遊山徒然日記

山歩きのスナップ写真など気まぐれを綴っています。

祖母山開き

2008年05月04日 | 祖母山
5月3日祖母山山開きに参加してきた。宮崎県五ヶ所、北谷登山口より入山。昨年は登山口の狭い路肩に駐車して登ったが、今年は余裕を持って早めに出発し現地に6時40分に到着。しかし、登山口はすでに満車、親父岳分岐点下の駐車スペースに車を留め6時55分、千間平コースより取り付く。
山開きの神事は11時30分からなのでまだ、登り始める人も少なく、ゆっくり登ることができる。千間平の木立で朝の爽やかな風と日差しを浴びながら小休止、途中、挨拶を交わした宮崎県の夫婦連れの方と談笑する。退職後、毎週2、3度登山を楽しまれているとのことで、先週は市房山、双石山と登られ今日は祖母山登山。ご主人が山登りでのエピソードや山歩きは、やっぱりきついなどと語られると奥さんが気遣って相槌をされるなど、実にほほえましい語り合いで、こちらも口元が緩み心地よい休憩のひと時でした。



国観峠まで出ると次第に登山者の姿も多くなってきた。日差しも強くなり、すでにシミだらけの顔面なのですが今日は、日焼け対策で日焼け止めクリームを塗りました。塗った感触がいい♪下山後は日焼けの度合いも少なく効果は抜群、男性もお肌は大事の時代です。



祖母山開き神事の祭壇を荷揚げする地元スタッフのみなさん



9合目の分岐点より左へ辿り、九合目小屋へ向かう。小屋の周りの石楠花はまだ固いつぼみでした。


快晴の祖母山山頂からは傾山や障子岩尾根の眺望がよくわかります。
天狗岩、障子岳、古祖母山の縦走路が見える場所で早めに食事を取り、強い日差しの中ですが、山開きの神事が始まるまで大休止です。


今年は登山者が少ないような気がしましたが、山開きの神事が始まる頃になると、足の踏み場もない混雑です。


神事が済み、乾杯と万歳三唱が終わり、皆さんお目当ての山開き登山記念のバンダナの配布が始まります。


バンダナの争奪戦!?では遠慮していると肘鉄を食らいます。バンダナは全員に行き渡る数を用意してあるようなのですが毎回同じ光景、マナーも配慮もありません・・これが今の時代の山の現実なのでしょうかね、その場にいるわたしも山を語れる立場ではありませんが、お恥ずかしい、寂しい時間なのです・・。

一方、山頂祭が終了したあと、登山者の容態が急変して救護の方を探しておられるようでした。昨年も祖母山山開きではレスキューヘリが飛来しました。大事に至らないことを祈りましたが、体調管理、安全登山を改めて肝に銘じたところです。

アケボノツツジの開花の様子を見るため風穴コースを下山。山頂直下の岩場に点在するアケボノツツジはつぼみで、マンサクの花がまだ咲いていました。
スズタケの林を抜け風穴の上の岩場まで来ると、開花してひらひら風に揺れるアケボノツツジを見ることができました。朝、風穴コースから登られた方は、あまり咲いていないとレポートされているようでしたが、気温が上がり一気につぼみが開いたようです。
今週はまだ休日が残っていますが、祖母山のアケボノツツジは今日が見納めなので岩場の上でゆっくり花見を楽しんできました。











コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 大船山花散策 | トップ | 祖母山徒然 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (326)
2008-05-04 17:42:42
鹿児島から326です。
祖母山のアケボノツツジきれいですね。
昨年末辺りから写真がとっても綺麗になって
素晴らしいなぁと思いながら見させて頂いていました。
今日・明日と夫婦揃って休みで天気もいいのですが、
相方が仕事の勉強をしたいとかで、山に出掛けられません。
今年はアケボノツツジに会えずに終わりそうです。
残念ですが、こちらの綺麗な写真で満足することにします
(;へ:)
こんばんは (alps-blue)
2008-05-04 23:18:05
こんばんは
お久しぶりです、ありがとうございます

昨年末よりカメラが新しくなりました
しかし、一向に上達しません(汗)
むやみやたらな写真ばかりです・・

お仕事、お疲れ様です
初夏を迎え深まる新緑とミヤマキリシマが咲く
山歩きで、ゆっくり癒されてください
ご活躍を期待しています
では、また

コメントを投稿

祖母山」カテゴリの最新記事