goo

ケースケぇー!おかあさんは祈ってますよー!見てますよー!。



   KEISUKE・HONDA    
     ケースケ・ホンダ
8年前のブログ記事からです。
  ケースケ・ホンダの原点です。

・・・、圭佑も お兄ちゃんの弘幸も
二人とも立派になって、お母さんは
うれしく、誇らしく 思っています。
育ち盛りの時期に淋しい思いをさせて
ほんとうに不憫に感じていました。
休みの日、二人して会いに来てくれる事
それだけがお母さんの生きがいでした。
いつもお兄ちゃんの後を追って、
3学年も上のお兄ちゃんと
   キックやドリブルを
悔し泣きしながらも競っていましたね。
 兄弟二人 サッカーで成功して
   家族みーんなを
   裕福にしてくれる夢を、
いつもいつも・・・語ってくれました。
毎週二人して、訪ねてくれる時が、
お母さんにとって、
とてもとても幸せなひと時でした。
 今、お兄ちゃんはサッカーから離れ
    別な目標に進んでいるけれど
圭祐は ワールドカップで
   ぜひ、がんばってください。
お兄ちゃんが果たせなかった
サッカーでの夢を
ケイちゃんが果たしてくれる事を、
・・・・・・・
お母さんは祈っています・・・・・・。
   おわり
ガンバレ!本田圭祐選手。
子供時代に・・・・
離れて暮らしていた 母への思い、
   そして今・・・、
 サッカーをあきらめた 兄への思い、 
 いつも欠けていた
  ・・・・なにかを 探し求めて!

思いっきりワルぶってはみたけれど
 いっぱいいっぱいのツッパリ感。
   化けろヨ!ベイビー!
  ☆KEISUKE・HONDA!☆
     ・聞き分けの良い優等生。
     ・いつも良い子、・・・。
     ・切れると・・コワーイ!。
 切れろ~~!!・・・・!。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サッカーに打ち込んだのは、ただ
兄に勝ちたいから だけでした」。
自宅近くの公園で、2人して夜まで
球をけりました。3歳上の大阪府選抜
選手の兄に キックやドリブルで
  勝負を挑んでは、打ち負かされ、
 負けては泣いて 家に帰りました。
・・・・長屋の8畳部屋で
兄と二人 仲良く布団を並べ、
『サッカー選手になる大きな夢』を 
  毎晩、語り合いました・・・・。
兄が小学5年、圭佑が2年生の春。
・・・・両親は離婚しました。
母が近所に別居するようになると、
父の目を気にしながら
 2人して 会いに行きました。
「いつ行こうか」と相談できるのは
     兄弟だけの時でした。
いつか サッカーで成功して、
    『家族!』に
 裕福な生活をさせてあげたい。
兄弟で『家族!』を喜ばせたい!。
  母親が離れていたからこそ、
『家族!』への 強い思い が
 『心の支え』に なりました。

おじいちゃん・おばあちゃん
おじ・おば・いとこに感謝します。
  本田一族・親戚縁者全体での、
  ウルサ過ぎるまでの 
  おせっかいと干渉が、
『意志の支え』と なりました。

ご近所様・商店主様・友人父兄様の
『身近な見守り(みまもり)』にも、
  深い 感謝を表したいと思います。 
  どうも ありがとうございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夢をありがとう・ホンダ!。勝って喜び、負けて泣き、子供達も 国民も成長します。

8年前のブログ記事からです。
ワールドカップ南アフリカ大会の
ブログ記事からです。。
不思議と今回のロシア大会での結果」と
リンクしています。

でも、本田圭佑!。今後、これから、
ケースケ・ホンダ!は、
どんな変化を見せてくれるのか?
楽しみに待ちましょう!。
きっと、みんなの期待を、大きく
裏切る事を期待しています。
・・・・・・・・

ありがとうー・ニッポン!。
ケースケ ホンダ!
   ・・・・いい試合でした!。
   ・・・・くやしい試合でした!。
日本人代表として、アジア代表として
 たいへんに頑張ってくれました。
日本サッカーが、ますます、世界中の
ちびっ子たちに 認知されました。
そして、もっと試合観戦したいと思わせ
た・素晴らしいチーム だったのでは
ないでしょうか?。
  ありがとうー!サムライブルー!。
おわり
応援していただいた皆様、・・・・、
そして批判していただいた皆様がたにも
心からお礼を申し上げたいと思います。
今回の敗戦を教訓にして、これからも
前を向いて頑張っていこうと思います。
・・・・コメントもみんな慣れてきて
  それぞれ・・カッコ・ヨスギぃ!
これがぁ→→・・・成長!?かー?。
       
日本人選手は延長戦も含め・長時間、
   良く戦ってくれたと思います。
    選手の皆さんの頑張りに、
おおきな感動を貰う事が出来ました。
ひとときの夢を見る事が出来ました。
      成長です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )