goo

生活道路・量販店駐車場・自動車と歩行者の接する場所には必ずハンプの整備!

ハンプとはバンプの事です。生活道路・量販店駐車場・自動車と歩行者の接する場所には必ずハンプの整備!

運転手の問題だとか・・・?、世の中の乱れだとか・・・・・・・?、よりも、交通科学的な道路整備が必要です。諸外国では30年も前からの『ベビーカート優先!』『歩行者上位!』『歩行者が優先!』の道路整備です。街なかがどんどん過疎っているなかで、「まちづくり!まちづくり!」と、お題目は唱えながらも、無知とは恐いもので、未だに『お車様優先思考!』での街路整備が行われています。ママや幼児を優先する整備に変らなければいけません!。・・ですが、・・不作為の行政!、指摘もしない報道!。。。

不思議の国!ジャパーン!夜間・深夜・早朝を問わず・街なかでの速度違反!速度違反横行天国!無法職業運転者天国!!!。

通学路拡幅の要望意見を『道路を広げる=車道の拡幅』と勘違いし続けるコメンテーターや行政担当者たち!。

歩道を広げる事には知らん振りをして、”お車さま”優先思考を変えず・車道の拡幅を刷り込む報道会社!。

路線トラックや大型貨物車の街なか通り抜けを規制せず、通行させ続ける公安委員会!

3年後完成の道路整備ならば、シンボル道路として、『自転車道路の併設整備』の意見を何度出しても、その重要性を訴えても!意味がわからないと返答を続けた「国交省”出前え”副市長」!。

安全自転車道路の整備も無しに突如出現した『街なか自転車観光大作戦?』

ジャパーン!

ロードハンプとは道路のバンプ(どうろバンプ)のことデス。

おわり

見当違いの誘導や、目くらまし報道!・インチキばっかりはもう止めてケレー!インチキ会計監査!インチキ証券取引!インチキ原発!いんちきガレキ処理!インチキ年金!捏造検察!冤罪警察!。・・・・・・・・・・。もうたくさんデス!。。。ケッコウです。もう終わったかー?。。。・・・・・まーだだよー!。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

生活道路入り口にはハンプ!。整備!不作為は罪!(重大事故が起こると、わかっていてもやらない事)。

生活道路入り口にはハンプ!の整備!

・・・・・・・・不作為は罪です!

(重大事故が起こると、わかっていてもやらない事)。交通法規無視・無法運転手天国・・・・・・ジャパーン!。・・・・・・・・たとえ、道路そばに、100人の警官を立たせていても、無法運転手の速度違反を正すことは出来ません!。。。・・・・・。でも!・・・・ハンプの整備さえあれば、

道路整備としての減速が可能デス!。早く整備して下さい!報道マスコミ・NHK様、早く、指摘して下さい!。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トラムウェイ(高機能公共交通専用道路)をつぶしたのは?・・・・誰ですか?・・・・。

高層ビルや大規模施設には非常用階段や非常用通路などが避難経路として定められていますが、街なかでの緊急避難経路や災害復旧経路の確保はどうでしょうか?・・・・・・・そして、東京都心や大都市での『災害時帰宅困難者発生』の元凶としては、中距離旅客輸送が『一事故全線不通』の『架線鉄軌道硬直交通』『脆弱な直列直線システム』に集中させている事!が問題!となってきています。些細な天候変化、豪雨・強風・降雪・落雷・氷雪・高温でも、安全運行の為には運休したり、操行を見合わせる事が必要なシステムになっているからです。『災害に弱い架線鉄軌道システム』『自走不可能で救助や復旧時の通行障害となるシステム』に替わり、次世代の電気自動車時代を見越して『災害に強い!トラムウェイ!』(高機能公共交通専用道路)の概念は生み出されていました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも残念なことに、誰かさんたち?によって葬り去られてしまいました。・・・・・・トラムウェイは地中溝が併設されています。緊急災害用として「大口径防護管内」に社会基本ライフライン網・・・・・・(通信・電力・ガス・上下水ネットワーク)が内包されている設備です。まちなか道路の地下利用再配分も新社会資本整備として進める必要があるのではないでしょうか?。非常用代替機能だけにこだわることなく、平時での高機能『交通・情報・電力・水道・ガス』ネットワーク網としての、法的制定も必要です。・・・・・防災・減災の観点からの総合交通体系の再構築!旅客輸送の役割分担!が必要です。
 ・長距離は新幹線!
 ・中距離(10km~30km)は、
『10両連結・電気低床バス』でも
    鉄道でも良いのです!
しかし、10km圏内(街なか)は、
  (乗り換え不便を想定し)
トラムウェイを環状線で整備して、
低床電気ミニバス交通網で構築します

追記・・・・・・”子供達が憧れる電車型電気自動車”(大きな動く乗り物としての電車の魅力を損なわない為にも)・流線型電車型電気自動車の開発をお願い致したいと思います。また、『汽笛~、一声、新橋を~、・・・』の明治時代からの蒸気機関車・鉄軌道の文化文明の偉大な歴史は永遠です。

つづく

行政の効率化を目指す一施策として『街なか居住促進』や高サービス高齢者住宅建設が街なかで進められています。施策推進の第一歩として、『人が住みたい街なか』、『歩きたくなる街なか』、『ショッピングを楽しむ街なか』に変えてゆく、”歩道の整備や道路空間の再配分”が必要ではないでしょうか?。京都での殺傷交通事故に例をとるまでもなく、どこの街でも、高齢者・幼児・ベビーカー・自転車・歩行者・配達者・観光者が入り乱れる街なか道路では、幹線も含む車両規制が必要です。条例・法令・安全管理不作為に起因する交通事故!。・・・・・これらの悲惨な事故を防ぐ手立ての道路整備や道路構造、車両規制、速度規制を急ぐ必要があると思います。興味本位だけでの加害者責任を煽る報道などはもってのほかです。報道者として、歩行者安全を守る為の科学的見地からの『歩行者・自動車・自転車の有り方』を論じて頂きたいと思います。先進国の事例なども示す義務があるのではないでしょうか。道路整備や速度規制の検証無しに済まされるのでは、被害者・犠牲者の方々は浮かばれません。京都府公安委員会様たちや京都市議会様のご高配をお願い致したいと思います。・・・・・・職務とはいえ、事故処理作業にあたる方々の御労苦に対し、深く感謝いたします。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ミサイル迎撃!点を点で当てるか?平面(平たい網状面)で捕まえるか?、どっち?。

産経新聞社・SANKEI・EXから転載

ミサイル迎撃!は電磁波方式で!。

「なぜか分からない。しかし、突如沸き起こる熱?の、我慢できない体感だけは確かだ」海兵隊のトレーシー・タフォラ大佐は、この兵器に関し「見えも、聞こえも、臭(にお)いもしない。ただ感じるだけだ」と説明する。

電磁波で極度の不快感

 兵器の名は「アクティブ・ディナイアル・システム(ADS)」。大佐は、開発期間15年のADSについて、強力な電磁波で、人を殺傷することなく「極度の不快感を与えるのみ。百歩譲って軽いケガを負わせるだけだ」と言い切る。

 2010年にアフガニスタンで短期間配備されてはいるが、作戦行動に投入されてはいない。海兵隊としては今後、暴徒排除をはじめ検問所・国境・立ち入り禁止区域・各種重要施設における警備などでの「威力」発揮を期待している。

 ただ、有効射程は1キロと、この種の兵器にしては長いから、さぞ人体に悪影響を及ぼすと危惧してしまう。食品を温める際に発出する電子レンジのマイクロ波の、人体への影響が頭の片隅にあるからだが、実体はそうではないらしい。

 「周波数」に秘密があるのだそうだ。つまり、電子レンジのマイクロ波は調理する肉塊の奥まで届くが、ADSが照射する95ギガヘルツの電磁波は、皮膚の表面から0.4ミリ程度までしか届かない。こうしたことから、確かにADSのビーム(電磁波の細かい流れ)は、電子レンジの100倍ものパワーを発するが、電子レンジにできるポップコーンさえ作ることが適(かな)わない。

転載終わり

この兵器の強力なモノ(20km~30km射程)がミサイル迎撃防御システム?でしょうか?。日本全国18箇所ほどに配備して、有事の際には、領有権上空に照射して電磁波の網を作ります。飛んでくるミサイルを自爆させます。宇宙の衛星に装備して、照射実験も行われているのでしょうか?・・・現在3000個の衛星が入り乱れて、地球を回っているそうです。。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

トラムウェイ!(公共交通専用道)の概念!これが、街なか再開発には必須です!。

低床ミニバス網とトラムウェイ

東北・震災復興にあたり、ぜひとも、
冷静で、時代に即した、
   (情緒や感情に流されない)
総合交通体系の再構築が必須です。
輸送の役割分担の明確化が必要です
 ・長距離は新幹線!
 ・中距離(10km~30km)は、
『10両連結・電気低床バス』でも
    鉄道でも良いのです!
しかし、10km圏内(街なか)は、
  (乗り換え不便を想定し)
トラムウェイを環状線で整備し、
低床電気ミニバス交通網で構築します
もうすでに、電気自動車時代デス!。
(中国ではバスの非接触高速充電設備)
連結走行も単独走行も
トラムウェイでの無人走行も可能デス


・・・・陳腐化技術になってしまった
  架線鉄軌道騒音鉄箱電車は、
世界的にも、
 実は終わっている技術です。
(LRTなど20数年前からのモノですが
 導入して栄えている街など、
 残念ですが、日本にも欧州にも
  どこにもアリマセン!)
 (しょせん、通勤・通学生徒用など、
  若い健常者限定の移動手段に
     過ぎないのです)
(本来ならばスクールバスでコト足りる)
長崎、鹿児島、熊本、岡山、高岡
豊田、広島、高知、、欧州諸都市、、。
NHKはじめ、かたくなに必死?な
鉄軌道礼賛報道攻勢?によりますと、
鉄道再開が復興の象徴だとか何とかと
   はやしたててはおりますが、
これからのスマートタウンには、
・路線決定が容易!
・災害緊急時全線不通リスク無し!
・小回りネットワーク可能!な、
低床ミニバス交通網とトラムウェイ
の社会資本整備が重要です。
  トラムウェイとは、
  高機能彩色道路です
  公共交通専用道として、
  鉄軌道と同じ概念です。
(磁性盤誘導機能も実験的に可能デス)
 (バスレーンのあいまいさとは
  根本的に違い、一般車が   
  犯すべからざる専用道の概念!)
新時代にふさわしい
街なかの道路空間の再配分の際には、
使い勝手の良い街なか交通体系として
指定して頂きたいと思います。
・・・・存続が危ぶまれたりする?
悲しくもなつかしい鉄軌道の価値は、
・郷愁を醸し出す架線鉄軌道。
・歴史保存鉄道、
・トンネルや鉄橋や切り替え設備、
・観光用パノラマ鉄道としてだけの
   価値を尊重致しましょう。
・・・・・・・・・・・
  架線鉄軌道騒音鉄箱電車は、
申し訳ありませんが、
電気自動車時代にはオワコン技術です
災害緊急時・避難輸送等には高リスクの
移動手段となってしまったのです。
報道様達が鉄道オタクを利用してまで
しきりとはやしたてる?
 架線鉄軌道の存在理由?は
 (・金抜き・目くらまし初期投資)や
 (・ぶら下がり団体)や
(天下り温存)の為かもと勘繰られます
・・・・・・・・・・
トラムウェイ!
(公共交通専用道)の概念!
これこそが、新時代!の、
これからの日本の社会資本整備
・街なか再開発には必須です!。
架線や鉄軌道につながれた
   古い官僚思考!
硬直鉄筋ひも付き思考!ではいけません!
(不思議な事なのですが、街なか鉄軌道は
過去30年間、世界中・各都市で
必要者の利便不在の思考のまま
   (安全性や使い勝手不在のまま)
  行政にもてあそばれ
  保守・革新を問わず、
『政治利用』されてきた
    歴史!があります。
 (鉄軌道は人の情緒に
  訴え易いからなのでしょうか?)
   電気架線つながれ、
   重量鉄軌道につながれ、
   がんじがらめにされ
   縛りが多い
古い因習の、街なか公共交通・・・・。
・・・・・自由に動けて、
 万人に使い易い乗り物へと、
  解放してあげましょう!。、
おわり
 ・・・・スンマセン!
 情緒や感情に流されてしまい、
 伝わる文章が書けませんデシタ!
・・・・・・・・・・・・・・・ 
2009-05-08 06:08:05 / Weblogから
低床ミニバス網とトラムウェイが
  街には、必要です。
 公共交通の再構築!。
  子育てママたちに、
 素晴らしい!希望のひかり!。
千葉県 佐倉市 ユーカリが丘
 電気バス実証実験開始!!
運行期間:2009.5.8(金)~2009.5.14(木)
運行期間:2009.5.15(金)~2009.5.24(日) 
    山万株式会社
http://www.yukarigaoka.jp/bus/
 ☆;ママの日記:
 子育てって・・タイヘンですぅー!。
今日は、生まれたばかりの三男坊の
定期健診です。2歳の次男を
ベビーカーに、まずは乗せて、
赤ちゃんはおんぶしてお出かけします。
あいにく、雨ふりなので、傘もさして、
  ・・・・・雨って、大嫌い!。
子育てママに絶対必要なモノは、
子供3人と同一行動のできる、
低床・ノンステップのコミュニティバス
でした。
1月の寒い雪の日に、傘をさしながら、
赤ちゃんを負ぶり、降る雪をものとも
せず、もう一人を小脇に抱えて、
  幼稚園に長男を迎え、帰路つく
  小柄なママさんを見かけました。
・・・・・・・・・・マケルナー!。
・・・・・・・・・ガンバレー!。
次世代への『子育てし易い街づくり』の
為にも、目指しましょう!!
☆『ベビーカートの街づくり』☆
    車椅子だの盲導犬だので
  円滑移動法!・バリアフリー法!と
  『ヤイの!ヤイのと騒がずとも』
イクメンやヤンママ、ヤンパパたちの
職住近接での街なか生活の推進が、
次世代日本の原動力デス!。
金沢市ふらっとバス

おわり 
 山万株式会社(不動産開発)さん、
    がんばってくださーい!。
    早稲田大学
昭和飛行機工業(株)電気バスチーム
日本ユニシス との共同実証実験。
NHKおはよう日本で、
  なぜか?(首都圏のみ)で
  7:45から放映予定。
 全国版で流してよ、NHKさん。
公共交通の役割分担を再確認して。
  ☆ 中・長距離は鉄道
  ☆まちなか10km圏内は
    電気バス交通網!
なんでもかんでも国交省のいいなり
では、ダメですよ!。(考えて!)
学者さんも、NHKも・・・・・
・・・・・・反省してください。
なぜ10km圏内バス交通網か?
 行動様式から導かれた、乗り換え
不便の解消です。(使い勝手です)
 頻繁利用がなければ運行や経営が
  行き詰まるからです。
10数年間にわたる『LRT刷り込み』
放送から、『世界の電気バス特集』
  への転換をするべきです。
鉄軌道と架線に縛られたまちなか道路
  道路中央の危険な乗降所。
   危険な段差乗降車両。など、
(施設安全管理義務違反)
  (バリアフリー交通法)
 (ユニヴァーサル・D交通条例)
架線鉄軌道交通の
 『本質的欠陥』を見て見ぬフリで
    問題視もせずに
 地方都市のまちなか衰退誘導を
  これ以上、
   手助けしてはいけません!。
すべての公共交通は
万人が安全に乗降出来る
『歩道からの乗降所』でなければ
訴訟リスクは除外できません!。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )