goo

”つかみ”はO.K!。混乱の渦に巻き込まれないで!。

 大混乱!”つかみ”はO・K!!。
なんてことだ!。どうなったんだ!。
1兆ドル。100兆円が1日で無く
なりました。消えちゃいました。
世界同時株安です。この増幅され、
 連鎖させられる混乱のもとで、
 人道的に許す事のできない悪事も
  ウヤムヤにーなりマスたぁー。
善良なフツーの人々も最終的には連鎖
不況の波をかぶらなければなりません。
『この救済策を飲まないならば
  世界中が巻き込まれますよー』
 とっくに、世界中が渦の中でーす。
社会主義も怖いですが、自由主義?も
怖いやり方をするものだと思います。
これが自由の代償だと言わんばかりの
  合わせ技での大暴落でした。
この先年末にかけてNYダウが8000ドル
まで下がり3兆ドル,300兆円も消えて
  なくなるのでしょうか・・?。
世界全体の市場ではいったいいくらの
損失となるのでしょうかー????。
 『ああぁーーたいへんだーー』。
でもー、ちょーっと待ったぁー!!。
先行き不安、不透明の今日の相場で、
買戻しも含めて、下がるかもしれない
 アブナイ株を、買っている人達も
  いたわけですよネー・・・。
その人達がいたから売買が成立した
  わけですヨネー。
  ”そこ”なのです。
投げ売りの誘いを誰がして?、つられた
狼狽売りの受け皿は、誰なのか・・?
まことしやかなアト講釈は多々ありま
すが、単純に素直に、みーんなわかって
  いるのに、流されて
    しまうのです・・・。
『手放さずにガンバレ』というのでは
ありません!。買っている人もいる事
を念頭にいれて、冷静に行動したいと
思います。 僅か数%の金利で自由に
借り入れて半年後に数10%の利益を
上げるのが投資部門や投資会社の業務
  だと思われるのですが?。
   違うでしょうか?・・・・。
 まだまだジェットコースター。
100兆円。消える日もあれば、
100兆円。増える日もあります。
おわり
9月も終わり。アメリカの大統領選挙
も、ほぼ一ヶ月後11/4となりました。
あわただしい10月でしょうね。
いいニュースが欲しいでーーす。
金融恐慌だ。連鎖倒産だ。大不況だ。
大統領選だ。衆議院選だ。政権交代だ。
  冷静に行動したいデーース。
値が付くうちは(X大恐慌)大丈夫!。
付かなくなったら・・・おしまいっ!。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

愛国者たち。神様の国なのか?国民の国なのか?。

  共和党・ブッシュ大統領だけが
悪いのではありません!現代国家運営
 を教科書通りに生真面目に懸命に
  実行されているだけなのです。
人にはそれぞれ異なる考えがあります。
1961年と2002年。機密資料解除
や情報の開示、時代背景も違います。
   立場のちがうお二人も、
 国を愛するお気持ちは同じでした。
国民側にとっても行政側にとっても
  『情報の開示』がいかに
 重要なものなのか!を知りました。
  文化政策・(娯楽や情報の管理)
 報道メディア・ハリウッドを駆使した
現代国家運営の最高のモデルケースとし
て各国の官僚たちは固く信じてそれぞれ
 精進されていることと思います。  
共和党も民主党もやり方としては違いは
 なく『神の国?』を運営する使命を
  忠実に守っているだけなのです。
 ☆☆自由世界を守る行動について☆
・・1961年ケネディ大統領・民主党
自由は今最大の危機にさらされています
自由を守る戦いが最終的に成功するか
 失敗するかは、私達アメリカ国民の
 ひとりひとりの手にかかっています。
 建国以来、アメリカ国民は
国家への忠誠を証明するために召集さ
れてきました。その召集に応えた若い
アメリカ人の墓は世界中にあります。
人類の共通の敵、戦争、専制独裁、貧困
 疫病との戦いを今ここにみなさんに
  再び呼びかけたいと思います。
長い夜明け前の闘争の重荷をアメリカ
国民として肩に背負う覚悟をみなさんに
  していただきたいのです。
苦難に耐えながらもいつも希望と喜びを
  もって自由の世界の同盟を
   みんなで作り上げていくのです。
 全人類に、実りのある生活を保証する
 行動にぜひ参加して頂きたいのです。  
世界の長い歴史の中で、この度この役割
を与えられた世代として、私はこの使命
  を喜びをもって引き受けます。
こうした努力に我々が捧げるエネルギー
 信念、献身こそがアメリカ国家と
    国民のあり方なのです。
 良心だけを報酬とする行動に、歴史が
  最終的な判断を下されることを
     信じています。
   神の祝福とお導きのもと、
  この『地球上での神の仕事』を
 アメリカ国家と国民とで成し遂げる
   ために前進したいと思います。

ケネディ大統領の演説なのですが、前任
もその前もその前の前も、恐らく新任者も
  同じフレーズで『神様』の前に
 就任の宣誓をされる事と思います。
・・・2002年チョムスキー教授・・・
 『自由世界』が使われ過ぎデス!
「言論の自由」「自由市場」「自由世界」
といったフレーズだったのですが実際は
自由とはほとんど関係がなかったことを
政府の歴史資料開示では,すでに明らか
にされているのではないでしょうか?。
善意のアメリカが行おうとしている善行
としては、市場を開放し、社会を近代化
し、女性を解放し、独裁専制から魂を
救ってあげよう、助けてあげようという
ものであったりします。また真の自由と
いうもを異国の原住民は理解していない
から、自由社会の私達こそが教えてあげ
なければいけない、その使命や責任は
私達にあるというふうに、自分たちを
 改革の責任者としての立場に
 置くためのテクニックとして
 『自由世界』を使っている
  のではないのでしょうか?
アメリカ政府が主張された無数の自由の
中には、他人を殺したり、無力にしたり
支配してしまう自由もあるということを
韓国、グアテマラ、キューバ、ラオス、
ベトナム、カンボジア、グレナダ、
リビア、エルサルバドル、ニカラグア
パナマ、イラク、ソマリア、スーダン
ユーゴスラビア、アフガニスタンなど
での戦争の真実が、私たちに教えて
くれているのではないでしょうか?。
  アフリカ、アジア南米での
  アメリカ政府の秘密工作、
画策したクーデターを実行する自由。
時として暴君や独裁者を支援する自由。 
武装勢力を訓練し、武器を与え保護す
 る自由。
民主的に選出された政府を
   転覆させる自由。
化学、生物、核といった大量破壊兵器を
 集め、使用する自由。
アメリカと意見が異なる政府を持つ国と
 戦争をする自由。
そして中でももっともひどいのは
 「正義」の名。「公正」の名。
  「自由」の名。 において
民間人を犠牲にする空爆やミサイル、
原爆投下という残虐行為を行う自由。
   ではないのでしょうか?
自分達の『神性』を余りにも確信し過ぎ
 ていることにより、「自由の為に」
 「自分の都合で」人々を殺したり、
  絶滅させる権利と自由を
『神様から贈られた』と思い込み過ぎ
 のようにしか見えないのですが?。
神の国の使命??。
 私が間違っているのでしょうか?。
 良心の呵責に・・・
 とまどう国民も多いのですが・・・。
おわり


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

学習発表会。アリババと40人の盗賊。

     バグダッドの盗賊
   ダグラス・フェアーバンクス
9時のNHK「新内閣」ニュースを見てい
たら、なぜか、小学校時代の5年生6年
生合同劇の思い出がよみがえってきま
した。キャスターの”のほほん顔”から
頭が悪いくせにいつも級長になりたがっ
た変なヤツを思い出しました。(失礼!)
(私もボワーッとした子供でした)   
  作文・6年生・原文通り(恥)
ぼくは、学習発表会のげきのアリババと
40人のとうぞくのかしらになるので、
しっぱいしないか、うまくいくだろうか
とぼくの頭の中はげきのことでいっぱい
だった。
学校へいってトランプをしてもしんぱい
でしんぱいでならなかった。
その上、「おい、とうぞく」とか「おい、
かしら」とひやかされるのでもうなにも
かんがえられなかった。
じゅんばんがひとつひとつまわってくる
たびに、ぼくのしんぞうは高なるばかり
だった。
けれどもかならずしなければならないと
思うとまたおちつきがでてきた。
出る用意をして体育館へいってみると
人がたくさんいた。
いよいよ前の番がおわりぼくたちの番だ
ぶたいの用意ができ、まくがあく、
それと同時にはくしゅがわきおこる、
もうしかたがないので出る番をまった。
つぎはぼくの番だぶたいのまんなかへ
あるいていくと見ている人がわらった。
「ひらけーごま」のひの字がなかなか
でなかった。
また、ぶたいのまん中からひっこんで
いった。
「フゥー」とためいきが思わずでた。
一度でたらもうなんとも思わなかった。
げきがどんどんすすみぼくが油屋に
ばけていく所までいった。
アリババ役の中林くんがとちゅうで
つまった。ぼくはドキンとしたが
そのつぎのことばをいってどうにか
うまくいった。
最後のぼくがやられるところまでいっ
てまくがおりた。
しんぱいだった心がいっぺんに
なくなった。
そのまま地下室にいってふくをきが
えた。
ぶたいのあつい空気の中にいたので
地下室のひんやりした空気がとても
きもちいかった。
  おわり
私の頭がおかしくなってきたので
 しょうか?。
年をとったせいか新内閣の顔ぶれが
学芸会のようにも感じられました。
クラスの中になーんも出来もしない
  のに目立ちたがり屋が
  何人かはいましたよネー。
「新鮮な政治を期待しますぅー?」。
 これで、また安泰です・・。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パニック・セラー。ハイ、もう、じゅうぶんデスた。

  世界は『好転』して欲しい!!。   
   ☆パニックセラー☆
☆パニックを増幅し恐怖を煽る人達☆
   最悪ニュースの可能性も。
   要人警護は厳重に!!!!。
 と、言う風にたたみ掛けてきます。
人々が恐怖にすくみ、呆然としている
 隙に,まんまと予定通りに計画を
   成し遂げてしまいます。
   前回も同じことでした。
世界恐慌が起きるような不気味な雰囲気
の中で株暴落のニュースが続いています
毒物混入食品問題も各国で相次いで
います。暗い悪いニュースばかりです。
でも、何かが変わりつつあるような
   気がしています・・・。
良い変化が近づいているのでしょうか?
(イラクからの米兵大量帰還開始は
 明るさをもたらすのですが・・・)
1929年の大恐慌は今のような状況
のもとで大富豪の破綻や死亡。事故等
が最終的に起こりかすかに保たれていた
 平和、おだやかさ、調和が崩れ、
  世相が暗転したようです。
今回は良い事がないままここまで来たの
ですから是非,『世相の好転』に期待し
 てもいいのではないかと思います。
今後も波乱が続くでしょうが、新技術、
新発明、新方針などのいいニュースが
 出てきたりして,少しずつ世相が
  明るくなる事を願っています。
ただ、このドサクサ状態は9/11以来の
ことですので、冷静に目配せをしている
  必要があると思います。
  7年間の清算でしょうか?。
 世界中、ドル舟(泥舟)に乗って
 いる事、ドルと縁切り出来ない事を
  再認識させられています。
おわり
『下手くその株話し』の日柄66日に
 ついては毎月のSQと3ヶ月毎の
『ビッグS・Q』日前後にからんで
  います。(当然ですかぁ?)
 再度安値を割り込みましたので?
 買いの最良日は?・・・・?。
  フリダシに戻るのかなぁ!?。
  信用売り絶対危険!
相手は自由自在!!。大きな罠!!。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

まだまだジェットコースター。乱高下はまだ続く。

株を持っている人達にとって激動の
1週間が終わりました。暴落、暴落
の急降下、急騰、急騰の上昇でした。
去年の秋頃からじゅうぶんな学習時間
 を与えてくれていたとはいえ,
リーマン?メリル?AIGも破綻か?
次はどの銀行か?保険か?GMか?
金融大恐慌がおきるのでは?、と
世界中に恐怖を撒き散らかしてくれ
ました。週末毎に次から次の会社破綻
の悪いニュース。そして、いよいよ
最終章★世界金融大崩壊!・・・・。
欧州・ロシアを含む世界中の国々が
アメリカのドル船(泥舟)に乗り込んで
いる事を再度,確認させられました。
 絶対絶命の最終局面で、FRB,
財務省,議会が,やつぎばやに対処策
を次々と発表し、最後は、カッコ良く
 『不良債権買取機構』創設で
恐怖の1週間劇場は幕を引きました。
あおりにあおって、ハイ,おわり!。
アメリカ政府・議会・中央銀行・証券
監視機構それぞれが,大胆に機能し
アメリカ政府のやり方の手際の良さを
あらためて,世界に見せ付けてくれま
した。やっぱ,アメリカはやる事が
  早いわァー!。感動した!。
 『んん?・・・・?』。
『でも・・、ちょーっと待ったァーー』
筋書きが出来すぎていませんかァー?。
 もともとのサブプライム問題はー?。
なぜー起きたのー?。原油はなぜー?。
 ヘッジファンドはー・・?。
パニックが過ぎ去るともとの原因を
  みんな忘れてしまうのです。
  ほんとに困ったものですネ。
おわり
??危機を作り出し・対処する??。
金融大恐慌を世界はどう防いだのか?
 アメリカはどう対処したのか?
 また番組を作るンでしょうネ。
 破綻経済も自作自演・・・?。
報道の果たす役割とは・・???。
 報道と金融市場はワンセット!。
  考えさせられマース。
NHK職員始め新聞・メディア社員達が
続けているインサイダー取引・・
  ・・・・困ったものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

株式市場大波乱!ボロボロでも負けないぜ!。

  つづき。 オケラ男が株を語る。
仕組まれている収奪システムに勝てる
   投資家はありえません。
株価の上昇波動作成は2日上げて1日
下げる。下降波動は1日上げて2日
下げる。機械化された取引が基本に
あります。人間が取引しているのでは
ありません。マスコミのアドバルーン
をネットアクセスデータで確かめなが
ら個人のカモの参加を待ち、ちょっと
かすめる程度の上げ下げで引き付けて
いくのが機械による収奪システムの
基本となります。 バクチの相手は
もちろん、証券自己売買(機械)です。
手の内が筒抜けの相対バクチでは負け
るのが当たり前ですが、新規の第三者
の参加が相場をかく乱し唯一儲けられ
 るチャンス到来となるのです。
 ですから、出来高株が基本です。
おわり
残念ですが株式長期投資の時代は終わ
りつつあるのかもしれません?。
AIGはMSCBの引受け,売り潰しで
悪の限りを尽くしてきました。
80%のAIG株の政府保有決定は
元の鞘に収まった?・・・です。
次回に・・。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

株式市場大混乱?。百人で、一人だけは儲けられる!。

江戸時代の終わり頃に創業のアメリカの
投資会社リーマンブラザースが破綻しま
した。  享年は158歳でした。
リーマン株を持っていた人も関連金融株
を持っていた人も大損害となりました。
次ぎはAIG保険がどうなるのか?続けて
破綻するのか?世界中の投資家が今晩
明日の市場を見守っているようです。
投資下手、株でオケラの私が株について
反省している事、感じていることを書い
 てみたいと思います。
 絶対に参考にはしないで下さい!。
   ☆株式投資妄想反省雑感☆
100人にたった一人だけ。1000人
でも10人だけ。私は儲ける個人投資家
 になりたいのです。(アホかぁー?)
株で儲ける為に市場はバクチ場になって
いる現状を今一度再認識致しましょう。
    バクチです。
  投資なんかではありません。
 1ヶ月毎に機関投資家も損益決算を
  提出しければならないからです。
証券会社も共同作業で巧妙にカモを誘い
 込まなければならないからです。
大口バクチ参加者は証券自己売と連携
して市場のアヤ、チャート作りをして
います。優良株でも日柄66日
(実数日90日)で山や谷を作ります。
下げが2回3回続く場合もあります。
先に来るか後にくるかは別として
おおまかに22日か44日前後が波の
天底になっているようです。日柄を
3分の1で細分化していって売買の
タイミングを計りましょう。
『基本がデイトレイド』は
理屈にあっているように思います。
現物でも売買は必要な時代となってい
ます。世の中が上げ下げの理由を作り
それをネット・マスコミで増幅させる
やり方ですから。場合によっては
下げ続けられる恐れもあるからです。
リーマンもAIGもベアスターンズも
メリル他も投資のプロの会社です。
プロが破綻するわけは、2年がかりで
の計画破綻だと割り切りって考える事
に致しましょう。全て計画倒産です。
最終的に破綻でカモにする為に適当な
ウソニュースで急騰させてはヒッカケ
て個人に甘い夢を見させてくれるの
です。借株で売り建てて買い戻す時に
まとめて買う事象があたかも急騰し
ているかのように見えるのです。
ライブドアがその見本です。
今日の後場寄りがその見本です。
破綻の前に値が付く事が見本です。
225以外はすべてハメコミ破綻株に
なりうる事をあらためて肝に命じま
しょう。
個人のネット取引は自己売部門との
ファイヤウォールなど在りません。
すべて筒抜けでイカサマをしています
から、その目を欺いて、邪魔されず
売買取引を成功させるように工夫致し
ましょう。
次回つづく。
買いの最良日は前回の安値を再度切っ
た日から3日目と本に書いてありまし
た。今回は?・・・。市場不安定時は
その1ヶ月後だそうです?・・・?。
やってみて、だめなら直ぐ損切りして
もう一回では・・?またぁダメかぁ!?。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Wow!NHK,Wow!Did a good job!兵士のPTSDレポート。9/14。

     カリギュラ
   スコット・ウイリアムス
 NHK製作局に敬意を表します。
9/14,21:00戦場戦闘員のPTSDを
  番組に取り上げてくれました。
よくぞ戦争PTSDをとりあげてくれました
私の友人すべてがベトナム戦争のPTSD
患者でした。この番組が戦争にいく立場
にない無責任な一般大衆と、岩陰に潜む
  『卑怯な茹でガエル達』を少し
 でも覚醒させるキッカケになる事を
  祈って止みません・・・・。
ジェームス、スコット、ラリー、ジョン
痛みと慈しみの涙と光明は虫にも草にも
ましてや,人間にも降り注がれています。
おわり
国を越え海を越え、万物みな平等に・・


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

多すぎます!。知りたくもない真実!。未だ戦時下・非常時下の国民!

 ほとんどの国は多人種国家です。
多くの紛争,政治対立も人種の違いに
 根ざすことが多々あります。
さまざまな対立が利用され,増幅された
り縮小されたりして,国民統治の道具化
 されている事に,もう,そろそろ気付く
 必要があるのではと思います。
折にふれ複雑化させられ、こねくり
 まわされて1000年以上も
 翻弄され続けられています。
  Enough is enough!
もう!たくさん!。ウンザリです!。
『人種の壁を越え,国内融和達成は
  外敵との戦いよりも難しい』
ぜーんぜん難しくなどありませーん。
 ローマ帝国以来、市民同士では
『建前と本音』はあたりまえです!。
 多人種国家国民の作法(知恵)です。
市民同士でわきまえて『俺,お前』の
付き合いは何の問題も起こりません。
『偏見を声高に叫ぶ人達』そのものが
『融和されては困る人達』そのもの。
  かも?しれません?。
・?アメリカ人のお友達がいらした
ら是非一度聞いてみてください・・?
ケネディ大統領は,誰たちによって,
 どのような理由で殺されたのか?。
リー・H・オズワルドが暗殺犯だと友人
が答えられたら,本当にそう信じている
のかを再確認してみて下さい・・・。
アメリカ人の半数はケネディ暗殺の真実
をはっきり言えば知りたくないのです。
  『知ること自体が嫌なのです』。
公衆の目の前でいわば処刑のような
かたちで厳重警備をかいくぐりおこな
われるのは国家規模の組織と能力を持
つ集団と同じ考えを持つ市民の協力に
よってしか成し得ない事を,理解してい
るのだと思います。組織力の誇示と
『やり過ぎ』への脅迫だと思います。
 生け贄的に殉教受難的に実行されて
最大限の恐怖を国民側に植えつけます。
暗殺ではなくても社会的名声を貶める
  事で同じ効果も得られます。
悪の演出家によるケネディとマリリン
モンローとのスキャンダルなどが
  それにあたると思います。
『痴漢ニュース』『破廉恥ニュース』
最近の日本も『冤罪』には特に気をつけ
  ていないなければなりません。
 ニュースのウラ側にもじゅうぶんに
  気を付けていたいと思います。
 なぜ真実を知りたくもないのか?。
なぜ嫌なのか・・、多数派の無関心を
装う人達は、偏見を利用している人達の
恐ろしさ,無慈悲さを, よーくわかって
  いるからではないでしょうか。
小さな幼児たちのように何の偏見もなく
仲良くできることを簡単にやってみせる
と大問題(アブナイ)となるのです。  
 簡単に抹殺されてはたまりません。
世の中の不条理を受け入れ,あきらめ,
 強者におもねり、ただ生きる。
長い年月の間,政変の度ごとに学んだ
 生きる知恵なのかもしれません。
 残念ですが、淋しい現実です・・・。
でも・・・だれも非難はできません。
  人間って・・悲しいネ・・・。
ケネディ大統領は人気と能力があり過
  ぎたから、・・・。
(余計な心配?)・・オバマ氏?・・。
 無能力を装っていてくださいネ・・。
おわり
・・・・9/11・メモリアル・・・・。
 好むと好まざるとにかかわらず、
  国家の戦争状態のもとでの
 普通の米国市民の『無力感』を
   一度でも想像された事が
 おありになりますか?・・・。
イラク制圧でほっとしたのもつかの間
非常時のもとに暮らし,先の見えぬまま
 もう,7年間も過ぎました。  
肉親,親戚,恋人,友人,知人など全国民
なんらかのかたちで戦闘員と関わって
います。安否を心配しても,耐えざる
 を得ないのが戦争の悲劇です。
   愛国心?を試され続け、
異常時の合間に普通の暮らしを続けて
いるのです。その精神状態を今一度
想像してみて頂けないでしょうか?。
 やむをえずの現状を党派を超えて
 受け入れて、最善をつくす努力を
   『寡黙に続けている人達』
   『困難に立ち向かう人達』が
  厳然として、いるのです・・・。
  『真の愛国者』とは?・・・。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

良識・さんの逝去を悼む詩?。親戚の作法さん。友人の節度さん。

さようなら、Mr.Common sense(常識)
  アメリカ女性の不思議な詩を
    見つけました。
本日。愛する友人『良識・常識』さんの
   ご逝去を悼み
 みなさまにお知らせ申し上げます。
何処でお生まれになられたのかお誕生
日 もよく存じ上げませんでしたが、
常識さんには本当に長い間お世話にな
りました。ご一緒させて頂きました。
  心より、お礼を申し上げます。
早起き鳥だけしか、上手に餌にありつ
けない,例え話しで、のんびり見える
自然界が公平ではなく競争社会である
事や、天候不順など自然のいとなみも
必ずや不公平に起こり得る事などを
 いつも静かに諭して頂きました。
 簡素に暮らし収入以上の出費を
   絶対にしない事。
絶対的愛情をもって子育てをする事
などほんとうにいろいろと教えて頂
きました。ありがとうございました。
常識さんがが体調をくずされたのは、
6歳の男の子の教室でのキス行為に
セクシャルハラスメント有罪判決が
  下された時からでした。
停学処分と先生の退職処分があり、
 男の子は情緒不安を悪化させ,
 静かな先生は病院通いとなりました。
そして生徒に頭痛薬を飲ませるのに
  親の事前承諾が定められたり、
 情報保護で生徒の妊娠や堕胎を直ぐに
連絡できなくなった時に常識さんは校舎
  から去って行かれました。
そのあとも、教会の営利商売化を嘆いて
おられたり、被害者家族よりも良い暮ら
しを刑務所で罪人がしている事実を知っ
 たりされて,とうとう生きる気持ちを
  失くされてしまいました。
 最終的に生きる事をあきらめ、
 『さようなら』をされたのは、
 巨額の報奨金を、老婦人がコーヒーの
  火傷で得たことを知った時でした。
 ご両親の信用さん真実さん、奥様の
 自由裁量さん、娘さんの道理さん、
息子さんの義務さん、親戚の作法さんや
 友人の節度さん立会いの元に本日,
   永遠のお別れをされました。
 死去された事は皆様は知られません
  のでお葬式は少人数でした、
今これをお読みになって,もし常識さん
を思い出されるようでしたら、ご面倒な
のですが、どなたか他のお知り合いの方
にも『常識さんの死』をお知らせいただ
   ければと思います。
そうでない場合は無関心多数派の会に
 お入り頂いて、絶対に、何もしないで
   いてください。
どうか、宜しくお願い申し上げます。
おわり
  へたくそな訳で
 へんな話しですいません、です。
アメリカ経済の事ではいつもご心配して
頂きありがとうございます。良識派も
まだ1億人ぐらいは・・・??
いると思いますョ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ