おきらく社長のぼやきブログ

阿部運送株式会社
代表取締役 阿部能久(よしひさ)
東京城南地区を中心に活動する運送会社

本当の始まり

2009-06-30 16:57:44 | Weblog
デンマークの新型インフルエンザ(H1N1型)感染者から、
タミフルに耐性を持つウイルスが初めて確認されました。

たまたま今までのインフルエンザが弱毒性であったため、
WHOがパンでミックを公表しても大した混乱は生じませんでした。

しかし、今回既存薬の効かない進化したウィルスが
発生したことにより、状況は一変しました。

うちも今まではマスク程度の対応しかしていませんでしたが、
本気で対策を採らなければならない局面に来たようです。

会社、自宅で最低1週間の食料の水の備蓄と感
染拡大防止策を調査し実行します。
コメント

マイケル・ジャクソン

2009-06-29 15:33:02 | Weblog
50歳の若さで急逝したマイケル、言わずと知れたスーパースター。

数々のヒットで巨万の富を得、人も羨む大金持ちとなりましたが、
晩年の騒動や奇行、死因はまだ特定されていませんが、
おそらく大量の薬物摂取での死という結末。

傍から見れば大成功の人生のようですが、
果たしてどうだったのでしょうか?

その知名度ゆえの制約やプレッシャー、
金目当てで群がる怪しげな輩。

本人は亡くなって全てのものから開放されたでしょうが、
すでに始まった遺産争奪の醜い争い・・・

日本の大スター美空ひばりさんもプライベート面では、
決して幸せではなかったそうな。

金と名声を手に入れても決して幸せとは限らないということです。
でも、そこそこのお金があったほうが幸せなような気がします。

マイケルのご冥福を祈ります「アーメン」
コメント

助成金

2009-06-26 15:43:14 | Weblog
本日、仕事と育児の両立を図るために設けられている
東京都中小企業両立支援助成金の申請に行ってきました。

二人の東京都職員の方との面接で質疑応答をして
適切と認められれば、研修会参加ののち40万円が交付されます。

現段階では両立支援推進責任者を設置するだけですので、
何も難しいことはありません。

ただ、良く考えると企業側の意識を高め従業員の両立を支援
するよりも、小児科病院を増やしたり待機児童を減らしたり
するなどの改善に力を入れるほうがよっぽど効果が
あるのではないかと疑問を感じてしまいます。

こうゆうご時世ですから貰えるものは貰いますが、
もっと私たちの税金を有効に使って欲しいものです。
コメント

佐川さんに1票!

2009-06-25 16:39:33 | Weblog
佐川急便がクールビズでハーフパンツを採用するそうです。
私も常々都会の夏の猛暑によるドライバーへの
負担を憂慮していました。

うちは今半袖のポロシャツに夏用の薄い長ズボンを
支給していますが、中にはひざ上まで捲り上げている者もいます。

出来れば風が襟から入ってすそに抜ける煙突効果のある
アロハスシャツにハーフパンツが理想でした。

すでにハーフパンツを採用しているフェデックスに続き、
大手の佐川さんが着用してくれれば認知度が上がり、

うちのような小さな会社が採用しても
お客様からの苦情は出なくなるでしょう。

クールビズは環境にも良く体にも良い優れた発想だと思います。
私もなしの姿をするために、
クールビズ・ロゴをの入った名刺を発注しています。
コメント

コンビニの代償

2009-06-24 10:47:24 | Weblog
セブンイレブンの加盟店と本部で、賞味期限切れ間近のお弁当を
値引きして販売する問題が発生しもめています。

公取委の判断で値下げを認めない本部が違法とみなされ、
売れ残り弁当の費用の15%を本部が負担することになりました。

私たちは、コンビニがあるお陰で24時間必要な時に、
ほぼ必要な日常品が購入できるようになりました。
まさにコンビニ=便利を手に入れました。

しかし、それを維持するためには四六時中煌々と電気をつけ、
欠品による販売ロスをしないため多目の商品を置き、
期限が来れば廃棄するシステムが構築されました。

つまり、このシステムは消費者が己の利便性だけを望んだ結果の
あだ花です。大げさな言い方ですが、私を含め21世紀を迎えた

日本人が原点に返り、多少の不便さを我慢しライフスタイルを
変えるか、このまま自分勝手な都合で子々孫々につけを廻すか
の岐路に立っているのです。

よ~く考えてみましょう。
コメント

わたしの街の運送屋さん

2009-06-23 15:42:45 | Weblog
うちの目指すべき方向がおぼろげながら見えてきました。
一言で言えば「わたの街の運送屋さん」です。

一般の人と運送会社の繋がりは宅配便と引越しが殆どで、
それ以外のちょっとした物の移動などで、
なかなか自分で運送会社に依頼することはありません。

料金も不明瞭で怖い運ちゃんが来て、すごまれてぼられたら
どうしようと不安になる人のほうが多いと思います。

それを払拭し、地元にある顔の見える運送屋さんが、
時間単位の明瞭料金でやってくれる
「わたしの街の運送屋さん」になろうとの魂胆です。

おまけに子供や年寄りに優しく、環境にいい天然ガス車で
運べばみんなハッピー、てなことになれば最高ですね。

頼りにされ喜ばれる運送屋を目指します。
コメント

侮れないストリートビュー

2009-06-22 16:39:22 | Weblog
今日初めてグーグルのストリートビューを見ました。

阿部運送の本社や港南そして平和島デポ、
目黒の友達の店などなど見事に網羅されています。

乗用車の2~3mぐらい上に固定されたカメラで撮影
されていて、居合わせた人や車も一緒に写っています。

結構うれしかったのが平和島のデポのビュー、
トラックターミナルの中は私有地なので撮影は
されていませんが、2箇所の出入り口の映像を見たところ、

なんとうちのトラックが写っていました。
偶然とはいえ何百台も出入りしている中、先頭で信号待ち
している姿が撮影されるとは非常にラッキーです。

ここ最近良いことの無い私にとって心和む光景でした。
グーグルさんありがとう
コメント

模範解答の無い問題

2009-06-19 16:40:38 | Weblog
ここのところうちの進むべき道について考えています。

運送業の中でも「誰を相手に」「何を売るのか」商売をするエリアは
同じでも、今までの仕事とは別の何かを模索しています。

考えても考えてもなかなか妙案は浮かびません。

うちのセールスポイントは何か?
お客様は誰か?
そのお客様が困っているのはどこか?

そんな???マークが頭の中をぐるぐる回っています。
生みの苦しみとはこういうものなのでしょう。

出てくるのが金の卵ならその甲斐もありますが、
便秘だったうんこ(失礼!)では目も当てられません。
コメント

死人にダメだしなし

2009-06-18 12:30:55 | Weblog
最近、すでに亡くなった方の映像を利用して、あたかも本人が
言っているように見せるCMをよく見かけます。

当然、肖像権や著作権などの法的手続きは済まされているとは
思いますが、見ている方からすると少々違和感を覚えます。

本人の意図しないところで都合よく使っていいものなのかと・・・。

存命であれば承諾を得られますが、欠席裁判ならぬ
故人利用はどうなのでしょうか?

不況による広告費カットの中で、手っ取り早く
知名度のある人を使い「やっつけちゃった」観は否めません。
コメント

脆弱なインフラ

2009-06-17 15:54:06 | Weblog
昨日の午後に事務所の光回線がトラブルに見舞われました。

原因は何らかの理由で配線がは外れたためでしたが、
そのお陰で今日の11時過ぎまでIP電話、インターネット接続、
メールとFAXの送受信が不能となりました。

昨日の時点でNTTへも連絡しましたが故障対応がなんと
9時から5時だけ、どんなにこちらが困っていようとお構いなし。

電電公社時代と変わらないお役所体質で、パソコンなどの電子機器
使用が当たり前の現代のオフィスワークにとってこの対応は致命的です。

何も起こらなければ非常に便利な時代ですが、ひとたびトラブルが
起こればお手上げの脆弱なインフラとサービス上に成り立っている
“綱渡り的”先進社会なのです。
コメント