おきらく社長のぼやきブログ

阿部運送株式会社
代表取締役 阿部能久(よしひさ)
東京城南地区を中心に活動する運送会社

審判のルール違反

2010-03-31 17:01:51 | Weblog
警視庁は、昨日時効をとなった国松警察庁長官銃撃事件について
オウム真理教によるテロであったとの異例の捜査結果を公表した。

証拠を集め司法の場で立証し起訴に持ち込むのが役割の警察が、
証拠もなしに犯人と決め付けるのは言語道断で、
さらにそれを公表することはもっての他です。

犯人を見つけられなかった自分たちを自省するならともかく、
最近の子どもたちの“逆切れ”以上に稚拙で悪質な行為です。

警察の質が落ちたのか、元々そういう体質だったのかは定かではありませんが、
誠に残念です。

侍なら「切腹」ものです。
コメント

なつかしの鉄人28号

2010-03-30 12:01:18 | Weblog
日曜日のツアーの第二の目的が、設定の大きさで作られた(原寸大?)
鉄人28号を見ることでした。

JR新長田駅から徒歩5分の観光地でもなんでもない
普通の街中の公園にそれは仁王立ちしていました。

私が子供の頃見ていたテレビ番組は白黒でしたので、
パッと見た感想は「ああ、こういう色なんだ」でした。
ブルーグレーのボディーに赤いウェストラインが入り、目が白目ではなく黄色。

もともとの色なのか、神戸のオリックスブルーウェーブ・カラーに
合わせたのかは定かではありませんがそんな印象です。

頭頂部までの高さは18m、6階建てビル相当でさすがに威容があります。

しょうたろう少年がいないのは残念でしたが、
ガンダムよりはリアルタイムで見ていた分、喜びはありました。

ただ、見物客が20人ほどと少なく、集客効果はあまりなさそうでした。

もちろん、小さな子どもたちは知らないキャラクターだし、
その親である30代前後の人たちもリアルタイムでないので、
「大きなロボットの像があるなぁ~」程度の関心でしかないようです。
 
コメント

日本一の城

2010-03-29 17:21:53 | Weblog
昨日の日曜日、かねてから見に行きたいと思っていた
姫路城&鉄人28号日帰り見学ツアーに出かけました。

2回目の乗車ですがウキウキ気分で朝一番の「のぞみ」に飛び乗り、
弁当とビールで早速朝食開始、ほろ酔い気分で9時過ぎに姫路到着。

そのままタクシーで姫路城に向かいましたが、すでに入場制限中。
入場券を買う妻を待つ間に、目に付いたのがボランティアガイドの案内。
(ガイドさんはボランティアでやっていますが、お願いするのにはお金が掛かります。)

ちょうどそこに居合わせた方に私たちのガイドをお願いできないかと申し出たところ、
予約制でその日はすでに一杯との返事で残念でしたがあきらめました。

ところが、入場口を入りパンフレットを見ながら、見学計画を練っていたところに、
先ほどのガイドさんが来て、後から着いて来なさいと声をかけてくれました。

私たちは彼を予約したグループの後につき、
2時間半の間詳細なガイドを聞きながら姫路城を堪能しました。

姫路城は再建でない現存する城の中で規模、美しさ共にナンバー1でしょう。
また、時代劇で江戸城が出てくる場合の殆どが姫路城で撮影されているそうで、
暴れん坊将軍をはじめ見たことのある景色が沢山ありました。

名物の桜は3分咲きでしたが、満開になる来週は更なる美しい景色となることでしょう。

私たちのようにガイドをただ聞きしようとする観光客がいるそうですが、
お金を払ったグループの添乗員さんが怒る場合があるそうです。

それに配慮してガイドのSさんはそのグループの添乗員さんに、
私たちのことを自分の知り合いだからよろしく頼むと耳打ちしてくれたそうです。

なんという親切
日本一のお城で日本一親切な人に出会いました。

感謝、感謝です。

コメント

無駄な動き

2010-03-25 18:15:27 | Weblog
うちの居想会では、体の重心が真ん中にあることが求められます。
なぜかといえば、次のどんな動きにでもすぐに移れるため。

そして体の軸を立てること。
これは両肩と両腰で作られる平面を捻らず動くため。
動きとしては“でんでん太鼓”(みんな知っているかなぁ~)を
イメージしてもらえばいいと思います。

上記の動きは、明治以降に入ってきて今の常識になっている、
西洋式の肩と腰を捻って歩む動きとは全く違う発想です。

何が違うといえば力を使うか使わないか。
走る時、西洋式は地面を蹴って進みます。

古武道は重力で上体が前に倒れそうになるときに
足が出て支える動きの繰り返し。
つまり、余計な力を使わない、無駄な労力を使わない動きです。

また、野球のピッチャーが長袖のアンダーシャツを着るのは、
ボールの握りで二の腕の筋の出方が変わるのをバッターに見られないため。

これと同じように、これから動こうとしたときにどこかに力が入れば、
その動きを悟られてしますことになるため、
力に頼らない動き出しを心がけています。(初動=起こりを見せない)

会社経営も真ん中に重心を置き、無駄な力をいれず、
どんな攻撃からも守れ、また攻められるようになりたいものです。

コメント

連休報告 その二

2010-03-24 12:38:34 | Weblog
連休2日目の21日は埼玉の妻の家の墓参りを済ませ、
翌日は初日のリベンジで八王子の墓参りに向かいました。

連休最終日だけあり下りはがらがらで1時間でお墓に到着。
さすがにお彼岸ですので苑内は大混雑でしたが、掃除を済ませお参りも終了。

折角の良い天気に八王子まで来ましたので、青梅の梅林「吉野梅卿」へ足を延ばしました。
数日前の台風のような大風で枝が折れたかわいそうな状態でしたが、
時季はちょうど満開の見ごろで白、赤、桃色の色とりどりの花々に、
八重や枝垂などの多彩な枝振りが楽しめ壮観でした。

桜と違い梅ははかなさを秘め、そこはかと風情を誘い、
若いころには感じなかった魅力で魅了されます。

歳をとったのですねぇ~。

同じものを見ても、違うことに気づかされました。

歳をとるのもいいですねぇ~。

車でしたので、花見で一杯が出来なくて残念でした。
コメント

連休報告 その一

2010-03-23 16:23:40 | Weblog
連休初日の20日土曜日お彼岸、八王子にある墓参りに向かうため
朝6時30分に自宅を出発し、戸越インターから首都高へ。

高井戸を先頭に少し渋滞しているようでしたが気にせず走行すると、
外苑を過ぎたあたりの表示で「八王子まで120分以上」の情報。

午後から居想会「ホッピーでハッピーの会」でスカイツリー見物と
浅草散策ツアーの予定がありましたので、断念し幡ヶ谷で降り帰宅しました。

景気の悪い中家族連れのレジャーは、朝早く、いえ夜のうちに出発し安い高速で出かけ、
日帰りで帰るパターンが多いと勝手に分析してしまうほどの渋滞でした。

午後は強風のお陰か晴天で、押上駅から見上げるスカイツリーは
318mまで出来上がり、東京タワーを抜くのも時間の問題となりました。
カメラ片手の見物客も多く、すでに観光名所になっている様子。

その後、浅草に流れ、雷門、刀屋さん、リサイクル着物屋を何軒か見てまわり、
メインエベント「ホッピーでハッピーの会」の会場到着。

浅草の場外馬券場に通じる通りは「ホッピー通り」と呼ばれ、
居酒屋が軒を連ねています。その中でたった一軒“生ホッピー”を飲ませる店が{鈴芳」。

普通のホッピーと“生ホッピー”と何が違うのかといえば、
ビールと同様ビンビールと生ビールの違い。つまり瓶詰めか樽詰めかということ。
味はビンより滑らかで、ごくごく飲めてしまいます。

また、つまみに出てきたハチノスの煮込みが絶品!

22名の大所帯で大変盛り上がった宴会でとても楽しい時間を過ごしました。
お陰で翌日は二日酔いの一日でした。
    
コメント

働き者のお役人

2010-03-19 10:29:46 | Weblog
リーマンショック後から業績が落ち、
去年の4月から中小企業緊急雇用安定助成金を貰っています。

所轄はハローワークで六本木に毎月通っていましたが、
申請する会社が多く1~2時間ほどかかるのが普通でした。

今回、初めて朝一番で手続きをしようと8時30分に行ってみました。
すると、すでに殆どの職員が登庁済みで、何人かは受付を開始していました。

お陰で待つことも無く15分程度で申請が済み、
行き帰りの時間を入れても1時間かからない最短記録となりました。

日頃、役人を国賊のように罵倒している私ですが、
現場の人たちは役人意識はあるものの、真面目に国民のために頑張っているのです。

感謝!
コメント

狭い世界の住人

2010-03-18 23:40:39 | Weblog
会社に入って20数年が経ち、関わる人が非常に限られてきています。
会う人と言えば、うちの会社の人間、お取引先、会社の建物に入っているビルに関わりのある人、
自宅の近所の人、友達など・・・

私は出来るだけ新しい出会いを求め、居合いや着物などで出かけるようにしていますが、
それにしても若い頃に比べて情報が限られてきています。

また、歳をとり自分の関心がないものは出来るだけ排除しがちになっています。

世の中で流行っている歌やファッション、物、映画などなど、
残念ながらほとんど良く解っていません。

どうでもいいことですが、SMAPは分かっても、
嵐や今売れてる女優さんなど名前と顔が一致しません。

年年歳歳、体と頭が固くなりますので、お酢でも飲みながら柔軟体操をして体を維持し、
何にでも興味を持つことを忘れず常にワクワクする新鮮な心でいたいものです。
  
コメント

チケットショップの商品

2010-03-17 16:55:35 | Weblog
本日、業務連絡用に使っている携帯電話のプリペイドカードを
新橋のチケットショップに買いに行ってきました。

お店では新幹線のチケット、商品券、切手、収入印紙など
いろいろなものが大量に取り揃えられています。

素朴な疑問として、この商品は誰がどんな理由で売りに来ているのかということ。

邪推かもしれませんが、それはおそらく企業や官僚の天下り組織などが、
裏金を作るために購入価格を下回るのを承知で、
大量に売りさばいているのではないでしょうか。

そうでなければ、継続的にそして大量に出回るはずがありません。
怪しい臭いがします。

そんなことを言いながら、会社の経費を少しでも減らすために使ってしまいました。
コメント

トキの天敵テン

2010-03-16 16:55:36 | Weblog
新潟県佐渡トキ保護センターで放鳥する前に
自然環境に適応するため設けられた順化施設内でテンに襲われた事故で、
政府はトキを外敵から守る検討会を設置する方針を固めたとのこと。

杉の苗を食べる野うさぎ駆除を目的に人間の都合で
佐渡に持ち込まれたテンには罪は無く、
うさぎの代わりにトキを食べちゃっただけなのです。

襲われたのもトキが鳥目で暗い中飛べなかったわけで、
自然の摂理そのものです。

トキを自然に帰せば、当然起こることに対して何を動揺しているのでしょうか。
それなら、外敵の来ない鳥かごの中で飼うしかないですね。
コメント