おきらく社長のぼやきブログ

阿部運送株式会社
代表取締役 阿部能久(よしひさ)
東京城南地区を中心に活動する運送会社

舟遊び

2012-03-30 14:16:44 | Weblog
去年から気になっているものに「神田川船の会」なるものがあります。
http://homepage2.nifty.com/sn98/kandagawa.htm

ボートで神田川・日本橋川・隅田川・小名木川を遊覧する催しで、
次回は5月12日土曜日に行なわれます。

江戸は水路がメイン輸送網でしたので、
輸送に携わる一員としてその当時を思い浮かべながら、
また、最新のスカイツリーも拝みながら楽しんでみたいと思います
コメント

安全対策

2012-03-29 21:00:00 | Weblog
うちの妻が嫁入り道具として持ってきた箪笥は、
当時の住まいに合わせて天井までぴったり収まるオーダーのの天袋つきでした。

ところが、家を新築し引越したところ階高があるため、
隙間ができてしまいました。

最近の地震対策で困ったのが隙間の無さ。
23センチ以上あれば市販の家具転倒防止装置が使えるのですが、
うちはそれより狭く使えません。

そこで考えついたのが、車のタイヤ交換に使うジャッキ。
友達の自動車修理工場の社長に頼み調達し、
家具と天井にかませる目論見です。

これで、枕を高くして眠れます。 感謝!
コメント (1)

情報漏洩

2012-03-28 20:18:33 | Weblog
うちのような小さな会社でも内部の機密文書があります。

お客様に出した請求書の控えや財務関係の文書等、
重要度は高くないものの外部に漏れることは好ましくありません。

うっかりシュレッダー処理をせずにゴミ箱に捨てようものなら、
それを持って帰る物好きがいるのです。

日頃から、ゴミ箱をあさっているのでしょうか?

外から見れば、うちの会社の芝は「青」くて素敵に見えるのでしょうね。
そう、前向きに捉えておきましょう。
コメント (1)

企業の存在意義

2012-03-27 18:29:30 | Weblog
うちの会社の目的は阿部一族をはじめ、
会社に携わる人の生活を守ること。

そのためには、お客様にとって便利、好都合、
無くてはならない会社にならなくてはいけません。

水が主な原料で、爽快感のある飲み物の会社や
アメリカではジャンクフードと呼ばれている食べ物を売る会社は
高収益で世界的大企業ですが、
本当に必要なものを作っているのか私には分かりません。

自社と大企業を比較するべくもありませんが、
同じ金目当ての会社でもここまで利益を出せば
大手を振って「社会に求められている企業」と言えますね。
コメント

旗の台“トコトコ”

2012-03-26 18:21:17 | Weblog
うちの近くに焼き鳥屋の内装を改装せず居抜きで借り、
自分で手を加えてイタリアンを始めた店があります。

カウンターだけ10席のこじんまりした店で、
30代の店主がひとりで切り盛りしています。

飛び切り美味しいところまではいきませんが、
結構美味しい上、安いのです。

店主の腕の良いのはもちろんですが、
オーダーが立て込んでも焦らず、
一品一品丁寧に作っている姿勢に
常連がついて来ています。

それが小さな店の売り方なのです、
見習わなくっちゃ!
コメント

遺言書

2012-03-23 16:57:52 | Weblog
去年の3.11を引き合いに出すまでも無く、
次ぎの瞬間何が起るか誰もわかりません。

そこで「遺言書」を作成しました。

日頃思っていても口に出さない思いや考え方を
5項目に書き連ねました。

これでもう想い残すことはありません。

誤解のないように申し添えますが、
決して今死にたいわけではありませんよ!
コメント

人の気持

2012-03-22 12:17:14 | Weblog
うちの家の斜向かいに木造3階建ての分譲住宅がに2軒出来上がりました。
見てびっくりなのが、全く同じつくりで、デザイン、色も一緒なのです。

何十年のローンを組んで買う人生最大の買い物なのに、
瓜二つが並んでいるのです。

街で自分と同じ服を着ている人と遭遇したときも気分は良くありませんが、
隣と全く一緒なのはどうかと思います。

作り手のデリカシーの問題です。
コメント

梅は咲いたか、桜はまだかいな。

2012-03-21 15:39:44 | Weblog
先週末にやっと河津桜が満開となり、
今日高知で桜の開花宣言が出され、
いよいよ桜前線が北上して来ます。

厳しい冷え込みが続き開花の遅れた花々が、
水温み4月の声を聞けば一斉に開花することでしょう。

着物を着て花見で一杯!

日本人冥利に尽きる季節の到来です。
コメント

彼我の差

2012-03-19 20:21:20 | Weblog
中国では日本円にして年収100万円程度でも、
マンションに住みお手伝いさんを雇う事も出来き、

区画整理などでの立ち退き料が1億2000万円とか、
国の政策で住宅をプレゼントされたりするので、

年収が350万円以上になれば不動産を2軒以上持っている人が多く
1軒に住んで、もうひとつを貸したり出来るそうです。

それに引き換え、うちのドライバーたちは1日12時間一生懸命働いて、
手取りで年収350万円になったとしても、
都内では中古のマンションも買えない始末。

満足な給料を払ってやれない私が悪いのかもしれませんが、
単にお金では計れない彼我の豊かさの違いを感じてしまいます。



コメント

彼の国の恩恵

2012-03-16 15:21:39 | Weblog
著作権やレアアース、尖閣諸島などの諸々の件で迷惑な存在の中国ですが、
良いことも沢山あります。

私達の使っている漢字や仏教やいろいろな技術も
中国から伝来したものです。

また、私がここのところずっと悩まされていた胃腸の痛みも、
最近処方された彼の国の漢方薬で大きく改善しました。

中国四千年の歴史は素晴らしいものです。
国民性がそれに伴っていれば本当に尊敬できる国なのですが、残念!
コメント