goo

最高品質!観客、レフリー、そして、選手たち。

メアリー・アビー・ワンバックと澤穂希                               

今振り返りましても、いい試合でした。                                 勝利の女神様は最後には日本につい                                   てくれましたが                                               試合に勝っていたのはアメリカでした。                                両国選手ともすべてを出し尽くし、                                   爽やかな笑顔でした。                                               『日本・おめでとう!』  試合終了後に                                ワンバック選手が一番最初に日本チー                                ムに近寄って健闘を讃えてくれました。                                   日本選手一人ひとりに熱くハグしてくれ                                たワンバック選手の姿が印象的でした。                                 (感動!終わったら健闘を讃えあう)                                      (スポーツはこうでなくちゃあ!)                                     アビー・ワンバックさん、ありがとう!。                                 おわり                                                     偉大な女神!アビー・ワンバック!                                   技術・体格、ともかく凄かったー!                                         まさにスーパースター!・・・・・その上、                                    負けて悔しかったはずなのに、                                     なでしこたち全員に握手してくれて、                                  勝者として讃えてくれた・・・・・・・・                                          その人間性の高さも感じられて・・・・                                  ただただ参りました!                                           大一番で負けても相手を讃えられる                                  度量の広さがサスガでした。                                                                           女子にとり、見るスポーツだったサッカー                              を、やるスポーツへと変えてくれました。                                   アメリカチームではワンバック以上の                                 脅威でしたのはモーガン選手でした。                                    陸上競技からの転向組みとのことでした                                   短距離ダッシュ力のある選手育成や                                 スカウトの強化も必要に思いました。                                   運だけで、ワールドカップは勝てない!                                印象に残ったのは                                             マジに強い!アメリカ!                                          その上、・・・・・・精神的に大人!                                    でも、なでしこ達全員も                                          苦労人たちぞろいで、精神力では                                    負けてはいませんでした!

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

どこの国でも監視と規制。

どこの国でも同じこと。はいはい、そうですかー!。http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110726/plc11072610110009-n1.htmエネ庁が原発記事を監視 11年度はツイッター対象

2011.7.26 09:29

 経済産業省資源エネルギー庁が2008年度から、報道機関の原発関連の記事を監視する事業を行っていたことが分かった。本年度は東京電力福島第1原発事故を受け、短文投稿サイト「ツイッター」やブログなどのインターネット情報を監視するための補正予算を計上している。08~10年度に実施されたのは「原子力施設立地推進調整事業(即応型情報提供事業)」。計約4千万円で外部委託し、電力会社幹部が理事などを務める団体が受注してきた。10年度の事業仕様書は、全国紙や原発立地地域の地方紙のうち「不正確または不適切な報道を行った」メディアに訂正情報を送るとしていた。今回の事故を受けたツイッターやブログ上での原子力や放射線に関する記述について「不正確な情報を随時監視」し、「風評被害を招く恐れのある」情報があれば、ホームページなどにQ&A形式で「正確な情報」を載せるとしている。                               おわり                                                     『オメデタ・オッちゃん達』の気持は複雑です・・・。アメリカ政府は・・・・・・・とか、中国政府がー・・・・・とか、よその国の事をとやかくあげつらうのは、もう控えましょう!。まずは自分達の官僚行政機構・組織内部の『掃除・洗濯』 から、始めましょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

おぼろげでもいい、冷静に、・・・・察して欲しい!。

苛酷事故発生!。

2度目のリスクは取るな!。                                       理解出来ない人びとを責めても仕方が                                ありません。ただただ忍の一字です。                                 国家の存亡リスクです。                                                                              ハインなんじゃらの法則とやらは、                                   労働災害に関しての法則ですが、                                   すべての災害にあてはまります。                                    社会の存続を脅かすような大事故の陰                                には 29件の軽度のクレームがあり、                                    その陰に表面化しないまでも                                       「まずいな」と思う程度の小さな出来事が                               300件は存在します。                                           このように、大きな失敗に至るまでには                                数多くの予兆があります。                                        その予兆自体が、                                             大した問題ではないと思われるときでも                               小さな予兆を感じたら、機械的に、                                          すぐに!リスク要因を除去します。                                   ごたくを並べるのは、その後です。                                   放射能汚染は平等です。                                         わけ隔てなく 皇居にも田園調布にも、                                      霞ヶ関にも千住にも巣鴨にも・・・・・。                                  そうです、貴方も、ご家族も、被爆です。                                 おわり                                                     電力会社経営陣もホンネとしては                                      原発はキライ!です。                                           社員たちもイヤ!です、キライです!                                 切り離して欲しいのです。                                         原子力研究を限定して欲しいのです。                                  保管管理技術研究。保管管理実務。                                    科学技術振興・研究・防護研究。                                    世界的優良メーカーの技術貢献補助。                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・                                         ・・・・・・・ 電力会社の利益は莫大です。                                        ・・・・・・・中身についてはタブーです。                                                                                                                                                             

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2回目で、・・・・・ようやくワカル、日本人!。

苛酷事故進行中の福島第一原発。

たいへん残念なのですが、ここ以外の場所で、新たに、もう一度原発苛酷事故が起きてから・・・・、今の日本人にとって、・・・・全人類にとって、初めて、原子力の怖さがワカルという
筋書きになっているのかもしれません?使用済み核廃棄物(放射性ゴミ物質)の10万年間の保管場所さえ、決定出来ない地球規模の惨状なのに、日本経済への電力不足の影響を心配している方々・経済人?評論家?学者?政治家?放送人?たちが存在している事に驚かされます!。これじゃあー、一般大衆が分る事は、ありえません!。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

攻められても攻められても、守り抜いて、みんなの気持が一つになった!そして・・・・もうひとつ!。

なでしこ・ジャパン。優勝・オメデトー!。

(なでしこ・ジャパン/ブランド)  

『フォーマルスーツから、   スポーツウェアまで!』 

商品確立を急いでください!。 

 (プロです!・スポーツです!)      

(お祭りでーす!)

おわり

前回までの、アフロヘアーの荒川選手は

今、何処でしょうか?・・・・・。

ひとりのスター選手だけに頼らない、    

     それぞれに個性あふれる     

     ヘアーからウェアまで      

         トータルとして、    

     印象に残る!選手づくり!。 

多様性あるアジアンマーケット。

数十億の女の子達が夢を持てます様に

勝利の女神さまは、アジアに向けて 

大きーく・微笑んでくださいました。  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ビル・家庭・上下水・雨水・排水『どこにでもある水力エネルギー』

ビル・家庭・上下水・雨水・排水
『どこにでもある水力エネルギー』
2009-02-07 12:31:22 / Weblogから
・・・・2年前の記事の転載です、が、
最近、マイクロ水力発電に関して
素晴らしいブログを発見!しました。
こちらです!
流体機械
(ファン・ポンプ・タービン)設計・解析  
ターボブレード社長 林 正基 の日々

http://tblade.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/04/post_4c00.html

この水力発電機は、落差0.5mから運転することが出来、適用範囲落差は3mぐらいまでOKとなります。

よって発電出力は、5KW~20KWぐらいまでをカバーします。

もし20KW設備を国内に2万箇所(夢の数字ではないです)設置すれば、20KW×2万箇所=40万KWとなり、原子力発電所1箇所の半分ぐらいの出力の分散型スマートグリッド発電所網となりましょう。

1箇所に設置する費用を平均600万円ぐらいとすると、2万箇所で1200億円となり、原子力発電所設備費に対して倍ぐらいのKW単価となりますが、非常に安全な地域に密着した設備なのでそれは良しとしましょう。

また、この小型水力発電所網の設備利用率は、国内自然エネルギーの中で水力は年間と時間ごとの変動が少ないことより、太陽光・風力の自然エネルギーよりも大変に良いものとなります。

以上は落差3mぐらいまでの発電出力20KWぐらいでの検討となりますので、20KW以下と100KWぐらいまでの平均50KWぐらいを入れれば、相当な発電量を確保出来るでしょう。

20KW以上となると、小型水力ではフランシス水車型発電機が非常に適した型式となるので、明日はその設計例を載せます。

・・・・・・・・・・・・
ビル・家庭・上下水・雨水・排水
『どこにでもある水力エネルギー』
2009-02-07 12:31:22 / Weblogから
・・・・2年前の記事の転載です
  ■超小型水力発電機
 給配水管系簡易取り付けタイプ
世界中にたくさんの発明家や創案家が
います。普段の生活の中で、見過ごし
ている事も『冷静な頭脳の持ち主達』の
お陰で、いろいろと気付かせて
    いただけます。
  前向き思考家の発想は
省エネ!省エネ!だけではなく、
世の中で、あり余り、捨てられている
ムダ水力・廃棄エネルギー・ムダ動力
の全活用にあるのだそうです。
 日常生活の身の回りにある
水力エネルギー・廃棄エネルギー・
  垂れ流しエネルギー・・・。
ほかにもたくさんあるのかなー・・?。
水力発電では、小河川マイクロ水力が
"はやり"ですが、ビル・マンションの
給排水系管路に取り付けて発電させる
システムのようです。同一径路での
複数設置も可能なようです。
水力量次第では太陽光・風力よりも安価
で安定した日常発電機になるようです。
配管施工業者・設計家・建築家・環境
活動家・経産省・NIDO・国交省さん、
原発反対家・コジェネ推進会社さん、
いろいろと見渡してみませんか?。
あまりにも安価でカンタン過ぎて・・
・・・ヤッパ・・・ダメですか?
スーパー銭湯・まちなか温泉・ホテル
ビル温泉・リゾート温泉施設・プール
施設などでは、もうすでに設置されて
   いるのでしょうか?。
おわり
冬場使用しないので、別棟の冷蔵庫
コンセントを抜いておきましたら、
昨日、別棟の電力使用量がゼロの理由
についての問い合わせが電力会社から
 ありました・・・・・・。
発電関係情報は、電力を盗む?
 不正使用?と結びつきますので、
    気をつけましょう。
人知れず、もっとすごい発電機を開発し
 内緒で販売している人も世の中には
 きっとたくさんいるのでしょうか。
  スゴイ時代になりマスた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『L・E・D照明』科学技術の『カエル飛び進歩』見習いましょう!。


2年前の記事の転載です。
2009-02-28 18:34:34 / Weblogから
  スピーカー付き電球型LED照明
(スピーカー付きの理由は不明です)
 (音量調節可能・商品化予定?)
・・・・・・・・・・・・・・
半年前、まだブッシュ政権の時代でした
 2008年頃、うろ覚えなのですが
米国エネルギー省が主催する、
LED活用アイデア大賞!募集!
 10億円の賞金進呈!
  という記事がありました。
米国の省エネ普及活動の一環として、
LEDに関わる実用新案・独創的活用法?
を幅広く国民から募集するというもの
でした。数年先の道路・空港・軍施設
 公共施設での『LED照明転換』と
    新設・設置義務化
  を視野に入れた、米国公共施設
『照明環境転換計画』だったように
   記憶しています。
当時、LEDの大量安価製造法が模索され
ていました。そして、結晶収縮時の
  『割れ問題を解決する』
  アルミニューム硝酸ガリウム?
   復層状化製造法が
ケンブリッジ大学コリン・ハンフリー
 研究班によって発見されました。
その発見により、
直径15センチ/15ドルのシリコン
ウェハー上に1万5千個のLEDが
超安価生産できる事になりました。

あーぁあー!日本!・・技術先進国と
公言しながら、出し惜しみの大好きな
疑問だらけの不思議の国?・・・・。
まず、(1) 効果の大きい省エネから。
  (2)省エネは公共施設から!。
 (3)全国の公共施設・道路・他・
   10/1の省エネ照明への転換!
そして、新技術の発展的恩恵は
・ビル内農業プラントシステムも
目先が新しく、国内・砂漠国輸出など
・・・オイシイのではー?・・・。
  ☆ビル内農業生産会社☆
 フェアリーエンジェル株式会社
サラダ葉物野菜収穫・24回/年間 
  ビル内農業生産にとっても
  LED普及は急がれまするー。
農地法改正・減反問題もありますが
 農地が要らない!農業生産??。
くやしやのうー・・・・大日本!。
くやしやのうー・・・先端技術!。
日本国政府・所轄官庁・照明関連会社
有識者?省エネ専門家?建築設計家?
  各位様。
おわり
頭脳集団・若手組 様
外国行政研修制度を拡充し、大いに
海外へ出かけてください。
しがらみにとらわれず、国民目線の
 政策技術を選択してください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )