goo

劇的チェンジ?・・ん?!・いろはの『は』...早合点、早請け合いはあとの祭り!。

  蓮舫参議院議員・ほか
   民主党議員御一同様
いつも笑顔でいてください・・・・。
 いろはの『は』・・・、
早(はや)合点早請け合いはあとの祭り!
   何事にも謙虚・気配りが大事!
劇的チェンジ!だ、そうです。
この変革ムードに乗ってなんでもかんで
も、守るべき伝統や歴史・良き慣習礼節
も 『まっ、いいかー』では 困ります。
また、「敗者への共感」「弱者への愛情」
「劣者への同情」という日本人古来の
道徳感もこの時期てあればこそ、大いに
  発揮して頂きたいと思います。
新体制になかなか馴染めないまま、置い
てきぼりをくっている人達への配慮が、
新政策達成のカギなのかもしれません。
 新方針に水を差すのは嫌いですが,
新政策実施も、できますればやさしい
 笑顔で進めて頂きますと、みんなも
  ホッとして、うれしくなります。
   (しかめっ面は似合わない)
悪辣な利権・隠蔽・首謀者は徹底して
   闇をあばく必要はありますが、
  追求摘発の恐怖や
  断罪の屈辱を与えることよりも、
実態究明・証拠提出での協力要請。
 (国民主権回復運動への参加を募る)
 (悪事再発防止制度への工程表作り)
 など、建設的で前向きなカタチで、
  お願いしたいと思います。
組織社会ですので、いやいや加担させ
られた人も多いのではないでしょうか
たとえ、つくり笑顔であってでも・・、
・・・・・・救われます・・・・。
・・・・・・・最良だと思いますデス。
  革命では、ないのですから・・・。
おわり
ストックトン在住。 
奔放に生きるサミーさんの歌です。
いつまでも、20才の乙女の想いデス。
http://www.youtube.com/watch?v=ban-lRRMorw


 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

これじゃーダメだ!。NHK双方向解説?そこが知りたい!。

NHK番組制作者 様
  こりゃーダメだ。NHK番組。
NHK双方向解説そこが知りたい!
世情一般を判りやすく解説して頂け
るのかなーと思い見ていましたが、
事実誤認?も含めて、不明瞭な情報
をもとにした、予測・憶測ばかりで
より混乱を招くのではと思いました
  どうしたのー?NHK?。
1)米軍再編は新時代情勢に適応した
 新技術導入による軍事施設の縮小
 削減を目標としているのでは?
   (米国内施設は削減縮小中)
2)米軍の日本駐在は日米安保による
  目的というよりは朝鮮戦争が
  未だ継続中の為国連軍の一部と
   しての駐在使命が主では?
  (駐在目的の不明確性が問題)
  (どの規模?どの範囲まで?)
3)在日米軍再編問題は前政権の
 お荷物?か置き土産?かは検証中
  時間をかけてでもより良い
  新条件を望んでいるはずデス
 米国政府自体の政権交代により
 米前政権政策の継承・不継承は
  自由判断のハズで、日本国も
  普天間移設問題については
  前条約の再交渉は自由なはず?
  (日本国の希望を前回以上に
   遠慮なく率直に要求する)
  (その方がわかりやすい!)
 (時間ロスは正当なら補償する)
4)6カ国協議の主旨は朝鮮半島の
 絶対的非核化。以上以下無し!。
5)憶測?拉致問題の暗部解明は微妙。
 米国が出すか?日本国自らが出す
 か?2012年の朝鮮戦争終結宣言
 まで保留か?は、日本国民次第。
 (NHKはなぜ特番を作らない?)
 (民放はなぜ特番を作れない?)
 (日本国内問題・他国は関知せず)
  (国会議員は周知事項?)
その他にも取り上げるメール内容が
恣意的・作為的なモノに感じました。
事件・事象を判りにくくする目的の
番組ならば意図通りなのでしょう。
しかし、このような体質の継続が
現在の社会状況を生み出したことを
製作者は反省するべきだと思います。
事件・事象の事実だけを判りやすく
説明する番組を 作って下さる事を
 今後はお願い致したいと思います。
国会中継は外務委員会、厚労委員会
 ほかの委員会の実況中継を
 望んでいます。(情報公開制度)
蛇足なのですが下記感じていること
  を僭越ながら書かせて頂きます。
品格があり経験豊富で頭脳明晰な方、
(熟練の大工の棟梁や職人達)の
『仕事のやり方・ものの処し方』は
合理的・現実的判断のもとにムダ口を
  たたかず行動を起こされます。
 (時間経過も経費との合理的考え)
良い官僚の方達も同様に実務をこな
  されている事と思います。
でも、ムダ官僚・ダメ官僚・ダメ職員
 の仕事とは、仕事の無いところに、
いかにして巧妙に仕事を創り出すか?
いかにして結論を長引かせるか?
持て遊ぶか?に、かかっています。
 寺島実郎氏が日米の防衛予算に
    群がる利権屋集団を、
日米防衛マフィアと断じていますが
まさにドンピシャのネーミングです。
そのような利権集団は防衛だけでなく
防衛・外務・農水・文科~・・・~。
ダメ役人と一緒に、巣くっています。
・北朝鮮ミサイル!さぁーどうする?
・拉致・6カ国協議!・・どうする?
・輸入農産物・調査捕鯨!どうする?
・学力低下!どうする?どうする?
宣伝機関をフルに使って、煽ります。
庶民に判りにくければにくいほど連中
には好都合で、スッタラ・モッチャラ
 させては取り巻き達が税金の浪費を
    吸い尽くしているわけです。
(NHK・他宣伝機関も仲間です!)
広告エージェンシー社員の話しでは、
・・・山深い田舎であればあるほど
    芸術・文化・国際・環境の
    コトバに弱く言葉の魔力で
     イベントを持ちかけると
 おもしろいほど引っかかるんです。
地域振興(村おこし)という美名の
 もとに税金を浪費している事例と
非常に 似通っていると思います。
針小棒大・・・・・針のように小さい
   ことを棒のように大きく言う、
  小さい事柄を大げさに誇張して
  言いたてるあるいは言い触らす。
この事例は官庁役所だけでなく団体
民間組織でも、人を欺くのに長けた
  ズルッコイ人間達が平然と行う
行動例です。現実的合理的に早期に
  問題解決が急がれるのに、
このズルイ連中達は事柄を針小棒大
にして、さもたいへんな仕事をして
いるかのように装う事でかろうじて
  本人自身の自己存在証明
 自己保身を図っているのです。
専門職の方に特にこの傾向が強いの
  ではと感じています。
人の無知に付け込んで説明や助言を
与えているように見せかけて、実は
何の解決にもならないというのが
この連中達のやっかいなところです。
これらが二人以上いるとこの行動は
もっと仕事らしく超たいへんな仕事
  難問題へと格上げされます。
この二人に対立する意見が現れます
と、もっと重大な、世間をゆるがす
    大問題の完成です。
なぜか?(解説委員室に似ています)
あとはこの大問題を(大げさなウソに
仕立て上げて)ノッタラ・ノッタラと
   双方で間(ま)を取りながら
     続けるわけです。
  ・防衛装備や軍事は難しい。
  ・外交は難しい・・・・・。
これがいわゆる外交といわれるものの
実態・正体ではないかと感じています。
 真面目な職員や官僚達は、いったい
 どうしたら?いいんでしょうか?
 『捨て身の鈴木宗男議員』
外務委員会での活躍が待たれます。
 (ダメもと)でも少しづつでも、
 開示できれば 良いのです!。
おわり
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

戦争も変わった。政権も変わった。そうか、時代も変わったんだ!。

  スサーンベイ・カリフォルニア
1970年代後半?頃サンフランシスコの
ケンさんの案内で人生師匠と米軍艦と
輸送船の入札の下見(ひやかし半分)
 に行ったことを思い出しました。
その当時、師匠自身は元気はつらつな
のですが、実年齢ではもう高齢でした
引退や先々のことなどを考えておられ
る様子でした。  事業分も含め、
残し方の研究について、税務の方達
  から色々と助言や指南など
    受けておられるようでした。
税制で不動産資産の買い換え特例
というのがありました。緻密に工夫を
めぐらして考えることが大好きな師匠
ですので、その対象のひとつとして
中古軍艦を購入し、宿泊・飲食を
含めたホテル船の建造というアイディ
アを思いつかれたらしいのでした。
おもしろがり屋で前向きで斬新な思考
の師匠にとって、軍艦は残し方の対象
ではなく、新事業の頭の体操のような
  新プロジェクトに
   なってしまっていたのでした。
    師匠自身はおもしろがって、
     原案を本社に出させたり
       されていました。
ものものしい警備の基地に着きました
 迎えの士官達とボートに乗り込み、
ずらりと係留されている退役艦船群
に向かいました。長いタラップを登り
 甲板に出ますと、驚きました。
『ともかく、想像以上に大きい!』
野球は出来ませんがそれに近い印象を
受けました。そして船倉には歩兵携行
品パックなどがそのままぎっしりと
詰められたままでした。中古・廃棄
予定とは思いますが、もし近々に
有事となれば即出動の配備となって
いたのかもしれません。ケンさんが
微細に渡る船の説明を受けました。
丁重な敬礼の返礼として、深々と
3秒間のお辞儀をして、私達は
基地を辞することとなりました。
乗船記念に、キャメルのタバコ他
  歩兵パックを頂きました。
結論としては、軍艦再利用に関する
すべてに問題はありませんでした。
新プロジェクトも少し前進でした。
ただ・・・、ケンさんが、私達に、
アスベストスに関しての
  日本の法規制の有無を
   尋ねられた時に、
この事業案は『不可』となりました
 不燃・防護の為、
  軍艦のアスベストス使用量は
  特に膨大な量との事でした。
戦争も変わり、防衛配備も変わり、
   政権も変わりました。
 そうか、時代も変わったんだ!。
おわり
Suisun Bay
(スサーン?の発音のようでした)
万が一の有事用として、現在も
 多くの艦船が係留されています。
 中古軍艦の一大係留基地です。
 現代戦争では旧型の軍事艦船は
 どんどん時代遅れになってきて
  いるのではないでしょうか?。
    一定期間後に沈没処理。
1973年に米国でアスベストスの
『製造者責任が認定』されました。
  1985年までに
   3万件の訴訟になりました。
日本では1975年9月に
吹き付けアスベストの使用が禁止。
2004年に、製品の出荷が禁止。
2005年に石綿障害予防規則が施行。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

祝・敬老!。いろはの『ろ』・・・老人力、うまく使えば、景気は上がる。へたに使うと?・・・・・?。

新大蔵大臣 藤井裕久氏77歳
☆高福祉・成長経済路線☆政策!
     田中角栄内閣で
 竹下登、二階堂進・両官房長官
     の秘書官を勤務。
  したたか大蔵大臣の迷言。
年寄りの言葉は信じちゃいけません!
 もしだめなら、さっさと、
   下野すればいいんですから!
細川内閣でもう経験済みですからネ。
    国会議員として経世会から
     イチロー氏と一身同体
      腐れ縁のご経歴です。
    イチロー氏とのゴタゴタは
   老獪な名演技?だと思います。
イチロー氏と紆余曲折浮き沈みを経て
・・・『最終的に狙うモノ』は??。
そこが気になるんですが?と
  もし、お尋ねすれば、明快に
『そりゃー国民主権です!はい!』
・・・・・だと想像できますデス。
  高福祉・成長経済路線!。
なにはともあれ、
先人(老人)を尊ぶ
ところに未来あり!!。
予算をカラカラに搾り切るまでは
渋いしかめっ面を
  通して頂きたいと思います。
予算組み替え終了後、
   一気に財政出動に転換し、
悲惨な窮状を救ってもらえます事を
   願うのは、少し・・・・、
   甘過ぎる?でしょうか?。
受け売りですが、下記お願いします。
1.財政の支出(米国規模額)為替調整
2.金融の緩和(他国と協調)為替調整
3.新経済成長戦略(インフレ目標論)
  成長率3%目標方針(為替調整用)
4.ベーシックインカム制度導入
   (生活保護給付の改定)
5.最低賃金昇給予定年表制度導入と
    正規・非正規雇用制撤廃
   週20時間以上の社会保障制度
6. 無利子国債100兆円発行
   (タンス預金・相続・贈与用)
この15年間のデフレ政策で庶民側の使
えるお金が減りました。緊急資金が
揃えられず商店、中小企業、大企業も
倒産してしまいました。生存をかけた
デフレ地獄が今も続いているのです。
弱者は身障者だけでなく若者、新卒者
もワケがわからないまま、不況の渦に
呑み込まれている惨状です。今までの
財務当局者による圧力政策は庶民側に
 将来不安!を与えるだけでした。
希望の無い未来!。スラム化する街!。
  通貨減少・政策、
  (デフレ誘導・金融政策)
 は・・・ 世相荒廃!の元凶です。
デフレ誘導策の元で暮らした国民は、
 『では?その財源は?』
 『どこに?その財源が?』だけが、
・・・・上手になってしまいました。
『円を刷って弱者にばらまく!』
流通するお金を増やすと言っても、
洗脳された頭の国民達では受け入れ
られにくい事が残念でなりません。
宣伝機関が流布したカルト財政教の
洗脳を解きほぐす事から始めて頂き
   たいと考えています。
金融政策で、ここまで凄惨な状況に
  追い込まれた自殺者であり、
   夢や希望の挫折者でした。
長生きするほど悪くなる暮らし!。
  日本銀行と財務省との
    15年もの災厄政策が、
  『45万人もの自殺者!』を
    生み出した事は
長く『歴史に残る事象』だと思います。
また官僚だけのせいにされますが
 国の政策により生み出された、
100万人の、低所得・結婚出来ない
  独身国民のことを、
 政・官・業・学・報・国民は
深く、反省しなければなりません。
  老人力、頼る わたしも、
     もうすぐ老人・・・・。
 老人力、活かせば あなたも
    明るい未来・・・・・。
亀井大臣様・藤井大臣様・行天顧問様
三老人の文殊の知恵を期待しています
 (トリオの掛け合い漫談?で、
 国民を洗脳から解き放ち、時には
 市場を、煙にまいてくださいマセ)
   祝!敬老トリオ 様。
おわり
藤井裕久氏略歴
1976年最終役職・大蔵省主計局主計官
1977年参議院議員通常選挙全国区
自民党公認候補で2期当選。
後、衆議院議員に転身。
1993年、新生党結成に参加。
細川護煕内閣で大蔵大臣に就任
新進党を経て、自由党幹事長に就任。
自由党が民主党と合流後は、
岡田克也代表下で幹事長、代表代行。
2005年郵政選挙で落選し、
高齢を理由に政界引退を表明
2009年8月30日衆議院議員総選挙で、
再び、比例南関東ブロックから
    単独立候補して当選。
2009年9月16日、財務大臣に就任。 
・・・・・・・・・・・・・
  老人力、敬う子供も、
        未来は老人!。
自分自身のペースで、
 奔放に生きるサミーさんの歌です。
いつまでも、20才の乙女の想いデス。
http://www.youtube.com/watch?v=ban-lRRMorw

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

おぅー、びっくりしました。井上雄彦!。NHKさんありがとう!。

NHK番組プロフェッショナルから。
 漫画家 井上雄彦(たけひこ)氏
  あっひゃー!。芸術だぁーー!。
サブカルチャーを越えた芸術ダス!
現代の?んーーん?・・・鳥羽僧正!。
  スラムダンクの原作者・・?。
年寄りにとって、聞いた事のある漫画、
の名前ぐらいにしか知りませなんだ。
筆は踊るは!能書き(脳内自己顕示)も
全開の、ひさびさの『日本の宝』です。
  描(えが)かずにはいられない!。
 我を忘れて描きたい!バカの激情。
  それが芸術の誕生!です。
井上雄彦さんの『忍従』をひとかけら
の理解も無く、スターシステムの芸人
のように扱えたNHKの無神経さには
   ・・・・・感心いたしました。
 カフェ店内での絵コンテ描きの際、
『消しゴムのカスは、マナーに反する
から消しゴムは使いたくないんです』
との言葉に、『へひゃ、へひぃー』と
応じられる女性の方も、お見事デスタ。
悪気は無くとも、表現を間違えると
失礼に当たる事ぐらい、気を付けたら
良いのになーと残念に思いました。
井上雄彦氏の
  熱情・気迫・狂気・の様子と、
    先取りツンツク で、
  『取り上げてやっている』
  『どーだ、スゲーだろぅ!』
  余韻ひたひたの製作者側の
   ゲス根性がミエミエの、
   複雑感の残る番組でした。
    残念デスタ・・・・。
井上雄彦氏は番組制作に妥協し過ぎ
  で、少し痛々しく感じました。
  芸術家と認めているなら、
 NHKさん、現代の鳥羽僧正に
最低限の礼儀・敬意は払いましょう。
おわり、
 おすぎババア に対する深い愛情、
   奥ゆかしいやさしさは、
   ジーンと伝わりました。
・・・・・・生きているのです。
・・・・・・・・・・・・・・
   自分自身のペースで、
 奔放に生きるサミーさんの歌です。
いつまでも、20才の乙女の想いデス。
http://www.youtube.com/watch?v=ban-lRRMorw








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

来年はね、バイクでくるわー。自由に時間が取れるからー!。

   来年はね、バイクでくるわー。
   自由に時間が取れるからー!。  
友あり、遠方より来たる!。
  (写真は本人のではありません)
 一泊し、長野の方へ向かいました。
JR小海線の小海駅。駅案内で親切に
教えて頂きましたが、電車の場合、
  乗り換え不便の極致のような、
小海の中島村、まさに大海の孤島です
引退した知人の山荘を訪ねる予定との
ことでした。来年1月に還暦を迎える
のですが、独り身の気楽さから、昔の
友人を訪ねての息抜き旅行ということ
でした。30数年前にハワイで遊んでい
た時とほとんど変わらず、考えも体型
も、美人のリラちゃんのままでした。
長男はとっくに勤めていて、長女も
今年就職しました。ここ数年、時々に
 突拍子もない電話をかけてきて、
自分本人の為のハワイでの語学留学
資料とか・・メイドとして働かせ
てくれる人の紹介とか、・・あの時の
人の電話番号を教えてくれとかとか、
 自由奔放!、行動力の楽天家です。
ですので、色とりどりの男性模様?は
くわしく聞いた事がありませんでした
その顛末をワインを飲みながら、今回
   初めて聞く事ができました。
ただし、あまりにも、行動的すぎて
本人自身が結婚相手と言ってハワイに
連れてきていた 男性達の事を、
  すっかり忘れていて、
  一緒に、大笑いしてしまいました。
その当時旅行本『パリを歩きつぶす』を
片手に『アンティケ・シルブプレ』だけ
で、地下鉄を乗りまわり、道にまよった
ら直ぐに『エトワール!?』で1ヶ月
行って来た可愛い豪傑です。LAの友人
宅でのりピー騒ぎの最高峰まで極めて
きたツワモノでスタ。(30数年前です)。
  すべてのことを、泰然として、
   あるがままに受け入れる。
   これが、彼女のモットーでした。
 『おつきあい・いろはがるた』
『ん』・・・んーんとこさ、
 おおくの人とつきあいたーい!。
  は、彼女から貰ったものでした。
長男は最初の結婚で、長女は3度目の
旦那さんの子供でした。4度目の夫と
も別れて、現在は 独りです。
旦那さんの仕事によって、社長夫人、
公務員の妻・運送屋の社長・・・
などを経験してきたとのことでした。
現在は、愛知県の海辺の街で趣味で
小料理屋の女将さんをしている
のだそうです。お一人を除き、3人の
もと夫たちとは 近いらしく今でも
お店での、行き来があるようでした。
若い時にお習字の先生から、練習用と
して『いろはがるた』を頂いた時に
   その一章、一章が、すべて、
神様からの天命と感じたそうです。
・・・・・・・直感の人なのです。
お店を造った時に、たとえ嫌な客が
来ても、常に自分を見失わないよう
に・変なお客へのけん制用の為に・
 トイレのかべに個条書きを
 張り出しているとのことでした。
たくさんの 嫌な事・不満・困難も
  あったと思うのですが、実に
  あっけらカーンとしていました。
ケータイ写真の中に今夏のツーリング
での、パンツ一丁でバイクにまたがる
 ドキッとするようなものも
   自慢げに?入れていました。
『そうそう、おもしろいのがあってー
   それがー、『ぬ』でー、
 『濡れ衣も時間がたてば乾くもの』
  『ねー、おもしろいデショ?』
・・・・ですタ。ん?、・・・ん?。
ひょっとして、今度はハワイで
ボーイフレンドを作ろうとしている
のかもしれません・・・・。来年は
ハワイに来てねー・・・かもネ?。
元気でいれば・・・再々会もできる。
 人生ってフシギなものですねー!
 そして今日は、いろはの一番目
    『い』です。
 意地悪はどんどん顔を悪くする!
・・・・気をつけたいと思います。
お客さーん!おねがい!。トイレの
 張り紙のいの一番目・・・・・、
読んできてくださるー・・お願い!
    おわり 
自由に生き、あるがままを受け入れる
  リラちゃんと同じように
 奔放に生きるサミーさんの歌です。
いつまでも、20才の乙女の想いデス。
http://www.youtube.com/watch?v=ban-lRRMorw










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

仕入れ原価がタダです!。ワカンナイ?鉄製頭脳では・・ムリなのでしょうか?

朝、テレビを見ていましたら、
・・・往生際の悪さにいらいらして、
写真とは無関係の記事になりまスタ。
大転換!あるがまま受け入れましょう
大変化ですから、とまどいがある事は
 じゅうぶんに、わかるのですが、
報道も言論も産業界も・・・・。
なにしろ、初めての体験ですので、
まだまだ、とまどいや恐れ・おびえの
  渦の中なのでしょうか・・・・?
・・・つーか、もー・・泣き言は・・、
 ・・・・・もー、たくさん!。
さぁ、コチコチ頭を切り替えましょう!
原価タダ・原料仕入れタダで電力生産
   『利益』が生まれることが?、
    コストダウンを図れる事が、
    なかなか、理解されません。
支払いを月々何十万円もしていないせい
なのでしょうか?年間なら何十万円にも
なりますのに、不思議ー?で、
フシギーでなりませーん!。
 説明する民主議員も、エコだとか
温暖化だとか義務だとかをからめて、
     しゃべりますので
    よけいに、話が、
  ・・飛びマース!飛びマース!。
☆原価!タダ!☆に、目をつけて・・、
ブーン・ピケンズ氏が事業参入している
事実、石油メジャーが参入していること
だけで、じゅうぶんと思いますのデス。
彼らはムダ金などビタ一文出しません!
  自然力(原価がタダ)の
 ・太陽光発電・風力発電・波力発電
 ・マイクロ水力発電・潮力発電
 ・生ゴミ炭化焼却発電(技術確立済)
温泉旅館経営の方用には、上記と併設
で、温泉水脈にはまったく影響の無い
地中熱交換発電(純水循環タービン式)を
   お勧めしましょう。
政府からの低利融資を使いましょう。
 中小事業者。自治体。公益法人。
(融資金だけはたくさん余っています)
ただし、
  電力会社の経営安定化、
海外発電事業進出への国策的協力、
発電関連利権への配慮もお忘れなく!。
  (発電事業国産参入障壁も問題)
(原発土まんじゅう化の低廉新技術)
・・・・・なーんかもう、
 書くのも面倒にナッテ来マスた。
 エコなんかじゃーないですよ、
  金利負担にもし見合うなら、
商売!営利事業!なんですヨー!。
  写真の話しは また明日。
おわり


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

おつきあい・いろはがるたデス。今日は『ん』・・・んーんとこさ、多くの人とつきあいたーい!。

   ジョー・モンタナ
サンフランシスコ
 ・フォーティナイナースの
  名クオーターバック(1988)
キミコ先生のつづき
キミコ先生にはいろんな方をご紹介
頂きました。そのなかでも、ある方の
お屋敷に食事のご招待を頂き、ご一緒
したことがありました。メンロパーク?
アサートン?にあるそのお屋敷は木々に
  守られた大邸宅が並ぶ
   一画を過ぎたその奥で、
岩や樹木を切り開いた石垣積みの
   専有道路の先にありました。
道をどんどん進んで、緑豊かな谷を
見下ろすカタチで建てられていました。
建物正面には、大樹を中心にした
 ロータリーが配置され、
   あたかも山の上のホテル
  のようなエントランスでした。
超有名な弁護士さんのお宅とは聞いて
いましたが、まさかー?こんなにも!
豪華とは?・・ビックリ!・・でした。
高さ3m程の大きなドアを開け、小柄
な奥様に招き入れられて中に進むと
そこがまた、どでかい広さの吹き抜け
のホールとなっていました。高天井の
ドーム型の大きな明り取りガラス、
円形大テーブルの上には巨大な生花の
 盛り花が飾られているのでした。
 (まるっきりホテルのノリでした)
ホール突き当たりも大きなガラス窓で
谷の緑と、いま来た専有道路を見渡せ
るように作られていました。
あまりにも度肝をぬかれましたので、
おうちの中の案内も上がったり降りた
りで、どこがどこやら?足が地につか
ぬままでした。
谷を見下ろせるダイニングルームで
ワインとラム肉、他を頂きました。
最初、さしさわりのない会話がすすみ
そのうちに、離婚調停中の話しが飛び
出して、現在はこの広い大邸宅に、
超美人の若い奥様がただ一人で住まわ
れていることがわかりました。
お見かけがすごくお若いので30歳
ぐらいかなーと思っていましたら、
なんと、身長190cmのスタンフォード
大学卒、SF49ersの
    クオーターバックの
息子さんがいらっしゃる事なども
  うかがいました。
 でも・・好事魔多し!・・
入団して、大喜びして、直ぐに、
 練習中での致命的なケガ!で、
息子さんは引退予定との事でした。
   後日には息子さんがオーナーの
   ステーキハウスにキミコ先生と
   ご一緒しましたが・・・・・。
お屋敷からの帰り道、キミコ先生が
しみじみと語られたのは、新婚の頃
から奥様とは友達だったこと、
ご夫婦仲が良くてほんとうにうらやま
しく思っていたという事でした。
旦那さんの仕事が順調になり、お金も
儲かるようになって、若い愛人ができ
てしまったとのことでした。
そしてまた、息子ジョンさんのケガは
練習中?という単純なモノではなく・、
『プロスポーツ界の暗部』ともいうべき
事情で、ケガをさせられた、
引退に追い込まれた、という事でした。
スタンフォード大学在学中から
花形選手だったジョンがすんなりと、
SF49ersに入団したものの、男前で
実力があり、金持ちの白人という事で
入団、即、『つぶす!』という『指令』
が、どこからか発令済みだったとの事
でした。選手間での妬みは陰湿で激しく
暗黙の慣行という側面もあるような話し
でした。(選手の中での人種逆差別)
フットボールという競技の性格上、
練習中でのタックルは白人選手にとり
『試合より命がけ』という毎日
  だった という事のようでした。
まさかー?プロの世界で?と思われるの
ですが、お金を稼ぐ目的で集まっている
  集団という世界には、
 シロートの想像を越える、
 深くて怖い闇の部分が
    あるのヨーとの事でした。
 私にとって、いままでは
   考えた事もない衝撃の真相でした。
おそらくどの競技でも、アメリカでは
プロである限り『この怖さ』は付きまと
  っているのではないでしょうか。
ただ『へぇーっ・・』と驚くだけでした。
プロで長持ちする為には、嫌われないよ
うにだけでなく、命を守りあう親友と、
どこか?への寄付?上納?が必要な
  のかもしれません?・・・・。
 さわやかなスポーツの世界なのに、
    悲しい話しでした。
 子供達には絶対に
    聞かせられない真相でした。
日本では・・どーなんでしょうか?
  相撲はあり、と思いマス。
おわり
古い知人から最近教えてもらいました、
いろはがるたデス。運がつくように、
『ん』からです。きょうは、
  んーんとこさ、
    多くの人とつきあいたーい!
・・・・・・・・・・・・・・  
 自由に生き、あるがままを受け入れる
  鳩山幸夫人と同じように
 奔放に生きるサミーさんの歌です。
いつまでも、20才の乙女の想いデス。
http://www.youtube.com/watch?v=ban-lRRMorw









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自由に生きる女性。個性的?奔放?・・・・んーん?あるがままを受け入れる、達観!でーす。

  鳩山幸夫人と同じように
奔放に生きるサミーさんの歌です。
http://www.youtube.com/watch?v=ban-lRRMorw
  鳩山幸さんを テレビで頻繁に
  お見かけするようになりました。
しぐさや笑顔を拝見しているうちに
ずっと以前に、お会いしたことのある
パロアルト在住の
  ●●キミコ先生という方が、
  突然なつかしく思い出されました。
 (幸夫人様には失礼をお許し下さい)
笑顔やしぐさ・小柄で可愛らしく・
  年齢を超えた無邪気さが
とても似かよっていらっしゃるように
   思われたのです。
 偶然にも、幸夫人も鳩山氏も
スタンフォード大学在学中にパロアルト
に住んでいらっしゃったようですので、
    案外、キミコ先生とは
  お知り合い?かも-?しれません?。
20数年前、サンフランシスコベイエリア
に、閉店中の2店の再オープンの為、
  出向いた際、キミコ先生は、
 『パロアルト周辺の事情通』として
   ご紹介を受けていた方でした。
御本職?はモダンバレー・古典バレーの
先生なのですが、アサートン・パロアルト
メンロパーク等上流社会コミュニティでの
  世話役のお一人として
   たいへん御高名な方でした。
 事業のエージェントとしては既に
日系紳士のケンさんが当地S・Fには
居られたのですが、現地上流社会への
事業浸透を図るために何かと色々と、
ご指導を頂くための指南役でした。
 初対面の時には、
  いわゆる学習院言葉?
(山の手言葉)で、お話されましたので、
・・・少々面食らってしまいました。
こちらの素性がわかったあとは、一転し
て、ザックバランにして頂き、すーっと
楽になりました。
おしゃべり好きな・お茶目ーな・可愛い
おばさま という印象の方でした。
日本中の上流?資産家?成金?一族の
子弟子女とその家族が、よってたかって
ひと月に何人もスタンフォード大学の
入学や在籍に関連して、
キミコ先生のもとに押しかけて来るわけ
 ですから、若干、浮世離れした、
  ていねいな日本語 での生活が
      ふつうのような方でした。
住居や、生活まわりから、大学での
  コースやクラス指導まで
 教授や周辺の方達とお話しされ、
お世話されたりするるわけですから、
たいへんな御苦労がおありになると
  思いました。
キミコ先生にアメリカ生活の第一歩を
教わり、一人前になり、やがて日本に
帰国され、日本社会の第一線で活躍さ
れているビジネスマンや学術界の方も
さぞかし、たくさんいらっしゃるの
ではないかなー、と想像致しますデス。
    ゴメンなサぁーイ・・・、
     シツレイ、アソバセー。
      明日に つづく
ともかーく、こまめな方でした。
お生まれは、東北の一藩の家老の
お家柄?で、じゃじゃ馬娘?だった
ように伺った記憶が・・・・・・
ぼんやーりと残っています・・・・。
・・・・・・・・・・・・・
  ☆ Sayonara Bye Bye, ☆
   ☆Sammie the moon
伝説のクィーンofR&B!復活!。
  ストックトン市在住!。 
ディヴの奥さんのサミーさんが、
http://www.youtube.com/watch?v=ban-lRRMorw
で、復活!。ぜひ、聞いてください。
 ディヴへの『愛・いとおしさ』
 追悼です。・・・・・ありがとう。
☆ 女神のみる夢 ☆ 別バージョンはこちら!!







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

どこの国にもある、くやしーい真実!。・・・・・・そして現在は?。

http://takedanet.com/
http://takedanet.com/2007/01/post_ae31.html
  大尊敬 致しております、
『武田邦彦先生』のエッセイの転載です。
  国家運営という矛盾や不条理の
    満ち満ちたシステムに、
 官僚も庶民も翻弄される逸話です。
今・現在でも、どこの国の政権下でも、
『よーくある話し』、悲しい現実です。
『人生の鱗 第三話 山口良忠と矩子』
『被告老婆の心情に殉じ、絶食され、
   餓死された山口裁判官の物語』
 戦後の食糧危機は、とてもとても、
・・・・・すさまじいものでした
  もともと、食料が足りないのに、
   それを横流しして、
 巨利を得ようとする役人や政治家や、
  闇市場を支配する輩たちが暗躍し、
    庶民はただただ
       飢えていました。
知り合いを頼って田舎へ買い出しに
行くか、それとも、食料統制法での
逮捕を覚悟で、駅や路上での闇市で
芋や米を、買い求めるしか、飢えから
のがれる方法は、ありませんでした。
  食料を横流しし、
  闇市で売りさばく連中がいる・。
  本当に、日本に食料がなければ
  ヤミ米も ないはずでした・・。
日本のどこかには食料があり・・・・、
・・・・ だから闇市があるのでした。
しかし、横流し・売りさばきの彼らは
 なぜか?決して逮捕されません。
山口判事の前に連れてこられる被告は
いつも・・「善良な庶民」だけでした。
警察も検察も、被告の老婆を捕らえる
 ことには 力を注ぎましたが、
横流しの役人や闇市のボス達を、追い
 つめることまではしませんでした。
   闇市があるということは、
日本国には食料があるという事です。
  食料統制法に基づいて、
  正しく配給さえされていれば
  それで良いはずの事でした。
被告の老婆を捕らえたことは
 「闇取引を抑制し、
   生活必需品の調達を改善する」
 という法の主旨に・・はたして?
役立ったのでしょうか?・・・・。
裁判所は、闇市のボス達や横流し犯
  の退治には、全然、熱心では
    アリマセン!でした。
『売り手側・さばき側の巨悪を
  捕まえるより、買い手の
 小悪を捕らえる方が簡単である』
と、ばかりに『売り手側の巨悪』は
 放置して、孫可愛さのあまりの
 老婆のような買い手側 だけの
罪をとがめるという取締り手法に、
 なってしまって いたのです。
当時の他の裁判官が、ヤミ米を食べ
 ていたから、生き残れたのか?
どうかは 定かではありません?。
裁判官は社会的地位が高いという
理由で、余分な米の配給を受けて
   いたのかも知れません。
おそらくは、自分達は裁判官だから、
  老婆の命とは違う、と考えていた
 可能性もあるのではと思います。
 『刑務所の中にしか、
    正しい人 はいない!』
      と言われた、
   悲しい時代でありました。
 そして、この山口良忠判事こそ、
  職務と正義に忠実な判事で、
信念の為に餓死された判事様でした。
  しかしながら・・・・・・。
彼ほどの正しい人に矢を向けるのは
忍びないのは、やまやまなのですが
・・・私は、山口判事様にも・・・、
  やはり非があるのでは?
    と考えてしまうのです。
『巨悪が退治されるまで』、
 『売り手側が逮捕されるまで』
  老婆・篠崎キクに対しては、
   『無罪判決』を下すべき
     であったと思うのです。
たしかにキクは法律を犯しました。
   しかしながら、
   被告キクは、
『より大きな犯罪。
  売り手側とさばき側!』を
    取り締まることのできない
  『国家の罪の被害者!』、
    ではないのか?と、
    考えるからです・・・・。
山口裁判官の『美談の餓死』の陰には
  御国の為に、だいじな息子を
   戦地に召し上げられ、
  物資不足のもと、二人の幼子を
残して嫁は、大空襲の犠牲死となり・・、
 なんとしてでも二人の孫だけは、
    守り抜きたいという、
銃後の老婆の壮絶な思いがありました。
  そして、・・・・・、
帰らぬ老婆を待ちわびながら・・・、
不平も言わず・・・静かに餓死した、
『二人のおさなごの死』がありました。
   人間の頭脳は歪んでいます。
「全体像を見ることができない利己」
   が脳細胞の中で戦い、
   行為では利己が勝ち、
  いいわけは正義がつける。
  誠実であるということは
    心の問題であって、
  頭脳の考えではありません。
山口判事は判決を下すにあたって
  頭での判断を優先させました。
そして、頭で判断した論理が、
  人間性という目で見ると
    間違いであることを、
彼の心は、
   知ってしまったのでした。
 その間のクレヴァスは
  あまりにも深く、
  最終的に、・・・・・・、
餓死という道 を選ばれたのでした。
    おわり
 ヤミ米を麻薬に置き換え、
   考えて シマイマスです。
 のりピー・押尾事件 他・・・・。
 カビ米事件 他・・・・・・。
 耐震偽装事件 他・・・・・。
売り手側、さばき側、製造側は、
どうなっているのでしょうか?・・・。
そろそろ必要ではないでしょうか?!。
日本国内案件の、
  ・実態解明公開国民委員会。
  ・事件・事故・調査公開委員会。
 あさっては、9・11ですネ。
・・・・・・・・・・・・・
  ☆ Sayonara Bye Bye, ☆
   ☆Sammie the moon
伝説のクィーンofR&B!復活!。
  ストックトン市在住!。 
ディヴの奥さんのサミーさんが、
http://www.youtube.com/watch?v=ban-lRRMorw
で、復活!。ぜひ、聞いてください。
 ディヴへの『愛・いとおしさ』
 追悼です。・・・・・ありがとう。
☆ 女神のみる夢 ☆ 別バージョンはこちら!!









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ