4 \165,000
Speaker cable Laboratorium Yter 3.0m \210,000
LINE Cable Argentum acoustics MYTHOSシリーズ
Audio Check CD XLO RX1000 \6,000
Room tuning Molo Soft wall 未定

アークジョイア
Speaker ESTELON YB Matt bk \1,900,000
Pre amp Bespoke audio Passive Preamp \1,700,000
Cartridge Jan allaerts MC1 Boron MK2 \560,000
StereoHead phone PRYMA PRYMA 01 OPEN価格
Driver unit Voxativ AC-3X \980,000
Driver unit Voxativ AC-X2 \1,560,000

エレクトリ
MAGICO スピーカー A3 ¥1,300,000(ペア)
McIntosh インテグレーテッドアンプ MA8900 ¥980000
CDプレーヤー MCD350 ¥600000
PassLabs フォノイコライザー XP17 ¥600000
stst アナログプレーヤー MotusⅡDQ ¥1000000
トーンアーム Vertex ¥570000
EMT MCカートリッジ TSD75SFL ¥210000
Hegel インテグレーテッドアンプ H360 ¥700000
ATC スピーカー SCM7 ¥160000
NORDOST 仮想アース QCORE6 ¥540000
ケーブル各種
ATACAMA ラック EVOQUE SE60/50 未定
metronome CDプレーヤー CD8 ¥1300000

日本音響エインジニアリング
AGS ANKHーⅠ  ST15   ¥280,000
AGS ANKH-Ⅱ  CO15   ¥330,000
AGS ANKH-Ⅵ  FL66   ¥180,000
AGS ANKHーⅢ     ¥100,000
AGS SYLVAN    ¥200,000

アッカ
YG ACOUSTICS : CARMEL 2 ¥3,400,000
KRELL     : DUO 300 + Illusion 2 ¥1600,000+¥1,200,000
ORPHEUS   : HERITAGE SACD、 PPA Mk3  ¥5,600,000+¥1,600,000

A&M
トランスローター ZET-3 (¥1,050,000 アームレス)
プリアンプエアータイト ATC-5 (¥740,000)
パワーアンプエアータイト ATM-3211(¥4,800,000ペア)

ディナウディオ
Confidence C1 ¥1,100,000
Moon Evolution 700i  ¥1,600,000
Moon Evolution 650D ¥1,150,000
ATOLL AM400 ¥670,000
PR400 ¥660,000
CD400  ¥780,000
IN400  \690,000
Confidence C2 ¥1,950,000
MUSIC1(アロマスペース用)

オーディオステーション
ネットワークプレーヤー SFORZART DSP-dorado \800,000 /台
DAコンバーター iFi Audio I MICRO DSD BL \69,000 /台
ミュージックサーバー DELA HA-N1AH20/2 \180,000 /台
fidata HFAS1-S10 \370,000 /台
IO Data RAHF-S1 \83,000 /台
LANケーブル AUDIOSTATION LAN-AS/1.0 \150,000 /本
fidata HFLC-1.5 \62,000 /台
USBアイソレーター iFi Audio I Galvanic 3.0 \45,000 /台
CDドライブ DELA D100-B-J \70,000 /台
ハードディスクドライブ DELA E100-H30-J \70,000 /台
スイッチングハブ Buffalo GS-BS2016/A \22,960 /台
ケーブルインシュレーター KRYNA Helica-1 \11,000 /本

タイムロード
CHORD Blu MkII(CDトランスポート) ¥1,400,000
CHORD DAVE(DAコンバーター) ¥1,500,000
CHORD SPM1200MkII(ステレオパワーアンプ) ¥1,560,000

リン
Klimax DSM/3      ¥2,800,000
Klimax LP12/UrikaⅡ   ¥2,860,000
AKUBARIK EXAKT(Katalyst)  ペア ¥4,100,000
MAJIK 140+OptionStand ペア ¥300,000
MAJIK EXAKTBOX-I    ¥700,000
MAJIK DS/2      ¥350,000

D&M
Bowers&Willkins スピーカー 705S2/B ¥700,000
Bowers&Willkins FS700S2/B ¥68,000
DALI スピーカー EPICON6 ¥571,429x2
marantz CDプレーヤー SA-10 ¥600,000
marantz プリメインアンプ PM-10 ¥600,000
Project プレーヤー CLASSIC-N/C-W オープン

ハーマン
JBL S3900(スピーカー)、¥330,000x2
REVEL F206(スピーカー)、¥210,000x2
M105(スピーカー)、¥90,000x2
Mark Levinson NO.585(プリメインアンプ)、¥1,300,000
NO.519(オーディオプレイヤー)、¥2,150,000
SILTECH C550I-XLR-1.5M(XLRラインケーブル)、¥270,000/1ペア
C550L-2.5M(スピーカーケーブル)、¥448,000/1ペア

エソテリック
ESOTERIC SACDプレーヤー K-01XS ¥1,728,000
ESOTERIC ネットワークトランスポート N-03T ¥842,400
ESOTERIC マスタークロックジェネレーター G-01X ¥1,620,000
ESOTERIC プリメインアンプ F-03A ¥1,058,400
avantgarde スピーカー ZERO-TA  ¥2,160,000

ヨシノトレーディング
EAR EAR912 コントロールアンプ \1,980,000
EAR509Mk2 パワーアンプ \1,890,000
Acute Classic CDプレーヤー \890,000
Nottingham Analogue Studio Spacedeck ターンテーブル \498,000
Clearaudio Performance DCS ターンテーブル \468,000
Talismann V2 MCカートリッジ \225,000
Artist V2 MMカートリッジ \78,000
Diapason Astera+ 4Ustand スピーカー,stand付 \1,580,000
Kubala-Sosna Expression 1m SPケーブル \288,000
Emotion 1m ラインケーブル \470,000
Fascination 1m ラインケーブル \158,000
EAR V12  予備 プリメインアンプ \1,200,000

他に数社ありますが、予告なく変更される場合がありますので予めご了承くださいませ。

来場アンケートにお答えいただきますと、豪華景品プレゼント♪
是非皆様お誘いあわせの上ご来場お待ちしております♪



この記事をはてなブックマークに追加

独アヴァンギャルド社ZERO-TAスピーカー展示導入♪

2018-05-21 16:11:11 | ハイエンド試聴
前に同社UNO FINOというスピーカーと入れ替えで現行品のZERO-TAを展示しました♪

見た目はこれはこれで個性的ですが音はとっても正統派なサウンドです♪
技術的にも素晴らしくウーハー部にパワーアンプを内蔵していますがつながりをナチュラルにするためにデジタルサウンドプロセッサーを搭載するなど、ホーンの良さとアクティブウーハーの低域とのバランスのつながりの良さを見事に解消しています。





ご興味ある方、是非ご来店試聴お待ちしております♪

メーカーHPはこちら♪

この記事をはてなブックマークに追加

Dynaudio新Confidence発表♪

2018-05-14 16:39:50 | コアお奨め!
コアがお奨めしていたConfidenceC1PlatinumとC2Platinumがモデルチェンジします♪
先日のドイツミュンヘンで開催されたHIGHEND2018で発表されました♪

詳しくは音元出版さんのファイルウェブで♪
https://www.phileweb.com/news/audio/201805/12/19730.html

ConfudenceC1Platinum(ペア1,188,000円)の後継がConfidence20(12000ユーロ)日本円で約160万円
ConfudenceC2Platinum(ペア2,106,000円)の後継がConfidence30(19000ユーロ)日本円で約250万円
ConfidenceC4Platinum(ペア3,132,000円)の後継がConfidence50(26000ユーロ)日本円で約350万円
何となく価格的には2割ほどアップという感じです。

ここで気がついたことが1つあります!!!

コアではC1PlaとC2Plaをお奨めしているわけですが、両方とも2ウェイなのです!
全シリースの歴代のコアお奨めDynaudioスピーカーの殆どが2ウェイなのです!!
これは意識なんてしてなくて音を聴いて、セッティングして、素晴らしいサウンドと将来的な可能性があるのもが殆ど2ウェイでした!
例外は30周年のサファイア(3ウェイ)とCONSEQUENCE(5ウェイ)のみです。

そして今回の新Confidenceですが、C2Plaの後継にあたるConfidence30はなんと!!!!3ウェイなのです!汗

今までの流れを考えるとちょっと心配ですが…
Esotar2もEsotar3に進化したし、バッフルも3D解析バッフルになっているし、2割アップと3ウェイと奇抜なデザインというマイナス面をカバーすべく音質が大幅にアップしていることを期待して、年末の日本導入を待ちたいと思っています♪



この記事をはてなブックマークに追加

恐るべしCHORD社Qutest D/Aコンバーター♪

2018-05-07 11:44:25 | コアお奨め!
久し振りに素晴らしいシンプルなDACが登場しました!

が…

電源で音が変わるのはオーディオでは周知の事実です。
このQutestは素晴らしいDACですが、電源が汎用ACアダプターなのです。。(^_^;)

先日ブログでも書きましたが、
このACアダプターはUSB電源の為にこういった形式になっているのは仕方ないですが、USB電源のオーディオ専用のものがなく色々実験しましたがスイッチング電源が殆どなのでイマイチのものばかりなんです。。

そこで当店で製作してみたのですが、これがすこぶるQutestの真価を発揮しましたので改めて書きました♪

トロイダルトランス式でオーディオ専用パーツを使っていてハンダも厳選しております♪
もちろんインレット式なのでオーディオ用電源ケーブルもお気に入りなど色々使えます♪


そして、USBケーブルもオーディオ用AudioQuest社のものを用意♪




これで20万のDACが何倍もの価値のサウンドを奏でております♪
あのDAC界では世界的に有名なdCSを昔から扱っている当店が言うので間違いないかと思います。(^_^;)


ご興味ある方はご相談くださいませ♪




この記事をはてなブックマークに追加

OMEGA SACD1修理&販売店のお仕事とは?

2018-04-17 17:30:47 | お店の話
今回は何台目かになりますがクラッセのOMEGA SACD1の修理をさせていただきました。

2001年に200万円で発売されたSACD/CDプレーヤーですが、あれから17年経ちますがメーカーでは既に修理は不能です。
良いCDプレーヤーが無い中で、デバイスに依存する機械はパーツの互換が殆どないので修理できる期間が家電品と同じ扱いなんですね。

以前も何度もこういった内容のことを書いてきましたので割愛しますが、今回も再生できないOMEGA SACD1が蘇りました!!










話は変わりますが、

ネット社会になってからすっかり販売店は排除の世の中ですね。

メーカー直販が多くなり、販売店のマージンを削ることでお客さまに少しでも安くご提供できる、またメーカーも利益が取れない時代なので販売店の利益をなくしメーカーがその利益を得るなど、販売店の存在が危うい時代です。

でも、これは家電品などのオーディオ製品での話が殆どです。
逆に趣味性の高いオーディオ製品は販売店の存在がとっても大きいのです。

何故なら、オーディオ専門店は「コーディネーター」だからです。

お客さま一人ひとり好みも違うしシステムも違うしケーブルやアクセサリーも様々だし部屋も違うし聴く音楽も聴くポイントも違います。
プロとしてお客さまのお話を十分ヒヤリングしてお客さまに合った製品選びやセッティング方法を導き出していくのが「コーディネーター=販売店」の仕事だと思います。
なので、お客さまによっては、機器の購入を勧めずセッティングだけになることもあります。
お客さまのことを知らずに商品を勧めたりするのはもってのほかです。

すっかりオーディオ専門店が少なくなったのも、この「コーディネーター」の仕事が出来てない販売店が姿を消していったんだと思いますね。

さっきのOMEGA SACD1の修理もそうですが、何十万、何百万もする製品を販売する販売店は修理が出来ないことをメーカーの責任にするようではお客さまは販売店で買う意味がありません。
販売店は販売したという責任がありますから、メーカーが買収されたりオーディオ撤退したりしてメーカー対応できなくなった後でも、その製品を販売した販売店はずっとお客さまの為に誠心誠意対応するのが本来の販売店の仕事だと思います。
そうしなければ何十万、何百万もする製品は買ってもらえるわけがありません。

商品を買ってもらうまでが仕事ではありません。
その選定から始まって買ってもらった後ずっとずっと対応していくのが販売店の仕事です。

「オーディオ専門店=コーディネーター」

これからも変わらずコーディネーター業に徹していきたいと思います♪

この記事をはてなブックマークに追加

CHORD社D/AコンバーターQutest展示&特注アナログ電源ユニットの比較動画♪

2018-04-16 18:28:24 | コアお奨め!
最近PCオーディオやハイレゾ対応の多機能なD/Aが多い中、シンプルで音質重視のD/Aの手頃なものがないのですが、久し振りにコスパの高い音質重視D/Aコンバーターを展示導入しました!!





手のひらサイズですが航空機アルミ合金削り出しボディ。
しかも上位機種DAVEの直系の技術を採用したクォリティー!



しかし…

やはりこの価格帯は電源がACアダプターなんですね…
しかも普通の汎用スイッチング電源で高周波ノイズが多くオーディオ的ではないですね。

そこで、コア特注でトロイダルトランスで大容量アナログ電源ユニットを作ってテストしました♪








コアでお買い上げいただいた方でこのアナログ電源が気になる方はご相談ください♪

音の違いを動画アップしましたので参考にしてください♪






もちろん当店でも比較試聴できますので是非ご来店くださいね♪

この記事をはてなブックマークに追加

YGアコースティックANAT-XV?仕様完成♪

2018-04-01 12:27:54 | お客さま宅
お客さま宅のANAT3(Sonja仕様)をXV仕様にしようという計画を実行しました!

昔から背が高すぎるので何とかしたいとお客さまに言われておりまして…
ふとしたお客さまのアイディアがSONJA-XVの仕様とリンクしてこれはいけると確信したんです!(^・^)

SONJA-XV-Jrはこれ♪



2700万円です。(^_^;)

お客さま宅のANATはエンクロージャーがANATというだけで中身はSONJAなのです。
クロスオーバーは下が65HzなのでなんとXVと同じなんです!(^・^)v

ということは、ANATメインモジュール(当時はこれだけで販売していました。)を専用スタンドに乗せ、下のウーハーをXVみたいに別にすればANAT-XVが完成するはず!!というわけです。
もちろんXVは4ウェイなのでXVとは同じにはありませんが、低域のモジュールのみ別にする発想は全く同じということです!

偶々ANAT専用スタンドを入手したのでセッティングできるかどうか位置関係を把握。

内側の黒いのがANAT専用スタンド。

早速メインモジュールを降ろします。


そしてウーハーモジュールを移動し下のボードを外します。


お客さまのスピーカーケーブルは偶々ですが、JORMA社のPRIMEバイワイヤーとシングルワイヤーを2セット使っていますのでそのままでOK!

上のメインモジュール用金具を外します。


そしてヴォイシング♪


ウーハーモジュールを前後すると見事に低域の形と量がリンクします!!
これはYGならではの位相特性の凄さで、ピッタリの場所を探しました♪








高さも通常のSPと同じような耳の高さになり、低域とのマッチングもXV同様でバッチリです!!
予想を超えて素晴らしいサウンドになりました♪

アイディアからこんな仕様のものが出来るなんて、ほんとオーディオって楽しいですね♪






この記事をはてなブックマークに追加

オーディオ業界に警鐘を鳴らす

2018-03-19 12:48:15 | お店の話
久し振りにこういった内容のブログを書きます。

オーディオって一言で言っても、最近は色んなジャンルが増えました。
ピュアオーディオはもとより、シアターやポータブルオーディオなど色んなものが増えて裾野が広がった感じはします。
これに伴って製品もたくさん発売されています。
しかし、機能を省いたこだわりの専用機はドンドン影を潜めてなくなっていき、多彩な機能を持ったミニコンみたいな製品が目立ちます。

そして最近目立つのは、ソースの話題ばかり。
アナログブーム、ハイレゾブーム、ストリーミング、bluetoothオーディオなど、ソフトにまつわる話題が多すぎるように思います。
「CDよりハイレゾの方が音がいい!」
「やっぱりレコードはデジタルより音がいい!」
そんな話が飛び交っています。
しかも、
「ハイレゾ対応アンプ、スピーカーはどれですか?」という問い合わせもチラホラあります。

この誤解を招く日本経済新聞を見てください!

前にもこのことで書きましたが、これじゃまるでCDがダメみたいですよね?
しかもハイレゾもダメに思えます。
こんな記事は一般あらゆるの方々が見ているわけで、大変誤解を与えます。

ソースの話題はフォーマットに依存しますので騒ぎすぎはとても危険だと思っていましたがここまで業界が騒ぐとは…

なぜ私が警鐘を鳴らすかといいますと、説明するまでもありませんが、ソフトを買い換えないといけないからです。
誰もが今まで30年以上かかって集めてきた「CD」で良い音を楽しみたい!と思っているはずです。
そんな話題のある製品ばかり製造したり輸入したり力を入れたりしているメーカーや商社がとても偏っていると思うからです。

音はソースだけで決まらないし、アンプやスピーカーやケーブルやアクセサリーやセッティングで音はいくらでも良くなります。
実験でSACDとCDの聞き比べをした後に、電源ケーブルの聞き比べをして、どちらが音が良いかということを何度もしたことがありますが、10人中ほぼ10人が電源ケーブルを交換したほうが良くなったと答えました。

それなら、ハイレゾソフトやレコードを集めなくても今あるCDで楽しめますね!っていうことになるのですが、良いCDプレーヤーはドンドン生産完了になり、ピックアップデバイスも安価なパソコン用かブルーレイ用の汎用品しかなくなりメーカーも作るに作れない時代に。。

そういったせいもあって、最近は修理品の依頼が激増しています。
1990年代のよき時代のこだわりのCDプレーヤーはメーカーや商社としてはもう20年以上経つので修理不能状態です。
「何十万円、何百万円もした歴史的CDプレーヤーがゴミとなるのか!?」という苦痛の思いから救いたくて当店では可能な限り修理をしています。

CDは今一番世の中に存在するソフトなのです!!
そのCDを魅力的に再生するこだわりのCDプレーヤーをメーカーは作らなくなってきているんです。

論点が少しズレましたが…

ソースの話ばかりするのはソフトに依存するので危険だという話です。

もっと音を良くする手段は他にたくさんあります。
今持っているたくさんのソフトをいい音で楽しみたいですからね!

以上、メーカーさんや商社さん、雑誌社さんが見ていたら、是非、今一度オーディオの本質を考え直してもらいたいです。

この記事をはてなブックマークに追加